ぎふ☆森のようちえん

ぎふ☆森のようちえん

お散歩、木登り、水遊び…。森の中でどんな楽しいことがあったかな?どんな発見があっただろう? ぎふ☆森のようちえんでの子ども達の姿をお伝えします!!

チューリップ赤「森のようちえん」とはチューリップオレンジ




「森のようちえん」とは、年間を通して自然豊かな環境のなかで、子ども(主として3-6歳児)を保育する保育スタイルの名称です。また、そうした保育をする団体の名称としても用いられます。


1950年代半ばデンマークにおいて一人の母親から始まった活動だと言われています。その後、ドイツや北欧を中心に急速に広まり、広く市民権を得ています。


日本においても、近年「森のようちえん」を行う活動団体が増えています。「幼い頃から子どもたちが自然と触れあい、自然の中でのびのびと遊んでもらえれば・・・」という願いをもつ方々によって、全国各地で活動が行われています。





 チューリップオレンジ「ぎふ☆森のようちえん」とはチューリップオレンジ


 森のようちえんには様々なスタイルがあります。


 ①通年で保育を行う通年型森のようちえん


 ②普通の幼稚園や保育所が行う融合型森のようちえん


 ③任意団体が実践する行事型森のようちえん


 などがあります。


 私たちの「ぎふ☆森のようちえん」は、ボランティア活動を行う任意団体です。一般に行事型の森のようちえんと理解していただければと思います。


 ようちえんとはいいますが、園舎や園庭はありません。岐阜市近郊のながら川ふれあいの森で、1か月に1回、原則として日曜日に活動を行っています。


 幼児の参加者は登録制で、毎年、年度初めの4月に登録します。登録した方が、毎回申し込みをして、森のようちえん活動に参加します。保護者同伴の3歳未満のお子様、そして、卒園した小学校1、2年生も参加しています。


 指導にあたられるのは、①保育者 と ②森の案内人さん(自然案内人)です。一般市民のボランティアです。もちろん、元職・現職の幼稚園教諭や保育士さん、大学教員、自然に詳しいインタープリターと呼ばれるかたが、子どもの活動を見守っています。


 また、保育者養成もかねているため、幼稚園教諭・保育士志望の学生さんが実習のために参加されることがあります。それ以外に、学生さんや一般市民のかたも補助の指導者として見守りにあたります。


 時折、森の親も募集します。たき火パンをしたり、さんまを焼いたりするときなど、親の手が必要な時にお手伝いをお願いしております。 




クラス構成


 現在、つぎのようなクラスがあります。それぞれのクラスに登録した登録者はそれぞれ30名程度。毎回申し込みをしていただきます。15名から20名が参加します。



 ようちえんの部

  ①くま組(年長児)


  ②りす組(年中児)


  ③あり組(年少児)


 しょうがっこうの部

  ④ほし組(小学校1、2年生)


 ほいくえんの部

  ⑤さんぽ組(満2歳程度から未就園児さん)


 おとなのさんぽ組

  大人が森の案内を受けます。随時募集です。


 保育内容は、特段、決めていません。おおまかな計画はもちろんありますが、子どもに自由に遊べる時間と空間を楽しんでもらいます。

 

日程


 たいていの場合、9時45分に、ながら川ふれあいの森の研修室のまわりに集合します。子どもたちが名前をつけていますが、クマ小屋、りすのまるたんぼう、アリのテーブルなどです。さんぽ組は研修室のなかに集合です。10時過ぎに出発して、お昼ご飯を食べ、14時15分にはまた、朝の集合場所に戻ってきます。そしてそのあと帰りの会です。だいたい14時30分ごろ解散です。

 暖かい季節では雨の日も実施しています。冬場は雨天中止にすることもあります。


ご参加をお待ち申し上げます!!!



★現在、指導者やボランティアの募集をしております★
★学生ボランティアも募集をしております★

 ご希望の方、また、その他のお問い合わせなどは、下記までお願いいたします。
 問い合わせ先 gifu.waldkindergarten(アットマーク)gmail.com


2018年度の新規参加者の募集については、あり組(年少)のみ、若干名の募集を行っております。詳細はお問い合わせください。その他のクラスについては行っておりません。ご了承ください。





テーマ:

平成30年度になってはじめての森のようちえんおねがい

森もすっかり緑ですビックリマークラブ照れチュー

 


葉っぱ七夕が綺麗に並んでいて、素敵な木ラブラブですね!

