RVF400の続きです

 

リアホイールハブのベアリング交換します。

 

 

 

スイングアームピポットベアリングも交換します

 

後 リンクボディのダストシールも全て交換しました。

 

 

 

チェーンスライダー

 

経年劣化で割れてるところがあって

 

交換したくても どうせ廃盤、

 

と思いながらも 一応確認してみたら

 

何故か在庫あり・・・ へ?

 

 

そんなバナナ・・・

 

まじか!まじなのか!? 買い占めるか俺?って

 

思うぐらい びびった

 

でも ラッキー! 一個注文

 

世の中不思議な事があるもんだ~♪

 

 

何気に納品書を見ると

 

「チェーンスライダー 1個 ¥27000」

 

 

ははは 一桁間違ってますがな~

 

と、問屋へ電話

 

問屋さん 「ホンダさんに確認して折り返しお電話致しますねぇ~」

 

ほいほーい

 

間もなく電話がかかってきて

 

僕 「どうでしたぁ~?」

 

問屋さん 「¥27000で間違いないそうです・・・・」

 

 

普通なら 高くても¥5000くらいのスライダーが何故そうなったか

 

理由はこうです

 

ちょっと前 ホンダのプレミアム旧車 VFR750R

(1987年製 限定1000台だけの販売)

 

型式であり 呼び名でもあるRC30オーナーに対して

 

ホンダが「リフレッシュプラン」なるものを開始

 

専用の場所で専門の熟練整備士が

 

ご要望に応じ エンジンから車体までリフレッシュするサービス。

 

それと同時に部品が再販されたそうな

 

そのRC30のスケールダウンモデルで弟分の

 

VFR400や このRVF400もプロアーム(片持ちスイングアーム)で

 

同じ チェーンスライダーだったみたい

 

で、品番で注文すると このプレミアムな

 

チェーンスライダーがヒットしたわけで

 

いつもなら注文時 価格も表示されるのに

 

されていない事に 何か疑問を感じるべきだった・・・・

 

とはいえ、

 

旧車にとって 一番辛いのは「廃盤」という事なので

 

高価だったとしても 手に入っただけ良しとするしかないです。

 

まぁ お金払うのオーナーさんなんですけどね。

 

 

というわけで 日本中のVFR、RVFユーザーの皆さん

 

今ならチェーンスライダーが手に入りますよ 高いけど・・・

 

 

さて気を取り直して

 

チェーンも洗浄&注油済み

 

 

 

リアブレーキキャリパーもオーバーホールします

 

 

 

ハブを固定するセンターナットは廃盤なので

 

仕方なく 使いまわし

 

このサイズのボックスは年に一回ぐらいしか出番なし。

 

 

リアのハブ周り完成

 

 

 

ドライブスプロケットボルトを適正トルクで締め付けて蓋

 

 

左右のステップを取り付けて

 

 

シフトロッドが錆々だったので交換します

 

調べてないけど たぶん純正は廃盤でしょう

 

バトルファクトリー製ステンレスロッドにしました。

 

 

 

車体の作業は完了です

 

 

タンク内の状態は良いのです

 

貴重なタンクなだけに 

 

錆びさせないよう タンクキャップを新品に交換します

 

いつも言ってますが 

 

タンクキャップは消耗品です

 

あなたのバイクもバイク倒したら もれなく

 

ガソリンが漏れてくるはずです

 

そうシールの密封性が損なわれているんですよね

 

 

これ古いやつ

 

 

これ新品

 

 

シール交換だけできないので 丸ごと交換となります

 

タンク側も綺麗にして

 

 

装着!

 

もちろん キーシリンダーは前の奴に入れ換えたので

 

キーもそのままで大丈夫です。

 

 

エンジン関係の定期交換部品は確認したうえで

 

ほぼ交換の必要無しと判断しましたので

 

これだけかなぁ~

 

エアクリーナーボックスのサブフィルター

 

 

後 ご依頼通り エンジンオイルとエレメント

 

オイルはMOTUL300Vです。

 

 

さて 後は外装の取り付けですが

 

この年式のレプリカバイクで外装に割れがない

 

バイクは見た事ない

 

だいたい 締め付けすぎからの割れが多いんです。

 

こちら

 

