はぴぷろのブログ わくわくからハッピーを゜:。* ゜.

手遊び サイン 親子 育児 子育て ママ&ベビー に関する内容で館林 周辺地域にて活動中

気軽に遊びに来てくださ~い。
(*^▽^*)

  • 18Jun
    • 【報告】6/18「あいずdeてあそび」in わくわくらんど

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。6/18(火)10:30~11:30「あいずdeてあそび」inわくわくらんどでした。今回は2組の親子が参加してくださいました。先輩ママさんたちを3組お招きしていたので、まずは、5組の親子でふれあい遊びや、「あいず」を盛り込んだ手遊びをしました。↓「ちょうちょ」のあいず↓「好き」のあいずその後、先輩ママさんたち3人から、「あいず」を取り入れた育児で、良かったこと、印象に残っているエピソードなどを1人ずつ話して頂きました。役立った「あいず」で多かったのは、「お水」「手伝って」「痛い」などでした。先輩ママさんたちのお話で、印象に残ったことをまとめてみました。▪ちょうど興味を示した時(電話、お花、)ちょうどそれが発生した時(うんちがでた時、ぶつけて痛い時)などに、その「あいず」を見せると、覚えてくれやすい。▪「あいず」があると、パパやおじいちゃん、おばあちゃん、おにいちゃん、おねえちゃんなど、ママ以外の家族でも、要求がわかるので、関わりやするなる。▪いくつか「あいず」でコミュニケーションを図っていると、教えていない事や物も、身振り手振りで伝えてこようとしてくる。▪言葉が使えない赤ちゃんの頃だけでなく、言葉が話せるようになった頃でも、遠くにいる時、車の中と外のような状況の時に、「あいず」でコミュニケーションできるから良い。-:-:-:-:-:--:-:-:-:-:--:-:-:-:-:-まだまだ、本当にたくさんの体験談含めてお話してくださいました。3人の先輩ママさん、どうもありがとうございました!次回は7/10(水)10:30~11:30『オリジナルあいずカード作り』と題して、あいずカードを手作りする予定です。↓サンプルです。皆さんにはカードにしたい写真を用意して頂くか、絵を描いて頂きます。興味のある方は、わくわくらんどまでご連絡ください。少しでも、ママとお子さんたちのコミュニケーションが豊かになったら嬉しいです。あいずを使ったコミュニケーションが合っているお子さんもいれば、そうでないお子さんもいます。だから、まずはコミュニケーションの一つの選択肢として取り入れてみて、定着していけば良いし、使わなくても良いし、ママやお子さんが無理してやることではなく、是非楽しんでやってみて欲しいと思います。参加にはわくわくらんどの登録が必要です。未登録の方は、わくわくらんどまでお問い合わせください。電話:070-3626-7111

      NEW!

