和装をキレイに撮影する研究会

和装をキレイに撮影する研究会

社会的養護・児童養護施設出身の女性に振袖撮影をプレゼントするボランティア団体ACHAプロジェクト発起時の立ち上げスタッフの一人です。着付師・六本木、赤坂、表参道のサロンで着付をさせていただいてます。カメラは趣味で、練習中。ポトレ撮影は現在お休み中。

以下の条件で、撮影に協力してくれる方を探しています。

無償で着付けを行いますので着物を着て写真を残したいけど自分では着付けができない、という方もぜひどうぞ。


・成人している女性の方ならどなたでも!モデル経験問いません

・スタジオでの撮影練習をしたいため、着付け・カメラ担当の私(女性です)とマンツーマンで室内の撮影となります

・水曜日18:30以降で着替え含め2時間程度、場所は都内(銀座、池袋あたりでいくつか検討中)

・浴衣または着物をご準備いただける方(撮影機材の関係で私の着物を持っていくことが難しいため、貸し出しは今回はなしです)

・スタジオでお着替えしますが、着付けの料金はいただきません

・ヘアやメイクはご自身でお願いします

・SNSで写真をアップロードしても良い方

・申し訳ないのですが謝礼はお支払いできません、すみません

・写真のデータは失敗したカット以外は全てデータでお渡しします

・マスク手洗いの上フィジカルディスタンスを取りながらの撮影となります


参考までに私の最近のお写真はこちら『ACHAプロジェクトで撮影できなかった新成人の方とリベンジ振袖撮影しました』ACHAプロジェクトで一昨年に撮影を申し込んだきり、スケジュールが決まらず、コロナの影響もあってか「今後の予定は未定です」としか返答をもらえない。というお嬢さ…リンクameblo.jp



応募はこちらのフォームから


※私のスケジュールや本業もあるので日程が埋まり次第募集終了させていただくことがあります


よろしくお願いします!


備忘録

 

※RAW現像用ソフト「ルミナ―4」正規版です

※2021/05/11現在3,900円

 

1. Skylum digital KeyをG2Aから購入する

https://www.g2a.com/luminar-4-pc-skylum-key-global-i10000221796001

 

G2A PLUS PRICEではなく普通のPRICEのものをカートに入れチェックイン

支払いはPaypalにしましたが、クレジットカードも使えます

 

2. G2AのMy account > My Dashbord > My Keysに表示されている Luminar 4をクリックし表示されるキーをコピーする

https://dashboard.g2a.com

 

3. Luminar 4のサイトでアカウントを作成する ※SNS連携ではなくメールアドレスで登録

 

 

 

4. 体験版をダウンロードする

For MacOS:
https://downloads.skylum.com/luminar4/installer/mac/Luminar4Installer.zip
 For Windows:
https://downloads.skylum.com/luminar4/installer/win/Luminar4Setup.exe

 

5. 体験版を起動 →製品版をアクティベート →購入したキーとメールアドレスを入力 ※メールアドレスはアカウント作成に使ったものと同じもの

 

以降は以下サイトのMy accountからいつでも再ダウンロード可能

 

 

 

こんにちは。元ACHAプロジェクトスタッフしょうじです。

 

児童養護施設出身の子に振袖撮影を無料でプレゼントするボランティア団体と謳っているACHAプロジェクトで、利用者がお金を支払って戻ってこないという事件があり、利用者本人からの申し出があった少なくとも5名分49,000円について代表者の山本昌子さんも不備を認め返金してもらった顛末は前回書きました。


今までいろいろなACHAプロジェクトのトラブルについてブログに書いてきましたが、今回は山本さん本人から聞いた話や、利用者の方から聞いた話を総合して、「利用者から不当にお金を取っていた」問題はどうして起きたのかを考えたいと思います。

 

■まず、サービスの運用上の問題。

2つあります。

 

