島のWeb屋の日記
  • 22Aug
    • アメブロの「読者登録」が「フォロー」に変わりました

      先日告知があった、アメブロの「読者登録」から「フォロー」、「読者」から「フォロワー」への名称変更が、本日実施されたようです。今のところは、概ね名前が変わっただけで、フォロー(読者登録)する時の選択で「公開(相手に知らせる)」が基本になった以外は、URLやシステム的な動作の変更などは無いように見えます。(「公開(相手に知らせる)」が基本になった件は後ほど)↓PC版の画面も・・・↓スマホ版の画面も・・・「読者登録」から「フォロー」、「読者」から「フォロワー」に変わっています。↓まだ変わっていないところもありますが、これらもそのうち変わるのでしょう。「公開(相手に知らせる)」が基本になった件さて、今回の仕様変更で、フォロー(読者登録)する際の選択項目が、以前は「非公開(相手に知らせない)」が基本だったのが「公開(相手に知らせる)」が基本に変更となっています。しかも、初期状態では「非公開(相手に知らせない)」は選択できません。これは・・・、困る人が多そうな仕様ですね。ですが大丈夫です。この設定はアメブロの基本設定(https://blog.ameba.jp/ucs/blog/bloginfoinput.do)で変更することができます(PC版の場合)。「フォローの設定」の「フォロー申請設定」という項目を「非公開でフォローする」に変更し、保存すると・・・今回の仕様変更が実施される前のように「非公開(相手に知らせない)」が基本となります。また、なぜかこの場合は、「公開(相手に知らせる)」を選択することも可能となっています。すべて公開フォローするという方以外は、こちらの設定をしておいたほうが良さそうですね。

      73
      テーマ:
  • 31Jul
    • 「保護されていない通信」という警告が急に出るようになったんですが・・・

      パソコン版アメブロのマイページを開くと「保護されていません」という表示が急に出るようになったんですが、これは、ウイルスに感染するとかそういうことですか?という質問がありました。どうやら、今まで保護されていたものが、急に保護されなくなって危険な状態になったと感じたみたいですが、そうではありません。Google Chromeの最新バージョン(バージョン68)以降で表示が変更になっただけです。2018年8月1日 23:55現在のGoogle Chrome 最新バージョン(バージョン68.0.3440.84)では、当記事で「保護されていません」となっている位置の表示が「保護されていない通信」に変わっています。あまりにも誤解を招く表現だったため変更となったのでしょうか。なお、この変更に合わせて記事タイトルも変更しましたが、記事内容は投稿時のままにしておきます。これまでは、パソコンとサーバー(インターネットにあるコンピューター)との通信が、・暗号化されている場合は→保護された通信・暗号化されていない場合→特別な表示は無しだったのが、・暗号化されている場合は→保護された通信・暗号化されていない場合→保護されていませんに変わりました。つまり、表示が変わっただけで、安全度が変わったわけではなく、今までと同じ程度に安全で、今までと同じ程度に危険です。ただし「保護されていません」と表示されるページで個人情報やクレジットカードの番号などを入力すると、ネット盗聴などで盗まれる可能性がありますので、注意は必要です(これも今までと同じです)。では保護された通信と表示されている場合は絶対に安全か?と言うと、そうでもありません。保護された通信なら、送信する情報が暗号化されているためネット盗聴には強くなりますが、場合によっては送信先そのものが詐欺サイトやフィッシングサイトである可能性もゼロではないので、送り先をURLなどからちゃんと確認しておかないと、情報が盗まれる可能性も十分にあります(これも、やはり今までと同じです)。

      65
      2
      3
      テーマ:
  • 24Jul
    • Google Chromeが覚えているパスワードをCSVファイルに保存する方法

      ちょっと必要に迫られて、Google Chromeが覚えているパスワードをCSVファイルに保存する機会がありましたので、その時の手順を書いておこうと思います。とても簡単でした。なお、操作は、Windows7にインストールしたGoogle Chrome バージョン67.0.3396.99のものですので、他のOSやバージョンの場合は多少異なるかもしれません。1.パスワード管理ページのメニューボタンをクリックまず、Google Chromeのパスワード管理ページを開くため、アドレスバーに「chrome://settings/passwords/」を入力してEnterキーなどでページを開きます。そして、パスワード管理ページの「保存したパスワード」の右の方にある、メニューボタン(縦に点が三個並んだボタン)をクリックします。パスワードをエクスポートをクリックそのメニューボタンの位置に「パスワードをエクスポート」という項目が表示されたら、それをクリックします。パスワードをエクスポートをクリックすると、エクスポートしたファイルを見られるとパスワードが漏れる事に関する注意が表示されますので、再度「パスワードをエクスポート」というボタンをクリックします。パスワードを入力もし「Windows セキュリティ」というダイアログが表示され、Windowsのログインパスワードの入力を求められたら、入力して「OK」をクリックします。保存最後は、「名前をつけて保存」ダイアログが表示されるので、保存先のフォルダとファイル名を設定して「保存」ボタンをクリックすれは保存できます。注意事項などなお、保存したCSVファイルは、暗号化など一切されていない素のCSVファイルですので、ダブルクリックするだけで、Excelで、URL、ユーザー名、パスワードの組み合わせを全て見ることができます。つまり、他人に盗まれたりすると大ごとですので、厳重に保管するようお勧めします。また、このCSVファイルは「UTF-8」という文字コードで保存されていて、ダブルクリックでExcelですると日本語部分が文字化けしたりします。文字化けしないためには「データ」→「テキストファイル」で、文字コード「UTF-8」での取り込みをするなどが必要だと思いますのでご注意下さい。あと、これはExcelのCSVファイル表示の仕様ですが、数字だけのデータは左端の0(ゼロ)が全て消去されての表示となりますので、こちらもご注意下さい。

