YOU BLOG

YOU BLOG

トンデモ・シネマな日々を綴る

大木ミノル
MINORU OHKI

そんな少し奇妙な映画世界がここにあります。



  プロジェクトUFO【第1話】目撃!UFO出現す

 



【まえがき】
1978年〜79年まで放送された幻の大人気番組
『プロジェクトUFO』のストーリー紹介。
これは空軍の未確認飛行物体調査チーム【プロジェクト・ブルーブック】のギャトリン少佐(シーズン1のみ)とフィッツ軍曹の活躍を描いたドラマ。

(左:ギャトリン少佐 右:フィッツ軍曹)


UFOは存在するのか?
証言者の意見に翻弄されながら、調査していく。
最終的に、論理づけて、毎回、事件を解決するが、それをも覆すオチが用意されている。

後の「X-ファイル」や「プロジェクト・ブルーブック」に大きく影響を与える。
放映時はその年の全米一位の人気ドラマ番組となる。

【ストーリー】
※西暦は放映時には一切発表されていないので、放送時の1979年の設定と思われる。

ケンタッキー州東部 7月14日午前4時16分
農家でUFOを目撃する。
所謂、第1種接近遭遇である。

ウエスト・バージニア州 7月14日午前4時37分
車が突然、動かなくなり、その後、UFOを目撃する。
所謂、第2種接近遭遇である。

バージニア州中央部 7月14日午前5時2分
未亡人カーライル宅の庭にUFOが着陸。
降りてきた宇宙人に遭う。
超能力で話したという。
所謂、第3種接近遭遇である。

ワシントン州シルバー管制塔 7月14日午前6時02分
未確認飛行物体を確認、空軍に追跡を要請。

メリーランド州アンドリュース空軍基地 7月14日午前6時17分
未確認飛行物体を追跡すべく、戦闘機2機が出動。
2機のうち、1機が油圧計の故障の為、追跡を断念。
残り1機・レッド2号機がマッハ1.2で追跡。
高度6000m以上に達したため、管制塔では引き返すように指示。
しかし、突然、レーダーから消える。

ワシントンDC 7月14日午前6時20分
土木業の労働者2名がレッド2号機を目撃。
しかし、UFOは見えなかったという。

ウエスト・バージニア州チャールストン 7月14日午前7時50分
大雨の中、マーチは車が突然、動かなくなり、その後、光を目撃する。
光はマーチに接近し、マーチは怪我をする。

メリーランド州アンドリュース空軍基地 7月14日午前9時15分
追跡していた戦闘機レッド2号機の残骸とパイロット・マクネガー中尉の死亡を確認する。

オハイオ州空軍 ライトパーソン基地
未確認飛行物体の調査チーム【プロジェクト・ブルーブック】オフィス。

ジェイク・ギャトリン少佐とハリー・フィッツ軍曹は国防省から事件解決するまで、空軍は緊急体制を維持すると報告を受け、事件解決を急ぐことになる。

ギャトリン少佐とフィッツ軍曹は調査に向かい、各目撃者に個別で会い、証言をとる。
その後、ギャトリン少佐は天候の急激な変化に気付き、事件の時間帯の気象地図を入手する。

かくして、ギャトリン少佐とフィッツ軍曹はこの事件が【気温の逆転現象】による蜃気楼現象で何らかの反射が空に投影され、UFOと見間違えた結論づける。

この説明を各目撃者にするが、納得はしない。
特に死亡したマクネガー中尉の奥さんは悲しげに去っていく。
ギャトリン少佐はこう言い残す。
「しかし、これで100%納得したわけではない。いつか捕まえてやるUFOめ」


【実際の事件】
この物語は1948年のマンテル大佐墜落事件がベースに作られたと思われる。
この事件はケンタッキー州で円錐型UFOを複数の人が目撃した。
ゴッドマン空軍基地上空に差し掛かった際にトーマス・マンデル大佐の指揮のもと、F-513機で追跡。
マンデル大佐は高度6000mでUFOを正面から確認、「直径90mの飛行物体」と報告。
その後、司令塔ではドラマと同じように追うなと指示するが、上空7000mまで追跡し、ブラックアウトして、落下したと思われる。
4年後の1952年にブルー・ブックは海軍極秘実験のスカイフック高度対応の観測気球を誤認して追跡し死亡したと発表した。
目撃者を含め、多くの人が納得せず、政府UFO陰謀論を生むきっかけになった。

【解説】
ドラマの方は本物の戦闘機や空軍の撮影など、かなり大規模な撮影が行われたと思われる。
さらにドラマでは珍しく特殊効果を惜しみなく取り入れ、UFOや宇宙ロボット、宇宙人、戦闘機の爆発まで登場する。
そのインパクトは当時としてはかなり衝撃的だったらしく、放送後、電話が一気になり「俺が見たUFOはこんなのだった」とか「あのUFOは本物か?」などの問い合わせがあったそうだ。
こうしてたちまち大人気番組になっていた。



「タネが危ない」
著者・野口勲先生から送って頂いた書籍。
作者の家から始まり、手塚治虫との交流までを描き、やがて現在の本職の種子の話になる。流石に名編集者だけあって話が流れるように書いてあってついつい難しい筈の種専科の世界に引き込まれてしまう。最終的に種とは何なのかまで持っていくのだから、驚いてしまう。
コレはタネを巡る探偵物語なのだ!!
ホームページも達者でタネの販売から、手塚治虫の秘話まであるという不思議なホームページ。。是非、皆さんも。
野口のタネ