 

 

新しいお友だちお母さん、新しい先生お父さんとの出会い。

 

プレゼント今日は何の発見があったかな?プレゼント


本年度も楽しく森クリスマスツリーで遊びましょう!!

本年度もどうぞよろしくお願いいたしますキラキラ



チューリップ紫チューリップオレンジぎふ☆森のようちえん 事務局チューリップ黄チューリップ赤


テーマ:

黄色い花うららかな春の一日黄色い花

大きくなったことを実感しましたヾ(@^▽^@)ノ

 

2017年度最後の活動です。

みんなに「1年間楽しかったね♡」というように、とっても朗らかな春の一日になりました。

「今日は山に登るんだ!」

「たくさん歩くの平気だよ(^∇^)」

強い気持ちを持った子どもたちが集まってきました。

 

枝を拾って、何を作っているのでしょう??

小さな枝を積み上げます。

見ていた子も「はい、どうぞ!」

どんどん、どんどん積み上がって…

高ーいマンションのできあがり。

 

〈山登りに出発です!〉

みんなのやりたいことは

「山に登って、頂上であまーいお楽しみのおやつを食べること」

そして「広場で虫取りやお家ごっこをすること」

どっちも諦められないからどうしよう???

子どもたちが考えて出した結論は、

「時間を半分半分にしたらいい(-^□^-)」

 

最初に山を目指して歩き、帰り道に広場に寄ることになりました。

歩き始めてすぐに、春を発見です。

小さな桜のつぼみ。咲くのはもうすぐかな?

 

「どんな匂い?」

きれいに咲いた花の匂いをくんくんくん。

「いいにおーい(≧∇≦)」

 

今度は葉っぱで…

大変身☆

おひげの生えたおじいさん!

 

どんどん山道を上っていきます。

橋を渡りながら「やっほー」と叫びます。

新芽をさわると、どうかな?

ふわふわ。なんだか柔らかいね!

 

どのくらいまで来たのかな?

あと少しで、きっと素敵な景色があるよ~。

友達と一緒に、歩き続けます。

 

〈展望台に到着♫〉

「ついた~!」

一足先に到着していたほしぐみさんの姿。

そして、目の前に広がる岐阜の町。

「やっほー!!!!!」

達成感に満ちあふれた子どもたち。

大きな声がこだましました。

 

子どもたちの目の前には…

こんな景色が広がっていました。

 

〈展望台でのおにぎりo(^▽^)o〉

「いい景色のところで、おにぎりを食べたい!!」

みんなの願いが、叶いました。

待ちに待った、お楽しみのおやつも(*^▽^*)

あたたかなお日様の下で、ほんのりあたたかいマシュマロの甘さが、口の中で広がりました。

 

〈ほしぐみさんのまねっこ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*〉

ほしぐみのお兄さん、お姉さんの遊びは、魅了的です。

何してるんだろう??

僕もやってみたいな…

じっと見ていて、その後、まねっこしてみます。

「こうやってやるんだよ」

坂滑りも、シャボン玉も、やり方を教わりました。

 

木登りをしているほしぐみさん、かっこいい!

りすぐみの子も、早速挑戦です。

木登りがすっかり上手になりました。

 

〈さるかにがっせん?〉

柿の種を見つけました。

おにぎりと柿の種、木登りする子どもたち。

さるかに合戦みたい!と興奮していました。

 

〈友達と協力してo(^-^)o〉

一人ではたためない大きなシート。

「手伝ってあげようか?」

二人でやれば、きれいに早く片付けられますね。

何気ないところで友達とのかかわりが深まります。

 

〈薬木の広場は楽しいことがいっぱい☆〉

すぐに駆け出しました。何を追いかけているのでしょう?