      テーマ:
  • 14Jun
    • 【報告】6/13「あいずdeてあそび」inお互いさまネットワーク 多機能ケア喜楽

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。6/13(木)14:00~「あいずdeてあそび」in お互いさまネットワーク多機能ケア「喜楽」でした。多機能ケア「喜楽」とは、NPO法人お互いさまネットワークさまが、運営している施設です。NPO法人 お互いさまネットワーク ホームページ2019年度4月より訪問させて頂き、今回は3回目で、9人のおじいちゃん、おばあちゃんたちと一緒に、手遊びしたり、歌ったり、時には踊ったりしてきました。写真と共に様子をご紹介します。※写真は利用者様のご家族の了承を得て掲載しています。グーチョキパーの手遊びでは、皆さんにも考えていただきました。今回は「分からないな」という方が多くて、なかなか案がです、職員の方々に考えて頂きました。↓チョキとグーで「カタツムリ」チョキとチョキで「カニさん」パーとパーで「ちょうちょ」やはりまだ、グー、チョキ、パーで、何ができるかな?と考えて頂くのは難しいようでしたが、こんなのがありますよと、具体例をお伝えしたら、「あー!」「そーかー」と、うなづいて頂けたので、今度はもう少し具体例を伝えて、ゆっくりと考える時間がとれると良いなぁと思いました。また、前回に引き続き、「げんこつやまのたぬきさん」では、恒例のじゃんけん大会!きょうちゃんが勝った人と握手をして回っていきました。最後は皆さん全員と握手したかったのですが、全員は叶いませんでした。それでも、お一人お一人の前に行き、何を出したのかを確認して、「勝ちましたねー」「あら負けちゃったー」と、目を見て話しかけると、皆さん自然と笑ってくれて、本当に嬉しくなります。「アブラハムには7人の子」という遊びでは、職員の方々も参加してくださり、沢山動き回って遊びました。職員の方が、クネクネしたユニークな動きをして下さり、皆さんそれを見て大爆笑でした。最後は「落ちた落ちた」という手遊びゲームをして遊びました。皆さんゆっくりですが、ご自身で考えて、やってくれました。中には、「こっちだよ」と教えてくださる方もいました。皆さんにもお題を出すということにチャレンジしてもらいました。まだちょっと難しい方もいましたが、ほとんどの方が、ご自身の番になったらしっかりと意識をして、お題を出されてました。こうしたゲームで、順番に自分の番が回ってくると、自然と意識が高まるので、今後もこのような遊びを少し取り入れていきたいと思いました。最後はおじいちゃん、おばあちゃんから、「草津音頭」と「星影のワルツ」の歌のプレゼントをして頂きました。比較的、無口だったおじいちゃんがこの歌の時は、大きな声で歌っていました。そんな一面が見られて嬉しかったです。最後に、皆さんと握手して、お礼のご挨拶をすると、「楽しかったー」「また来てね」「無理せずに頑張ってね」と声をかけてくださいました。私の活動を応援してくださる気持ちが嬉しくて、感激しました。ありがとうございました。職員の方からは、「今日はみなさん自由に発言してましたね」と言われました。緊張気味だった1、2回目に比べて、皆さんも少しリラックスして参加してくださったのかなぁと思いました。きょうちゃんが、訪問して、みなさんと一緒に手遊びをする時間が、すこしでも心豊かな時間となれば幸いです。これから、定期的に遊びに行けること、楽しみにしております。次回は2回訪問予定です。・7/10(水) 14:00~・7/29(月)10:30~ももの木支援センターから「バスでお出かけin喜楽」とコラボ企画を予定しています。お楽しみに!!!よろしくお願い致します。

      4
      テーマ:
  • 13Jun
    • 【報告】「親子deクッキング」上毛新聞シャトルに掲載!

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。2019年6月13日上毛新聞シャトル館林・板倉・明和・千代田・邑楽版に「親子deクッキング」の様子が掲載されました。2016年からスタートして、今年で3年目になりました。たくさんの親子が体験してくれて、リピーターも多くて、本当に有難いことです。親子でわくわくするような体験をする事でコミュニケーションが豊かになったり、ハッピーを共有して欲しいという想いは、立ち上げた当初から変わってません。今後も、参加する親子がわくわくするような体験を創造していきます!7/15(月・祝)13:00~「おひさまパン」まだ空きがあります。興味のある方は是非、お申し込みください。お待ちしています。申込はLINEか下記メールにてお願いします。hapipuro.smile@gmail.com

      1
      テーマ:
  • 11Jun
    • 【報告】6/11「あいずdeてあそび」inロカーレグループホームヴィータ

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。6/11(火)15:00~「あいずdeてあそび」in 「ロカーレ」グループホームヴィータでした。グループホーム「ヴィータ」とは、一般社団法人 ロカーレさまが、運営している施設で、心に障がいを抱えた方々が、相談や援助を受けながら自律した生活を目指すことを目的とした共同住居です。一般社団法人 「ロカーレ」さまの Facebookページ今回は5人の利用者さんと一緒に、手遊びしたり、折り紙りして遊んできました。↓みんなで作った、折り紙の紫陽花と一緒に、最後に集合写真とりました。今回2回目でしたが、やはり最初は少し緊張しました。そのため最初の自己紹介の時間を長めにとって、皆さんの趣味を教えてもらい、交流の時間を持ちました。皆さん、音楽が好きな方が多くて、洋学、JPOP、演歌、色々な話で盛り上がりました。きょうちゃん、全然洋楽のことは詳しくないので、色々と教えてもらっちゃいました。そのあとは、前回もやった、グーチョキパーの手遊びを皆さんにも考えていただきました。せっかくなので、今回は全員1つづつ考えて頂きました。皆さんから出た案がこちら↓チョキとグーで「うさぎさん」グーとグーで「チャンバラ」グーとパーで「日の出」チョキとチョキで「カニさん」チョキとグーで「カタツムリ」またまた、新たな「チャンバラ」「日の出」という案が出てきました。きょうちゃんにはその発想はなかったので、驚きました!グーとチョキとパーだけで、色んなもの、情景まで見立てることが出来るって、面白いですね!そのあとは、ゲーム性の高い手遊びをしました。皆さん、間違えないようにと必死に頭をフル回転してくださいました。間違えないようにやる事も大切、そして、「あっ、間違えた!」って気づくことも大切ですね。皆さん真剣にやりながらも、自然と笑ったり、悔しがったりと、きょうちゃんも、一緒にやって、すごく、楽しかったです。そして、最後は折り紙で、この梅雨の季節にちなんだ「紫陽花」の花を折りました。みんなで色んな色の紫陽花をたくさん折って、画用紙に貼り付けで完成!!!終わったあとに、参加した利用者さんから、みんなで今日の感想を言いましょうと提案して下さり、「脳トレになりましたー」「楽しかったです」「こうした交流の場があるのは嬉しい」「脳が活性化されました」などと、嬉しい感想を頂けました。今回は2回目ということで、途中から皆さんの歌声も聞こえてきましたし、笑顔も多かったように思います。また次回も伺えることを楽しみにしています。今回このような機会を設けて下さった、ロカーレの皆様、ありがとうございました。