      53
      1
      テーマ:
  • 20Jul
    • スマートフォンやタブレットPCのタッチペンはどれが一番使いやすいか?

      スマートフォンやタブレットPCで使うタッチペン(スタイラスペン)、色んな物を使いますが、どれが一番使いやすいか?と聞かれると、ちょっと悩んでしまいます。僕がふだん使ってるのは、写真にある5本。右から順に、・iPad Pro(と第6世代iPad)専用のApple Pencil・Lenovo YOGA BOOK専用のリアルペン・静電発生式(充電式)の汎用スタイラスペン・先端がディスクタイプの汎用スタイラスペン・先端がシリコンゴムの汎用スタイラスペンです。Apple Pencilとリアルペンは、専用品なので、お互いに対応しているハードウェアでしか使えません。汎用スタイラスペン3つは、どのスマホやタブレットでも一応使えますが、タッチの感度や保護シートの具合によって、上手く使えないこともあります。この中で最も汎用的で安定して使えるのは「先端がシリコンゴムの汎用スタイラスペン」ですが、これはこれで、先端が大きすぎて細かい操作には向きません。Apple Pencilが最強という声も聞きますが、僕がイラストを描いたりする機会が少ないからか、たしかにいい感じではあるのですが、非常に高価な割にはそこまで言うほど使いやすいとは感じません。もちろん、iPad Proを使うなら、これがあるのと無いのでは使い勝手が雲泥の差になるのは間違いないと思います。ちなみに、写真に写っているリアルペンのペン先はちょっと変わっていて、実際にボールペンで紙に書いたメモがコンピューターにも取り込まれるようになっています。個人的に、書き心地としてはこのリアルペンのボールペン先(インク芯と言います)が最高ですが、困ったことに、対応しているハードウエアLenovo YOGA BOOKが、タブレットとしてもPCとしても、やや中途半端な感じ。また、最高の書き味のために、いちいち紙を使うのもどうかな?と思います。紙を使わないペン先もあるのですが、こちらは、ワコムのタブレットに付属のペンなどと似たような書き心地ですので、最高とまでは行きません。というわけで、あらゆる面で最強というものには今のところ出会えていません。最近、スマホで専用の良いペンが付いている機種も出始めていますので、この分野に関しては、まだまだこれからどんどん良くなって行くのかもしれませんね。

      50
      テーマ:
  • 12Jul
    • 写真に写り込んでしまった消したいものを簡単に消す

      ただいま絶賛練習中の・Affinity Photoという画像編集ツールで「写真に写り込んでしまった消したいものを簡単に消す」というのをやってみました。やり方は一つではありませんが、今回は「インペインティングブラシツール」という機能を使ってみました。↓こんな写真の真ん中の蝶を2頭消して、↓このようにします。もちろん、本当にこの蝶を消したいわけではありませんが、練習用にわかりやすいのを選びました。実際にやってみた動画が↓こちら。所要時間は約30秒で、めちゃくちゃ簡単にできました。一応もうひとつ、↓別のもやってみましたが、やっぱり簡単です。もちろん、写真によってはなかなかキレイに消せないこともありますが、試してみる前に思っていたよりはかなり優秀でした。ちなみに、Photoshop CS5.1(古くてすみません)で同様の機能(スポット修復ブラシツール)を使ってやってみたのが↓こちら。選択するブラシ名が違うだけで、それ以外の操作は全く同じで、仕上がりもよく似た感じになりますね。・Serif Affinity Photo for PC (SOURCENEXT/Windows7、10対応)・Affinity Photo (Microsoft Store/Windows10のみ)あと、↓こちらにも同ソフトのことを書いてありますのでよかったら。『PhotoshopとIllustratorの月額課金が嫌なので代替品を探してみました』Adobeが自社のソフトウェアを月額課金制にしてから、もともとユーザーだった人が、乗り換えのために(特にPhotoshopとIllustratorの)代替品を… 島のWeb屋の日記

