オートバイメンテナンスのお店 ダブルディーメンテナンスのブログ

三重県鈴鹿市庄野町にある、ちっちゃなバイク屋さんの独り言

NEW !
テーマ:

今日のネタ

 

一般の方からしたら

 

恐ろしくしょーもなく

 

興味の無い話です。

 

カタナのステムを分解

 

 

外したステムとベアリング

 

このベアリングは、属に言う

 

テーパーローラーベアリング。

 

 

見た通りすり鉢状で

 

ローラーをゴム製?のガイドで

 

留めております。

 

ちなみに

 

ゴム製?ガイドは、スズキ車に

 

使われており

 

カワサキ車は、このガイドが金属です。

 

寸法が合えば

 

使用可能です。

 

ちなみに

 

ZRXとは、アンダーの寸法が

 

違うので無理ですよ~

 

 

このテーパーローラーベアリング・・

 

主に各社ネイキッドのステムに

 

使用されています。

 

ちなみにCB1300は、使っていません。

 

僕は、このベアリングが大嫌いなんです、

 

ステムの動きがどうのこうのと言うより

 

組み付け時の

 

気持ち悪さというか

 

なんか

 

「よし!」という感触がないのです。

 

で、今回は、

 

アンギュラボールベアリングに換えます。

 

ステムに使用されている

 

ベアリングは、2輪専用で

 

各社の規格は、あっても

 

2種類。

 

*僕の知りうる範囲で。

 

つまり寸法さえ一緒なら

 

換装が可能です。

 

カタナは、と言うかスズキ車は、いけます。

 

ちなみにカワサキ車は、無理でした。

 

これは、とある車両の

 

アンギュラボールベアリングです。

 

見る人が見れば何用か解りますけど。

 

 

車体のアウターレースを抜いて

 

 

ボールベアリングのレースを

 

打ち込みます。

 

手に持っているのが

 

テーパーローラーベアリングのレースです。

 

レースの面積が違うでしょ?

 

 

ベアリング、インナーレースを

 

はめると、こんな感じ。

 

 

下側も同じくレースを抜いて

 

 

新しいレースを打ち込みます。

 

古いレースを見ると

 

縦線状の痕があるのが

 

わかります。

 

どんなに神経使って組んでも

 

2年後には、これくらいの痕が

 

付きます。

 

もちろん、この程度では、

 

まったく操作性に影響は、ありません。

 

ただ、ただ気分が悪い・・・

 

 

ステム側のインナーレースも

 

打ち換えます。

 

ステムは、当然カタナ用では、

 

ありません。

 

カタナのインナーチューブ径は、φ37

 

今、着いているのは、

 

CB1000SF用のφ43フォーク。

 

 

グリスは、

 

ベアリングの種類に関係無く

 

溺れるくらい塗り込みます。

 

 

上側のダストシール、ステムナットは、

 

そのまま使用可能でした。

 

トップブリッジは、ユニコーン製に

 

換えてあるので

 

より、理想の予圧をベアリングに

 

加えて組む事が出来ました。

 

ステムは、ベアリングもそうですが

 

その締め付け、組み付け方法に

 

よって、大きく違ってきます。

 

この辺は、組み付ける人間の

 

単なる、拘りですね。

 

こうしたら

 

もの凄く良くなる!って言うのは、

 

あったとしても

 

ただの 「おまけ」です。

 

僕は、ただ

 

自分が

 

気持ち良く

 

 

組めたら

 

いーんですぅ!

 

バイク屋が見ても?な

 

どーでも いい話でしたぁ~

 

ただ、へんてこな

 

カスタムパーツと違って

 

ネガは、一切ありませんよ。

 

 
オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

豊田さんの

 

GSX1100Sカタナ

 

車検でお預かりして

 

なんやかんやで

 

一か月程 放置してました。

 

ようやく着手できます。

 

いつ見ても美しいです

 

 

車体の整備前に

 

外装を外し

 

 

メインハーネス交換の為に

 

古いハーネスを取り外します。

 

昔のバイクは、ハーネスもシンプル

 

今のバイクは、

 

もはや ジャングル状態です。

 

 

ジェネレーターから出てる配線の

 

ギボシが焦げてた。

 

 

で、ギボシを新しく

 

付け替えます。

 

もちろんカシメに加え

 

ハンダづけ。

 

 

ハーネスがなくなると

 

よりスッキリ。

 

 

新しいメインハーネス

 

前の状態に合わせて

 

