渡辺雅之オフィシャルBlog

渡辺雅之オフィシャルBlog

音楽講師&演奏家・渡辺雅之の活動記録や日常などなど。
レッスンのご案内も投稿しています。新規入会キャンペーンなどもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

東京都練馬区・板橋区・小竹向原で音楽教室を開いています。

●ヴァイオリン ●ヴィオラ ●ピアノ ●ソルフェージュ

・楽器に挑戦してみたいなぁ、と思っている方
・昔習っていたけど、またやりないなぁと思っている方
・部活でやってるんだけど、もっと上手になりたいなぁ!と思っている学生さん
などなど・・・

趣味~受験対策まで、あなたの音楽活動をサポートしていきます!

年間を通して通われる方には月謝コース
自分の都合に合わせてレッスンに通いたい方はワンレッスンコース

生徒さんに合わせた様々なレッスンコースをご提案いたします!

また、演奏依頼もお受けしております。お気軽にお問い合わせ下さい。


http://www.watanabe-music.com


mail@watanabe-music.com

こんにちは。

直近のコンサートのご案内です。

チケットのお申込みは一番下の申込みフォームよりお願いいたします。


まずひとつ目。来週徳島での出張コンサートです。



徳島にお住まいのクラリネット井出端さん、ヴァイオリンの森さんを迎えて、モーツァルトのクラリネット五重奏をメインにしたコンサートです。


そして、ふたつ目。

こちらは、アンサンブルスピラーレの定期公演。コンサートシリーズも12回目を迎えました。

団員が交代でコンチェルトを弾く企画!

なかなかこのプログラムを同時に全曲聴けるコンサートはないのではないでしょうか!

ぜひご来場お待ちしております。



👇お申し込みはこちらからお願いいたします🤲

お申込みフォーム


先週は与儀巧さんと山下浩司さんお二人の素晴らしい歌手とのコンサート、東京公演(弦合奏と歌・水曜日)に沖縄公演(弦楽四重奏と歌・土曜日)がありました。
たくさんの方がいらしてくださり、ありがとうございました😊








先週月火と涼しかったのに、水曜はまた一気に30度越えに逆戻り、晴れ男パワー発揮してしまいました。笑

沖縄公演は台風の影響を受けまして、金曜に行く予定を急遽早めてみんなで木曜に行きました。
そしたら私がまたまた相変わらずの晴れ男パワーを発揮して(笑)一時的に台風が南下したため、金曜日にピーカンの美ら海水族館を満喫できました。





本番は出演者みんな沖縄でかりゆしウェアを買いまして、かりゆしで演奏しました(^ω^)
あと沖縄は三線も入っていただき(与儀さんの甥っ子さん)、三線弾き歌いの「てぃんさぐぬ花」は本当に泣けました。





あとは写真でどうぞご覧ください(笑)











さてさて、次は今月徳島でクラリネット五重奏、来月はコンチェルトです!
練習せねば!!

チケットのお申し込みはこちらからお願いいたします。

こんにちは。

朝夕はだいぶ涼しくなりましたが、まだ昼間は暑いですね。


さて、来週のコンサートのご案内です。

まだチケットございます!平日の夜公演ですが、ぜひご来場ください。


チケットのお申し込みはこちらからお願いいたします。

東京、沖縄、その他の公演も全部こちらからお申し込みいただけます。




沖縄もあります。

関東の方はぜひ配信でご覧ください。

配信はこちらから。



みなさまこんにちは。

我が団体は無事にAFF2の申請が通りました。

いやぁ、本当にグダグダの事務局だった。そして長かった。

合計3回修正しました。

それも全部初めの申請時点で全てまとめて指摘してもらえれば一度でも済んだものでした。

とりあえず1ヶ月以内に連絡するために、分割していくつかの部分に分けて審査しているみたいですね。

そんなのズルですよね、1ヶ月以内に返事してるからいいだろ、みたいな態度なのも本当に頭にきます!


結局3ヶ月近くかかってやっと確定しました。


ところが、確定したのが7/20で、10月分の概算払い申請が7/21まで(当初は7/25まででした、その後いつの間にか7/21に短縮されていました。)だったので、7/21に申請しました。

そしたら、翌7/22に修正依頼があり、7/24の23:59までに直せば間に合うと言うので、間に合わないと困るから問い合わせに電話しました。

電話で担当した方にエクセルの記入欄全てに入力した数字を伝えて確認してもらいました。

これで不備があると困るので、本当にこれで大丈夫ですか???と聞いたら、大丈夫とのことなので申請しました。

その後何の連絡もないので大丈夫だったのだろうと思っていたところ、7/26に謎の修正依頼が。

それがこちら。



すぐに問い合わせの電話をしました。

そしたら、10月に概算払いを受ける場合、10月に収入があってはいけないと言うのです!

そんなこと要項にもどこにも書いていません。

しまいには、電話先の人もこの差し戻し文言は初めて見たし、その月に収入があってはいけないことも知らなかったと言い出す始末。

事務局でも知らないルールだとか言い出し、結局10月の概算払いには間に合いませんでした。


私は本当に頭にきています!!

全7公演申請していますが、10月末時点で6公演終了しているというのに、概算払い(7割)が11月末って・・・いい加減にして欲しい。

最初の申請時点で概算払いを希望しているかどうかを確認して、申請の審査と同時進行で概算払いの審査も進めればいい話では?

申請が通ったら、即概算払い出来る様になぜ出来ないのか。

本当に事務局が使えなさすぎて、こんな人たちが税金から給料もらって仕事してるなんて、一般企業だったらとっくに潰れてますよ!


これから申請する方々、お気をつけください。

ちなみに概算払いの申請は差し戻しがだいたい2日くらいで来ているので、いまのところ比較的こちらは早いです。

先週金曜日は都響の定期に行きました。マケラの2回目の公演。
今回、チケットが取れなくて当日券に賭けていたのに争奪戦に負け、悔しくてチケット転売サイトを見ていたら、夕方唐突に1枚売りに出され、即買いして行ってきました。少し高くつきましたが(笑)それでも行ってよかった!あの長い曲があっという間の演奏でした。



1楽章冒頭のマーチから惹きつけられ、20分以上かかるこの楽章、一瞬たりとも気が緩むことない緊張感が保ち続けられました。アルマへの讃歌と言われているテーマも美しく、全体に渡ってマーラーの旋律美が際立っていました。
2楽章のカウベルもよかった!アルプスの風景が浮かぶようでした。
3楽章のスケルツォから4楽章へはアタッカで、3楽章で構築された世界観が4楽章へと繋がっていき、この交響曲全体を通して作り上げられている世界観、マーラーの音楽の構築美が素晴らしかった!

人間が作り上げた音楽という世界の中に突如現れるカウベル、つまり自然の音や、人間が作り上げた理想の音楽世界をハンマーでぶち壊したりと、マーラーワールド炸裂の世界観がとてもよかったです!
4楽章が終わった後の静寂、痺れました!!

ちなみにマーラーの6番でしばしば話題になる楽章順ですが、2.アンダンテ→3.スケルツォで、4楽章のハンマーは2回でした(笑)






マケラはあの若さでこの境地に達してしまって、これからどこを目指して生きていくのかと気になってしまいます。
ちなみに、昨日6番を指揮したのは人生で初めてらしい・・・恐ろしい実力とセンス。