こんにちは。

あまり冷房の効いてない日本の夏にだいぶやられつつありますWATでございます。


年がら年中冷房の暮らしでしたので参ってしまいます。。。




さて、引っ越し


クビを宣告されてから15日で国を出ろといわれました。


無理。


数ヶ月前にドバイに引っ越してきた訳ではなく、ここに17年も住んでるんですから半月で一軒家の荷物をどうにかしろなんて無理。

もう夜逃げも考えました。

何から手をつけていいかも分からず、ただ呆然とする時間が過ぎました。


息子はオンライン授業があるので妻は昼間付きっきり、その間の家事を私が娘を背負いながら生活している状態でさらに引っ越し⁈

途方に暮れるとはこの事なんだと思いました。


そんな中、首切りのニュースはすぐに広まり心配してくれた前の会社の同僚や友人達からたくさん連絡をもらって心の支えになりました。


このブログの読者の皆様からもコメントやメッセージでたくさんの励ましのお言葉を頂きとても感謝致しますと共に、ろくにお返事も出来ていなかったことをお詫び申し上げます。


正直、私達家族だけではどうにもならないことしかありませんでした。

クビ宣告されてから数日はただ1人で焦って右往左往。




しかし3日くらい経った頃でしょうか。


用事を済まし色々考えながら車を走らせ家に帰る途中、張っていた気が急にプツンと切れ急に涙が止まらなくなりました。


車を路肩に止めてしばらくして、友人に電話しました。


電話の向こうで、どうしました〜⁈と聞いてくれたらまた涙が溢れてきてしばらく何も言えず、やっと出てきた言葉が


「助けて」でした。


わかりました今行きます‼︎

と言って電話を切った友人は本当にすぐに来てくれました。


しかし「助けて」の一言を言えた事で不思議な事に気持ちが少し切り替わりました。




仕事がなくなったのはこの際はっきり言ってどうでも良く、荷物まとめて帰国しなければならない事実を受け止めて作業を淡々と進めなければならないと自ら言い聞かせました。


妻とも逐一相談し、方向性を確認しながら確実に少しずつでも進めていきました。


友人達にもこの時ばかりは頼ろうとも。


自分はこんなに人に頼り慣れていないとは知りませんでした。

でも今頼らずにいつ頼るの⁈と妻に諭され、恥だと感じつつも、コロナ禍に迷惑ではないかと心配しつつも、この時ばかりはなるべく友人達に頼りました。


嫌な顔一つせずに手伝ってくれた友人達には感謝しかありません。


会社のパイロットコミュニティも家財道具売買専用のグループをFBで立ち上げてくれ、紳士協定として言い値で買うことを前提に売買を手伝ってくれました。

お陰で大きな家具はすぐに売れました。

ですが買ってくれた人が解雇第2波で切られたりして心が痛みました。



ドバイに住む日本人の方々にも沢山買っていただきました。中には何度も足を運んで頂き子供の玩具などを持って行って頂き、感謝しかありません。玩具は持って帰るのも限界がありますし、思い出のものはやっぱり捨てられません。



妻と子供の大量の服や靴。これはもう彼女の趣味ですので今まで何も言いませんでしたが、今回ばかりは心苦しくも多分着るのは手放して、絶対着るものだけ箱に詰めてと言いました。

その結果、リビングがブティックになりました(笑)

だいぶ売れたりあげたりしましたがそれでも山ほどある残りを捨てるのを躊躇していた所、お隣さんがボランティアでUAEにいるシリア人難民支援をしている人を呼んでくれると言ってくれたので、そちらに玩具も含め全て寄付しました。

誰かが喜んで着てくれるならと妻も納得してくれました。



車も友人が買ってくれました。

愛車だったので知っている所で大切にされ走ってくれてるのが分かるだけで安心です。



そうこうしているうちに帰国予定日まであと数日。が、チケットが来ていない‼︎

会社の担当者に連絡してもなかなか返事が来ずイライラしていると、時刻表からその日には飛ばない事が判明。まだそもそも旅客便がほとんどない状況でしたから。

で言い渡された出発日はさらに2週間後。


おいおい家財道具ほぼ売っちまったよ…😩


2波で家具売買する人が増えてマーケットが飽和していたので先に売れたのは良かったのですが、計画が

でも少し余裕が出来たので良しとします。


続く




一休.com

こんばんは。

やっと1人の時間ができたWATでございます。


皆様にはご心配をおかけしております。

荷物も整理し、心も整理し、先月帰国しました。



解雇が決まりましてからてんやわんやでした。


この数週間に何が起こっていたかざっと書き記そうかと思います。



6月末日、会社に呼ばれました。

私は午後に呼ばれていたので、午前中に呼ばれた同期から、解雇だと報告を受けました。

その後、家族に報告をしました。

5歳の息子にも分かる様に説明しました。


「ドバイにバイバイして日本に住むんだ。友達ともバイバイして、日本でじーちゃんばーちゃんと暮らして新しい友達を作るんだよ。」と。


この時が一番辛かったですね。

涙を堪えきれませんでした。

家族皆で泣きました。



午後、家を出る時息子に「いってらっしゃーいエアポート頑張ってねー‼︎」と見送られ、

あ、息子分かってねぇな(笑)と思いつつ。クビ切られに行ってきますと家を出ました。




途中、前の会社の同僚のフランス人から電話がかかってきて、噂を聞きつけ心配してかけてきてくれた模様。今まさに切られにいくと言うと、言葉を失っていました。そりゃ彼の様なお喋りな奴でも衝撃的なタイミングでしょう。