      55
      2
      テーマ:
  • 11Jul
    • アメブロにヘッダースライドショーを入れてみました(PC画面・新CSS)

      前に新CSS用のヘッダースライドショーを作ってみたのにそのまま放置してしまっていたのを思い出しました(笑)試しに当ブログに設置してみましたが、パソコン向け画面のみの表示ですので、もしどんな感じか見てみたい方がいらっしゃいましたら、パソコンやiPadでご覧になってみてください。また、いつも見に来てくださる方ほど古い情報がキャッシュに残っていて、新しく設置したスライドショーが見えないかもしれませんので、その場合はCtrl+F5キー(Windowsの場合)などで、強制的に再読み込みしてみてください。なお、同じようなのをやりたい人がいらっしゃるかもしれませんので、新CSS編集用デザインのアメブロのパソコン向け画面にヘッダースライドショーを設置するCSSを置いておきます。もしよろしければ、ご自身のアメブロでご利用になる際にお使いください。【ご注意】・コンテンツ幅、使用する画像の幅は1120pxしか考慮していません。・他の各種パラメータもあまり練れていませんので、必要に応じて適宜修正してください。・あまり色んなシチュエーションで動作確認をしていませんので動作保証はできません。・アメブロの仕様変更や他のカスタマイズとの組み合わせによっても正常に動作しない可能性が大いにあります。↓画像3枚用/*** ヘッダースライドショー3枚(新CSS)** by A.Matsmoto (https://ameblo.jp/wazameba/)**/@keyframes header_ss {0% {left: 0px;}28.3% {left: 0px;}33.3% {left: -1120px;}61.6% {left: -1120px;}66.6% {left: -2240px;}94.9% {left: -2240px;}100% {left: -3360px;}}.skin-bgHeader a {height: 300px; /* 画像の高さ */position: relative;z-index: 1;overflow: hidden;}.skin-bgHeader a:before {content: "";position: absolute;z-index: -1;width: 400%;height: 100%;background: no-repeat scroll center top;background-position: 0 0,1120px 0,2240px 0,3360px 0;animation: header_ss 12s ease infinite 0s; /* 「12s」のところで全体時間調整 */background-image: url("1枚目の画像のURL"),url("2枚目の画像のURL"),url("3枚目の画像のURL"),url("1枚目の画像のURL"); /* 1枚目と同じ */}↓画像4枚用/*** ヘッダースライドショー4枚(新CSS)** by A.Matsmoto (https://ameblo.jp/wazameba/)**/@keyframes header_ss {0% {left: 0px;}20.0% {left: 0px;}25.0% {left: -1120px;}45.0% {left: -1120px;}50.0% {left: -2240px;}70.0% {left: -2240px;}75.0% {left: -3360px;}95.0% {left: -3360px;}100% {left: -4480px;}}.skin-bgHeader a {height: 300px; /* 画像の高さ */position: relative;z-index: 1;overflow: hidden;}.skin-bgHeader a:before {content: "";position: absolute;z-index: -1;width: 500%;height: 100%;background: no-repeat scroll center top;background-position: 0 0,1120px 0,2240px 0,3360px 0,4480px 0;animation: header_ss 16s ease infinite 0s; /* 「16s」のところで全体時間調整 */background-image: url("1枚目の画像のURL"),url("2枚目の画像のURL"),url("3枚目の画像のURL"),url("4枚目の画像のURL"),url("1枚目の画像のURL"); /* 1枚目と同じ */}↓画像5枚用/*** ヘッダースライドショー5枚(新CSS)** by A.Matsmoto (https://ameblo.jp/wazameba/)**/@keyframes header_ss {0% {left: 0px;}15.0% {left: 0px;}20.0% {left: -1120px;}35.0% {left: -1120px;}40.0% {left: -2240px;}55.0% {left: -2240px;}60.0% {left: -3360px;}75.0% {left: -3360px;}80.0% {left: -4480px;}95.0% {left: -4480px;}100% {left: -5600px;}}.skin-bgHeader a {height: 300px; /* 画像の高さ */position: relative;z-index: 1;overflow: hidden;}.skin-bgHeader a:before {content: "";position: absolute;z-index: -1;width: 600%;height: 100%;background: no-repeat scroll center top;background-position: 0 0,1120px 0,2240px 0,3360px 0,4480px 0,5600px 0;animation: header_ss 20s ease infinite 0s; /* 「20s」のところで全体時間調整 */background-image: url("1枚目の画像のURL"),url("2枚目の画像のURL"),url("3枚目の画像のURL"),url("4枚目の画像のURL"),url("5枚目の画像のURL"),url("1枚目の画像のURL"); /* 1枚目と同じ */}もし上手く設置できたら、コメントなどでお知らせいただけると嬉しいです^^なお、ヘッダーのブログタイトルや説明文を非表示にしたい場合は↓こちらを併用するとうまくいくかもしれません。/* ブログタイトルと説明文を非表示にする */.skin-headerTitle {display: none;}