      テーマ:
  • 09Jun
    • 【報告】6/8「親子deアウトドア」田植え体験in池田農園

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。6/8(土)「親子deアウトドア」 田植え体験in 池田農園 でした。今回ご協力頂いたのは、栃木県藤岡町にある、池田農園さんで、しょーちゃんこと、池田奨平さんは、お米、野菜の無農薬栽培にチャレンジされています。更に今回のような子どもたちの農業体験も、積極的に関わって下さっています。昨年、稲刈り体験をさせて頂き、今年は田植えから是非とも体験させて欲しいと申し出て、今回このような企画が実現しました。「池田農園」さんのブログはこちら今回は、天気が雨の予報だったこともあり、急遽キャンセルが出てしまい、2組の親子、5人の参加となりました。それでは、写真とともに体験の様子をご報告します。まずは、ダイジェストで田植えの様子を動画にしたので、是非ともご覧下さい。しょーちゃんご好意で、今回は田植え体験の前に、無農薬野菜の収穫もさせて頂きました。しかも、しょーちゃんの提案で袋いっぱい取り放題!!!!収穫できる野菜が、茄子、長なす、米なす、水なす、きゅうり、UFOズッキーニ、でした。こんなに大きなきゅうりがとれたよーと、満足そうな表情で見せてくれました。二枚刃になっているハサミで、上の刃で切って、下の刃でつかんでくれる、優れもの!きょうちゃん初めて見ました。収穫したナスを、こんなに愛おしそうに持って見せてくれました。こちらは、てんとう虫!ではなく!通称「テントウムシダマシ」というそうで、まるでてんとう虫みたいな虫ですが、正式にはニジュウヤホシテントウという、ナス科の害虫だそうです。きょうちゃん、そんなてんとう虫みたいな、テントウムシダマシなんて虫、全く知りませんでした!!やっぱり、畑はおもしろい!こちらは、UFOズッキーニ、中華まんみたいな形で、面白いですよね。畑で子どもたちが裸足で走り回る姿、カエルを見つけて、捕まえようと、追いかける姿、とても微笑ましかったです。採ったきゅうりを、その場で丸かじり!なんとも、微笑ましい光景です。畑の前で集合写真!畑を満喫したあとは、近くの田んぼまで歩いて移動。その途中で、おたまじゃくしを沢山見つけて、喜ぶ子ども達田んぼの隣のビニールハウスで、トウモロコシを育てているそうで、しょーちゃんが、ヤングコーン食べたい方いますか?と、、、きょーちゃんヤングコーンに目がなくて、大好きなので、真っ先に手を挙げてしまいました。(笑)ヤングコーンは、予定外ですが、収穫させて頂きました。ビニールハウスの中は暑くて、トウモロコシの背が高いので、子どもたちにとっては、まるで熱帯のジャングルのよう!しょーちゃんが、トウモロコシの髭も食べられると言うので、早速きょうちゃんその場で食べたら、シャキシャキしていて甘みもあって、トウモロコシ素麺?! とても美味しかったです。子どもたちも少し食べてみました。さて、いよいよ、今回のメインイベントである、田植えですが、まず、手植えから行いました。といっても、まず、裸足で田んぼにはいることが第1の難関!結構、勇気がいりました。入ってみたら、なんとも言えない感触、冷たくて、柔らかい、くすぐったいような感覚で、足の裏からヌルヌルヌルッとまとわりついてくる、、、もー、きょうちゃん、1人で「キャーーーギャーーー」大騒ぎでした「歩きづらいね」と、話していたら、「両手も使って、こうやって進めば良いよ!」って、ママ自ら実践して見せて、子どもとごっつんこ!ジャンプして飛び込んでみよう!