左右のアンダーカウル結合部が割れてるうえに

 

一部欠損してました

 

プラリペアで補修していきます

 

色の違う部分がプラリペアで成形したところです

 

 

 

純正はスプリングナットとM4ネジで固定なんですが

 

割れ防止の為 プッシュリベットにしました。

 

外装を気持ち良く取り付けれると 気分がいいんですよね。

 

 

これにて完成です

 

 

Kさん 今回のご依頼ありがとうございました(^o^)丿

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」まで。

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

RVF400の続きです

 

スイングアームを外します

 

その隙にスプロケット周りやらフレーム内側やらを清掃

 

 

 

プロアーム(片持ちスイングアーム)って 実は軽いんです

 

 

プロアームはリアホイールを外しても

 

ブレーキ、スプロケットがスイングアームに残ります

 

わかりやすく言うと 車のホイール外したような感じですね。

 

リアスタンドをかけたままだと作業できないところでもあります

 

交換する部品をピックアップして注文。

 

 

左右のステップを外して、バラして、洗浄

 

 

 

純正ステップありありなんですが

 

ステップ本体側にはステップホルダーの位置決めがあります

 

何もせず 裏側のボルトを緩めるとホルダーも供回りして

 

この位置決めをゴリゴリに潰してしまいます

 

これも少し潰れていました

 

 

ステップ本体と共にホルダーも固定して

 

ボルトを緩める、締めるをすれば こうはなりません。

 

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」で損はないかもよ。

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

新規のお客さんKさんのRVF400

 

車検でお預かりです

 

かなり 状態の良い個体ですね

 

関東で購入した中古車

 

普段なら 胡散臭さ満載のはずなんですが・・・

 

そういう感じがない

 

いや むしろ いい臭い(?)がする

 

購入先をKさんに聞いて 調べてみると

 

そのお店

 

かなりの分解整備の末 販売している

 

「やってます!」詐欺店は多いけど

 

バイク見ればわかります やってます!

 

最近はそれらの作業を画像に上げているようなんですが

 

このバイクを販売していた当時は

 

まだ画像に上げてなかったようで

 

Kさんと話し合った結果

 

確認と整備履歴リセットの意味もこめて

 

バラしながら 良いところはそのままに

 

僕の判断で やらなきゃいけないところや

 

販売店が手を加えておらず 要整備と判断したところは

 

やっちゃいま~す。

 

 

外装を外してフロント周りをバラします

 

フロントフォークはオーバーホール済み、とのことだったんですが

 

ダストシールに亀裂が入っていたので 

 

オーバーホールに出しました。

 

 

ステムをバラし

 

アウターレースの状態を見ても

 

たぶん 販売前に交換された模様

 

しっかりとした作業をされておりました。

 

 

 

当然 良い状態でしたので

 

そのまま組み直します

 

 

ただ フォーククランプ部内壁は真っ茶色に錆ていたので

 

研磨して錆、バリ取りしました。

 

 

いつも通り グリスたっぷり塗り込んで

 

 

 

オーバーホールから帰ってきたフロントフォークと共に

 

ステアリング周りを組んでいきます。

 

 

フロントブレーキキャリパーは

 

手つかずでしたので

 

状態を確認

 

結果 オーバーホールが必要だと判断しました。

 

キャリパーを結合しているボルトが2本

 

超スーパーウルトラ固着していて

 

抜くのに1日以上かかりました・・・・ あぁ 無情・・・

 

 

状態を考えると このタイミングで

 

オーバーホールできたのはラッキーでした。

 

 

リザーバータンクのフルードは一見 綺麗でしたが

 

底には結晶化しかけたフルードが沈殿してました。

 

 

フロントホイールの清掃から

 

 

ベアリングの点検

 

ダストシールの清掃&点検

 

 

ブレーキディスクの振れ、厚み測定

 

アクスルシャフトの振れを測定

 

 

 

 

フロント周り完成

 

ホイールの掃除に必死になり過ぎたのか

 

肘がめっちゃ痛いっす・・・(;・∀・)

 

 

スポーク裏やリブ角が大変なんす。

 

タイヤがついてる場合は洗浄じゃなく

 

全て拭き掃除でやってます 

 

自慢じゃなく 単なる仕事の流儀です あしからず。

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」で どぉ~すっか?