ちょこちょこっと手を加えてます。

 

 

オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

うちは、猫を

 

三匹飼っています。

 

いずれも

 

2,3年前に拾った子猫達。

 

猫がたくさんいた環境で

 

育った僕は、

 

猫の毛が嫌いだったし、

 

先に逝くのを看取る

 

自信もなかったから

 

家を建てても

 

絶対 動物を飼わないと

 

決めていました。

 

 

なのに

 

出逢いは、突然だし

 

そこには、消えそうな

 

小さな命があるし・・・で

 

迷う余地すら与えてもらえず

 

家族として迎える事になりました。

 

基本、外には、出さない 家猫、

 

新築の家の壁は、ガリガリだけど

 

トイレだけは、きっちりしてくれるので

 

とても助かります。

 

その三匹と平穏に暮らしていたのですが

 

ある日、娘が猫を連れてきた。

 

なにやら、習い事先で

 

ずっと ウロウロしていたらしく

 

尻尾に結構な怪我をしている。

 

娘は、その辺りの家に聞いてみたようだが

 

飼い主らしい家がなかったよう。

 

餌をあげると

 

狂ったように食べる、食べる。

 

尻尾の怪我が痛々しく

 

うー

 

決めた!

 

お前、今日からウチの子や!

 

明日

 

病院 連れてったるー

 

 

でも、さすがに

 

野良化した猫を直ぐに

 

ウチに入れるわけにもいかず

 

庭に入れ、明日まで そこにおれ、と。

 

もし、この子がウチで飼う運命なら

 

明日もいるはず。

 

でも、翌日 猫は、いなかった・・

 

次の日も

 

また 次の日も・・・来なかった。

 

その時、もの凄く後悔した

 

あの日、直ぐに対処していれば・・

 

もし事故にあってたら・・・

 

嫌な事ばかり頭に浮かぶ。

 

でも3日後 また ひょっこり

 

猫は、やってきた。

 

もう 躊躇せんぞ~

 

直ぐにゲージに入れて 病院へ。

 

ウチの猫がお世話になってる病院、

 

僕は、初めてお会いしたのですが

 

とても いい先生!

 

手術の日取りを決めて

 

その日は、帰りました。

 

避妊手術は、しているようで

 

後は、手術の際に

 

猫エイズと白血病の検査もします。

 

この子

 

凄く人になついていて

 

きっと大事にされていたんだと思う。

 

そんな飼い主が

 

この尻尾を見て

 

ほっとける訳がない。

 

 

たぶん3,4歳ぐらいかな

 

3匹も4匹も一緒

 

ウチの子になってくれますか~?

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

156さんのニンジャ250R

 

こないだのファインテクニカルライドから

 

どうも 調子が悪いとの事。

 

旦那の辰ちゃんも

 

前と違うと言う・・・

 

明らかに変じゃなく

 

なんとなく変と言う

 

一番厄介なパターンです。

 

エンジンは、元気だし

 

考えらえるのは、

 

パワーから駆動への伝達。

 

で、クラッチを疑って

 

バラしてみます。

 

 

よー焼けてるわぁ~

 

大体、クラッチを焼く原因は、

 

半クラ。

 

駆動を切る方法で

 

ニュートラルにするのと

 

クラッチを切るのとでは、

 

方法も全く違うし

 

クラッチにかかる負担は、

 

天と地のほど差があります。

 

 

外した部品を点検しながら

 

洗浄します。

 

 

クラッチ板だけでなく

 

それに付随する部品も交換。

 

 

年に一回ぐらいしか

 

出番の無い

 

特殊工具を使って

 

センターナットをガッチリと締めます。

 

エンジンオイルを塗り塗りして

 

フリクションディスクと

 

クラッチ板を交互に入れ

 

蓋して

 

クラッチスプリングを締めこんで終わり。

 

 

丁度、オイル交換時期でしたので

 

エレメントも一緒に交換します。

 

オイルは、MOTUL300V

 

 

こないだ突貫で交換した

 

ZETAパイロットレバー

 

手の小さい156さんには、

 

アジャスト機構のない

 

純正レバーは、キツく

 

出来るだけレバーを手前に

 

する為に着けました。

 

 

レバー形状が違うから

 

前のスロットルワイヤーの

 

取り回しじゃ苦しいので

 

10cm長いのに交換して

 

取り回しを変更。

 

握り込んだ際、レバーの干渉

 

ハンドルを切った時、カウルとの干渉を

 

クリアして この位置に

 