  • 07Jul
    • Macなのでウィルスには感染しませんよね

      「私、ウィルスが怖いのでパソコンはMacに変えました。Macなので、もうウィルスには感染しませんよね」という人がいたのでビックリしたんですが、これ大間違いで、知ってる人には当たり前のことですが、Macでも普通にウィルスに感染します。実際に、セキュリティソフト会社もMacのウィルス感染による被害例を公開しています。Macに潜むウイルスの確認方法、4種類の被害と12の対策「Macはウイルスに強いから大丈夫とはいえ、Macにもウイルスの被害があるんじゃないの」というMacユーザーの漠然としたイメージを明確にし不安を解消します。Windowsに向けたウィルスがよく話題になるのは、世界のターゲットになりやすい人たち(企業とか)の多くがWindowsを使っていて、単にそれを狙ったウィルスが作られやすいだけ、と言われています。もしも、(ちょっと考えにくいことですが)その人達が使うPCの主流がMacになれば、ウィルスのターゲットも主にMacになることでしょう。なので、Macもウィスル対策は必要なんですが・・・やってる人はあまりいないみたいですね。とても怖いことだと感じますが、オーナーさんは安全だと思っている人が多いみたいなので、怖いとは感じないんでしょうね。でも、ウィルスは感染してからでは色んな意味で手遅れになることが多いので、やはり、事前に対策をしておくことが重要だと思います。例えば、僕も使ってる以下のウィルス対策アプリは、動作の軽さとウィルス検出力に定評があり、WindowsにもMacにも、ついでにAndroidにも使えて、家族や友達とライセンスを5台まで分け合えて、しかも3年使えるので、1台あたり年間数百円でウイルス対策できてオススメです。【ESET ファミリー セキュリティ (最新版) | 5台3年版】なお、買う前に試したいという場合は、まず無料体験版を使ってみて、気に入ってから、安いところでライセンスを購入し、製品版として使い続けることもできますよ。

      61
      2
      テーマ:
  • 05Jul
    • パソコンの内蔵SSDの寿命予測を測定してみました

      パソコンの内蔵SSDに信頼性分析や寿命予測を測定するツール「SSDLife」の無料版を試してみました。SSDは、ハードディスクの記憶媒体を磁気ディスクから半導体に置き換えたような装置(説明雑すぎ?)で、(ハードディスクほど短くはないものの)寿命のある消耗品ですので、今使っているSSDがあとどのくらい使えるのか?の目安になると思い、ちょっと試してみました。↓結果状態は良好、寿命予測については、2023年11月18日だそうです。そこまでピンポイントで予測されると、かえって胡散臭く感じてしまいますが、概ね、今まで約3年使って、あと5年ちょっとの間には交換したほうが良さそうという感じでしょう。数字の根拠は僕にはよくわかりませんが、「5年大丈夫」と言われると何となく安心感がありますね。でも、けっして「5年は壊れません」ということではないので、いつ壊れても困らないように、データは常にバックアップを残しておくことが基本だということは変わりませんが。ちなみにこのソフト、□シア製みたいなので、変なソフトを入れられる可能性も考え、インストールはかなり警戒しましたが、いまのところ何も問題になりそうなものは入れられてなさそうです(笑)ウイルスチェックも2種類やってみましたが引っかかりませんでした。ただ、「S.M.A.R.T」ボタンをクリックすると、どうもメーカーのサーバーにデータが送られるみたいなので、何となくこれは辞めときました(汗)本当は、メーカーがこういうユーティリティソフトを公開してくれると、もっと安心感があるんですが、そういうサービスはまだ一般的ではないんでしょうかね・・・SDD Life Free

  • 04Jul
    • 修理から帰ってきた一眼レフで撮ってみました

      先日修理から帰ってきた一眼レフを使って、近所の溜め池にいたトンボを撮ってみました。修理前はピントが全然ダメだったんですが、帰ってきてからはバッチリ合うので、本当に気持ちがいいです。もし、ご自身のカメラで、「なんかピントがおかしい気がする」ということがあったら、一度メーカーに点検に出してみるのも検討されるといいと思いますよ。ところで、最近は、「一眼レフのように撮れるスマホ」とか、「一眼レフのように撮れるアプリ」とかがたくさん出てきて、僕が使っているiPhone8 Plusにもそういう機能がついてますし、そういうアプリも使っているので、「もう一眼レフじゃなくて、スマホでもいいのかな?」と思ったこともありました。でも、撮れた写真を見ると、「加工技術スゴいなぁ」とは思っても、ちっとも「一眼レフのように撮れている」ようには見えないですので、やはり、まだまだスマホで代用はできませんね。個人的に「軽さは正義」だと思っていますので、例えば「背景ぼかし」なんかも、せめて↓このくらい自然になってくれたら、撮影機材が劇的に軽くなって嬉しいんですが・・・「きっと、まだまだ当面はスマホではムリなんだろうな」とは思いますが、期待はしたいです(^^)■使ったカメラ【Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300】■使ったレンズ【SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM】【Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G】