1つ目、実は1万円の預かり金を撮影申し込み当日に支払う必要があるのに事前に説明がない。

いろいろなメディアやホームページでは無料で撮影するボランティア団体、と書いてありますが、実は無料ではないのです。

「プロのスタッフの予定を抑えるので、ドタキャンされないため」

「撮影が終わったら速やかに全額返金」

と、撮影申込書にハンコを押す段階で告げられます。

 

・そもそも日程が具体化していない段階でお金を出すように言われる

(申し込みしてお金を渡した後にスケジュール調整になる)

 

・なので、特にコロナ禍では撮影の予定が全く立たないのに、理由なくお金を預けている状態になり矛盾が起きている


・キャンセルを申し出ても返金されない場合がある

 

・さらに、なぜか撮影後に半年以上お金が返ってこなかったり、実際の経費以上の金額を差し引かれ全額返金されていない人までいる(これは後述します)

 

2つ目、申し込みしていて、まだ撮影ができていない人全員へ連絡ができていない。

山本さんは「@LINEで全体連絡している」と言うのですが



うん、確かに、



 一応全体アナウンス的なものはありますね。

 

でも、例えば機種変更などで誤ってLINEのアカウントが消えてしまった、という人はどうするのでしょうか?

途中でLINEのフォローが外れたら、共通の知人などがいないとその後再び繋がれないのではないでしょうか。

その場合、お金を預けた状態のまま音信不通になってしまいます。

話していて、現在誰がフォローから外れているのか、山本さんも把握していないような感じを受けました。

全体に連絡したつもりでも、伝わっていなければ連絡していないのと同じで意味がありません。

まして、1万円も預けている人に対して、「LINE繋がっている人にだけ一方的に連絡します」ではあまりに無責任ではないでしょうか。

 

あとは、一方的にアナウンスを流すだけで



連絡先が分かる子には個別で連絡しています、とあります。

これ、個別に連絡が来ていない人は不安になりますよね。

(実際私に相談してきた人は不安がっている人ばかりです)

そして連絡先が分からない子がそもそもいるのがおかしいのではないでしょうか?

1万円のお金を預かっているのに……?

つまり、サービスのシステム・運用面の不備が大きいということです。

 

この@LINEの160人のうち何人がお金を預けているのかわかりませんが、早急に帳簿や預かり証の書類を確認して全員に連絡すべきと思います。

 

■また、サービスの運用上の問題に加えて、山本さんの私情によってブロックされたり、余計な経費を差し引かれたりしてお金が全額返ってこないことがあります。

 

ある子は、振袖の送料として7,000円を差し引かれて3,000円のみが返金されました。

東京から大阪までの振袖の輸送代とのことでしたが、どんな郵送手段を使ったのか、片道3500円かかったのか、と確認したところ、

実際にかかった送料以上の金額を差し引いていた事実を認め、返金してもらいました。

が、山本昌子さんご本人曰く、どうして実費以上の金額を請求したのかは記憶がないということでした。

おそらく何らかの個人的な感情が絡んでいるのだと推測します。その子は、山本さんからSNSをブロックされています。

 

また別の子も同じような出来事があったと話してくれたのですが、公表をしないでほしいとの希望でしたので詳細は伏せます。

ただ、山本さんを怒らせてしまうと割とすぐブロックされてしまうのはいろいろな方の話を伺っていても明白でした。

今までお金や食料を寄付していた方も、「ACHAプロジェクトで何かトラブルがあったと聞いている、きちんと対応すべきでは」とリプライしただけでブロックされていましたね……

 

山本昌子さんは、誹謗中傷から身を守るためにブロックしていると公言されていますが、ただ気に入らないというだけでブロックされるのではないかな~と私自身は思っています。

私、山本昌子さんとのこのLINE送信直後に全部のSNSをブロックされたのです。

 

 

一応、気を使ってかなり丁寧にお願いしたつもりだったのですが……

 

そういうことが周りでよく起きているので、お金を預けている子たちは山本さんに直接連絡するのが怖い、機嫌を損ねてブロックされたらもうお金は返ってこないから、と言っている人もいます。

そうですよね、1万円は大きいので、なるべくならいざこざを起こしたくないと思います……

 

