域学連携ともったいな市

テーマ:

 28日は中京学院大学の健康栄養学科の先生と生徒さんたちと私たち観光協会の「域学連携事業」で一日交流会を行った。

午前中は坂下地域の歴史、現地見学。午後からはきりら坂下でそば打ち。食事には、イノシシのミンチを使った料理もくわわり、午後からは交流会でした。若い人たちの関心はインスタ、ライン。その視点からの発言も多く、面白く、勉強になった。かわいい、おしゃれという言葉が飛び交った。

 29日は「第6回もったいな市」お天気に恵まれ、大盛況でした。私も小物を並べたり、q+(キュウプラス)のユニット名で三曲。また藤井さんに助けてもらいました。

先日の新聞記事「復活展 みっつ」と「土器を焼く」の新聞記事を載せておきます。

朝日新聞、中日新聞、恵峰ホーム・ニュース二つです。