さて今回のお題。

最近、「パシフィック・リム アップライジング」を観たんだけどあまりにつまらなくてネタ落ち。

代わりにこちらをご紹介。

漢だったら2018年後半に絶対、観るべき映画はこれです!

 

「Den of Thieves」(2018年/邦題:ザ・アウトロー)

今年の1月に全米公開され日本では今月の20日から劇場公開されます。

 

主演は”最強のシークレット・サービス”ことジェラルド・バトラー。

 

まずはデータから。

●データ

監督=クリスチャン・グーデカスト

脚本=クリスチャン・グーデカスト

原案=クリスチャン・グーデカスト、ポール・シェアリング

製作=ジェラルド・バトラー、ライアン・カヴァノー、マーク・キャントン、タッカー・トゥーリー

製作総指揮=クリスチャン・グーデカスト

製作費=$30,000,000

興行収入(2018年10月現在)=$80,509,622

 

●ストーリー(超・簡単な)

舞台はL.A。

レイ・メリーメン(パブロ・シュレイバー)率いる武装強盗団が1台のトラックを襲撃する。

トラックの警備員が応戦の構えを見せたため銃撃を開始するとそこへ通報受け警察官達が駆けつけてきた。

激しい銃撃戦の末、レイ達は逃走に成功する。

犯行現場へ向かうニック・オブライエン刑事(ジェラルド・バトラー)。

ニックは以前からレイ率いる武装強盗団の事件を追っていたが逮捕には至らずにいた。

そんな中、捜査線上にニック達のゲットアウェイ・ドライバーであるビリーがバーテンダーしてる事を突き止める。

 

ここまでが序盤らしい・・・。

 

このあとレイ率いる武装強盗団は3000万$が眠る連邦準備銀行の襲撃を企んでおりニック率いる”アウトロー”捜査官達&SWATと激しい銃撃戦が展開される・・・はずである。

 

部分的にマイケル・マン監督の「ヒート」に似ていると感じるのは私だけだろうか。

 

●登場銃火器

主人公のニックはFN・SCAR-LとFN・FNXタクティカル45を愛用の様子。

 

敵のボス、レイはFN・ミニミやH&K416、ハンドガンはH&K HK45Cを使用するみたい。

 

その他、武装集団のメイン・ウエポンはH&K416やNoveske N4 Diplomatを使っているらしい。

 

面白いとこだとラッパーの50セント演じるレヴィが使う CAA Tacical RONI-SI1(SIG・P226内蔵)かな。

 

●総評

まだ公開前なんで点数はなし。

実は既に続編の製作が決定しています。

主演のジェラルド・バトラーはガン・コントロールが上手いし敵側キャプテンのパブロ・シュレイバーも「13時間 ベンガジの秘密の兵士」でG.R.S兵士役をしていたんで期待してます。

最後にドニー役でアイス・キューブの息子オシェア・ジャクソン・Jrも出てますよ!

父と似ているか?否かは劇場にて!

 

では♪