当サークルHPはこちら 週末お出かけサークル

--------------------------------------------------

この夏の暑さは本当にひどいですなぁ。
秋の企画に向けて下見に行かなきゃいけないけど、さっぱりやる気が出ないショック
「8月は企画をやらない方がいいかも」と思いつつ、僕自身がみんなでお出かけができないと寂しいので、今月はなるべく涼しく過ごせそうな夕方~夜散策を開催します。
※26日に参加する人たちにネタバレしないよう、あまり細かい内容は書かないことにします。

--------------------------------------------------

①そなエリア東京

「東京臨海広域防災公園」内にある防災学習施設。

ここで行われる防災ツアー「東京直下 72h TOUR」では、地震発生後の72時間を生き抜く知恵を学習できます。

具体的な学習方法は、館内を回りながら一人一台貸し出されるタブレット端末のクイズに答えていく感じ。

エレベーターに乗っていたら大地震が発生!…という状況から、被災市街地(の再現セット)へ入ります。

ここでクイズに答えながら防災意識を高めましょう、というのが「そなエリア」のコンセプト。


避難所も再現されていますが、プライバシーなんてあったもんじゃねぇな。

僕は避難所だけは絶対に行きたくないので、簡易トイレ、防寒シート、固形燃料などはちゃんと備えてあります。

屋上からは公園の敷地を一望できます。

バーベキュー広場もありたくさんのお客さんがいましたが、地震が発生したら追い出されるのかしらえーん

その他、「災害現地対策本部」が設置されるオペレーションルームの見学なども行いました。

防災意識は時間と共に薄れていくものなので、時々こういう場所に来て意識の更新を図ることが大切だと思います。

--------------------------------------------------

②ユニコーンガンダム立像

お台場へ移動しました。

ユニコーンガンダムは「ユニコーンモード」から「デストロイモード」に変身するのが特徴で、ダイバーシティに新たに登場した「ユニコーンガンダム立像」も変身を可能な限り再現しています。
…が、この日は近くでアイドルのイベントがあって変身は中止ショック
まぁ変身しないのはいいんだけどさ、せめて派手なデストロイモードで展示していてくれよ。
この夏はユニコーンの股下をくぐれるウォークスルーイベントも開催中。
みんな気付いていないかもしれないけど、ユニコーンの股間のもっこり具合は半端じゃないですイヒ
--------------------------------------------------
ダイバーシティからデックス東京ビーチへ向かいます。
自由の女神像に着く頃には暑さでへとへとだったので、先にご飯を食べましょう。
参加した人なら分かるんだけど、道中でもアイドルのイベントがあちこちで行われていて、本当に色々とカオスだった…。
--------------------------------------------------

③デックス東京ビーチ

みんなで食事をして親睦を深めた後は、「台場一丁目商店街」へ。

レトロゲーム屋や駄菓子屋、面白雑貨屋など、見ているだけで楽しくなるお店がたくさんあります。

100円で10ゲームも楽しめる?ボーリングゲーム。

あまりにコスパが良すぎて途中で飽きてしまった(汗)

ここに初めて来た人も多く、短時間の訪問でしたが皆さん楽しく過ごしていたようです。

がっつり遊べばここだけでも数時間はつぶせる面白スポットなので、また今度遊びに行ってみて下さい。

--------------------------------------------------

④レインボーブリッジ

デックスを出て「レインボーブリッジ」へ向かいます。

毎度おなじみハートのオブジェ、ハートには縁がありませんがインスタ蠅するのでとりあえず一枚。

うひゃ、リア充がたくさん…と僻んでますが、サークルに参加してくれる仲間がいる時点で、僕も十分リア充だと最近気付きました。

レインボーブリッジの入口付近からお台場を撮影。

手前に見える島影は「台場公園」で、お台場という地名の由来になった幕末の海上砲台「御台場」の一つです。

レインボーブリッジにはお台場方面が見える「サウスルート」と、都心方面が見える「ノースルート」の二つの遊歩道(レインボープロムナード)がありますが、夜は後者がおすすめです。