落ち着きました。

 

ただ付けば いいのでは、なく

 

ワイヤーが美しく流れるように

 

収まるようにするのが大変でした。

 

 

リアホイールを回すと

 

かすかにブレーキが鳴く箇所が

 

あったので

 

半オーバーホール的な

 

メンテで直しておきました。

 

 

外装を取り付けて

 

完成です。

 

 

クラッチこぼれ話

 

僕が鈴鹿選手権でSP400クラスに

 

出場してた時の話です。

 

僕とチームメイトは、

 

ガッチガチの優勝候補でした。

 

サイティングラップが終わり

 

スタートの瞬間

 

信号がレッド点灯し

 

ブラックアウトしたらスタートです

 

が・・・いつまで たっても

 

ブラックアウトしない・・・

 

本来ならレッド点灯して

 

5秒以内にブラックアウトなんですが・・・

 

そして

 

結局10秒以上たってから

 

ようやくブラックアウト・・・・

 

僕は、10秒以上

 

エンジン高回転で

 

半クラ状態を続けていた為

 

スタートした直後にクラッチを焼いてしまい

 

アクセルを開けてもバイクは、

 

前に進む事なく リタイア。

 

チームメイトも他のCBR400RRも

 

同じくクラッチを焼いてリタイア。

 

後で聞いたら

 

シグナルの故障だったようです。

 

本当かどうかは、しりませんが

 

ホンダは、クラッチが弱いらしく

 

スタートでリタイアしたのは、ホンダだけだと

 

誰かに後から聞きました。

 

まぁ、そんな事は、どうでもよく

 

本題は、ここからです。

 

レース後 お世話になっていた

 

エンジニアさんに結果とその経緯を

 

報告に行きました。

 

期待していたわけでは、

 

ありませんが、

 

「そうか、残念やったな・・」と

 

言ってもらえるものと

 

心のどこかで思っていたのでしょう。

 

そのエンジニアさんは、

 

作業しがながら僕の話を聞いていて

 

一度も僕顔を見ませんでした。

 

そして、話終わった後

 

シーンと沈黙の時間が流れ

 

そのエンジニアさんは、初めて

 

僕の顔を見て、こういいました。

 

「で? 何?そのスタートの件が

 

無かったら優勝してたのに

 

残念やったな~って

 

言ってほしいの?」

 

「大体、お前

 

スタートするまでに

 

どんだけクラッチ労わってた?」

 

「レース前にクラッチ新品にするのは、

 

当然として、

 

ピットアウトしてグリッド並んで

 

スタートするまでに

 

クラッチに少しでも負担を

 

与えんように

 

してたん?

 

してないやろ

 

ニュートラルにせんと

 

クラッチ切ってダラダラと

 

グリッドに着いてたんとちがう?」

 

「乗り手として

 

やれる事、全てやり切ってから

 

言い訳しろよ」

 

 

返す言葉も見つからず

 

失礼しました・・・と

 

そそくさと帰りました。

 

 

返す言葉が無かったのは、

 

言われた事が全て

 

当たっていたからです。

 

クラッチを労わるなんて

 

考えもしなかった

 

新品にすれば

 

それでいいのだと・・・・

 

 

レースをしてて

 

厳しくされても

 

優しくされる事は、なかった。

 

当たり前ですよね

 

誰に頼まれてやってる訳じゃない

 

自分の意思で自分の為に

 

走ってる。

 

速くなりたいなら

 

勝ちたいなら

 

慰めや言い訳は、

 

自分にとって何の役にもならないと

 

改めて教えられた時間でした。

 

僕が街乗りしていて

 

短い信号待ちでも

 

必ずニュートラルに入れるのは、

 

その時の教えに従った名残でしょうね。

 

 

 

オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

杉嶋さんのCBR

 

シフトインジケーターの取り付け依頼です。

 

このモデルから

 

外装外すのが少し

 

面倒になっています。

 

 

プロテック製シフトインジケーターを使用

 

車種専用の場合は、

 

カプラーオンで簡単取り付けですが

 

CBR600RRは、ありません。

 

でも、直接配線加工用の

 

汎用タイプがあるので

 

そちらを使用。

 

配線図を見て

 

電源、スピード、エンジン回転、ニュートラルの

 

配線に割り込ませます。

 

視認性の良いところへ

 

モニターを取り付けたら

 

後は、設定があります。

 

汎用タイプの場合は、

 

必要になります。

 

レーシングスタンドをかけたら

 

