12/4相場概況

テーマ:

アメリカは財政の崖問題でやや調整ムードの中、日経のほうは解散総選挙が発表されるとそれを材料に11月中旬から買い上げられてきましたが9500円に達すると勢いが衰えてきましたね。週足の一目均衡表の雲を上抜けたのと、月足の一目均衡表の雲の下限近くになってきましたね。ここからはまた新たな材料が必要なので、選挙まではあまり大きく動かない可能性も。選挙が終わってからは大きく動きそうです。


12/4 16:51 日経225先物 9420円


11/21相場概況

テーマ:

自民党が衆院選の政権公約の最終案がまとめて、「日銀法改正も視野に政府、日銀の連携強化の仕組みを作り、大胆な金融緩和を行う」と明記したということですね。


そして、更に「名目国内総生産(GDP)成長率3%以上」の目標を明記。「成長による富の創出」を目指し、15年までを念頭に国民総所得を約50兆円増やすとしたということですね。


また、為替相場のほうも円安のほうに動いてきてますので、これらが材料になって、持ちあい相場を上抜けてきましたね!


日足、週足ともに、ボリンジャーバンドの2σを上に抜けてますね。週足でのボリンジャーバンドの幅が縮まり収斂してきてましたから、中期での本格的な上昇トレンドになってきそうです。


11/21 20:00 日経225先物 9290円

11/2相場概況

テーマ:

来週火曜日6日には大統領選挙ですね。

保ち合い相場が続いてますが、その結果次第で相場に動き(トレンド)がでてきそうな気がしてます。

今のとこは僅かにオバマさんリードのようですが、どうなるでしょうか。


日銀の金融緩和は株価上昇要因ですが、2か月連続で緩和を実施しましたが、まだ明確な上昇トレンドになってませんね。今後も緩和姿勢を継続するようなのでこれも注目ですね。


11/2 18:17 日経225先物 9060円