これはサプライズ!どこかの花火が見えました(小さくだけど)。

しかし、この写真だけ見ると何かの大惨事のように見えなくもない(笑)

レインボープロムナードを歩くみんな。

周囲に柵がありますが、開けた展望所もあるので景色は十分楽しめますよ。

ようやく品川方面に到着。

それなりの距離がありましたが、レインボーブリッジを歩いて渡れることを知らない人も多いので、いい経験になったかと思います。

みんなよく頑張りましたニコ

--------------------------------------------------

というわけで今回はここまで。
歩き慣れた自分ですら音を上げるこの暑さの中、皆さん最後までお付き合い頂きありがとうございました。
下手したら来月までこの暑さは続くかもしれませんが、また次回以降もよろしくお願いします風鈴

当サークルHPはこちら 週末お出かけサークル

--------------------------------------------------

7/7に続き、今回も越中島~佃島~月島を散策します。

内容は同じなので、今回は前回写真で紹介しなかったところなどを中心にブログを書きたいと思います(一部写真の流用やコピペもあり)。
--------------------------------------------------
①明治丸
明治政府が灯台巡視船としてイギリスに発注した当時最新鋭の鉄船で、現在は東京海洋大学内に設置されています。
現存する国内唯一の鉄船として、重要文化財に指定されています。

明治天皇御座所横の階段。

足音がうるさくないように工夫が凝らされています。

ロイヤルシップだけあって、内部は豪華で快適そうな作りですが…。

船内はクーラーもなく、窓も締め切っているので地獄のような暑さでした。

ここはボランティアガイドの人が説明をしてくれるんだけど、話が冗長的すぎる。

暑さに考慮してできれば手短に要点だけを説明してくれればと思います。


明治丸見学後は、海事博物館「百周年記念資料館」を見学。

重そうに見える錨だけど、一部は木製なので実は軽かったり。

みんな暑そうだったから唯一クーラーが効いている「明治丸記念館」でフリップ説明をしました。

僕は空気の読めるガイドになりたい。

帰りには文化財に指定されている校舎や観測台もチェック。

「第一観測台」は現在使われていませんが、歴史を感じる煉瓦の建物です。

--------------------------------------------------

隅田川に浮かぶ「中の島公園」。

本来なら涼しさが感じられる場所ですが、あまりの暑さで体感温度に変化なしえーん

今回も月島のご当地グルメ・レバーフライを食べに「ひさご家」さんへ。

ビールが欲しくなります生ビール

越中島から佃島まではけっこう距離があります。

「大川端リバーシティ21」の高層マンション群が日陰作りに大活躍!

「中央大橋」真下の日陰で小休止。

この辺は日差しが照り付けて、歩くのが大変でしたなぁ…。

石川島と佃島の境目にある「石川島灯台」が見えてきました。

今回は初参加の方も多く、暑い中無事に歩けるか心配だったけど、どうにかみんなで佃島に到着。

--------------------------------------------------

②佃島

家康が江戸に来た頃から隅田川河口にあった「佃島」。

海上の漁師町として発展し、震災や戦災を免れたことから江戸時代の風情や町割りが現在も残っています。

水門なんかも朱塗でいい感じ。

佃島築島後に建立された「住吉神社」は、江戸時代の地図にも載っている歴史ある神社です。
手水舎にはいかにも漁師町らしい漁獲情景の彫刻なども。

この日も佃煮の老舗「田中屋」さんでお買い物。

参加者のみんなにはあさりの佃煮を勧めたけど、美味しかったかな?