      44
      テーマ:
  • 03Jul
    • 美肌・美顔にする写真修正ツールを試してみました

      今は女性のスマホには、お顔がキレイになる写真アプリが入っているのは当たり前になっていると思いますが、パソコン(Windows/Mac)用の、顔写真を美肌・美顔に修正するソフトウェアがあったので試してみました。PortraitProというソフトです。イギリス製のソフトで、日本ではライフボート社が直販しているようですが、パッケージ版はAmazonでも売っています。名前に「Pro」と付いていますが、プロ向けというよりは、誰でも手軽に顔写真を簡単に修正できることを目指したツールのようです。Photoshopプラグインとして動作する少し高価な別エディションもあるので、もしプロが使うとするならこちらになるんでしょうか(PortraitPro Studio 17)。基本的にはプリセットや用意された機能の範囲で、マウスでチョイチョイっとイジるだけで、とりあえず「別人」レベルまで簡単に修正できます(笑)当記事冒頭の画像は実際に動作を試してみた時のスクリーンショットですが、はじめて使ったソフトで、所要時間2分程度(自動+微調整)でこのくらいまで修正できました。ちなみに、元の写真はこちらのサイトで、「嫌そうな顔をする50代の日本人の女性」というタイトルで公開されている写真を無料ダウンロードしました。余談ですが、こういうソフトを使ってみると面白いんですが、修正前後を見比べていると、「プロフィール写真って何?」という気持ちに、ちょっとなりますね(汗)

      38
      テーマ:
  • 02Jul
    • 簡単写真切り抜きアプリ(PC用)が安かったので買って使ってみました

      InPixio Photo CutterというWindowsパソコン用の簡単写真切り抜きアプリが、めちゃくちゃ安かったので、試しに買って使ってみました。通常3,000円ほどで、超割というサービスの会員なら半額なので、それでも普通に安いのですが、たまたま見た会員メルマガのリンクから購入+割引券で600円ほどでした。ヘッダー画像を作る時など、写真から人物を切り出すのがけっこう大変だったりすると思いますが、それを専用アプリで簡単にできればラッキーですよね。ちなみに、こういった写真から被写体を切り出す機能は、最近の写真加工(フォトレタッチ)アプリなら搭載しているものが多いですが、単機能で安かったのに引かれて買ってしまいました。というわけで、他のアプリと、使用感や出来栄えを比較してみたいと思います。今回は、↓こんな写真から、女性の部分だけを切り出し、それ以外を真っ白に塗りつぶしました。(この写真は、写真ACというサイトから無料ダウンロードしました)写真からの人物の切り出しは、時間をかければきれいにできるのはわかっていますが、素早く簡単にできることを重視して、どのアプリも、サクッと3分以内でできるやり方でやってみました。まず定番(ですよね)、Adobe Photoshop。バージョンは5.1で古いですがご了承ください。もちろん、問題なくできました。次は、長年の僕のお気に入り、老舗のCorel PaintShop Pro(Ultimate版)。Photoshopと比べると値段は大きく違います(PaintShop Proが安いです)が、少なくとも今回試した機能の範囲では、あまり差を感じず良い感じにできました。そして次は、僕が最近注目&練習しているAffinity Photo。(Affinity Photoで実際にやってみたときの動画)このアプリもPhotoshopと比べると値段は全然違いますが、やはり高機能で、色んな意味でPhotoshopと比べても遜色ないと思います。で最後に、いよいよ今回買ったInPixio Photo Cutterというアプリ。他のアプリ同様、とても簡単に切り抜きできました。ですが、仕上がりは、他のアプリほどは良くないですかね?ちょっとがたつきが気になる感じ。もっと単純な背景で被写体とのメリハリがはっきりしていれば、きっともっとキレイに切り抜けるんだろうとは思いますが。性能は程々でも、価格と手軽さを重視するという方には良いアプリだと思います。個人的には、(少し値段は上がってしまいますが)Corel PaintShop Pro(Ultimate版)かAffinity Photoをお勧めします。

