yukiの一人歩き
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

みかん山までの散歩で汗だくに

最近は、あまり利用されずに、

我が世の春とばかり、

沢山咲き、はびこっている。

 

どうやって使っていたのか、

子供の頃のことでよく覚えていないが、

虫よけにしていたんだろうか。

ドクダミチンキとして、

風呂に入れたりもするらしい。

 

散歩には17時前に出たのだが、

それでも歩いているうちに、

汗がしこたま出てくるので往生した。

陽は射してなかったので、

みかん山まで足を延ばした。

 

もう白い花はなくなっていて、

歌も出てこない(笑)

上まで行ったところで、

足も痛み出したので、

体操をしたり、

歩き方を変えたりして

戻ってきた。

 

昨日言ったように、

ビワは手の届くところには、

一つも残っていなかった。

桑の実は一つ口に放り込んだ。

一日のリズム

数日前に撮った写真。

もう少しで熟すところだが、

残念ながら、

完熟の所は見ることが出来なかった。

 

この後も、

もう一二日かなと思っていると、

概ね私が散歩に行く頃には姿を消している。

この木は、道を外れた斜面に立っており、

手の届く範囲は限られている。

小さなビワと引き換えに、

急斜面に落っこちたのでは、

いい笑いものになる。

 

   

疎開先では、

絶好のおやつになった。

こちらは誰も手を伸ばさない様で、

私の口にも一粒放り込まれた。

甘味はあまりなかった。

この木は、数年前、

短く刈り込まれてしまっていた。

沢山の実を付けていたのに。

 

野草なんかでも、

戦中、戦後には食べたものが、

今は食べなくなっている。

昆虫類もそうだ。

 

そろそろ、こんなことを本気で考える時期かもしれない。

コロナで世界的に物流が混乱している。

食料については、

まだ話が上がってこないが、

中国から来なくなって困るのは、

マスクだけではない筈だ。

アジサイのア

   

散歩の主目的は、

アジサイの開き具合。

お嬢さん方は、まだ大部分目を覚ましていない。

それでも、何の世にも早熟がいるもの。

まだ大人にはなっていないけど。

   

完全に目覚めちゃってるのもいるね。

   

初めはこんなに色とりどり。

どんな姿になってくれるだろう。

   

落ち着いて落ち着いて。

みんな揃って花咲かせよう。

 

どうやら解除になったので、

そろそろ東京へも出かけられるかな。

年寄りの既往症持ちとしては、

いやが上にも慎重にならざるを得ない。

 

どんどん日にちが動いて行って、

6月が目の前に。

流石に、ゴルフの話まで出てきた。

野球も始まるというし、

コロナ君を考えないで、

元の生活に戻れるのが理想だけど、

もう少しの辛抱なんだろうな。

体調を知るには坂を上る

一昨日、坂をノンストップで早めに上ったら、

上のマンションの先で、

かなり心臓が苦しくなった。

これは、所謂、ふうふういう感じだったが、

その先を歩いて行くと、

息切れは治ってきたが、

胸の重さと、

背中への響きは、

間違いなく狭心症の症状だ。

 

運動して体調を維持するには、

ある程度きつさを感じるくらいでなければ、

楽をしていたら退化していくと思うのだが、

症状が出るのは、

やはり後に傷を残すような気がする。

今度の受診で、

先生にどの程度がいいか、聞いてみよう。

 

今日もノンストップで上ったが、

ゆっくりだったので、

影響がなかった。

きつくなったら、止まろうと思っていたが、

きつくならないので、止まらなかった。

 

最近、歩いていて、

右足が痛くなるのは、

右の方が短いのではないかと

思うようになった。

 

の端を歩いて、

右側が少し高いようにしていると、

足への影響が少ないような感じがしている。

それに、足裏が着く音が、

右の方が高い。

ぺったん!という感じ。

 

歩いている時、

そんなことを考えたり、

小さな声で歌を歌ったり、

道端の小さな花を探したり。

やはり散歩はいい。

外出自粛下受診事情

日本人は横並びが好き、

と言われ、

自粛しようと呼びかければ、

基本的にはそれに従う。

それなりの地位にある人が、

破ったりすると、

大変なバッシングにあう。

 

はおとなしく自粛しているが、

その間病院にも行っていない。

病院が怖い訳ではなく、

病院に行くまでの道中が怖い。

なんせ、この際だから、

高い金を出して行っても、

たっぷり2時間は電車の中。

これは難儀だ。

 

検査を犠牲にして、

薬だけを手に入れた。

処方箋を貰ったり、

薬そのものを送ってもらった。

それで済む病気はいい。

 

今日も新しい悩みに遭遇した。

行きたいけど行ってないのは歯科だ。

入れ歯の補修。

ぐらつく歯の手入れ。

虫歯予防。

 

パンを食べていると、

異物を感じた。

取り出してみると、歯である。

ぐらついていた歯が抜けた?

いや付いているぞ!

果たして?