元気な元気なモンシロチョウ。

逃げる、逃げる、逃げる…

3人で協力して捕まえました。

「僕がそおっと取るからね。抑えていてよ」

「かごを用意して待ってるね」

かごに入ったチョウをいとおしそうに眺めていましたね。

 

こちらも、かわいい生きものに出会いました。

カタツムリさんが、歩いています。

かわいいね~とみんなで観察中です。

 

〈お話の世界に、ようこそ♡〉

今日もいろんなお店が登場です。

楽器屋さん。素敵な音がなりますよ。

 

ヤギのお家です。

今回も、オオカミがやってきます。

「オオカミだ!にげろ~」

「オオカミさんは、入れません!!」

でも、時々

「入ってもいいですよ~」

オオカミに、はちみつをごちそうしてくれるヤギさんもいました。

 

〈あー、楽しかった♪〉

たくさん歩いて、たくさん遊んで、おいしいものも食べて。

満足した一日でした。

とっても楽しかった!とお話ししてくれました。

これまでよりも、たくさん歩いて山を登り、大きくなった自分を実感したようでした。

「登ったんだよ!」とお父さん、お母さんに報告する子どもたちの表情は、自信に満ちていました。

4月になったら、みんな一つ大きなクラスになりますね。

今度は何がしたいかな?

出会った花の芽は、きっと大きくなってるよ。

虫たちもたくさん遊びにくるね。

期待を膨らませて帰って行った子どもたちの今後が楽しみです。

 

【1年間、ありがとうございました】

2017年度も、無事に活動を終えることができました。

森の美しさ、楽しさ、面白さ、不思議さ、怖さに触れて、いろんな経験を友達と一緒に味わってきました。

「森のようちえんって楽しいよね~」

「森のようちえん、だーいすき♡」

「また一緒に遊ぼうね。今度も続きする!!」

そんな言葉が遊びの最中で聞かれて、とっても心があたたかくなりました。

必死に虫を追いかける姿、きれいな花を見てうっとりする姿、無言でひたすら石を集める姿、1本の枝をおもちゃに変える姿、「木に登りたい」と何度も何度も挑戦する姿、友達と手をつないで歩く姿。

月に一度の活動ですが、子どもたちにとって森のようちえんが、一つの居場所になっていることが、嬉しいです。

保護者の皆様、お子様が森に出会う機会を作り、一緒に楽しんでくださり、ありがとうございました。

 

 

いつも活動にご理解とご協力くだり、本当にありがとうございます。

今後も、ぎふ☆森のようちえんをよろしくお願いいたします。

別れと出会いの春。

森のようちえんを巣立っていく子どもたちが、健やかに育っていくことをお祈りしています。

そして、これからも森にはいろんな生きものや自然、人との新たな出会いがあります。

わくわくしながら、また森に遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

りすぐみ担当 A.M


テーマ:

黄色い花春はもうすぐ黄色い花

あたたかな広場は子どもたちの居場所ですo(^▽^)o

 

寒い冬が続いていましたが、

この日はぽかぽかあたたかい朝を迎えました。

森に到着するとすぐに、遊びが始まります。

 

「こんな宝物、みーつけた!!」

「○○駅でーす!」

「新幹線はこちらです。もうすぐ発車しますよ~」

子どもたちの手が加わると、森のベンチも落ち葉も遊び道具に変化していきます。

 

朝の会では、やりたいことを話し合いました。

子どもの人数だけ、やりたい遊びがあります。

森の合奏、木登り、広場でのかけっこ、おうちづくり、

7匹の子ヤギごっこ、ごちそうでうくり

考えるとわくわくしてきます。

 

〈さんぽの途中で…〉

歩き出してもすぐに立ち止まります。

今度は何を見つけたのでしょうか?

犬が持ってきたのかな?うさぎ?ライオン?ゾウ?

いやいや、ハリネズミ?!

歯磨きやさんがですよ~♫

木の皮のはぶらしはいかがですか?

 

「シュー、フー」

草笛に挑戦中です。音は鳴るかな??

 

〈広場に到着!!〉

大好きな広場に到着すると、思い切り走り出しました。

「はやくあそぼー(≧∇≦)」

 

〈いらっしゃいませ♡〉

お店屋さんが開店します!

「どの宝石にしますか??」

「これがおすすめです!」

おいしそうな、サラダ(^◇^)

「いただきます♫」

 

〈秘密の計画(*^.^*)〉

3人で頭を寄せ合って、なにやら計画中です。

大きな、大きな穴、深い深い穴を掘って…

みんなを驚かせる大作戦!どうなるかな??