エンジンかけてギアを入れて

 

リアタイヤを空転させてます。

 

後は、モニター表示に従って

 

ギアを入れていくだけです。

 

ちなみにフロント機械式メーターの

 

場合は、実走しないと

 

出来ません。

 

外装は、右側だけ

 

外せばいいのですが

 

配線をキレイに隠すには

 

左側も外さなきゃいけません。

 

まぁ、その辺は、

 

単なる拘りになりますが。

 

 

このハンドルとてもいいです。

 

メーカー名忘れたけど

 

垂れ角少なく

 

上半身がかなり楽で

 

自由度が高い。

 

サーキットでもツーリングでも

 

かなり使えます。

 

 

 
オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2004年の4耐は、

 

翌年、国際ライセンスに昇格

 

してしまう自分にとって

 

最後の4耐になりますから

 

特別なものでした。

 

ただ、気持ち的に

 

特別なだけであって

 

勝つ姿勢や、その為の

 

準備は、いつも通りです。

 

今回の相方は、

 

2001年4耐の相方だったT。

 

テスト開始前は、

 

チームの地元、関東のレースで

 

活躍をしていたTが主導権を

 

握っており、社長からも

 

「Tを中心に進めていけば必ず

 

勝てる」と言われていた。

 

僕がまず一番にやるべき事は、

 

社長の信頼と主導権を奪う事。

 

テストは、本番の

 

3週間前ぐらいがピークになります。

 

一週間、テスト漬け

 

ほぼ毎日走ります。

 

で、最初の難関は、

 

僕が正チェンジから逆チェンジに

 

するとこから。

 

Tは、逆チェン、僕は、正チェン。

 

今までは、

 

クイックで変更出来るシステムを

 

使用していたけど、トラブルの

 

要因にもなるし、ピット作業にも

 

少なからず影響が出るので

 

今回は、統一する事になった。

 

で、、Tは、「俺は、無理!」と

 

言い切るので、僕が折れる事に

 

なった。

 

徐々に逆チェンジに慣らしながら

 

タイヤテストをしつつ、車体のセットを

 

詰めていきます。

 

全く同じ仕様のマシンを2台用意し

 

お互いがお互いのマシンでセットを詰める。

 

そして、セットの違いをあぶり出し

 

ここから、本番用に擦り合わせていくの

 

だけど、このままだとエースである

 

T寄りの仕様にされてしまいます。

 

ただ、この時点では、2人共

 

タイムは、平凡なままで

 

予選の一発タイムも不安視されており

 

まだまだ仕様を決めるまでには、至らない。

 

タイヤは、

 

ブリヂストンのBT-001

 

ソフト(TYPE-4)

 

ミディアム(TYPE-3)

 

ハード(TYPE-2)の三種類がある。

 

予選は、上記の三種類から

 

各々が選んで使用する

 

真夏にソフトは、なく

 

ミディアムかハード。

 

僕は、摩擦係数が低く

 

前に進める固めのタイヤが好きなので

 

ハードタイヤの一択でしたが

 

フィーリングが いま一つ リンクしない。

 

そして、決勝用は、通常販売されていない

 

ブリヂストンが4耐用に造った

 

スーパーハードのTYPE-1

 

決勝を想定しつつ

 

TYPE-1を履いて ひたすら

 

周回をこなす。

 

目的は、好アベレージを刻みつつ

 

100ラップして

 

その過程のフィーリングを掴む事。

 

決勝を想定したアベレージは、

 

他チームを圧倒していた。

 

100ラップしたら、新品に交換して

 

更に100ラップに向けて走り出す。

 

このタイヤは、

 

100ラップしないとブリヂストンから

 

新しいタイヤを出してもらえない仕組み。

 

周回をこなしながら

 

僕は、思った。

 

「このタイヤ、スーパーハードの

 

の割に感触は、ミディアとハードの

 

間に近いな・・・」

 

「このタイヤを予選で使ってみたい・・」

 

そう思わずにいられなかった。

 

その日のテストを終え

 

チームスタッフと共に

 

サーキット内にあるブリヂストンサービスに行き

 

サービスチーフに

 

「TYPE-1を予選で使わせてほしい、

 

そして、それに向けてテストする為の

 

タイヤを供給してほしい!」と嘆願した。

 

これは、走った僕にしか、

 

そう感じた僕にしか

 

解らず、Tもスタッフも押せない

 

話だった。

 

その話を聞いたチーフのSさんは、

 

笑い出し

 

「いや、いや、無理だろ

 

TYPE-1は、4時間を一本のタイヤで

 

走る為に造られたタイヤだよ?