【ALIVEHOON アライブフーン】

とにかく面白い!
娯楽エンターティメントに徹した一作なんだけど、それが反対にイイ。
正直、ドリフトの詳しいルールを知らなかったので、面白いかどうか不安でしたが、見て5分でそんな不安は不要だと気づく。

映画を観ていて思ったのはシンプル・オブ・ザ・ベスト。
監督はテンポを落とすことのないストーリー展開とド迫力の激突シーンで、これまでにない日本映画の傑作を作り上げた。

特にカーシーンは下山監督作品「キカイダーREBOOT」のCG技術を駆使するのかと思いきや・・・
まったく使用しない!!!
全部、本物。
車は常に円弧を描くようにスピンするが、それをカメラが上から下から動き回って捉える。
飛び散る砂とコンピューターの計算では作れない生の振動がカメラに収められ、観ているものは一緒にドリフト体験する。(実はここがミソ)

しかも、そのドリフトの美しいこと、音楽のチョイスもMV出身だけあってエキサイティング!
ハリウッド映画でも音楽が違う感があってノれない時があるが、下山監督は絶対に外さない!!
そのクールな映像センスと音楽センスは間違いなく日本一の監督だから安心してイイ。
映像美と音楽、それだけでもこの映画は普通の映画の3本分の価値がある。

予算はおそらく信じられないほどかかったと思う。
あれだけの撮影をするのに、どれだけの期間と日数を要したかと思うと、それだけでゾクッとする。

先ほど『観ているものは一緒にドリフト』と書いたがが、ストーリーと重大な関係性がある。
主人公はゲーマー。
毎日、働いているが、人間関係を築くのが苦手でゲーム「グランツーリスモ」ばっかりして日本一のゲーマーとなった孤独な青年・大羽紘一。
その大羽の前に夏実という女性が現れる・・・

というもので、ここから先は自分の目で見て欲しい。

肝心な事は、家族関係や恋愛経験、過去の悲惨な話など不要な部分をまったく描かない。
つまり、観ている観客は映画を観たその瞬間から、主人公になれる。
主人公にどんな色付けをしてもいいのだ。

つまりこれはゲームと同じで主人公は『あなた』。
しかも、この映画の中で人間関係を作り、ルールやテクニックを学び、ドリフトのレースに出場して悪戦苦闘する中で友情や愛情を蓄積する。

一見、見所が多すぎて散々しそうだが、ストーリーを分かり易く設定することで、いっきに最後まで観てしまう。
なので、俳優はイキイキ演じているし、カーチェイス・シーンはハリウッド並みに大迫力。
終わった後は、爽快感と感動しか残らない!!!

これは下山天監督が新時代の若者に贈る最高のエンターティメント映画なんだ!!

【名プロデューサー殺害事件】
バリー・クレインは「宇宙空母ギャラクティカ/地球征服」など多くのTVドラマを手がけた名プロデューサーとして有名だった。



1985年にスタジオ近くのタウンハウスで打撲後、電話のコードで首を絞められて殺害され、全裸でシーツに包まれて発見された。その犯人は2019年まで捕まらなかったが、近年のAIの発達で自動DNA及び指紋照合システムにより容疑者が浮かび上がり逮捕された。犯人はエドウィン・ジェリー・ハイアット。2021年10月7日に過失致死罪で有罪。事件から34年後の話である。
ハイアットは事件後、キリスト教の熱心な信者となってボランティアなどに目覚める。またアートなども描いたという。逮捕された時は誰もが耳を疑ったほどだった。



【知らなくてもいいバスカヴィルの秘密】

1972年シャーロック・ホームズのドラマ化を目指し、

パイロット版として『バスカビル家の犬』を制作
(なぜ、第0話にこの大作を持ってくるかな)

この際主演はスチュワート・グレンジャー59歳…

髪の毛が真っ白なホームズ、なんか顔が薄いので脇役っぽい。

そこへワトソン役にバーナード・フォックス

彼も名脇役だが特殊なヒゲや顔の濃さからワトソンというよりポアロ、

どう見ても主役をビジュアルで喰ってしまっている。



 

ヘンリー・バスカビル役が

これまた「スター・トレック」のカーク船長役で有名なウィリアム・シャトナー。
典型的なアメリカ人だが、眼光の鋭さから心臓病を起こしそうには見えない。
むしろ、犯人役より怪しい。

ヒロインには「チキチキバンバン」で有名なサリー・アン・ホウズ...

はっきり言って原作のアジアンティストはなく、神経質そうな美女。

他にも主人公以外は濃い俳優ばっかり。

もうどこを見てをいいかわからないキャスティング。


もちろん、ポシャってしまい、幻のホームズとなったのは言うまでもない。おそらくプロデューサーはシャーロック・ホームズという素材を理解していなかったと思う。

因みに監督はバリー・クレイン
彼は「宇宙空母ギャラクティカ/地球征服」など多くのTVドラマを手がけた名プロデューサーだが、米国ではゴルフのチャンピオンとして有名だったらしい。
ただ、1985年に殺害
されており、その犯人は2019年まで捕まらなかった。