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

かなり間が空きましたが

 

あいころさんのニンジャ250Rの続きです。

 

前回はスイングアーム外してお掃除したところまででしたね

 

で、スイングアームも洗浄

 

 

古いグリスも洗い流し

 

錆々だったピポットシャフトやらスペーサーやらは

 

新品に交換します。

 

 

びっくりしたのが リンクボディ

 

ベアリング式じゃなくてメタル式だったこと

 

エイプと同じ

 

ベアリングじゃないからグリスの劣化が

 

動きそのものに凄く影響するんですよ。

 

 

そしてメインイベンターの新品純正リアショック

 

 

 

押してわかる 充分なコシと

 

充分なダンピング

 

これ以上何が必要かと 思ってしまいます。

 

 

チェーンとスプロケットを交換

 

チェーンはエヌマチェーンSRX2ブラック&ゴールド

 

ドライブスプロケットはサンスター製

 

リアは純正スプロケット 両方スチール製で

 

チェーンも含め長寿命な組み合わせです。

 

 

鈴鹿サーキット走ってるので

 

それ相応に

 

少しづつ レギュレーションに合わせた

 

パーツ装着やら変更もしていきます

 

そのひとつ スプロケットガード

 

これは 転倒等の際

 

足や腕をリアスプロケットとチェーンの間に入らないようにする

 

部品です

 

レースレギュレーションというのは

 

性能的制限と安全性確保で構成されています。

 

 

画像を撮り忘れましたが

 

リアブレーキキャリパー整備&フルード交換して 

 

リア周り完成です。

 

 

フロントブレーキキャリパーの整備

 

車検が無いとなかなか 疎かになってしまうんですが

 

うちのお客さんは僕が「そろそろ」と言うと

 

任してくれるので助かります。

 

 

定期的にケアをしないと

 

錆にやられてピストンがパーになります。

 

 

お次はエンジン関係

 

プラグの交換

 

 

エアクリーナーエレメントも交換

 

普通に純正品

 

 

 

そして 今回

 

僕的に一番やりたかった事 

 

というか やりたかったけど時間がかかるから

 

なかなか やれなかったこと。

 

このバイク サブラジエターが装着されているんですが

 

このサブラジエターキットが曲者で

 

ラジエター固定方法までは良かった

 

↓めっちゃ 無理がある感じ・・・

 

 

ただ ラジエターホースの取り回しや

 

ホースやらホースジョイントが糞過ぎて 

 

いらいらしながら取り付けたのを思い出します。

 

だいたいホース挿し込み口径があっちやこっちで違うのに

 

それに対し 取り付け指定が適当すぎ

 

ホース径が合わなきゃテープ巻いて何とかしろ、

 

バンドで締め付けろ、的でめっちゃ適当。

 

↓上のラジエターは排出が直線的に落下するのに対し

 

サブラジエターの排出は上向きに合流

 

向き的に無理がありすぎる。

 

挿し込み径が適していないことからも

 

年月が経つと あっちこっちの挿し込みから

 

結晶化したクーラントが滲みでてきてる。

 

今回 その辺の改善とホースの交換

 

後 経年劣化も否めない各パッキン類も交換します。

 

 

エンジン側ウォータージョイント部のパッキン

 

ホースを交換

 

 

ウォーターポンプカバーのパッキンも交換

 

 

 

サーモスタットケース

 

 

取り外して結晶化したクーラントを除去

 

 

サーモスタットとパッキンはセット販売なんですが

 

今回はパッキンだけ使用します

 

サーモスタットはバイクの水温をクーリングファンと共に管理する役目です

 

でも サーキット走行だと その存在自体が

 

水流の妨げになるので除去します

 

その際 必要となるのが ダミーリングです

 

これが無いとパッキンだけ入れても

 

パッキンが潰れ切って漏れてきます。

 

 

↓こんな感じで取り付け

 

他所で売ってるんですけど

 

たまたま昔造ってもらった このリングが一杯残ってて

 

外径、内径、厚みがぴったりでした、

 

たしか ステムを組む時の調整用で造ってもらったような・・・

 

 

ホースも新品にして

 

ここからが改善です

 

サブラジエターキットの場合

 