会社に呼ばれたとは言え、行き先は訓練所。

混乱を避ける為でしょう。

車を降りると、人事の人達真っ赤な目をしていました。なんせこの会社で大量解雇なんて創業以来した事ないですから、皆心の整理がつかぬまま当日を迎え、涙を流しながら仕事に当たっていたのでしょう。誰もこんな事はされたくないし、したくもありません。



その後、マネージャー達の個別オフィスに一人づつ通されました。

私を担当してくれたマネージャーは、マスクをしてても明らかに疲弊していました。


彼等は訓練部のマネージャー。今まさに情熱を注いで訓練している人間達に解雇を通告しなければいけない心境は、想像を絶する辛さでしょう。彼等が決断した訳ではなく、彼らは単なるメッセンジャーですから。切られる私がそんな事を思うのもおかしな話ですが、あの会社でこの様な事が起こるなんて誰一人として思っていなかったのは明らかですから。


合計で9半年在籍した会社なので、よく分かります。


重いマネージャーの口が開かれ、現在の会社の状況が説明され、解雇を通告され、コンディションが説明されます。

書類数枚を渡され、それが何の書類であるか説明されます。

その後は質疑応答。

30分以上だったでしょうか。解雇通告にしては誠意的に話をしてくれたと個人的には感じました。



「君達は何一つ悪くない」と何度も強調され、「時が来ればまた帰って来て欲しい」とも言われました。

しかしそれは書面には残らない口約束。

残念ながらそれは何の意味も効力もない慰めでしかありません。

実際、ではその時のプロセスはどうなるのかと聞いても、今は答えられないの一辺倒。

正直、そこまでプラン出来る状況にないと言われました。

その日生き残るのが精一杯な状況なのでしょう。

そこは理解できます。



彼の本音と信じたい綺麗事をたくさん並べられ、書類を手に部屋を出ました。

下にいる人事やオペレーションのスタッフが涙を流しながらGood luckと握手をしてきました。

そういえば昔のこの会社はまだ小さくて、一人一人の事を考えてくれる会社だったなと思い出しました。



皮肉にもその訓練所は17年前、客室乗務員としての訓練初日から苦楽を経験し、その後の訓練も昇進もその建物で、パイロットとして戻ってきても多くの時間を過ごした建物。そしてそこでクビになりました。


ちょっと離れて正面から眺め、心の中で別れを告げてから帰路に着きました。


家に帰ると息子が「早かったねえ」と迎えてくれました。

わかる訳ないよなこのクソみたいな状況(笑)



その日からてんやわんやの引越しが始まります





こんばんは。

ニュースなどでご存知の方、お気づきの方もいらっしゃいますでしょうが、恐れていた事が現実になりました。

先日、解雇されました。

この業界ではよくあるっちゃあよくあります。

とは言え、飲み込むのに時間がかかりました。
急に涙が溢れてきたり無気力になったり情緒不安定ってこうゆう事なのか…とも思いました。
でもこれは自分や会社を始め誰も悪くありません。
こんな世界になってしまったら仕方ありません。

でも、沢山の友人達が連絡をくれ、助けてくれています。
本当にみんな優しくて涙が出ます。
感謝しきれません。
一生忘れません。

でも余りに途方に暮れ、やらねばならない事が山積みで混乱していたので、先日妻と話し合いました。

結果、ドバイに戻って来ようと。

それまで一時的に日本に拠点を移し、世界中何処でもいいから仕事を探し、戻ってこられるチャンスを待とうと。

17年半も住んだのに2週間で全てを処理し帰国。
思い出の物もほぼ全て手放します。
時間も充分ない上にコロナの影響で友人達ときちんとしたしばしのお別れも出来ません。

こんな去り方は悔し過ぎます。
こんなの思い描いたものではありません。

仕事も…失って改めて、私達がどれだけあの場所に戻る事に人生をかけていたかを痛感しました。

絶対に戻ってやります。

できます。

そんな一つの会社にこだわらなくてもと思われるでしょうが、これは私達の価値観で人生です。

その為にこれからは少しの間我慢して生き抜き、強くなります。



17年前一人でスーツケース半分を持ち砂漠にやって来たんだから、手ぶらでもここで築いた家族と帰国するんなら上等です。

最短あと一週間で家財道具全てを売り、日本に帰り14日の隔離の後、再始動です。


私達は大丈夫です。

前を見て進みます。