江戸時代から存在した「佃小橋」。

現在の橋は、朱色の塗装や擬宝珠の装飾など雰囲気のある作りとなっています。

ひなびた漁師町の風情と、奥にそびえ立つ近代的な高層マンションを組み合わせた写真も面白い。
普通の人なら気にも留めないであろう「森稲荷神社」。
小さい神社ですが、参加してくれた人には由緒ある神社ということが分かるはず(すまん、前回参加してくれた人たちには案内し忘れた)。
路地の真ん中の小空間に鎮座する「佃天台地蔵尊」。
絶対気付きそうにない場所にありますが、佃島の人たちからは大切にされているんだろうなぁ。
参加してくれた方から「佃島の昔ながらの街並みがよかったです」という感想をもらいました。
予習や下見をするのは本当に大変なんだけれど、こういう感想を貰えると全ての苦労が吹き飛びますニコ

--------------------------------------------------

③月島
もんじゃの前に月島の散策も楽しみましょう。
「もんじゃストリート」と呼ばれる西仲通り商店街には、多くのもんじゃ焼き屋さんが建ち並んでいます。
路地裏にも、もんじゃ焼き屋さんがたくさん。
民家の入口?に鳥居がある「柏山稲荷神社」。
敢えて僕が黙っていたらみんな通り過ぎていました(笑)
今回はもんじゃ焼きの元祖「近どう」さんに行きました。
男性陣の卓でもんじゃを3枚も焼いた主催者氏、自分で言うのもなんだけどよく働くわえーん
みんなで好きなもんじゃやお好み焼きを食べて、散策の疲れもすっかり回復。
初参加の皆さんも気さくな方が多く、楽しいひと時を過ごしました^^
--------------------------------------------------

今回も帰る頃にはすっかり夜に(下の写真は「旧月島交番」)。

みんなと一緒にいたのは6時間程度ですが内容の濃いディープな散策だったので、帰りにはすっかり親睦も深まった感じでした。

最近の記録的な酷暑にも関わらず、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

また次回以降もよろしくお願いしますニコ

当サークルHPはこちら 週末お出かけサークル

--------------------------------------------------

夏は暑い、そんなことは分かっているけど最近の暑さは本当に半端じゃないですな。

暑い時にがっつり屋外散策をするわけにもいかないので、今回は目黒区のミュージアム巡りを開催しました。

※この企画は9/16にも開催予定です。

--------------------------------------------------

①アクセサリーミュージアム

祐天寺駅の近く、閑静な住宅街の中にあるコスチュームジュエリー専門の私立美術館。

残念ながら撮影禁止なので写真はありませんが(写真抜きでは説明しにくいので内容紹介もパス)、思ったよりも広くて見応えがありました。
インドネシアのファッション展のみ撮影可でした。
展示物がアクセサリーなので女性向きかと思いきや、自分を含む男性陣にもすこぶる好評でした。
9月にもまた訪問予定なので、興味のある方は是非どうぞ。

--------------------------------------------------

②郷さくら美術館

中目黒駅を電車で通ると黒塗りの怪しげな建物が見えることがあります。

これが「郷さくら美術館」です。

現代日本画を専門に扱っている美術館で、一年中桜が楽しめる常設展「桜百景」と、季節ごとの展覧会が催されています。

自分のような美術音痴でも分かりやすい絵が多く(ピカソ系の絵はない)、大型の絵が多いのも特徴です。


こちらも撮影禁止でしたが、展覧会「日本画ショートトリップ-ようこそ避暑地へ-」だけ撮影可でした。

本物の桜もそりゃ綺麗ですけどね、ここの桜の絵は本物に見劣りはしません。

定期的に来たくなる、主催者お気に入りの美術館であります。

--------------------------------------------------

電車に乗って恵比寿にやってきました。

駅の近くにある「恵比寿神社」を訪問。

木々に囲まれてはいますが、普通に街のど真ん中にある神社です。

恵比寿だらけの恵比寿ですが、街の名前の由来は「ヱビスビール」から。

明治時代、当地にヱビスビールの工場が建てられ、以後、工場と共に街が発展したことから「恵比寿」の地名が付けられました。

ヱビスビールの工場は移転し、跡地に作られたのが「恵比寿ガーデンプレイス」です。

駅からは「恵比寿スカイウォーク」を使えばラクチンですが、あまりにもとろいので僕は歩きましたえーん

ガーデンプレイスに到着後、暑さでフラフラだったので「ブルーシールアイス」に突撃。

外で食べたところアイスがすぐに溶けるという、恐ろしい暑さでした晴れ

--------------------------------------------------

③東京都写真美術館

写真と映像の美術館で、B1F~3Fでそれぞれ別の展覧会が開催されています(料金も別)。

こちらでは「TOPコレクション たのしむ、まなぶ」を鑑賞。

ここも撮影禁止なので写真はなし…思い出は残らないけど、ブログ的には手が抜けるので非常に助かる(笑)