ここから二股に分かれて

 

アッパーラジエター、サブラジエターへ

 

エンジン熱で熱くなった冷却液が同時に送り込まれます。

 

それを 純正同様 まず

 

アッパーラジエターだけに送り込みます

 

ホースも純正のままいけるので 

 

ホースの形状、ホース内径も問題ありません

 

これで ひとつ「スッキリ」です。

 

 

↓これが今までの冷却後の排出方法

 

ここから改善後

 

アッパーラジエターのフィン部分を通り冷やされた

 

冷却液はそのまま

 

サブラジエターへ送り込まれます

 

当然 無理のない取り回しのホースに交換

 

勿論 挿し込みに対し適性なホース内径

 

これは あるカワサキ車の純正ホースを流用しています

 

こういうのを探したり 合うか試すのに

 

時間がかかるわけです。

 

 

↑そしてアッパーラジエターで冷やされた冷却液は

 

サブラジエターに効率よく送られ

 

サブラジエターのフィン部を通過し 更に冷やされます

 

そして反対側の出口にホースが顔を出しているのが

 

おわかりでしょうか。

 

これは純正品じゃなく 社外の汎用L型ホースを使用しています。

 

手前は純正ホースのL部を使用

 

汎用L型を使用しないのは

 

手前のホースパイプ径がラジエター挿し込み口径と違うからです

 

汎用内径Φ19、純正は内径Φ21

 

お互いのホース内径が違うところは

 

中間のストレートホースジョイント径で相殺します。

 

これで冷やされた冷却液はサブラジエター出口から

 

平行→落下でエンジン内へ送られます。

 

高さを合わす為にホースパイプはカットしました。

 

 

全て 自分の思った通りにできたので 全スッキリです

 

出来てしまえば簡単なんですが

 

完成のビジョンを描いてから

 

あるものだけで 全てを構成するのは本当に時間と手間が

 

かかります

 

当然 そこに妥協があってはいけないわけですから

 

一発で全てがきまるわけじゃありません

 

無駄にしたホースもあるし 5mm単位でカットしながら

 

調整するんですが それでも結局合わせきれず

 

捨てたホースもあります

 

もちろんお客さんに請求する部品代は 

 

現在使用しているホース代だけですよ。

 

こういう形のない作業って

 

お客さんにはわからない内容だけに

 

任された僕に適当や妥協があったら

 

結果 妥協した適当なバイクにお客さんが乗るということに

 

なるから それは嫌だな。

 

これでスッキリさせて頂きました。

 

 

 

お次もレースレギュレーションで必要な

 

ガソリンキャッチタンクとワンウェイバルブ

 

ガソリンタンク内が負圧にならないようにする通路があるんですが

 

ガソリン満タン時やバイクが倒れた場合

 

その通路からガソリンが出てきます

 

それをコース上にこぼさないようにする為のもの

 

このワンウェイバルブはタンク内へは通りますが

 

タンク側からは通りにくい構造です

 

ただ 完全にタンク側からのガソリンをシャットアウトするわけじゃないので

 

その僅かなガソリンを溜めれるようにするのが

 

このキャッチタンクです

 

基本250cc以上の容量が必要です。

 

 

他にもオイルキャッチタンクとかあるんですが

 

それは また取り付けた時にでも。

 

お次は磁器センサータイプのラップタイマーの取り付け

 

これは 持ち込みされたものです。

 

地面に埋め込まれた磁器を拾うセンサーは

 

誤作動しないよう 極力地面側に近づけたいので

 

アンダーカウルの外側に設置しました。

 

 

モニターの取り付けには悩みました

 

もう取り付ける所もないし

 

どうしたものか・・・・

 

で考えました このバイク

 

街乗りやツーリングにも使用するので

 

ラップタイマーは簡単に外せるようにしようと。

 

で、あいころさんが使用している

 

「サインハウス」製高級スマホホルダーを利用

 

スマホの代わりにモニター

 

 

カプラー外したら簡単に取り外し、

 

スマホホルダーに交換可能です。

 

モニターは土台にマジックテープとOリングで固定しています。

 

可動式なので見やすい位置や邪魔にならない位置に

 

変更可能です。

 

 

さて お次

 

ずっと言われていた

 