      53
      4
      テーマ:
  • 30Jun
    • パソコンメーカーにモニターのリサイクル回収依頼をしてみました

      自宅に、もう使わなくなったデル社製のモニターがあったので、メーカーにリサイクルのための回収依頼をしてみました。デル製のPCやモニターの回収(個人向け)は、こちらのページから、フォーム、メール、電話で依頼することができます。僕はフォーム(Web申込)から申し込みました。料金については、PCリサイクルマークが付いている場合は、送料も含めて無料です。付いていない場合は基本的に有料ですが、無料になる条件もありますので要チェックです。僕が回収を依頼したモニターは「FP2007」という機種で、PCリサイクルマークがついていましたので無料でした。ただし、無料の場合も梱包資材(箱など)は、自分で用意する必要があります。手順は、僕の場合は以下のようなものでした。(1).フォームから必要事項を入力(2).数日後に「エコゆうパック」の送り状が到着(3).箱にモニターを入れ、送り状を貼って郵便局から発送簡単です。郵便局からの発送については、集荷依頼もできますし、持ち込みもできます。まだ他にもあるので、不要になったものはどんどんリサイクルに出していこうと思います。

  • 29Jun
    • アメブロPC版仕様変更:「テーマ別」や「月別」のページがいつの間にか無くなっていた件

      「アメブロ、テーマのページが無くなりましたね」と連絡をもらったので、「そんな馬鹿な!」と思って見てみたら、本当に無くなってました(汗)もともと、テーマ別のページは、(1)「https://ameblo.jp/アメーバID/theme-数字11桁.html」というURLの、テーマ別にダイレクトに記事を読めるページと、(2)「https://ameblo.jp/アメーバID/themeentrylist-数字11桁.html」というURLの、テーマ別の記事へのリンク一覧ページの2種類がありましたが、これが、■(1)は廃止され、■(2)のURLが元の(1)のURLに変更された。ということのようです。また、「月別」ページにも同様の変更が入っていました。つまり、「次のページ・・・次のページ」と時系列で読んでいけるのが、トップページから(/page-数字.html)と、個別記事ページから(/entry-数字11桁.html)だけになったということでしょうか。なお、変更前の(2)のURLにアクセスすると、変更後のURLにリダイレクト(自動転送)されるようですので、リンク切れにはならないみたいです(内容は変わりますが)。ちなみに、ちょっと調べてみたら、5月26日時点では変更前の状態で、6月22日には変更後の状態になっていたので、この間に変更が入ったみたいですね。知りませんでした・・・

      55
      2
      テーマ:
  • 28Jun
    • アメブロPC版仕様変更:一部リンクのURLが相対URLに変更されました

      アメブロのPC版で仕様変更がありました。記事タイトル、記事テーマ、サイドバーのテーマや記事へのリンクなど、一部リンクのURLが、絶対URLから相対URLに変更されたようです。変更前:https://ameblo.jp/wazameba/entry-12386695360.html↓変更後:/wazameba/entry-12386695360.htmlのように、プロトコル(https:)とホスト名(ameblo.jp)が無くなっています。変更されたのは昨日あたりだと思います。このURLをカスタマイズに使っているなど影響を受ける、という人は少ないと思いますが、念のため。なお、アメブロはこういう告知のない仕様変更が知らない間に元に戻ることもあり、相対URLだけに対応するような修正をすると、戻った時におかしくなりますのでご注意を。ちなみに僕は、お客様に使っていただいている、アメブロの記事をワンクリックでWordPressにバックアップするシステムが影響を受け、ユーザー様から動作不具合の報告を受けて気づきました。

      58
      テーマ:
    • アメブロのアクセス解析を見てみたら予想通りひどかった件(汗)

      普段あまり見ないんですが、ふと、アメブロ標準のアクセス解析が新しくなってからろくに見ていない事に気づいて見てみました。予想はしてましたが、驚きのひどさでした。「アクセス解析の性能が」ではなく、「当ブログのアクセス状況が」です(汗)以前書いていた約7年分の記事を全部消して(一部は外部サイトへ移動して)、今月から日記みたいな雑多なことを書き始めたブログなので、まあこんなもんだとは思ってましたが。このまま書き続ければもう少し良くなるのかな?ちょっとわかりませんが、たぶん「もっと訪問者が喜んでもらえるような工夫していかないとダメ」だろうと思います。ちなみに、Google Analyticsでも見てみたところ↓こんな感じでした。左がリンク元で、アメブロ版との対応は、緑≒Ameba、赤≒その他、青≒検索くらいだと思います。右はOSですが、アメブロのデバイスで言うと赤≒パソコン、青≒スマホだと思います。AnalyticsではAmebaアプリでのアクセスがカウントされないことはわかっていますので、それを含めて考えると、何となく似ているような似ていないような・・・以前と比べると、まともに取れるようになってるんですかね?運営さんは改善をうたっているようですので、多分良くはなったんでしょう。でもまあ、ブログの改善点などの指標としてちゃんと使いたい人には、アメブロのアクス解析は、まだまだ使えるようなレベルにはなってないと感じました。