 

一発タイム出すなんて、無理だから。

 

いくら、路面温度が高くても

 

硬すぎて 使い物にならないから」

 

確かに、そうかも

 

しれないが、僕は、イケると

 

思った、机上の理論より、

 

前例がなくても

 

実際履いて、走った僕には、

 

解る!、Tを含めたTYPE-1を

 

履いた他のライダーは、

 

使用用途を頭に刷り込まれているだけ、

 

だって、無理だよ

 

タイヤから訴えてきてるんだから

 

「僕は、スプリントでも使える」と。

 

僕は、必死にSさんに

 

「一回だけ!一回だけ試させてほしい!

 

駄目だったら素直に諦めます」と

 

頼み込み

 

なんとか、その為のタイヤを

 

用意してもらえる事になった。

 

そして翌日

 

新品のTYPE-1を履き、

 

スプリントテストでコースイン。

 

ピットロードを走るだけでも

 

笑みがこぼれる・・・・

 

もう既に履いた事のあるタイヤでも

 

付き合う意識が変わると

 

こんなにも心が逸るものなのか・・・

 

昨日まで友達だった子が

 

今日から恋人になった、

 

そんな感じを楽しみつつ

 

3周目には、コースレコードを

 

連発する快走・・・・

 

僕は、間違ってなかった

 

いや、間違うはずがない

 

タイヤが自信をもって僕に

 

話しかけてきたのだから。

 

同じくTYPE-1でスプリントテストをした

 

Tは、大きくタイムを伸ばせずにいた。

 

この件は、スタッフから社長に伝わり

 

晴れて僕は、このレースの

 

チーム内主導権を奪取する事に

 

成功した。

 

この件は、チーム内だけに

 

留まらず、ダンロップタイヤを使用していた

 

ライバルチームにも伝わり

 

そのチームは、タイヤをダンロップから

 

ブリヂストンへスイッチした。

 

本来なら ありえない話だが

 

一台でも勝てるチームを増やしたい

 

ホンダ朝霞研究所スタッフの

 

働きかけがあったと

 

数年後、そのチームのライダーから聞いた。

 

そして、その後から

 

TYPE-1は、全日本ST600クラス

 

ブリヂストンユーザーの

 

スタンダードタイヤになったのです。

 

そう、これを機に

 

TYPE-1は、4耐用タイヤと

 

全日本ST600スプリントタイヤとして

 

一本二役で

 

絶大な支持を得たのです。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

佐久間さんの隼

 

国内仕様なんで60kmしか出ません。

 

80km出せるように

 

してほしい、と言うので

 

リミッターカットする事になりました。

 

「スペシャルエージェント」の

 

「ネゴシエーター」という

 

部品を取り付けてみましょう。

 

 

タンク持ち上げて

 

サイドカウル外して準備完了。

 

 

専用部品なので

 

ネゴシエーターのカプラを

 

スピードセンサーと

 

ギアポジションセンサーの

 

カプラに割り込ませます。

 

後は・・・

 

ECUへ繋がるカプラの

 

配線に線を割り込ませます。

 

一応元に戻せるよう

 

ギボシ接続です。

 

ギボシは、当然ですが

 

カシメてハンダ付けしています。

 

 

本体は、邪魔にならないよう

 

この辺でいっか。

 

ETCの蓋 ちゃんと開くから

 

心配しなくていいよ。

 

 

おまけに付いてる

 

コントローラー

 

スプロケットの歯数を変更した場合

 

スピード表示の誤差を補正

 

してくれるようです。

 

まぁ、使う事ないと思いますが。

 

 

冷却液を交換しといて、と

 

言われたので交換します。

 

エア抜きって

 

意外とと時間がかかるんですよー

 

 

後は、外装を取り付けて~

 

完成で~す!

 

ん・・・

 

何も変わってないから

 

達成感がないですねぇ。

 

 

佐久間さん

 

お星さまにならないように

 

安全運転でお願いします。

 

オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

8月のファインテクニカルライドに

 

超絶スーパーカスタムW650で

 

参加した鈴木君。

 

もちろん体験走行、

 

たまには、こんな

 

遊びもいいのでは・・と

 

誘ったのですが。

 

やはりと言うか・・

 

当然と言いますか・・

 

狙い通りとでも言うのですか・・・

 

体験走行じゃ、物足りぬ

 

走行会を

 

走りたい!

