人の優しさに触れて涙することばかり。びわの葉温灸でがんを治す | 大腸がんステージ3を自然療法で治す

大腸がんステージ3を自然療法で治す

大腸がんステージ3。手術をするとなると人工肛門を避けられない。
病院での治療をお休みし、がんを自然療法で治すことを決意。

最近は泣いてばかりいる。

 

今までは辛い・悲しいの涙が多かったのだが、ここのところは自分の至らなさに申し訳ないという気持ちと、人の優しさに触れて込み上げてきてしまうものと、変化が起きているので心の浄化期間だと思っているお願い

 

夫と一緒に「あなたと健康社」へ行って、六年味噌と麦味噌、梅干しを購入したラブラブ

お店の方に、ちょうどびわの葉を大量に頂いたのでお安く販売してるからよかったら、と声をかけて頂いて、大量の綺麗なビワの葉を手に入れることができてありがたかった笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

「びわの葉温灸をしているのですが、正しいやり方を学びたくて…」と尋ねたところ、「もう自分が思うがままに好きなところに好きなやり方で当てれば良いんですよ~」と言われて、ホッとして肩の力が抜けたニコニコ

 

また、びわの苗まで頂いて、感謝の気持ちが込み上げてきた。

最近、出会う人たち、みんな優しくて心を理解してくれる方々ばかりであるアップ

 

出会いに感謝、優しさに感謝、私も表面上だけではなくて根っからの温かい人になりたいラブラブ

 

今日もこうやって学ばせて頂ける環境にありがとう。

 

夫の癌は未熟で自分のことしか考えない私への「生き方を見直しなさい」という警告だと思う。

 

気づかせてくれてありがとう。

 

 

びわの葉温灸とこんにゃく湿布でがんを治す

https://toyoccho.site/?p=1650