  • 27Jun
    • Windows7の終了に備えて新しいノートPCを注文しました

      先日、↓こちらの記事で、もうそろそろPCの買い替えが必要だと感じたことを書きました。『Windows7パソコンの買い替え時がいよいよ来たか!と思いました』僕が、現在メインで使っているパソコンは、約7年前(2011年)に購入した、Acer Aspire 5750 AS5750-F78F/LK(価格.com)という… 島のWeb屋の日記それから数日、空き時間に購入候補の機種を物色していたんですが、ようやく決まって注文しました。ThinkPad E480という機種です。具体的には、ThinkPad E480でCPUがインテルCore i5の台数限定の機種(クーポンで割引あり)をカスタマイズしました。カスタマイズ内容は・・・■CPUを「Core i5-7200U」から「Core i5-8250U」に変更■メモリーを「4GB」から「16GB」に変更■ドライブを「M.2 SSD 128GB」から「M.2 SSD 256GB」に変更しました。で、↓価格がこんな感じになりました。ドライブは今どき「ハードディスク」などという亀かカタツムリのような動きの遅い、そしてガラス細工のようにデリケートで壊れやすいものを選ぶなんてありえませんので「SSD」は絶対です。この機種は、もともとSSDだったんですが、128GBだとかなり狭苦しい感じなので、倍の256GBにしました。512GBも選べましたが、かなり高価なのと、必要ならばあとからもう一台(少し遅いタイプですが十分速い)SSDを追加できそうなので、足りなくなったら追加しようと思います。CPUは同じ「Core i5」でも7200Uと8250Uではぜんぜん違うので、+5千円ならアップグレードすることをお勧めします。メモリーは普通の人は16GBも必要ではなく、8GBもあれば十分だと思います。試しに8GBでの構成も見てみたら、約10万くらいでした。ちなみに、僕はOffice 365 soloのユーザーなのでOfficeなしを選びましたが、例えばOffice Home and Business 2016を追加すると、もう2万くらい高くなります。実は、家電屋のパソコンをいくら見ていても、「要らないものはいっぱい付いてるのに、要るものはついてない」と感じるものばかりで全く買う気が起きなかったんですが、この機種とカスタマイズできる内容を見た時に、すぐに「これを買おう」と決めました。どうやら僕は、こういう自分に必要だと思うものを必要なだけ買うという買いの方が性に合っているようです。というわけで、届くのを楽しみに待ちたいと思います。届いたら、またレポートしますね。【ThinkPad E480】

      55
      テーマ:
  • 25Jun
    • 写りが悪くなったカメラを修理に出してみたら見違えるほどよく写るようになりました

      僕が普段使っているデジタル一眼レフが、何となくピントが合わず、ボンヤリした写真ばかり写るようになったので、修理に出してみました。僕が使っているデジタル一眼レフは、Nikon(ニコン)のD5300というカメラです。修理をお願いしたのは、いつもお世話になっているカメラのキタムラさん。カメラのキタムラさんは、近所に実店舗があってイザという時にすぐに相談できるのと、ネットで注文した商品を店舗で受け取ることができるのでよく利用します。カメラは精密機械で壊れやすいですし、新品時から不調ということもよくありますので、対応の良い実店舗で買うと安心ですね。で、修理に出したカメラですが、メーカーの修理部門に送って点検してもらったところ、故障(AF作動不具合)があったので修理・調整されて帰ってきました。で、試し撮りしてみたところ・・・、見違えるほどよく写るようになりました!!もともと写らなかったわけではなく、何となくボンヤリした写真になるという感じだったので、同じ症状でも故障だと思わない人も多いかもしれません。特に、前はよく写っていたのに最近なんだかなぁ・・・というような場合は、もしかすると故障しているのかもしれませんので、一度、買ったお店で相談してみるといいと思いますよ。というわけで、この修理から帰ってきた一眼レフで撮った写真も、機会があればアップしたいなと思っています。【カメラのキタムラネットショップ】【Nikon(ニコン)デジタル一眼レフカメラ D5300】

      46
      テーマ:
  • 24Jun
    • パックマンっぽい図形を描いてみました

      Affinity Designerという画像作成ツール(ドローツール)の練習をしています。とりあえず、「簡単な図形なのにWindowsのペイントなどでは描きにくいものを」と思って、パックマンっぽい図形を描いてみました。↓こちらが実際に描いている動画です。「扇形ツール」という機能を使うと、超簡単にできました。動画でやっている手順は・・・、■扇形ツールを選択■Shiftキーを押しつつ適当な大きさの扇形を描く■切れた部分の角度を調節■移動ツールを選択■回転■色を変更■右クリックメニューから「カーブに変換」■図形をダブルクリック■切れ込み部分の形を調整です。こちらのサイト様にイラレでの描き方が載ってますが、Affinity Designerの方がかなり簡単ですね。なお、Affinity Designerの使い方はこちらの電子書籍がわかりやすかったです(Windows向け)(Mac向けはこちら)。印刷した本も買えますがちょっと高いですね。「扇形ツール」の使い方は93ページ~にありました。たぶんツール本体は、今はまだダウンロード販売しかないと思います。Serif Affinity Designer for PCWindows7でもWindows10でも使えます。Windows10ならMicrosoft Storeから購入することも可能です。

