すごく忙しくてレッスン記録が遅くなりました。

 

前回のレッスンはお友だちと。

 

自分のレッスンを人に見てもらうのは
思ったより勉強になる。

 

一番始めはロングトーンのボーイング。

 

先生からはいつもと違う・・・とご注意が。
「いつもはもう少しお上手なんですよ。」
と、何度も弁解して頂いて、そんなに今日はひどいのか??

自分では気がつかない。


いつもと少しも変わらない気持ちでやっているのに
先生からはダメ出しの嵐が。

 

 

はあ~~。

 

耳が悪いんでしょうね。

 

これって致命的。

 

先生と向かい合って弾いているけれど、
目の端っこに友だちが見える。

 

ガンミしている・・・・。

 

^^;

 

緊張する~~~~。

右側の髪を下して、視界に入って来ないようにする。

 

自分では至って普通なつもりでも

こんなにあがってしまっている。


人前で演奏する時の状態は

尋常ではないくらいあがりまくっている。

ということは、自覚しているよりもっともっと
ひどい状態なんでしょう。

どうすればよくなるのか・・・。

 


次に友だちのレッスン。

本当にお上手で、聞いていてうっとりしてしまう。

もう少しコマ寄りで弾いてみて・・・というアドバイスで

前よりも確かに音が変わる。

そうか~~そういうことなのか~~。


先生のアドバイスをよく聞いて改善していこう。

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

改善点が多すぎるんだよね。

Σ(|||▽||| )

 

 

 

 

応援よろしく。ぽちっと♪

にほんブログ村

 

この間弓を購入したのに
ついつい弓を試奏してしまう。

 

自分の弓は先生に見て頂いて、「良い弓ですよ!」
というお墨付きを頂いて購入した物。

 

でもほかの高いのを弾いてみたらすごく弾きやすくて
ああ~~早まって買ってしまったのか?

とパニクッてしまいました。


先生にメールでお伝えすると
「確かに1本すごくいいのがありましたが、それ以外のとは購入された弓の方がいいですよ。」
と言うお返事を頂いた。(これは同じ作家の弓の比較・先生も展示会はご覧になっていた。)

 

 

あとでゆっくり考えると

 

いい弓と良くない弓で明らかにポテンシャルが違うものならいいものがわかる。
良い弓どうしならどれが一番いいのか順位がつけられない。

 

ということだなあ~~と思った。

 

 

トルテとかサルトリとかモリゾーとかたくさん弾いたけれど、

良い弓すぎてなんだかもう分からなくなってしまいました。

 

 

きっと今の弓も使いこなせていないんだなあ~~~。

 

 

これが使えるようになると、もっと弓の事が分るようになるんでしょうね。


あと5年くらいすればもう少し分かるようになるかな~~~。

 

 

 

応援よろしく。ぽちっと♪

にほんブログ村

 

 

 

弦楽器展へ出かけました。

 

mixiのコミュの方で呼びかけて、試奏ツアーを組んだので
グループで行くことに。

心強いです。

 

まず掘り出し物がありそう・・・と噂の新大阪の楽器店に。

前もって予約しておいたので、楽器をいっぱい用意して見せて頂きました。

1本、音のこもっている楽器があって、みんなで弾いた後

 

「なんだか音が中の方にありますね。」
「そうそう。中で鳴っていますね。」

 

f字孔の奥の方で音が溜まって出てこない感じ。

 

でも、みんなで弾いて同じ感想が持てるのがなんだかうれしい。

 

少し音が出せるようになったかな。

 

 

午後から梅田の展示会に行く。

私の大好きな楽器店。

弓はここで購入したし、楽器も半分本気で探している。

(このお店のものはいいけれど高いので、なかなか手が出せない。)


オールドがたくさんあって、ビンビン響くので感動の嵐。

いいのを弾くと、自分の楽器はなんて響かないんだろう・・と思ってしまう。

 

お金があったらなあ~~~。

 

いやいや、腕があったらなあ~~~。(安い楽器でもカッコよく弾けるのですが)


でも、今までで一番オールドの良さがわかった試奏会でした。

少し満足。

 

この展示会で、昨年感動したアマティを弾かせて頂いた。

 

ん?

 

前はすごくすごく感動したのに、今回はそうでもない・・・。

 

どうして?

 

確かにいい音だけれど、ほかのオールドの方が断然迫力がある。

 

去年アマティ大絶賛だった営業さんに、今年の感想を伝えると

 

4分の3にしてはいい音だということ。

 

フルサイズの方が、やっぱり音は大きいらしい。←当たり前

 

まあ、こんな当たり前のことも自分できちんと実感できるのが
成長だよね~~と思ったり。

 

 

 

応援よろしく。ぽちっと♪

にほんブログ村

 

ドッペルの合奏 お二人目。

 

次はオフ会でのお披露目。

 

ギャラリーがあるので緊張です。

 

相手の方は相当に上手い。

 

ベーレン何とか版という難しいフィンガリングで弾かれるとのこと。

 

弾いているうちにどんどん速くなってしまって、何度も止まってしまった。

 

 

はあ~~~。

 

何度やってもできね~~~。

 

こんな私にお誘いをかけて下さる方に本当に感謝します。

 

 

 

 

応援よろしく。ぽちっと♪

にほんブログ村

 

 

ドッペル合奏しました。

まずお一人目。

都合の良い日が合わなかったので
平日の夜にスタジオで待ち合わせ。

仕事帰りに合奏なんて、ゴージャス!

初めての体験です。^^

お相手の方はVn2を練習し始めて1か月ほど。
しかもお忙しくて全然練習できていませんとのこと。

「どのくらいのスピードでします?」
「70くらい?」
「え??」

速さは定かに覚えてないが、明らかに速いスピード。
私がやり始めたころは50くらいのスピードで通しの練習をしていた。
それからスピードアップして60くらいで弾けるようになるのに1年くらいかかりました。


「70は結構速いですよ。(大丈夫?)」
の心配をよそに、合奏するとすごくうまい!

70くらいのスピードでほぼ落ちないで弾きとおす。

タジタジ・・・。

本当に練習始めたところなの?

メールでは・・音出してるだけの状態です・・・
と書いてらっしゃったのに・・完成するとどれだけウマイの?


2時間くらいの練習で(途中休憩を入れながら)何度も合わせた。

とても楽しかったけど、相手のお上手さに舌を巻いてしまった。


私との差はなんだろう?

私って本当に才能ないんだなあ~~~~。

「どうしてそんなに弾けるんですか?」
「・・・?う~~ん、でも譜読みは速いかも・・・。」

相手の方はピアノも相当上手い。
そうか、譜読みが速いとヴァイオリン上手く弾けるんだ!

すごく勉強になりました。

またまたリベンジを誓う日でした!

 

 

 

 

 

応援よろしく。ぽちっと♪

にほんブログ村