映像作家・大木ミノル 公式ブログ

トンデモ・シネマな日々を綴る

大木ミノル
MINORU OHKI

そんな少し奇妙な映画世界がここにあります。



テーマ:

【遂に情報解禁!!】これが『力-TAROU』大阪神戸最終決戦だ!

 


十三シアターセブン上映情報

◆11/3(金・祝)〜11/5(日)
<スペシャルトーク+上映>
会場:シアターセブンBOX1(イベントホール)
①16時/②19時 ※各回15分前開場
前売予約1500円/当日1800円
★シアターセブンにて予約受付
★全編写真撮影OK
★出演者があの衣装を着用して続々登場!
★映画マニア 長嶺英貴氏が『力-TAROU』を語る!
★公開限定商品 イラストレーター成田典子先生による特別イラスト販売予定。

◆11/6(月)〜11/10(金)
<通常上映のみ>
会場:シアターセブンBOX2(シアター)
19時 ※10分前開場
一般1500円/学生1200円/シニア1100円/会員1000円/毎週水曜日1100円(他、割引についてはHPを参照)
※6〜10日は、当日券のみの販売

◆〒532-0024
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5階
淀川文化創造館 Theater Seven
TEL 06-4862-7733

ーーーーーーーーーーーーーーー
神戸三宮A★TO上映情報

舞台&映画 最終公演&公開
11月11日19時公演 21時20分終了
11月12日16時公演 19時20分終了

◆前売予約2000円/当日2500円
★神戸三宮ATOにて予約受付

◆内容
前説15分
舞台『力-TAROU After Wirld』20分
休憩10分
映画『力-TAROU』約80分
終演15分

】淀川文化創造館シアターセブン

◆神戸三宮A★TO
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5丁目6 神戸三宮シアター・エートー
TEL 078-231-0011

 

ーーーーーーーーーーーー
誰も見た事がない壮大な昔話『力太郎』の世界を完全映像化

【物語】
かつて文明が栄えたが、謎の怪獣オーロ12体によって破壊された。
その荒廃した大地の端にある小さな村の娘たちが、謎の宗教団体によって誘拐。村人は三人の用心棒(力太郎・御堂・石人)を雇い、救い出されるが・・・
【解説】
かつてない大スケールをVFXで完全映像化!舞台「うしおととら」の稲森誠がプロデュースし、「時空脱獄NINJAジライヤ」などの大ミノルが監督
兼VFXを担当、劇団OMのメンバー総出演で描く、SFファンタジー・アクション!
その激しいアクションと圧倒される世界観に大人から子供まで魅了されるだろう。

プロデューサー:稲森 誠 監督:大木ミノル 助監督:叶絵里奈 特殊メイク:野中ひゆ 刺青メイク:彫 政統&STUDIO NEEDLE
出演:河本龍明/稲森 誠/佐竹 仁/藤田 さくら/叶絵里奈/岩切 志穂/佃 一夫/多田 志典/上野 貴彦/小林浩司/たもつ/大田アキラ
冨田亜紗子/羽田野裕美/坂井ジェシー/野口昌彦/朴 友鳩/笹倉明衣/ヤリビトシラズ/谷井志朗/伊吹充江/宮川 靖/海道力也

河本龍明(力太郎役)
『アカ』と呼ばれ、破壊的な超能力パワーを持つ主人公を演じた。映画や大物アーティストの刺青フェイクを担当する彫政統の子息で現役高校生。普段はラップが得意

佐竹 仁(石人役)
力は強いが女と酒が好き、ちょっと間抜けな元石職人を演じた佐竹仁は渋川流佐竹柔術の師範にて創設者の血をひく本物の武道家。その重く強いアクションは映画の見所の一つ。

稲森 誠(御堂役&プロデューサー)
心優しいリーダー御堂を演じるのは舞台『うしおととら』のロングラン公演や松村芽久未(NMB48)主演の舞台を手掛ける稲森誠。怪談『メリーさんの館』でも知られる大阪在住の人気俳優。

大木ミノル (監督)
映画監督、「恋の映画を作ろう」、「時空脱獄NINJA ジライヤ」では国内外を含め3つの賞を獲得。長年、海外クラシック映画の普及にも務めている。


ーーーーーーーーーーーー


https://info589164.wixsite.com/chikaratarou

「力-TAROU」
11月3日〜10日まで十三シアターセブンで上映!
11月11日・12日は神戸三A★TOで上映&公演!

SFファンタジーにして大冒険活劇アクション映画。
原作は昔話「力太郎」

信じられない大冒険!
想像を超える映像!
とんでもないおとぎ話!
大冒険と衝撃をお約束します。

ーーーーーーーーーーーー
『力-TAROU』最新情報
★なんと!本編も劇場で写真撮影可能です!

今回の11月3日〜6日の十三の公開では
本編も含めて写真撮影可能と言う超異例中の異例。
是非、カメラを持ってお越し下さい。

ーーーーーーーーーーーー
◆『力-TAROU』予告編
https://youtu.be/E7NJ2oQljlk


◆公式ホームページ
https://info589164.wixsite.com/chikaratarou

「力-TAROU」
11月3日〜10日まで十三シアターセブンで上映!
11月11日・12日は神戸三A★TOで上映&公演!

