以前ブログでご紹介した、和楽荘のツバメ達。

ついに・・・巣立ちの時がやって来ました。

 

 

産まれた頃は小さくてほわほわしたヒナたちでしたが・・・

どうですか?キリっと凛々しい顔していますよね。

 

よし、行くぞ!!とやる気みなぎる顔していませんか?

 

カメラを向けると、こちらをチラリ。

カメラ目線をくれました。

 

ツバメが巣作りを始めてから、折に触れツバメたちを見守って来ましたが、

それも終わりがやってきました。

空っぽになった巣を見ながら、嬉しい反面寂しい気持ちです。

 

大阪で行われたツバメの足輪調査では、子育てをした親ツバメは、

翌年もまた同じ巣とは言わないまでも、昨年の巣に近い場所へと、

高確率で戻ってくる事がわかっているそうです。

 

和楽荘で生まれた子ツバメたちは、どこかでまた親となり、

この子たちの親ツバメは、もしかしたら来年もまた和楽荘に戻って、

新しい命を産み出すのかもしれませんね。

 

来年も楽しみに待ちたいと思います。