そして今回のこの問題がここまでこじれたのも、山本昌子さんがブロックするので直接連絡できない人がたくさん出てきてしまって、私のところに情報提供や相談が来たからというのが一因としてあります。

山本さんご本人は「直接連絡してくれればいいのに」と言っていたそうですが、直接連絡はできなかったのです、ブロックされていたせいで。


 

■まとめ

 

というわけで、私からの改善提案ですが

・キャンセル防止のためであれば、日程が決まってからお金を預かる

・今お金を預かっていて連絡先が不明な人がいるなら早急に確認する

(というかコロナ禍で生活が厳しい子もいるかもなので申し出がなくても一律返金してあげてほしいですが)

・LINEでの一方的な連絡では伝わらないので、最悪LINEが消えてしまっても電話するなど別の方法で必ず申込者と連絡がつくようにしておく

・私情を挟まない(ブロックはしない)

 

あと、このことの顛末をプロジェクトの代表者としてちゃんと説明して謝罪してくれるといいなあ、と思っているのですが、どうでしょうかね……


※もしACHAプロジェクトにお金を預けていてキャンセルしたのにお金が戻ってこない、連絡がつかないけどお金を返して欲しいなどの方がいましたら以下をご覧ください



※返金された金額に誤りがありました 47,000円→49,000円 に修正(2021年4月17日)

ACHAプロジェクト元スタッフしょうじです。

元々は辞めさせられた元スタッフの受けたパワハラ等の情報を集めていたところ、利用者の方から「お金を支払った」「返金されるという説明だったのに返金されない」という相談を複数受けるようになりました。

それらをTwitterやブログに書いていたところ、
「プロジェクトとしては一切把握していないことであるが、メールを直接貰えば対応する」
とACHAプロジェクト代表山本昌子さんがツイートしていたため、メールで問い合わせしたのが前回まで。

こちらの要望としては、事実確認を含め一度会って話をしてほしい。LINEの履歴などの証拠も持っていく。
とお伝えしたのですが、山本さんからはトラブルの当事者ではないあなたとは会いません。と返答をもらいました。
トラブル当事者本人から連絡をしてくれたら対応するとのことであったため、お金を取られてしまった人たちから連絡を入れて、現在私が把握している分で5名分、計49,000円の返金がされました。
引き続き返金希望の方から連絡を入れるよう相談に乗っていきます。

★もし、このブログを見ている方で「過去にACHAプロジェクトにお金を払って戻ってきていない」方がいらっしゃいましたら以下のようにメールすると対応してくれるはずです。
対応されない場合はしょうじのTwitterDMまでご相談ください。

メールの例

宛先: 
achaproject@outlook.jp

しょうじさんより、こちらにメールすれば対応いただけると聞きましたので以下の通り、ご連絡します。

■氏名
※本名を書く

■申し込み時期
※お金を預けた時期を書く

■撮影有無
撮影できていない

■状況
日程が具体的に決まる前のキャンセルだったのに預かり金が返ってきていない

■金額
20,000円(2名分)

よろしくお願いいたします。


お金が返ってきたのは一安心ですが。
今まで山本昌子さんは「アンチが勝手に騒いでいるだけ」「団体としてはそのような事実は一切把握していない」と言っていたのに、
「実は利用者から不当にお金を取っていた」という事実を公表はしないんだなというのが悲しいことです。
私は、山本さんの周りからは未だに「嘘ばっかり言っているアンチ」だと思われているんでしょう。
それってやっぱり傷つくので、ちゃんと公式アナウンスしてほしいと思いつつも、都合の悪いことは発表しないでしょうから、期待するだけ無駄でしょうね…

次回は今まで色々な方から聞いた話、元スタッフとして一時ですが携わった際の感触、元スタッフや現役スタッフからの話、および被害にあった方からの相談等いろいろな情報を総合してACHAプロジェクトの問題点を書こうと思います。



※返金された金額に誤りがありました 47,000円→49,000円 に修正(2021年4月17日)





