昨日、上の人を登園させて帰宅すると、テレビの報道で京アニの放火事件が速報として入っていました。放火?テロだろ。
最初はそういう事件があったという報道内容で、次に見たときは亡くなった方が1名、と聞いて驚き、その後は時を重ねるに連れて死亡者の数が増えていきました。
そして今日も朝から。
私自身は馴染みのあるアニメ会社ですが、こんなかたちで盛んに一般報道されることになるのは、不本意というか、本当に痛ましい。
アニメ制作会社である、ということは置いておいて、真面目に会社勤めしている人たちが、突然テロのような犯罪に遭って怪我をしたり亡くなったり、その理不尽さに憤りを感じる。なにも罪がない家族を失った方、どんな気持ちだろう、想像するのが辛い。
作品に対する盗作?(加害者が書いた小説を勝手にアニメ化されたの?wパクりやがっての意味が不明ですが)加害者の動機が確かでない以上、適当なことは書けませんが、以前から脅迫めいた内容の通告があったのに、対応出来ていなかった、ということにも違和感があります。
芸能人のブログなどに殺人予告があると、最近は警察さんがけっこうすぐ出てくるのに。
すごい偏見かも知れないけど、この40歳前後の世代って、成功者に対する妬みが半端なく強いのかも知れない(私も今年40のロスジェネど真ん中です)。

しかし、京アニ作品が諸外国でもそんなに評価が高かったなんて、こんな報道でもなければ知ることもなかったように思います。
結婚する前の職場に京アニ好きの子がいて、けいおんの録画を、タイムカードを押したあとに事務所に休憩スペースのテレビでみんなで見ていた記憶があります。
その後は、旦那が京アニ好きのため、殆どのテレビシリーズを見ていると思います。
こんなことがあって、そういえばヴァイオレット・エヴァーガーデンを最後までちゃんと見てなかったのを思い出してしまいました。録画が残っているので、追悼の意も込めて未消化分の録画をこれから見ようかと思っています。


話は変わります。
直接関係ない話ですが、一昨日、夕飯の片付けをしていたら旦那が改まってなにか言い出しました。
ネットでネタバレ見るのが悔しいから云々、要約すると、今日から公開の「天気の子」をレイトショーで観に行きたい、ということでした。
即直に、初日に観たいって言えばいいのにね(笑)
そこのところはオタク夫婦ですから、快諾ですよ、ぜひ観に行くべきだと思います。というか、見に行くんでしょー?訊こうと思っていた矢先のことでした。
旦那、深海誠作品も好物で、一昨年の「君の名は」は強い勧めで私も映画館に観に行きました。夕飯の片付けをしていたら、唐突に今から行けばレイトの時間に間に合うから行ってきたら?と。もうほんと唐突に。
私個人的には「君の名は」は特に高評価ではないのですが、悪くはないし好きだけど、これがそんなに流行るかな?的な。当年、私は庵野ゴジラが一押しでした(もともと庵野好き)。
私、世間一般と感覚が違うのかな。この前、ロードショーで放送していた「未来のミライ」も旦那がレンタルしてきて一緒に観たんだけど、イマイチ何が言いたかった???な感じで。
うちにも上に兄がいて、そのとき下の女の子を妊娠中だったけど、兄が障害児なせい?ストーリー性に親近感もないし、半端なファンタジー感も没入出来ず。
今夜の旦那の感想は取り敢えず聞かずに、私も別日にレイトで観に行っちゃおうかなーと考え中です。先に小説に目を通そうかな。

一先ず、私は家でヴァイオレットちゃん観ます。
京アニさんが、こんなことがあっても負けず、変わらず世界に誇れるアニメーション作りが出来ますよう、応援します。