      36
      テーマ:
  • 23Jun
    • Windows7パソコンの買い替え時がいよいよ来たか!と思いました

      僕が、現在メインで使っているパソコンは、約7年前(2011年)に購入した、Acer Aspire 5750 AS5750-F78F/LK(価格.com)という機種で、これのHDDをSSDに交換することで、今もすごく快適に使っています。ところが、昨日、普段使っているソフトウェア(アプリ)を最新版にアップデートしたところ、そのソフトウェアがエラーで動かなくなりました。「Luminar」という写真を超簡単にきれいに補正できるパソコンソフトですが、エラーの内容は・・・、「アプリケーションを実行するには、OpenGL3.3以降が必要です。グラフィックドライバを更新してみてください。」というもの。調べてみたところ、どうやらドライバーを更新してもダメみたいで、ハードウェアが対応していないため買い替えしかないということのようです。ちなみに、今回は一度ソフトウェアをアンインストールして、これまで使っていた一つ古いバージョンをインストールし直そうと思いますが、いつまでも古いバージョンを使っているのはセキュリティなど、色んな意味でよくありません。また、今後、こういう事が増えてくる可能性も高いですし、そもそも、あと1年半くらいでOS(Windows7)もサポート終了となりますので、やはり、「いよいよ買い替え時が来たか!」と思いました。ちなみに、僕はこれまで、自分で使うPCとして、使い道のないゴミアプリが大量にプリインストールされている日本の有名メーカーのパソコンは買いませんでしたが、たぶん次もそうなりそうです。また、「次は絶対Macにしよう」と思った時期もありましたが、同じアプリを2つ起動できないとか、僕の使い方としてはありえない仕様がいくつかあるので、次もWindowsにしようと思います。今のところ、↓「このあたりがお買い得で使いやすそうかな?」ThinkPad E580(i5-8250U/15.6型FHD/MEM:8GB/SSD:128GB/Windows10/Officeなし)などと思いながら物色しています。今のパソコンの環境を新しいパソコンに再度作っていく作業を考えると目眩がしますが、まあそれは仕方がないものと考えて、Windows7のサポートが切れる前に、余裕を持って機種を決め、入れ替えていこうと思います。

      59
      2
      テーマ:
  • 21Jun
    • 写真やイラストが欲しい時サクッと無料ダウンロードできるので重宝してます

      ちょっと写真やイラストが欲しいとき、特にブログ記事のアイキャッチ画像に使うような画像がほしいとき、Googleの画像検索とかで探すと、権利問題がどうなっているのかわからない画像が出てきたりするのであまりよろしくないですね。そんな時、僕はたいてい「写真素材ダウンロードサイト【写真AC】」か、その姉妹サイト「イラストダウンロードサイト【イラストAC】」を探します。例えば、この記事も、この記事も、この記事も、この記事も、この記事もそうです。基本的に無料素材ダウンロードサイトなんですが、他の無料サイトと比べると、なんと言うか、安心感があります。サイトを触った感じや検索機能も、日本では有名な有料素材サイト「Pixta」や、Adobeが運営している「Fotolia」などと比べても遜色ありませんし、アップされている写真も、有料サイトでも十分いけると思うクオリティのものが多いです。(実は僕は有料サイト「Fotolia」の審査に通って写真を何点か出品していて、細々とではありますが一応売れていますので、たぶん間違ってないと思います)まあ無料素材ですので、全ての画像がハイクオリティとは言えませんが、探すのも簡単ですし、個人的には10回探せば8回くらいは欲しい画像が見つかると感じています。ただし、僕は最初から「プレミアム会員」という快適化オプションを利用しているのですごく快適に利用できているんですが、完全無料利用だとダウンロード待ちや枚数制限などがあり、ちょっとイライラする事があると聞いています。プレミアム会員は、万が一の権利問題などのトラブルに50万円まで保険がついているので迷わず入ったんですが、実はそれ以上に「快適」という付加価値が大きかったです。ちなみに、プレミアム会員の会費は一度入会すると退会しない限りずっと上がらないんですが、早く入会するほど得な仕組みになっているので、気になる人は早めにチェックしておいたほうがいいと思いますよ。もちろん、基本は無料素材ダウンロードなので、ほとんどのユーザーは無料ユーザーだと思いますし、僕のように頻繁ではなく、ちょっと利用したいだけという場合は無料登録でも十分でしょう。あと、ご自身で写真を撮ったりやイラストを描いたりする人は、自分の作品をアップロードすると、ダウンロードされたときに(少しですが)報酬がもらえますので、チャレンジしてみるのも面白いと思います。写真素材ダウンロードサイト【写真AC】イラストダウンロードサイト【イラストAC】

      46
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス