庭の花桃が満開の3月22日、我が家の先住犬、その名の通り我が家に沢山の絆を紡いでくれた最愛の娘リアンが16歳と1ヶ月と1日で虹の橋に旅立って行きました。
我が家にとっては初めての犬との暮らしをスタートさせてくれた子。
相方のシフォンを一昨年、昨年は息子のソレイユを、そして今3チワ親子の最後の子を3年連続で見送る事になってしまいました。

シニアになるまで病1つしなかった子。元気で甘えっ子で、歳を重ねて心臓・肝臓・腎臓・脳腫瘍・後ろ足の靭帯断裂の中、最後まで寝込む事なく頑張ってくれました。
シフォンとソレイユを病院で逝かせてしまい、見取れなかった事の後悔と最期の最後でリアンを病院へ連れて行かずに腕の中で見送った事、私のエゴと言われても最後は絶対に側で腕の中でとの思い、息子と旅立ちを見守り、身体が冷たくなってもずっと抱き締めていました。
いつかはこの日が来る事はわかっていても、何度経験しても辛さには慣れません。
旅立った日もごはんを少し食べ、旅立つ直前迄寝たり、水を飲んだりしていたね。最後はきちんとトイレを済ませ、私が側に行くのを待っていたかの様に腕の中に倒れ込んで来ました。

ママ、私頑張ったよ。後は他の子を宜しくね。とでも言うかの様に。余りに突然に30分もせずにあっという間に逝ってしまいました。
リアンらしい、最後だった気がします。

翌日娘も帰宅し息子と3人で荼毘に伏しました。先に逝った子達を見送った深大寺動物霊園で。

未だに受け入れられず、探してしまう自分がいます。
リアン、最愛の娘。出会えた事に感謝。ママの子になってくれてありがとう。
チワワなのに大きいからとお店で売れ残ってしまっていた貴女。抱っこして家族になる決意をした日、忘れない。
人間のエゴで大きさで見捨てられようとした子。大切な生命には人間も犬も猫も生きてている生物に代わりはないのに。線引きしている人間。私もその人間の1人。出来る事は限られてしまうけど、助けられる生命にはしっかりこれからも向き合いたい。
その1歩を歩ませてくれた子。
ありがとう、リアン。愛してる、これからもずっとずっと。
いつかママが胸を張って虹の橋に迎えに行ける様に頑張るからね。見守っていてね、みんなで。
残された子達も何が合っても最後までママが見届けるよ。

でも、もう少しだけ貴女を探してしまう事許してね。受け入れるには時間がかかりそうだけど。
貴女に恥じない生き方をすることだけは約束するね。
笑顔か素敵で、美人でチワワっぽくない所もみんなみんな大好きだよ。




7月3日、14歳と1ヶ月で最愛のソレイユが旅立ちました。
我が家で生まれ、双子のエトワールの分まで癌とわかってからも7年頑張ってくれました。
2日に迷った末に病院に入院させ、父シフォンと同じ様に看取ることができずに逝かせてしまった事に入院させた決断が良かったのか、悪かったのか悩んでいます。
今回は医師が看取ってくれ、安らかな最期だったようです。眠るように穏やかな顔でした。
病院から電話をもらった時、延命の希望を聞かれ、可能性は低いの言葉に迎えに行くと延命せずに逝かせた事。それも正しかったのか。暖かい体を綺麗に拭いて、抱きしめて涙が止まらずでした。
タイミング悪く、主人が救急で病院に入院した日で翌日、慌ただしく娘と荼毘にふし、昨日は主人の手術。
偶然ではなく、私が悲しむ暇がないようにソレイユがしたのかな。優しい子だったから。ママっ子で、ずっと一緒で。
まだ受け入れられない。去年逝ったシフォンの事も、そしてソレイユも。心が拒絶。
悲しみと呆然、辛いことばかりの中で支えてくれた大切な家族。

ありがとう、ソレイユ。
その名の通り我が家の太陽だった子。
7年前の大手術の時に危ないと言われながら奇跡を起こし続けてくれたね。
大好きでだよ。ずっとずっと愛してる。
産んでくれた闘病中のリアンを見守ってね。

寝込むことなく逝ったね。
先に逝ったヴィー、キャンディー、シフォン、エトワールと残された家族を見ていてね。

いつかママが迎えに行く日まで虹の橋で待っていてね。
会いたいよ、ソレイユ。夢の中でも良いから。もう一度抱きしめたい。




かなり久しぶりの投稿です。
キャンディーを亡くしてから、我が家はこの2年、恐ろしいぐらいの沢山の出来事がありました。
悪夢の様な2年。
そして昨日、更に追い討ちをかけるかの様に闘病中のシフォンが旅立ちました。
14歳と3ヶ月。奇しくもキャンディーと同じ14歳での旅立ち。
糖尿病になって10年。毎日の日課だったインスリン注射ももう打つことはありません。
元気だったシフォンが、急性腎不全に倒れ、キャンディーと同じアルツハイマーにもなり、毎日投薬、皮下点滴でこの数ヶ月何とか一進一退しながら生活出来ていたのが、入院、毎日の通院に変わり、昨日看とることも出来ず、病院で亡くなりました。

毎日仕事が終わってから病院に寄ってシフォンに会うのが日課になっていましたが、前日は点滴中という事もあり、様子を聞いて会う事なく帰宅したのが悔やまれます。
でも、ここ数日よくご飯も食べ、亡くなる2日前は抱っこしてシフォンと話をしていました。穏やかな表情で、クンクン甘える様に、以前のシフォンに戻った様でした。あれが最後になるとは。

亡くなる週の月曜日はシフォンはかなり深刻な状態で、私はその前日にシフォンの死の夢を見ていました。嫌な予感がして翌日病院に行った時には苦しそうに暴れて、医師にもかなり危険な状態と言われていました。それでもまだ出来ることがあるならと、せめて週末まではと医師に話していたのを聞いていたかの様にシフォンは1週間頑張ってくれました。何度も危篤、生還を繰り返し、医師も奇跡の様だと驚くぐらい頑張ってくれていました。そして金曜日医師が夜中の12時には異変が無いのを確認し、朝見た時には眠っているかの様に亡くなっていたそうです。3連休の初日の土曜日の朝電話があり、急いで迎え行き、昨日は元気だった頃の様に枕元で一緒に寝て、今日空へ旅立ちました。きっと私が言った週末まで頑張って待っていてくれたのでしょう。私の我儘を聞いてくれたのだと思います。優しくて、人と犬見知りで、神経異質でとっても甘えん坊でした。いつも私の後を付いて来ていたシフォン。もういないなんて信じられない。3チワ親子の一角が崩れた事がショックで呆然としています。相方のリアンも14歳で肝臓に沢山の腫瘍が見つかりました。子供のレイも腸腺癌と心臓病で戦っています。
いつかは見送る日が来るのはわかっていますが、何度見送っても慣れません。悲しみは増すばかり。今回は息子と娘が立ち会ってくれました。私の現在の不自由になった体を心配して、そして家族を見送る為にそれぞれの予定をキャンセルしての立会いでした。
ヴィー、キャンを見送った深大寺動物霊園で火葬して遺骨は自宅に。

シフォンもう苦しくないね。よく頑張ったね。ママの我儘を聞いてくれてありがとう。いつか虹の橋に迎えに行くね。それまでヴィー、キャン、そしてあなたによく似たエトワールと待っていてね。
沢山の素晴らしい時間を共に過ごせて幸せだったよ。ありがとう、シフォン。感謝しています。どうか安らかに眠ってね。これからもずっとずっと一緒だよ。