 

〈大きな棒は素敵なおもちゃp(^-^)q〉

「こんなに大きな棒を見つけたのは、初めて!!!!

長ーい棒に興奮気味です。

一人では運べない大きさで、困っていると…

「僕も持ってあげようか?」

二人で持って行くと、どこまでも運べるね。

「H先生に見せよう!」と張り切って運んでいました。

 

森にある木々は、いろんな音がします。

友達が叩いている様子を、じっと耳を澄まして聴いています。

「どんな音かな??」

「あー、これは素敵♡」

木に立てかけられたたくさんの木々。

どこを叩いても素敵な音がします。

「楽器のおうちだ~」と嬉しそうでした。

 

〈何かいるの?〉

木のくぼみに何かつまっています。

「なんだろう???」

木の枝でつついてみると…

中から赤い実がでてきました!

「うわー☆」

驚いて尻もちをつく子も…。

まだ何かがあるかもしれない。

今度は穴に入れてみようか?

どんぐりを入れてみました。

りすがくるかもしれないね~。うさぎかな?小鳥かな?

動物が食べにくるのを楽しみにしているようです。

 

〈私たちのおうち♪〉

「ここはこびとのお家です」

「私たちだけしか入れないの!」

お気に入りの場所をおうちにして、嬉しそうです。

 

トントントン

「誰ですか??」

「お母さんですよ~」

「じゃあ、手を見せて!」

「オオカミさんは入れません!!!」

7匹の子ヤギの世界が、森の中で広がりました。

 

〈あたたかいお味噌汁♡〉

お昼は、森の親さんが用意してくれたお味噌汁が待っていました。

真剣な表情で飲み始めます。

「おいしーい」

思わず笑みがこぼれました。

 

〈お帰りの時間になりました☆〉

「もっと遊びたい!」

「えー、もう帰るの?はやいよ~」

遊びたい気持ちを抑えながら、帰り道を歩いています。

帰りの会でも、

「もっと遊びたかったのに…」という言葉が聞かれました。

やりたいこと、3月にいっぱいしましょうね。

 

【友達とのつながりが深まった2月】

どのクラスも、4月から共に遊んできた友達とのつながりの深さが表れていました。友達同士の遊びが充実してきましたね。やりたい遊びを伝え合いながら、満足のいくまで遊び込むことができました。

 

【森の親さん、ありがとうございました】

見守りをしてくださった皆様、味噌汁を作ってくださった皆様、ありがとうございました。子どもたちはあたたかい見守りのなか、思う存分遊ぶことができました。

 

チューリップ赤新しい命が芽生える3月チューリップピンク

今年度最後の活動です。

クラスの友達と春の森を楽しみましょう。

2月は、カマキリの卵を見つけた子がいました。

3月はたくさんの小さな命の誕生に出会えるかもしれませんよ。

楽しみにしていてくださいo(^▽^)o

 

りすぐみ担当 A.M


テーマ:

☆*゚ きらきら光る真っ白な森に

子どもたちの歓声が響きました☆*゚ 

 

静かな森の朝。

連日の雪で、森は辺り一面真っ白になっていました。

森にやってきた子どもたちは早速

雪にそぉっと手を触れます。

ツンツン、ツンツン。

「かたいな~」「氷になってる!!」

「見て、見て!!」

「きれいな氷を見つけたよ~」

氷の冷たさとかたさ、美しさにびっくりしていました。

 

〈今日は、何をしたいかな?〉

雪合戦、雪だるまづくり、雪うさぎづくり、雪探し散歩

大きな氷みつけ、3匹の子ブタごっこ、そり遊び

氷屋さんごっこ、薬木の広場の雪を見に行く

滅多にない雪の森では、やりたいことがたくさん出てきました。

 

〈雪の森の一日が始まりました♪〉

こんなところにも雪が…

木の幹に積もった雪を触っています。

中に何かが埋まっているかも??