「ちょいスロ」を「ハイスロ」してくれって要望にお応え

 

ちょいスロって言ってもMAXの手前なんですけどね

 

これでMAXハイスロです。

 

 

で取り付け

 

ってわかりませんよね・・・

 

アクセルが重かったので

 

スロットルワイヤーに根気よく シリコンオイルを注入し

 

かなり 軽くなったと思います。

 

 

バッテリーの基礎体力が低下していたので

 

こちらも交換します

 

駄目になる前に先回りして交換するのも

 

自分の役目ですから

 

もちろん 無闇に交換してるわけじゃないですからね

 

経験と数値で判断しています

 

今 エンジンがかかるから大丈夫、ってわけじゃないんですよ

 

今 エンジンかかるけど

 

後 何十回セル回したら バッテリーあがります、って話です。

 

 

最後にエンジンオイルを交換して作業完了です

 

エンジンオイルはMOTUL300V

 

冷却液は今までクーラントを使用していましたが

 

レースレギュレーションではクーラント使用不可なので

 

レース用冷却液に交換しています。

 

クーラントを転倒等でコース上に撒くと滑るのが原因です

 

だけどね

 

新しいクーラントって 限りなく水に近く

 

滑らないし 気化性も高いんですよ

 

ただし 古いクーラントは限りなく油分に近く

 

気化せず とても滑ります。

 

 

外装のファスナー部も違う取り付け方法にしました

 

最初に取り付けられていたファスナーは

 

振動で外れてしまうタイプだったので。

 

凄く時間がかかってしまったけど

 

気になっていた部分が改善されたので

 

より安全に走ってもらえるかと思います

 

あいころさん 今回もご依頼ありがとうございました(^o^)丿

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」でいかがでしょうか! 知らんけど

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

当店で新車購入して頂いたKさんのスズキGSX1000S

 

約1万キロ走行でタイヤ交換

 

まだ 世間一般じゃ全然使えるレベルなんだけど

 

ブリヂストンの良さを知ってるKさんは

 

新車装着時のタイヤから 早く換えたくて仕方ない模様。

 

タイヤ交換だけなら いいんだけど

 

ほら

 

フロントフォークインナーチューブ下側 錆が出始めてます

 

ここ内側で目に入らないし

 

ストローク外なので こうやって錆てくるんですよ

 

 

なのでホイール外した際に研磨して錆を落としておきます

 

まだ表面上の錆なので早めに処理しておけば大丈夫だよ

 

 

ブリヂストンT32にチェーンジ!

 

 

リムバルブは毎度なNEXパフォーマンス

 

僕のお勧めゴールド

 

Kさんも気に入ってもらったようです。

 

 

ブリヂストンは新品から表面の質が違うよねぇ~

 

これは ほんとブリヂストンだけ。

 

 

リアホイール外して その間に

 

スイングアーム内側お掃除

 

 

T32 シャキーン!と装着

 

ホイールのお掃除もルーティーンなのさ 

 

 

最後にエンジンオイルとエレメントの交換

 

勿論 MOTUL300V

 

 

完成です

 

存分にブリヂストンタイヤをご堪能下さいまし

 

今回もご依頼ありがとうございました~(^O^)

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」でどない?

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

(お知らせ)

*10月19日~10月20日お休みさせて頂きます

 

CB1000SFの続き

 

FCR 一部部品入荷が遅れ ようやく再開

 

忘れ物がないよう 慎重に組み立てシュミレーションしつつ

 

繋いでいきます。

 