 

と思っていたら

1本変な感じだ。

やけに細い。

抜けた歯を見てみると、

中に空洞がある。

そんなことが起こるのか?

試しに嵌めてみると、

ピッタリ。

 

それならと

接着剤でしっかりと接着して元に戻った。

この事件のおかげで、

すっかり一日のペースが狂った。

 

 

小さな変化

最近は、一日ですることと言ったら、

殆ど同じことで、

それがどう組み合わさっているかだけが、

毎日の変化だ。

 

外部?の人と会うのは、

それこそ宅配の人くらいだけれど、

今日は電気保安協会の人と話をした。

ブレーカーの点検に回ってきたのだ。

熱海には、我が家と同じような、

古いタイプのブレーカーが多い、

のだそうだ。

 

昼過ぎの屋上は日が当たって、

暖かかったのだが、

4時頃散歩に出ると、

風が冷たく感じ、

動いていないと寒さを感じるくらい。

 

の室内では、

20度くらいまで落ちてきて、

カーデガンを引っ掛けないと、

肌寒くなった。

昨日のように、

ストーブが欲しいというところまではいかないが、

そろそろ暖かい風呂につかるとしよう。

友人の家族のための写経

明け放した唐紙の陰で、

出番かい?と言っているような電気ストーブ。

まったく、チラチラ見てしまう。

 

女房からこんな時期に暖房入れたと、

昨晩ラインが来た。

寒いけど、暖房はオーバーだろう、

そう思っていたのだが、

午前中、

写経をやりながら暫く点けていた。

400Wの電気ストーブだが、

暖かかった。

 

写経と言えば、

為〇〇〇〇と書く習わしである。

普通には、先祖の菩提やら、

家内安全とか、身体健全とか、

ピンピンコロリとか?

書くのだが、

今回は、コロナウイルスに悩まされているので、

そんなようなことをお願いしている。

 

先日

旧友の家族が難病に苦しんでいるという話を聞いたので、

病気の恢復と書いた。

私の写経で、

微かなお願いをしても、

難病に打ち勝ってくれるには微力過ぎるが、

もう、私には、力が無くなってきている。

 

以前なら、

友人を訪ね廻って、

セカンドオピニオンを聞いてもらったり、

友人の医者を紹介することも容易だった。

今では、友人に現役の医者も少なくなり、

難病となると、お手上げに近い。

 

札所を巡って、

お参りし、読経する時、

私は過去を感謝することが殆どだ。

これからのことをお願いすることは少ない。

たまにお願いするのだから、

どうかご利益がありますように。

空を見ながら散歩

いつ降り出してもおかしくない空模様。

加えて、出ようとしたら、

管理人の奥さんに、

その格好で寒くない?

と聞かれる程気温が下がってきた。

 

歩いていれば暖かくなると、

坂を上り、

久し振りに歩けたのだからと、

みかん山まで登って行った。

 

上から見る海も空も、

どんよりと沈んでいたが、

いつもと違う角度で一枚。

こちらは先日も載せたキンギンカ。

名前の通り、

金色が目立つようになってきた。

恐らく、もう最後に近いチャンスなので、

今年の記念撮影。

 

幸い、雨には合わず、

帰宅できた。

途中で会ったホテル勤務の人が、

今月一杯休みのところ、

明日から出ることになったらしい。

静岡は色々旧に戻ってきたが、

お客さんは来ないだろうなぁと、

悲観的見方をしていた。

丸ひと月の決算

予報通り

一日ぐずついた日になった。

車がワイパーを動かさないで、

走って行くのを見て、

少しは歩けないかと思って、

駐車場から外に出た途端にポツリポツリ。

 

そう言えば、4月は珍しく、

行ったり来たりがなかったので、

家計簿がどうなっているか確認した。

食費が思ったより多かった。

 

恥ずかしながら、大雑把にこんな具合。

住居管理費等    42

電気、水道、ガス  10

食費          18

生活費雑費             3

医療費         5 

 

普段と比べて

交通費がない分、

食費が増えているようだ。

一日600円だな。

 

 

 

 

外出自粛優等生

マンションの前で、

1本だけぽつんと立っているバラ。

背が高いから、

みんな見てくれない。

カメラが背伸びしてシャッターを切ってくれたよ。

 

いつの間にか、外出と言えば、

この周辺の山が精いっぱい。

街の方へは買い物がある時だけだ。

それも、

今日なんか買い物が済んだら一目散に帰宅した。

 

が開く10時になって、

車で飛んで行って、

帰ってから決まりの仕事。

それでもう、13時に近くなった。

 

管理人に

明日は雨だから散歩なら今のうち、

そう言われてから出ようとしたら、

なんと降り出した。

明日も雨となれば、

土曜日から4日連続の閉じこもりになる。

 

どこを向いても、

同じような年恰好で、

それなりに病気も持っているので、

こうなると、お互いにエールを送って、

頑張ろう、と言うことしか出来なくなった。

外出しない優等生で。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>