講演と公演

テーマ:

 11月25日の「ギャラリーコンサート」が終わって18時30分から坂下公民館で「73年目の東京大空襲」と題して東京在住で6歳の時に「東京大空襲」を経験して坂下へ疎開してみえた西尾静子さんのお話を聞いた。西尾さんはここ10年ほど坂下小学校と中学校で講演していただいている。大人対象にもお話を、とお願いして今年も公演をしていただくことになった。

 たぶん5回ほど聴いているのだけれど、毎回胸がつまる。今回は初めて聞く人も何人か見えて嬉しかった。

 少し忙しい日が続いてくたくたになっていたけれど、次の制作の準備で息子が4年ほど使っていなかった道具の修理をして使えるようにしてくれた。とてもいい土も手に入ったのでうずうずしている。でも、図に乗るとまた体調を崩すので慎重にとおもってはいるが。

12月1日は予定をキャンセルして常盤座での「ひとみ座」の公演「弥次さん喜多さん トンちんカン珍道中」を見に行った。ひとみ座を見るのは20数年ぶり。さすがにいい舞台だった。ちいさな劇団ならではの動き,テンポ、音楽とどれをとっても一級品だった。

 私が最初にタイへ行ったのは1984年。そのきっかけを作っていただいたのがひとみ座のOGの方。チュラルンコン大学、チェンマイ大学、タマサート大学などで人形劇をしている大学生を紹介してもらってかれらのおかげでとてもいい旅行となって、14回も出かけることになった。彼らとはいまだにお付き合いがある。

 もう一人はひとみ座で人形を作ってみえた方が私の焼き物の先生の工房へ出はいりされていて、一緒に登り窯を焚いたこともあった。独特な人形を陶器でも作られた。

 昨日4日は坂下公民館での「男の隠れ家塾」で陶芸教室。男性ばかりというのはめったにないので面白かった。

 遠来のお客さんが何組かお見えになって久々にwakoの和菓子をいただいた。