映像作家・大木ミノル 公式ブログ

映像作家・大木ミノル 公式ブログ

トンデモ・シネマな日々を綴る

大木ミノル
MINORU OHKI

そんな少し奇妙な映画世界がここにあります。



何故か入手してなかった

スティーブ・マックィーンの遺作

「ハンター」を買う。


今までに何回も観ているお気に入り。

家族を愛し、引退覚悟の最後の戦いに挑む20世紀の賞金稼ぎをコミカルに演じる。


クソみたいな奴が演じているのではなく

本物の男の中の男が演じているので、

何処を見ても隙がない。


某ジャッ●ー・チェ●と違い、

自らスタントをしているので

顔がハッキリと映っている。

まあ、流石に電車の上で

ぶら下がるシーンは

一部スタントだけどね。


今ではパワハラとかセクハラとか

言われるだろうが、

タフガイにそんな言葉は無用。

男が男として生きて何が悪い

と言わんばかりの大暴れ。

ラストの出産シーンは感動もの。

これが実話を元にした作品

というから唖然だ。


良き時代に酔いしれる。





昨日は報告する事が多すぎて・・・

昨日の大木ミノル

・受賞1件

・撮影1件

・終演2件

・頂き物3件

・ステーキ1食

・運転8時間

・板チョコレート4枚

・死亡事故目撃2件

・UFO目撃1件

先ずは【日本シャーロック・ホームズ大賞 奨励賞】を頂きました。こんな名誉な事は無いと思います。

シャーロック・ホームズの舞台に対する貢献を評価頂きました。

歴代受賞者を見て、ここに名前を入れて貰える光栄に身震いしています。



次に長野の撮影が終了。
大変なシーンを立て続けに撮り、俳優さんも大変だったと思います。


丁度、昨日が「唇のねじれた男」の千秋楽でもあり、大賞に参加された後に、来られた方も多くいらっしゃい、感謝です。


長野ではこれらを祝して色々頂きました。
ワインまで!!

運転時間は片道8時間、合計16時間。
しかも豪雨と霧で事故が多発。


二回目はもっとトンネルを抜けると、霧で前が見えず、そこから道路を塞ぐ形で横たわっていました。



最後はUFO目撃動画
これも昨日の出来事

また、詳細は順次、ブログやSNSで挙げていくようにしたいと思います。




【アイリーン・アドラーのモデル】

アイリーン・アドラーのモデルと
言われる女性は複数いるが、
中でも有名なのはリリー・ラングトリー

社交界に真っ黒ドレスのみで登場し、
【着飾らない美しさ】で男性を魅了し、

この時点で、
かなりのひねくれ者の気がします。

ジャージー島出身の女優で、
ロンドンの社交界にデビューして
直後にエドワード7世に近づき
公式な愛人になります。

かなりの野心家だったとかで・・・

その後も次々と大富豪や貴族と
スキャンダルを重ね、
常に話題のマトだったとか・・・

ミレーなどの有名画家が
肖像画を描いて
更に知名度を挙げたとも言われています。


謎のレトロゲーム機Powkiddy TRIMUIと
任天堂 ゲームウォッチ スーパーマリオ。
子供の頃、カード式カラーゲームが夢だったが、今や現実。

35年かかったけど、嬉しい!

両方ともおそるべき性能。

あらえるレトロゲームが遊べるが
壊れやすいTRIMUIと、
マリオとボールに特化する事で
安定性を高くしたゲームウォッチ。

一件、低性能と思われがちだが、
そこは任天堂、
TRIUMI なんかと全然違って、
実用性が高い。
遊んでて苦にならない。

流石、連邦軍の専用機。

あれっ?無限アップし過ぎて死んだ。
忘れてた。

TRIMUIについては、
またいずれ書きます。
今はとりあえず遊んでみます。