--------------------------------------------------

④ヱビスビール記念館

2010年、ヱビスビール生誕120年を記念して恵比寿ガーデンプレイス内に建てられました。

入口から恵比寿様がたくさん。

無料で見学できますが、今回は有料の「ヱビスツアー」に参加しました。

前半は案内のお姉さんにヱビスビールの歴史を教えてもらいます。

後半はみんなでヱビスビールを飲むコーナー。

暑さのせいで疲れていたのか、たった2杯でけっこう酔っ払ってしまいましたショック

お姉さんのプロ技でビールの泡がプルプルに!

参加した人は知っているけど、わけあってこれを飲まされそうになり非常に焦ったあせる

ツアー終了後は、ヱビスビールをヒットさせた「東洋のビール王」馬越恭平社長について主催者が説明。

お姉さんが絶対に教えてくれない社長の下半身ネタなどが炸裂(聞きたい人は9月にいらっしゃい)。

--------------------------------------------------

⑤恵比寿ガーデンプレイス

酔い覚ましも兼ねて、ガーデンプレイスを散策しましょう。

サッポロビール本社のそばにあるもう一つの「恵比寿神社」。

なんかよく分からん、オシャレで値段が高い店(恐らく行くことがないので名前を覚える気がない)。

恵比寿ガーデンプレイスタワーの展望スペース。

みんなでのんびり見物していたら、だいぶ暗くなってきて少し夜景チックに。

下に降りてきた時には、だいぶ暗くなっていました。

最後にインスタ蠅する?柱をパチリ。

--------------------------------------------------

今回は1日で3ヶ所もミュージアムをまわって、しかも全てぐるっとパスで入るというなかなか計算された企画でしたが、終わってみるとやっぱり疲れましたね。
でも、それも計算の上で最後にヱビスビールを入れて正解でしたニコ
遊び過ぎて帰りが遅くなっちゃいましたが、暑い中最後までお付き合い頂きありがとうございました。
また次回以降の企画もよろしくお願いしますダルマ

HPの見方

当サークルでは、HPにて企画の告知を行っていますが、参加者の皆さんが意外と気付いていないページをご紹介。

メニュー画面の「これからの企画」の下には「開催が確定した企画」の一覧が表示されて、みんなそれは見ていると思います。

しかし、「これからの企画」自体もクリックできるのです(これを気付いていない人が多い)。

スマホだと下の画面。

「これからの企画」には「開催予定の企画」の情報も載せています。

その下にはカレンダーもありますので、計画を立てる際はご参考下さい。

当サークルHPはこちら 週末お出かけサークル

--------------------------------------------------

最近は土日開催が多くなっていますが、今回は「明治丸」の公開日に合わせて土曜日に2回開催することに。

21日に参加する人たちにネタバレしないよう、今回はあまり細かい内容は書かないことにします。

--------------------------------------------------

①明治丸

明治政府が灯台巡視船としてイギリスに発注した当時最新鋭の鉄船で、現在は東京海洋大学内に設置されています。

現存する国内唯一の鉄船として、重要文化財に指定されています。

上の写真で見ると地味だけど、近づくとアカンサスの模様が描かれていたりと、豪華な造りであることが分かります。

ここはボランティアの方の詳しい説明を聞きながら見学。

ロイヤルシップとして使われたので、船内には明治天皇の御座所も。

こういうゴテゴテした機関部のかっこよさ!

船内は冷房がなくけっこうな暑さ!