 
ふぅ~4基連結完了
 
FCRのオーバーホールなんて あんまりやんないから
 
緊張するぅ~

 
フロート側ジェットを組み付けて

 
その他 全装着
 
と思ったら まだガソリンのバイパスホースつけてなかった。

 
加速ポンプの作動やらガソリンの漏れ、滲み、リーク確認の為
 
ガソリンを流し込んで様子見。

 
キャブレターを取り付ける前に
 
ウォーターラインを取り付けていきます
 
ホースは全て廃盤なんだけど
 
パッキンは出るので交換しときます



 
プラグも交換して

 
電気、水、ガソリン系 取り付け完了
 
インテークマニホールド 残念ながら廃盤 辛い厳しい
 
案の定 カチカチに硬い
 
ヒートガンでひたすら温めて 
 
ほんとギリギリ キャブレターを挿し込めた感じ。

 
で、エアクリーナーエレメントも純正新品に交換
 
↓古いやつ

 
↓ 新しいやつ

 
ドライブスプロケットカバー&クラッチレリーズを取り付けて

 
やっとエンジンがかけれる状態になりました
 
が、ガソリン関係のホースが硬化してカチカチ状態
 
そのうえ 純正品は全て廃盤
 
汎用ホースを使うんだけど 当然純正と違い
 
ストレースホースなので折れやら挟み込みやら注意しつつ
 
整備性も含め 脱着ルーティーンが決まるまで
 
タンクを付けたり外したり・・・
 
 
エンジンはすんなりかかり いい感じ、
 
だけど クラッチが張り付いてました~
 
早速 バラして
 
取り外したクラッチプレートやフリクションディスクの状態は
 
悪くないんだけど
 
 
せっかくだから 新品に交換します。

 
最後にエンジンオイルとエレメントを交換した作業完了
 
もちろんのMOTUL300V !
 
ちゅーか うちには これしか置いてないんだけど。
 
できたー!
 
と思ったら フロントウインカーの点滅具合が変
 
これじゃ 検査に受からないから
 
せっせと配線をチェック
 
何とか 普通に点滅するようになり 
 
今度こそ 本当に完成です。

 
やっぱり整備された 綺麗なバイクって いい感じです
 

 
現在登録抹消しているので
 
予備検査受けて 登録したら
 
ようやくお渡しできます
 
Kさん ご依頼ありがとうございました~(^O^)

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」にご相談ください

 

 


 
   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
ダブルディーメンテナンス 代表 岡田謙吾
〒513-0831三重県鈴鹿市庄野町28-20
 
 
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい


 

 

GPZ900Rの続き

 

リアショックがオーバーホールからご帰宅

 

 

リンクベアリングにたっぷりグリス

 

新品のダストシールで封入

 

 

はい つきました

 

いやいや めちゃくちゃ苦労しました

 

リザーバータンクを定位置に放り込みながら

 

リアショックを通すのに ほぼ知恵の輪状態

 

キー!!!!となりながら 何とか完遂。

 

 

リアショックのオーバーホール完了

 

 

そうそう スピードメーターケーブル交換

 

ちょん切れてます

 

フロントフォークも違うし メーターも純正と違うから

 

何用付けたらいいんだろ?

 

 

適当に〇〇〇1〇〇用 注文したら

 

まぁまぁ ちゃんとついた。

 

 

サイドカバー ボルト一本外したら えらく簡単に外れたので

 

ん?

 

挿し込みがポッキリ折れてました

 

ボンドの跡があったので 折れたというより

 

折れて直したけど 

 

そんなボンドで直るわきゃねぇー的な。

 

 

プラリペアで修理

 

プラリペアの修理は簡単そうで簡単じゃないんです

 

何となく直すのは簡単 

 

今後絶対取れないよう 完璧に直すのには

 

一定の法則と智恵と労力が必要となります。

 

 

最後にエンジンオイルとエレメントの交換

 

マフラーのリアパイプを外して エレメント摘出

 

 

エレメント、ドレン周りを清掃

 

外した部品を洗浄して 

 

カワサキ純正エレメントを装着

 

エンジンオイルは当然 MOTUL300V

 

 

他にも色々 細々 手直しして

 

作業完了です

 

Hさん ご依頼ありがとうございました~(^O^)

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」をお試しあれ。

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

あいころさんのニンジャ250R 整備で入庫

 

 

ご依頼のひとつ

 

チェーンとスプロケットの交換

 

うちでは チェーン、スプロケットの交換をして頂いた場合

 

スプロケット周りも綺麗にします

 

まぁ 新品のチェーンつけたら グリスでまた汚れるんですけどね。

 

 

と、ここで 色々と気になるところが一杯あって

 

雑念で 仕事が進みません。

 

このバイク リア周りは一回もバラしてないんですよね

 

そうすると だいたい状態が想像できるんですけど

 

このままでいいのか?と自問自答となります

 

基本 うちのお客さんはベストコンディションを望みますし

 

全て僕に任せてくれています

 

