学習塾で

 

「わかる」から「出来る」ようにします!

 

と声高に言っているところがあるが

眉唾である。

 

というのも

「出来る」ようになるそのプロセスは

そんなに単純なものではないからである。

 

まず「わかる」の前に「気づく」があり

「気づく」の前には「失敗する」がある。

 

残念ながら

一番初めの「失敗する」で

挫折してしまう子は少なくない。

 

学習塾の役割として

この「失敗する」ことは

決して恥ずかしい事でも

諦めることでもないことを

生徒さんに伝えなければならないのである。

 

「どんどん失敗しても、間違えても良いんだよ。

ただし、間違えたままにしないこと。

間違えを直すことによって次へのステップになるんだよ。」と

生徒さんに気づかせなければならないのである。

 

そして、この

「失敗する」→「気づく」→「わかる」→「繰り返す」→「出来る」の

魔法のサイクルでようやく習得できるのである。

 

学習塾の

「美辞麗句」・「羊頭狗肉」・「有名無実」には

くれぐれも気をつけてほしい。