 

もちろんW650じゃないバイクで!

 

・・となりまして

 

ハイ!

 

即、購入!

 

ニンジャ250SL!

 

極上中古車!

 

あざーす!

 

という訳で10月の

 

ファインテクニカルライドに向けての準備。

 

まずは、タイヤ交換から

 

 

僕的には、

 

ピレリ ディアブロ ロッソⅡ(レーシング)が

 

お勧めでしたが

 

もう、無くなるみたいですね

 

レーシング・・・(たぶんね)

 

そんで、無くなるタイヤ

 

履いても仕方ないから

 

無難なところで

 

ダンロップα14にしました。

 

 

タイヤの顔が変わると

 

雰囲気も変わる。

 

ん~

 

れ~し~

 

 

前後ブレーキフルードを交換

 

あっ、面倒でも

 

必ずピストンを押し込んで

 

キャリパー内のフルードを排出しましょうね。

 

でないと何しても

 

キャリパー内の古いフルードは、

 

抜けず

 

意味がないです。

 

冷却液も交換

 

意外と傷んだクーラントが

 

出てきました。

 

交換しといて良かったです。

 

エンジンオイルとエレメントも交換

 

 

エレメント交換は、

 

サイドカウル外さなきゃ

 

いけないので

 

少し面倒です。

 

オイルは、MOTUL300V

 

このエレメント交換

 

少し イラッとします

 

やってみれば解ります。

 

 

マフラーは、

 

ノジマ製GTミドルスリップオンです。

 

僕的には、

 

爆音のアクラポビッチが

 

良かったのですが

 

鈴木君は、マジメなので

 

静かなノジマになりました。

 

 

とりあえず

 

ステップは、ノーマルのまま。

 

でも、鈴木君がゴムは、

 

滑りそうと

 

言い・・・

 

 

ニンジャ250の純正ステップが

 

そのままで着くというので

 

交換しました。

 

まぁ、ゴムよりは、いいね。

 

 

後、

 

マジカルレーシングのタンクエンドカバーを

 

発注しているのですが

 

納期が一か月先なので

 

合わせて

 

ストンプグリップも先送りです。

 

さて

 

もう、いつでも走れます!

 

 

SLは、ニンジャ250に比べて

 

ポジションがしっかりしています。

 

いわゆるレーサーレプリカ的な感じです。

 

このバイク

 

絶対 おもしろいはず

 

ツインなら

 

ニンジャ250といい勝負できそう!

 

オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9月30日鈴鹿ツインサーキットで開催された

 

ファインテクニカルライドRd.5」に

 

お客さんと参加してきました。

 

朝は、少し肌寒いけど

 

日中は、少し汗ばむ程度な

 

絶好の走行会日和でした。

 

「ファインテクニカルライド」は、

 

ただ走るだけの走行会と言うより

 

運動会的なイベント色の強い

 

走行会です。

 

画像は、プロカメラマン

 

「犬カメラマン」さんHPから

 

拝借しました。

 

「犬カメラマン」さんの写真は、

 

パドックの雰囲気をとても上手に

 

表現されていますから

 

空気を感じてもらえると思います。

 

当日の走行写真もHPから

 

購入可能なので

 

これも嬉しい特典ですね。

 

ファインテクニカルのマシンが

 

マーシャルカーとして活躍します。

 

 

今回は、土曜開催という事もあり

 

皆さん お仕事で泣く泣く断念された方が

 

多かったです、是非 次回!

 

で、今回の参加者

 

*走行写真は、「おじゃる丸」さんの

HPから拝借しました。

 

↓オカケンさん

 

 

↓辰ちゃん

 

 

↓板倉さん

 

前回は、体験走行参加で

 

今回は、走行会参加です。

 

 

↓あいころさん

 

足のボルト抜き手術から

 

10日後に走ってます・・・

 

体験走行に飯田さん

 

参加予定でしたが

 

体調がすぐれず今回は、断念。

 

是非、次回リベンジして下さいねー

 

 

 

各走行前に

 

「○○クラス、走行開始10分前で~す」と

 

ちゃんとアナウンスしてくれます。

 

 

各走行、最初の2周は、

 

マーシャル先導があります。

 

この2周は、結構大事で

 

身体、タイヤを慣らして

 

気持ちを落ち着かせる

 

事ができます。

 

 

さて、ザックリですが

 

走行車両を見てみましょう。

 

「ファインテクニカル」の山本社長のH2

 

走れる社長さんです、速いよー!