そうなると このままではいけないと思い

 

あいころさんに連絡して 一通り説明

 

ご了承頂きました。

 

「私 わからんから まかせま~す」的な感じなんですけどね

 

とりあえず スイングアーム外してお掃除

 

 

 

一番 したかったのはリアショックの交換

 

このリアショックは構造上 オーバーホール不可なので新品です

 

バンプラバーが割れているので

 

オーバーストロークしてガツガツ 押しつぶしていたんだと思います

 

ここで勘違いしてほしくないのは

 

純正サスでサーキット走行すると こうなるんだという

 

間違った解釈です

 

これは 純正サスだからじゃなくて

 

経年劣化によるヘタりでこうなったんです

 

そりゃ そうです このバイクとリアショックは もう11年の月日を

 

経てるわけですからね。

 

このバイクはサスペンションも含め トータルで見ても

 

本当によくできたバイクです

 

一般の方がサーキットでそれなりのペースで走っても

 

充分な受け皿を持ち合わせています。

 

それならば メーカーが造った 

 

バランスを崩さず ベストコンディションに持って行くのが

 

乗り手にとって 正解だということです。

 

 

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」をお試しあれ

 

 

 
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

CBの部品待ちの間 ぼ~っとしとく訳にもいかず

 

次にお待ちの車両 作業下準備。

 

HさんのGPZ900R リアショックオーバーホール&その他で

 

お預かりしてます。

 

オーナーのHさん はっきり憶えていないのですが

 

7、8年?振りぐらいのご来店

 

当時 Hさんが顔を見せなくなった時

 

「あぁ・・何か俺 やっちまったかな~」と思っていました

 

作業ミスとか・・接客態度とか・・etc.

接客態度と愛想は今も悪いけど

 

だから 久々にご連絡を頂いた時はびっくりしました

 

聞くと 諸事情でバイクを手放したそうで

 

そして 今またGPZ900Rを手に入れて 

 

久々にご来店頂きました

 

本当に嬉しかったです。

 

オイル漏れ漏れのリアショックのオーバーホールのご依頼

 

 

リアショック取り外して外注さんへ発送

 

リンク周り 漏れたオイルやらグリスやらなんやらで

 

ドロドロ~だったので 

 

そのままにもしておけず

 

せっかくリアショックオーバーホールするんだから

 

リンクもきっちり 洗浄整備します。

 

 

 

 

 

スイングアームも内側、下側

 

真っ黒けだったので綺麗にしました

 

こちらも

 

オーバーホールと部品待ちで 明日は別の車両の下準備です。

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」に気が向いたらどうぞ。

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい

外からしてアウトだった サーモスタットケース

 

 

開けてみると もっとアウトでした

 

 

 

宮崎駿の世界

 

 

 

 

宮崎駿の・・・

 

 

良かったよ新品がまだ出てくれて

 

あれ 何とかしようとしたら どんだけの時間を要するか・・・

 

 

新品は気持ちいいですね

 

これが あぁならないよう 今後 冷却液管理をしっかりと。

 

バイク・オートバイの一般整備、車検、点検、修理
   
タイヤ交換、各種カスタマイズ、各種オーバーホール  
   
サーキット走行アドバイス、その他諸々 ご要望は、  
   
三重県鈴鹿市庄野町でひっそり、こっそりやってる
   
バイクショップ「ダブルディーメンテナンス」いかがでしょうか。

 

 

   
*部品、タイヤの持ち込み作業はお断りしております
*代車のご用意はできません  
***********************************************
(対象車両メーカー)  
ホンダ/カワサキ/スズキ/ヤマハ  
   
(対象外車両)  
外車全て  
50cc以上のスクーターは、全て  
2スト車両  
オフ車両  
暴走族車両  
アメリカン車両(外車、国産メーカー含む)  
旧車(Z1、Ⅱ、CB750F、GS等)  
***********************************************
   
(営業時間) 10時~19時迄  
   
(営業日) 毎週 月、水、金、土、日曜日  
*暇潰しのご来店はご遠慮ください  
(休業日) 毎週 火、木  
*事前にご連絡頂けましたら出来る限り対応致します。
         
E-mailは、walk-dream●sf.commufa.jp  
(注意)   ●を@に変えて下さい