SFファンタジーにして大冒険活劇アクション映画。
原作は昔話「力太郎」

信じられない大冒険!
想像を超える映像!
とんでもないおとぎ話!
大冒険と衝撃をお約束します。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
ついに「力-TAROU」
大阪十三&神戸三宮 公演&公開も決定!!

◆『力-TAROU』予告編
https://youtu.be/E7NJ2oQljlk


公式ホームページ
https://info589164.wixsite.com/chikaratarou

「力-TAROU」
11月3日〜10日まで十三シアターセブンで上映!
11月11日・12日は神戸三A★TOで上映&公演!

SFファンタジーにして大冒険活劇アクション映画。
原作は昔話「力太郎」

信じられない大冒険!
想像を超える映像!
とんでもないおとぎ話!
大冒険と衝撃をお約束します。

ーーーーーーーーーーーー
十三シアターセブン上映情報

◆11/3(金・祝)~11/5(日)
<スペシャルトーク+上映>
会場:シアターセブンBOX1(イベントホール)
①16時/②19時 ※各回15分前開場
前売予約1500円/当日1800円
★シアターセブンにて予約受付
★全編写真撮影OK
★出演者があの衣装を着用して続々登場!
★映画マニア 長嶺英貴氏が『力-TAROU』を語る!
★公開限定商品 イラストレーター成田典子先生による特別イラスト販売予定。

◆11/6(月)~11/10(金)
<通常上映のみ>
会場:シアターセブンBOX2(シアター)
19時 ※10分前開場
一般1500円/学生1200円/シニア1100円/会員1000円/毎週水曜日1100円(他、割引についてはHPを参照)
※6~10日は、当日券のみの販売

◆〒532-0024
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5階
淀川文化創造館 Theater Seven
TEL 06-4862-7733

ーーーーーーーーーーーーーーー
神戸三宮A★TO上映情報

舞台&映画 最終公演&公開
11月11日19時公演 21時20分終了
11月12日16時公演 19時20分終了

◆前売予約2000円/当日2500円
★神戸三宮ATOにて予約受付

◆内容
前説15分
舞台『力-TAROU After Wirld』20分
休憩10分
映画『力-TAROU』約80分
終演15分

◆神戸三宮A★TO
〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5丁目6 神戸三宮シアター・エートー
TEL 078-231-0011
AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:
投稿写真

投稿写真

投稿写真

月夜に淀川の恐怖

昨日の夜は十五夜。
一人で月夜に淀川でインサート用素材を撮影。
時々、聞こえる列車の音以外は広い荒野のように静か。
何故か、水の中から人影が見えた気がしました。
戦時中、大阪空襲でこの辺りは死体の山だったそうです。
生前、手塚治虫も最期まで、その事を訴えていました。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

某公共機関のPVの第一稿を仕上げる。

某公共機関のPVの第一稿を仕上げる。
少し休めると思ったら、明日は月末。
事務仕事や、なんやかんや。


最近、親友が脳腫瘍で再び入院した。
必ず帰って来いよと誓った。
前は8カ月入院してた。
今度は一年かもしれない。
でも僕は待っている。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

投稿写真

投稿写真

【メトロポリスとSNSの誹謗中傷の時代】


最近は誹謗中傷が多いし、それをサーバー側の管理する人間(SNSなどの運営者側のこと)が話題になるまで放置して、ニュースになる寸前で削除するケースが多い。
つまり大きくならないとワザと消さない。


でも忘れてはいけない事がある。
小さくても大きくても、正しくても間違えていても、誹謗された人の心の傷の大きさは同じである。
私のように匿名でもある程度、特定の人間を割り出せる立場なら、傷もつかないし、そういう精神的訓練を受けてきた、。しかし、一般の人はそうではない。
何故、見知らぬ他人から罵倒されるのか、見るのも嫌だとサーバーに削除依頼を出すが拒否されるのが一般的で、本人たちはサーバーにさえ味方になってもらえないと悩み苦しむらしい。
実際、私に相談してくるケースも多いのだ。

時には自殺なんてケースもあるが「我々は会社の方針に従いサーバーを運営している」とまるで他人事。


爆撃機の操縦士は歩兵より人を殺した罪悪感は少ないという。
しかし、殺した人数は歩兵の何百倍にもなるのは言うまでもない。


サーバー側は削除すべきである。それだけで人を救えるのだから!!


未来を舞台にした映画「メトロポリス」(1926)の中で、システム化された格差社会に生きる人間が描かれている。


底辺にいる人間は、工場で死ぬまで働かされるが、上にいる者は苦しみが分からない。
それはまるで人が機械化する時代。


まさに今だ!


人は会社のシステムや機械の為に動くのではなく、己の良心の為に動くべきである。


人は機械ではないし、なるべきではない。


いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。