 

 

スズキSV1000かな

 

 

カスタムZ?

 

 

隼~

 

 

ネイキッドレーサー

 

 

モタードも~

 

 

外車も~

 

 

ここからは、

 

普通のライディングウェアでOKな

 

体験走行枠

 

 

僕の古い友達

 

健ちゃん&CB1300SF

 

急遽参加しました~

 

 

いつものウェアと愛車で

 

サーキットを走れる!

 

 

体験走行女子さんも!

 

 

毎回

 

サーキットに華を添えてくれる

 

ファインガールさん。

 

 

「サンコンサインズ」さんブース

 

ヘルメットやマシン、スマフォに

 

ネームやピンストライプのペイントしてくれます

 

盛況でした~

 

 

お昼休みには、

 

世界的に有名な

 

エクストリームライダー 木下さんの

 

ど迫力スタントショー゙!

 

木下さんのショーが終わると

 

皆で集合写真をパチリ!

 

 

 

ようやく お昼ご飯です

 

豪華なお弁当は、

 

走行代に含まれています。

 

豪華過ぎて、食べきれません

 

全部食べたら

 

お腹一杯で走れなくなります!

 

現に僕は、食べずに持って帰りました。

 

山本社長!

 

お弁当グレード下げても

 

大丈夫ですよ~

 

むしろ無くても大丈夫です。

 

走行の時って

 

意外と食べれないですからね。

 

節約して

 

走行会持続の足しにして下さーい!

 

 

お昼休みが終わり、

 

各クラス 走行後

 

模擬レースが始まります。

 

タイム別で二つのレースが

 

行われます。

 

前回は、優勝させてもらいましたが

 

僕にとって このレースは、特別でした

 

マシンのハンデは、言い訳にもならないし、

 

何より模擬レースだけに

 

完全クリーンなレースが絶対です。

 

たかが模擬レース

 

されど模擬レース!

 

レースをする以上

 

負けたくないし、負けれない!

 

グリッドは、模擬レースまでの

 

走行中ベストラップで決まります。

 

変な話ですが

 

レースを辞めて12年経ち

 

こんな高いモチベーションを持って

 

挑むなんて自分でも思いもしませんでした。

 

モチベーションをMAXまで

 

上げてくれたのは、このお三方。

 

U垣さん×S1000RR

 

K村さん×デイトナ675

 

 

H野さん×R1

 

 

ホールショットは、絶対!

 

一周して

 

ホームストレートへ戻ってくるまでに差を

 

広げなくては勝てません。

 

4人共タイムが接近しているので

 

ほんの僅かなミスでも

 

命取りになります。

 

それは、僕だけでなく

 

他のお三方も一緒

 

ミスを後で取り戻せるほど

 

レースは、甘くないと言う亊です、

 

それが模擬レースでも

 

全員が勝ちたいと思っているなら

 

関係のない話ですね。

 

 

で、スタート!7周のレースです。

 

僕は、完璧にスタートを決めた

 

つもりでしたが

 

H野さんR1に一コーナー前で

 

かわされました。

 

この時点で僕の負けです、

 

ホールショットを取れなかった

 

ミスを犯しましたから。

 

しかし、一周して戻ってくると

 

赤旗提示でレース中断。

 

スタート動画は、

ファインテクニカルパートナーショップの

ゼンマイセッティングサービス」さんから拝借しました。

社長のブログ面白いですよ~

そして レース仕切り直し。

 

僕的には、ラッキーでした

 

最初のスタート以上に

 

集中力MAXにして

 

絶妙なスタートがきれました。

 

 

見事ホールショットをとれましたが

 

ここからです。

 

ホームストレートまでに後続を

 

全力で引き離さなきゃいけません。

 

マージンを持って

 

持てる力を出し切り走ります、

 

相反する行為ですが

 

これが模擬レースの難しいところです。

 

「いくら速くても、凄い走りを

 

しても転んだら馬鹿です、

 

これは、模擬レースです

 

勝っても賞金や名誉が

 

貰えるわけじゃありません

 

無事終える事が一番ですからね!」

 

これは、MCの和田さんが

 

レース前ブリーフィングに必ず言う言葉です。

 

どんなにガチでも

 

この言葉を根底に置いて

 

レースをしなきゃいけません。

 

でも、持てる力を出し切り

 

走って掴んだ優勝に

 

思わず

 

ガッツポーズが出てしまいました。

 