ACHAプロジェクトで一昨年に撮影を申し込んだきり、スケジュールが決まらず、コロナの影響もあってか「今後の予定は未定です」としか返答をもらえない。

というお嬢さんと撮影をしてきました。


前金を1万円払っているそうですが、そのお金がどうなるかも連絡がなくもう撮影はできないだろうと思っていたそうで…

そんな折、私と繋がっている方から「個人で撮影ならできますよ」ということを言伝しまして、ぜひお願いしたいと依頼をいただきました。

桜と一緒に撮影したいというご希望でしたので急遽まだ桜の残る場所でロケでした。

もちろん、費用はいただいていません。




最初は少し緊張されていたお嬢さん。

慣れるに従ってポージングも笑顔も自然に上手になっていきました。

ご希望通り桜と一緒にきれいに撮影できたと思います。


コロナ禍ですが、着付けとカメラは1名又は2名の少人数ですので、何らかの理由で振袖写真が撮れていない、撮りたいという方は以下のリンク先をご覧いただきお気軽にご連絡ください。

本業と子育ての合間の時間で頑張りますので、スケジュールはすみませんが応相談となります。




いろいろな方と話して、どうもコロナ前にACHAプロジェクトに撮影を申し込んだ方で、前金を払っている人は
・撮影延期になる旨、又どう言った状況で再開するか、再開した場合どのくらい待つかの公式なアナウンスがないままただ「今後の予定は未定」として待たされている
・今後の予定は未定と言われても預けた前金は返ってきていない
ということがわかりました。
生活が苦しくなっている方もいるかもしれないので、目処が立たない場合は前金を返してあげてほしいと思います。

本来ACHAプロジェクトでは「プロのボランティアスタッフの予定を押さえているのにドタキャンなどされないため」前金を預かっているそうですが
そもそもプロのボランティアの予定を抑えていない状態でお金を預かり続けるのはおかしいですし、申し込みした方はキャンセル不可(1万円の支払い)なのにプロジェクト側の理由で撮影できていない場合は何もペナルティがないのはおかしいですよね。

又、1万円預かりましたという書類の控えをもらっていないという方も複数いらっしゃるので、山本昌子代表の方に書類が残っているのか不安です。
誰からいくらお金を預かって、誰に返していないのか、把握されていないのではないかと懸念しています。

ACHAプロジェクト元スタッフしょうじです。


プロジェクト代表山本昌子さんと利用者や元スタッフとの間で起きた金銭等トラブル解決目指して働きかけている中で、山本さんにかなり近い方、特に昔から彼女を知る方からの連絡も何件かもらっています。


過去にプロジェクト以外で起きた出来事や、懸念していることなど様々情報をいただく中で、「インターネットに顔を出す」ことの危惧について指摘された方が複数おり、私もその点については少々考えるところがあるので書いてみます。



***


山本さん本人はもう顔出しの当事者として一生活動していくのでしょうからまあいいとして。

例えば山本さんが「一緒に過ごしました」と報告をしている子。支援者さんありがとう、と動画を撮ってプロジェクトのSNSに載せている子。

もちろんその時は本人が載せていいよと許可したでしょう。

でも、その判断って将来変わるかもしれない、そんな可能性はないでしょうか?


私は施設出身ではないですが、親がアルコール依存だったために自立後は全く交流がないので、職場で家族の話になると面倒くさい。

どこ出身?ご両親どうしてるの?みたいな話を振られることがあるけど、適当にはぐらかしていました。

噂好きのちょっと意地悪な先輩にはなるべくプライベートは話したくないなあ、とか。ありませんか?


ただでさえプライベートな話はあまりしたくないママ友、結婚相手の遠い親族。転職先の上司、取引先の営業さん……


別に何にも隠す必要はないと思っていることでも、自分のプライバシーを極力知られたくない人間関係って、あると思うんですよね。

そういう人たちにネット上で写真を見られて、いきなり「あなた施設出身なの?」って聞かれたら、ちょっとウッとなると思います。


私自身「あなた親に問題があって縁切ったの?」なんて誰かに突然言われたら、(別にそれ自体は悪いことではないし卑屈にも思っていないけど)、首を突っ込まないでほしいと思います。


あるいは誰かに一方的に好意を寄せられて、ネット上の写真を検索されて、アカウント特定、共通の知人友人を全て把握されてしまって……なんて事例は枚挙にいとまがありません。


そして何より怖いのが、一度インターネットに投稿した写真は確実に消す方法がないことです。

誰かが保存しているかもしれないし、山本さんの事例に限っては彼女との関係がよくなくなると(具体的には彼女を怒らせてブロックされると)もはや写真を消す手立てはありません。


私、インターネット上に極力顔を出したくないのですが、山本さんの投稿で顔が写っている写真がネットに残っています。

連絡しても消してもらえなかったし、もうあらゆるSNSがブロックされたので連絡すらつかないです。

マスクしてるのでギリギリ特定できない、か、できるか、ってところなのでもう諦めていますが、こういうリスクもあります。


支援を受けた子には「なるべく顔を出して支援者へのお礼の動画や写真を撮ってSNSに載せさせてほしい」と連絡があるようですが、ClosedなSNSだとしても誰が画像を保存して外に流出させるかはわかりません。

その辺りは慎重になった方が良いのかなと思いました。


あと、顔を出して名前も出して大々的に「施設出身だけど幸せです」というアピールを好まない施設出身者もいるよね、という話がやっぱり複数の方からあって、その辺りも顔出し含めて気になったところではあります。



顔を出していない人、大きく声を上げられない人の声も拾ってあげられるような、そんな支援を目指していけるのが良いのではないかと個人的には思います。


ご意見や情報提供は引き続き歓迎ですので↓のリンクからどうぞ!



※ACHAプロジェクトでのトラブルまとめや情報提供はこちらから





成人を迎えるお嬢さん、また成人して間もないお嬢さんで


・家庭の事情で振袖を着られなかった

・ボランティア団体で撮影予定だったが何らかの理由で撮影ができなかった


という方がいらっしゃいましたら、個人で撮影させていただきますのでご相談ください。


■振袖

私の手持ちのもの3着から貸し出し、または5,6千円出せばメルカリでもまあまあ色々選べるので購入する場合サイズや状態をアドバイスするなどお手伝いします。

(撮影が終わったらまた売ってもよし)

襦袢、帯、小物、草履は貸し出しできます。


■費用

無料です。

撮影場所までの往復交通費とヘアメイクだけは申し訳ないのですがご自身で美容院に行くなど対応お願いします。


■日程などは?

ご相談で決めたいと思います。

主に土日になるかなと思いますが平日も相談可能です。場所は都内になります。


■感染症対策は?

大人数で集まることはありません。

通常私一人か、私とカメラマンさんの2名体制です。

換気とマスク着用を徹底します。


■過去に振袖の写真は撮ったけどまた撮りたい

すみませんが事情があって着られなかった子を優先したいので、そのような場合はご遠慮ください。



私が撮影した過去のポートレートの例はこちらを参照してください。



ご相談はお気軽にTwitterのDMまでどうぞ。

https://twitter.com/wasou_satsuei



こんにちは。ACHAプロジェクト元スタッフしょうじです。

お金払ったのに撮影できなかった、という子からまた連絡をもらって、それなら私がリベンジ撮影しようかな?!とか呟いたらこんなふうに言われてしまいました。



これは私へのメッセージですね?!
もし気になることがあれば直接連絡ください、ってLINEもTwitterも全部ブロックじゃないですか?


あ、メールしろってことですか。
一切把握してないってあの内容全部忘れてるとしたら相当やばいけどな?!とツッコミどころ満載で

このツイートもブロックされてると見えないので、ただ周りの人に「対応してますよ!」ってアピールなのかなと思いつつも

「自分はやるべきことをやるのみ」なら、少なくともちゃんとお金が返ってきてない女の子に返金して謝罪くらいはしてくれよう。
メール出してみることにしました。


さて、返信が来たらまたブログに書きます。
誠実に対応してくれるでしょうか?
お会いして話したいと思ってます。よろしくお願いします!!