 

この日の雪は、とってもサラサラ。

 

きれいな雪が舞い降りてくると、子どもたちの興奮は高まりました。

さんぽぐみさんは、

つららの垂れ下がるトンネルをくぐって、広場に向かうそうです。

 

〈雪合戦だ~!!〉

くまぐみさんは、雪合戦をしていました。

投げる力がついてきた子どもたち。

勢いよく雪の玉が跳んできます。

相手に向かって投げたり、逃げたり。

いつの間にか、身体はぽかぽかですね。

 

りすぐみさんも、雪合戦です。

なかなか固まらない雪に苦戦しながらも、

「先生、いくよv(^-^)v」

雪を丸めて投げようとしています。

 

〈スケートだってできるよ♫〉

橋の下は、ツルツルです。

「スケートみたい!」と喜びます。

時には、ステン!!と尻もちをつくこともありますが、

すぐに立ち上がってバランスをとります。

 

〈ながーい坂は気持ちがいいね♡〉

シートを使って、長い坂を滑りおります。

さあ、上手に滑れるかな?

あれあれあれ…??

転んでしまうこともありましたが、

「うーん。もう一回!!」

すぐに上に登って滑り直しです。

スリル満点の遊びで、引き込まれていきました。

 

〈宝探しです!〉

みんながみつけた、大切な宝物の”つらら”

「ちょうだいよ~」

「だめ!!私のだから」

そう言って隠し始めたのが、新しい遊びのはじまりでした。

 

「どこにあるでしょう??」

「あったー!これでしょ?」

「まだ、あるよ!あと3つ!!」

「えー。どこだろう?」

雪の中に隠されたつららを、みんなで探し当てます。

全部見つけたら

「次は、○○君。こっち向いているから隠してね~」

子どもたちの中で、順番に隠して探すルールもできてきました。

 

〈あったまろう(^~^)〉

たくさん遊んだら、おにぎりタイムです。

あたたかなお部屋で、愛情たっぷりのおにぎりを食べました。

「私のおにぎり、見て!」と見せ合います。

 

「僕はツナおにぎり」

「え?僕もツナ」「僕もだよ!」

「えーーー。じゃあ、ツナきょうだいだね~」

おにぎりタイムも、友達とのつながりが嬉しそうです。

 

〈雪遊び、楽しかったね☆〉

この日は少し早めに「さようなら」

 

「雪だるま作ったね~」

「そりで滑ったのは、面白かった」

「宝探し、楽しかった」

 

「えー、まだ遊びたかったのに…」

まだまだ遊び足りない子どもたちでした。

 

【寒さに負けないで遊びました☆】

雪に囲まれ、ひんやりとした森でしたが、誰ひとり「寒い」と凍えた姿を見せませんでした。真っ白な森の贈り物は、とっても魅力的。

小さな足跡、大きな足跡に、「何の動物が遊びに来ているのかな?」と想像が膨らませる場面もありました。

今しか味わえない森の美しさ、不思議さを味わうことができ、子どもも大人もわくわくした一日でした。

 

【ご参加ありがとうございました!!】

寒空の中、凍った雪道を慎重に運転して来てくださった皆様、ありがとうございました。雪の森、保護者の皆様も楽しんでいただけましたか?ぜひ、今しかできない雪遊び、ご家族でも楽しんでみてくださいね。

来月も、ご参加とご協力、よろしくお願いいたします。

 

雪の結晶2月は、まだまだ冬の森雪の結晶

たくさん積もった雪は、どうなっているでしょう?

2月も雪遊びができるでしょうか?

木の芽はどうなっているかな?つららはできているかな?

来月も楽しみにして、森に来てください(*^▽^*)

 

子どもたちの作品です。

どんな思いが込められているでしょう?

 

 

りすぐみ担当 A.M

 


テーマ:

音譜クリスマスツリー森のクリスマス

  友達と一緒に楽しみました(*^o^*)プレゼント音譜

 

「おはよう!チューちゃん♡」

「今日はサンタさんがくるんだよ~」

寒さに負けない子どもたちは、元気に走り回ります。

みんなの大好きなねずみのチューちゃんに、ご挨拶です。

今日は、森の中の小屋を目指して歩くことになりました。

 

〈森の贈り物、みーつけた!〉

歩いているうちに、とっても素敵な甘酸っぱい贈り物をみつけました。

小さくて真っ赤な木イチゴです。

「はいどうぞ」「食べて!」と友達に渡しています。

限られた数のごちそうをみんなで分ける子どもたち。

心があたたかくなりました。

 