甲板上は隅田川からの風もあり、涼しくて気持ちよかった。

明治丸見学後は、海事博物館「百周年記念資料館」も見学。

こちらには機関部品、属具、船体模型などが展示されています。

普段目にすることのない珍しい部品も多く、みんなも興味津々でした。

帰りには文化財に指定されている校舎や観測台もチェック。

装飾が美しい校舎は昭和初期の古い建物ですが、まだまだ現役!

--------------------------------------------------

相生橋を渡って月島方面へ。

船の見学で少し疲れたので、もう一つの月島名物・レバーフライを、元祖のお店「ひさご家」さんで頂きます。

揚げ物は普段から好きだけど、散策中に食べる揚げ物は特に美味しく感じます。

レバー臭いこともなく、とても美味しかったです^^

16時頃行きましたがすでに完売でした。

いやぁ、予約しといてよかった。

--------------------------------------------------

月島方面から「明治丸」と途中立ち寄った「中の島公園」を撮影。

天気は曇がちで青空やキラキラ光る水面は撮れなかったけど、夏歩きには曇がベスト。

隅田川沿いの親水公園「石川島公園」を歩いていきます。

日本の兜をイメージした主塔を持つ「中央大橋」。

夜景が綺麗なのであとから見に行きましょう^^

江戸時代には人足寄場があった石川島。

佃島との境には人足たちが作ったという「石川島灯台」が復元されています。

現在の石川島灯台の正体を隠す素晴らしい撮影テクニックカメラ

--------------------------------------------------

②佃島

家康が江戸に来た頃から、隅田川河口に存在していた2つの島。

1つが先ほど出てきた「石川島」、もう1つが今から訪ねる「佃島」です。

最近説明用にイラスト入りのフリップを持ち出すようになった当サークル主催者。
佃島成立の経緯は非常に面白いので、カラーコピー用紙まで持ち出して佃島をガチ説明(理解してもらえたかは不明)。

当日は住吉神社の例祭の日で、普段は佃川支川に埋まっている抱木や大幟の柱が地上に出ていました!

ちなみにこれが普段の埋まっている様子。

抱木や柱を見たのはこれが初めて。

お祭りもいつか見に行かなきゃなぁ(最近祭り連同士で揉めてると聞きましたが…)。

佃島は「佃煮」発祥の地でもあります。

今回は佃煮の老舗「佃源田中家」で本場佃煮を買いました(外観は撮り忘れた)。

昭和の駄菓子屋「山本商店」でも懐かしい駄菓子を購入。

住吉神社や佃天台地蔵尊も訪問しましたが、ネタバレ防止に今回は写真は載せませんイヒ

「佃島」というエリア自体は非常に狭いので、散策しやすいのも嬉しい。

僕は大好きな場所なんだけど、みんなにもそれが少しでも伝わっていればなぁ。

--------------------------------------------------

この後は月島でもんじゃを食べました(主催者が疲れていたので、月島界隈の写真を全く撮っていない)。

もんじゃ企画を作っておきながら、実はもんじゃが若干苦手な主催者でしたが、みんなと一緒に食べると美味しいものですな。

疲れた分、たくさん食べて飲んでとても楽しかったです^^

--------------------------------------------------

お腹いっぱいで、みんなすっかり元気になりました。

どっかのバカが「中央大橋や永代橋の夜景が綺麗だお!」と言い出したので、みんなで夜の散策へ出発!

21時前、中央大橋に着いた途端、ライトが消えました…。

嫌な予感がしてライトアップ時間を調べたらなんと21時消灯らしい。

無駄に歩かせてみんなに恨まれやしないかと心配する主催者。

が、みんな飲んだ後ですっかり話に夢中で、夜景とかどうでもよさそうじゃねーかよ、もうやめじゃ!えーん

…と相変わらずのグダグダで終わってしまいましたが、本当はこういう夜景を見せてあげたかったのよ。

永代橋から見た大川端リバーシティ21と中央大橋。

すげえ夜景だろ、これが大川端リバーシティ21の実力だ。

久しぶりにたっぷり歩いた今回の散策はここまで。

飲み会も盛り上がりとても楽しかったですね、また次回以降の企画もよろしくお願いします^^