ガッツポーズまでなら

 

許されるんでしょうけど・・・・

 

クールダウン中に涙が出て来て

 

困りました。

 

彼らに勝って優勝したいって

 

モチベーションと超MAXの

 

集中力を維持し

 

ミスの許されない

 

スタートと7周を走り切り

 

優勝した安堵感。

 

なんか色んな事が

 

ごちゃ混ぜになって

 

わー!って押し寄せてきましたね。

 

帰って来て

 

お決まりの山本社長とハイタッチ

 

皆におめでとうと言われる瞬間は、

 

やっぱりレース楽しいと

 

思ってしまう。

 

 

走行が終了して

 

表彰式とじゃんけん大会。

 

ガラスのトロフィーは、

 

高級品!

 

 

ここまで

 

モチベーションを上げてくれた

 

お二人には、感謝の

 

言葉しかありません。

 

ありがとうございました!

 

 

 

必ず 皆が一つは、

 

もらえる じゃんけん大会です。

 

プロのMC和田さん

 

カッコ良くて、クールで笑わせてくれます!

 

 

そして、無事 終了しました~

 

この日、転倒車は、いなかったんじゃ

 

ないかな。

 

これは、

 

各クラスの走行台数が適正なのと

 

ファインテクニカルスタッフ皆さんの尽力

 

MC和田さんの呼びかけ

 

参加された皆さんの意識が

 

あってなせる事だと思います。

 

参加料金以上

 

それが「ファインテクニカルライド」です!

 

仲間と一緒なら

 

楽しさも倍になりますよー!

 

皆さんの参加お待ちしていまーす!

 

*当店は、ファインテクニカルさんの

 

パートナーショップでもなければ

 

裏金も頂いておりません。

 

単にファインテクニカルライドを応援している

 

だけです。

 

理由は、簡単

 

良い走行会だから!

 

それだけですよ。

 

オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

CB1300SFの続き

 

車体が終わったので

 

エンジン関係。

 

冷却系リフレッシュ

 

サーモスタットケースの

 

ホース挿し込み口には、

 

結晶化したクーラントが

 

こびりついています。

 

これを除去するが

 

結構大変なんです。

 

 

サーモスタット、ラジエターキャップ

 

ウォーターパイプ

 

各パッキンを新品にします。

 

 

エンジン前方の

 

ウォータージョイント部

 

えらい亊になってます・・・

 

パッキンは、パッキンじゃ

 

なくなってる~

 

 

ひたすら

 

結晶を除去します。

 

パッキンも新品は、

 

ぷりっ、としてます。

 

 

もちろん

 

ラジエターホースも

 

総取り換え。

 

意外と盲点なのが

 

リザーバータンクへのチューブです。

 

このホースが硬化して

 

挿し込み口から

 

クーラントが滴っているCBは、多いです。

 

僕のCBもそうなんですぅ・・・

 

 

プラグを新品に交換

 

一本¥450 安い!

 

 

エアクリーナーエレメントも新品に交換。

 

 

エンジンオイル、エレメントも交換します

 

オイルは、MOTUL5100

 

 

エンジンかけて

 

水温上げて

 

サーモスタットの作動をみて

 

規定水温でファンの作動も確認。

 

エンジン冷やして、エアが抜けた分

 

クーラントを補充

 

それを2度程繰り返して

 

液量が安定したら 

 

完成です。

 

このCB 走行距離7万キロ越え

 

4年前は、2万キロ台だったのに、

 

すっごい 走られるんですね・・O田さん。

 

大変、お待たせしましたー!

 

 

オートバイの一般整備、修理、車検、点検、タイヤ交換
 
カスタマイズ、各種オーバーホール、サーキット走行から
 
その他モロモロご要望は、三重県鈴鹿市庄野町でひっそり
 
こっそりやってるバイク屋 ダブルディーメンテナンスで!
                   ↑クリック
Eメールは、walk-dream(あ)sf.commufa.jpまで  (あ)を@に変えて下さい)
*****************************************************************
(対象車両) ホンダ/カワサキ/ヤマハ/スズキ
 
(お断り車両)
外車(全て)/旧車(Z等)/ビッグスクーター/アメリカン/オフ車/暴走族車両
 
(営業日)
毎週、水曜日・木曜日・土曜日・日曜日
 
(お休み)
毎週、月曜日・火曜日・金曜日
*事前にご連絡頂けますと対応致します。
 
(営業時間)
午前10時~午後7時迄

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。