「みて、こんなところに!!」

「なんだろう??」 ツンツン…

キノコをみつけましたね。

じっくり見て、つついて、においをかいで。興味津々です。

 

〈子ブタのおうち゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

小屋に到着しました。

子ども達が朝から楽しみにしていた「3匹の子ブタとオオカミごっこ」のはじまりです。

春に小屋に来たときにやった遊びだそうです。

とっても楽しかったのでしょうね。

「先生、オオカミになって!」と言い、みんなで子ブタになって家を守ろうとしていました。

優しい子ブタのお姫様は、怖ーいオオカミにも「えさをどうぞ」と分けてくれました。

 

そして、こんな森からの贈り物もみつけました。

クルミです。

「こんなところに落ちてる~!」と興奮していました。

 

お腹がすいたら、小屋の中でおにぎりを食べました。

「おいしいね~」と会話も弾みます。

 

〈おーい!!〉

歩き始めたら、少し離れた場所に人の影が(^O^)。

声も聞こえてきます。

「何組ですか~??」

「くまぐみです!何組ですか~?」

「りすぐみですよ~♪」

思わぬ遭遇で、わくわくします。足取り軽く進み出します。

森の中は、とっても静か。

「何だか静かだね~」

「オオカミさんが出てきたらどうする?」

「食べられちゃうよ!!」「怖い!」

「大丈夫、こっちの道には見当たらない」

「オオカミさんも冬眠してるかもよ」

静かな森の中、耳をすませたり、においを嗅いだりしながら、様子を窺い、進んでいきました。

 

〈薬木の広場で☆*゚ ゜゚

大好きな薬木の広場に到着しました。

落ち葉のじゅうたんに飛び込みます。

落ち葉のお風呂に埋もれて、あたたまりました。

 

「ここにもお家があるよ!」

家の中に潜り込みます。

たくさん入りすぎて…

「くずれちゃう~!!」と大騒ぎになっていました。

 

ツルを使って、ブランコにも挑戦しました。

 

2人でケーキ屋さんの準備をしているようです。

「何しているの~?」と尋ねると…

「内緒だよ~(*^o^*)」

子どもたちだけの世界が広がっています。

 

こちらも頭をくっつけて、お店屋さんの準備です。

カレーを作りに夢中です。

「何味にしますか?」「からーいのがおすすめですよ」

「檄辛味は、びゅーんっと走れます」

 

〈ありぐみ・くまぐみの遊び(^∇^)

ありぐみさんは、木の実を見つけて大喜び。

先生のところに駆け寄ります。

 

お気に入りの橋。

くまぐみは今日も工事に大忙しです。

「できたよ~。くまぐみ、集まって!!」

全員が集まって、橋を渡ります。

「大丈夫そうだね!」と満足そうです。

毎月継続して作っている橋がとうとう完成しました。

 

〈今日も楽しかったね♪〉

帰りの会で、お話を聞きます。

動物たちは冬ごもり。みんなもこれから冬休み。

1月になったら、雪のプレゼントがあるでしょうか?楽しみです。

 

【静かな冬の森に子どもたちの歓声があがりました】

ひんやりする森の中に、子どもたちの元気な声が響いた一日でした。友達とのつながりが深まり、りすぐみさんは自発的に遊ぶ姿が見られました。ありぐみさんも、森に慣れて好きな遊びができてきました。くまぐみさんは、大好きな遊びを継続して楽しんでいました。ほしぐみさんは、自分の好きな遊びに思い切り取り組みました。さんぽぐみさんは、親子でゆったりとした時間を過ごしていました。どのクラスの子どもたちも、一面に広がる落ち葉や白い息、冷たい朝露に冬を感じながら、とっても楽しい一日を過ごしました。

 

【2017年もお世話になりました】

今年も、活動にご理解とご協力ありがとうございました。保護者の皆様に見守られて、子どもたちは森の自然の中で思い切り遊ぶことができました。2018年もよろしくお願いいたします。

 

雪2018年も森へお越しください雪の結晶

1月の森も楽しいことがたくさんです。

来年もぜひ森にお越しくださいね。お待ちしています。

良いお年をお迎えください。

(ほしぐみの子どもたちが作ったしめ縄です)

 

りすぐみ担当 A.M

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。