※リブログ、別SNSでのシェア歓迎です


どうも、アンチはブロックが一番ですよ!と言われまくってます、元スタッフしょうじです。


最近ありがたいことに色々な相談や情報提供をいただいています。

スタッフだけじゃなく利用した子からの特に金銭トラブルの相談が増えています。

私がこのようにACHAプロジェクトでのトラブルについて声を上げ続ける理由は、これ以上被害に遭う人が増えてほしくないから。

何より、振袖を着て祝ってもらえるんだ、と希望を持った女の子をがっかりさせたくないから。

だからアンチだと叩かれようとも、草の根で情報を広めて行きたいです。


なお、ブログでもTwitterでも「らしい」「誰さんが言ってた」という裏取りのできない情報は発信していないです。

全て客観的な記録があるものやトラブルに遭ったご本人及びその場に同席していた人の証言があるものだけしか書いてません。


ちなみに山本昌子さんご本人は「支援を受けておいて陰で悪口を言う」とか、「物申したいなら行動で示せ」と言ってますが、

私は決して陰口を言ってるわけではなくて、ご本人に証拠を見せながらお話ししたいと常々思っているのです。

しかしながら全ての連絡先をブロックされていて無理なので、場を設定してくれると言う神様がいらっしゃったらぜひお願いしたいです。




受け取った情報が多くなってきたのでまとめてみます。


ACHAプロジェクトトラブルまとめ


(全て本人証言有り、一部同席者証言・スクリーンショット等有り)


■ 撮影希望者編

・申し込み当日にいきなり預かり金が必要と言われる

・預かり金が半年以上返金されない

・謎の経費を差し引かれて少額しか返金されなかった

・お金を払ったのに撮影できていない

・新幹線で面談に行ったのに当日直前にドタキャン、予定の振替もなく撮影できず

・希望した振袖じゃないものに間違えられたが撮影決行され、撮り直しもなかった

・撮影したが1年以上写真がもらえない


■スタッフ編

・貸していた一眼レフカメラを壊された

・会計について明確化しようとしたスタッフを辞めさせる(2名)

・立て替えた金が払われない

・送ると言ったものを送ってこない

・抗議するとSNS全ブロックで音信不通


■ 支援者編

・思い出の振袖を寄付したが届いたか何度尋ねても音信不通

・スタッフに応募するも撮影に参加できるのか不明なまま返事の間隔が空きのちに音信不通

・トラブルがあったと聞いた、と尋ねた人を即ブロック



情報提供はこちらまで



匿名OK、ただ聞いて欲しい愚痴もOK



ボランティア立ち上げとして参加したACHAプロジェクトで私の写真が掲載されたまま削除してもらえないトラブルがあり、
(全ての連絡先でブロックされていて連絡することができません)
他にも元スタッフからプロジェクト中のトラブルを聞きました。


その話を少しブログ


等に書いた後特に進展なし、だったのが、その後もちらほら関係者から個別に連絡もらうことがありました。
もしかして、まだ他にもいるんじゃないかな?と思って気軽に情報をポストできる思いフォームを設置しました。

【他装を練習している人、着付師を目指している人へ】
ボディでなく実際の人間に着付けをして練習したいから着付けボランティアに参加する。
よくある動機だと思います。
あるいは素敵な慈善活動だ、そう思って着付けをボランティアで提供することもあると思います。
そんな中、思いもよらぬトラブルに遭遇した方。
・現場で使用した私物を返してもらえない
・聞いていた以上の金銭の持ち出しがある
・パワハラ、モラハラにあたるような暴言等
・写真を許可なく使用されている
・それらについて問い合わせると一方的にブロックされて連絡がつかない

あるいは、撮影の申し込みをして嫌な目にあった
・預かり金が一部しか返金されない
・なかなか返金されない
・お金を払ったのに連絡が途絶えて撮影できなかった


など、情報を集めています。
※着付けボランティア自体が結構なやりがい搾取をされていると感じるので、もしあれば他のどんなボランティア団体の話でもOKです