お風呂のようにどっぷり浸かってみたり、子どもたちは、どんどん入っていって、泥んこで遊ぶ子もいれば、入れずに見ている子もいました。不安に思うこと、こわいと思うことも大切な感情、その子のタイミングで出来ることをやってみるのが1番!苗が、1粒のお米から芽を出している様子を確認しているところ。実際の目でみて、触ってみる体験は、文字を読んで理解するのとはまた違って、小さなお子様でも、分かりやすいのではないかなと思います。そのあと、田植え機に乗せてもらい、手植えでは植え切らなかった分を、田植え機で植えました。ママと一緒に、しょーちゃんのお膝の上で1人で運転席に座ってハンドルを握らせてもらったら、すごく真剣な表情!なんと、きょうちゃんも、運転させてもらいました。まっすぐ進ませることが難しかったです。更に予想外な揺れがあり、こわいけど面白い感じでした。これで、池田農園さんの田植えは全て終了となりました。最後に、この企画のために、ちょうど良い小さな田んぼを残しておいてくださり、本当にありがとうございました。疲れたあとは、ご褒美の時間!!!しょーちゃんがまたまた、粋な計らいで、もも狩りをさせてくれました。子どもたち、「あまーい」「おいしい」といって、かぶりつき、「もっと食べるー」と、すごくにこにこしてましたね。更に、桃の木の近くに、大葉油麦菜という変わったレタスが育ててあり、それも、収穫して良いというので、有難く収穫させて頂きました。そして、最後の最後に、しょーちゃんから皆さんにお土産が用意してありました!なんと、池田農園さんが無農薬栽培されたお米「ゆうだい21」(1Kg)きょーちゃんも、聞いてなくてビックリ!!更に、きょーちゃんの分まである!!!もー、しょーちゃんありがとうございます!このお米すごく美味しいのです。きょうちゃんは昨年の稲刈り体験で試食して美味しかったので、義理の両親へプレゼントしました。今回の田植え体験企画は、本当に盛りだくさんの内容でした。✱以下に参加者からの感想を抜粋してご紹介致します。■今日は年に一度の貴重な体験ありがとうございました!子ども達は、今まで泥んこに積極的では無かったのに、今日は本当に楽しかったようで、自ら行動していた事が、こちらも嬉しくなっちゃいました。毎日食べているお米。お米の赤ちゃん。子どもには教えるというより、体験して、感覚として、残ってくれたらいいなと思い参加しました。車に着替えを取りに行っている間、皆んなが気遣ってくれて2人の体を洗って、拭いてハウスで温めてくれて。時間が、かなりオーバーしてるのにもかかわらず、あたたかく見守っていただき、本当に感謝します。子どもが、親以外の大人と関わる、信用する、頼れる機会が、なかなか少ない今。本当に素敵なやり取りで、ついつい放任気味で申し訳ありません。そんな姿を見られた事が、嬉しかったのです。田植え機、まさかの運転させてもらえるなんて!子どもたちの、真剣な顔を見てバッチリ、記憶に残るなと確信しました!!帰ってきてから、しょうちゃんちの野菜だよ!これだけ収穫してきたよー!と、即パパに報告してました。自分達で、採ってきた感満載でした。■田植えでは、子供が田んぼに入るのを怖がってしまい、私もなかなか勇気が出ず…せっかく用意してくれたのに申し訳ないなと思っていたら、池田さんが桃を取りに行こうと声をかけくれました。田植えの機械に乗せてくれた時も子供に優しく話しかけてくれました。食べ物を育てる姿勢も、優しさも、本当に尊敬しました!今日一番楽しかったことは?と聞いたら、畑のブーブに乗ったことと話していたので、2歳半での参加は初めは迷惑かけてしまいそうで、心配だったのですが、今日は本当に来て良かったと思いました。いただいた野菜は、早速料理して、美味しく食べました!こんなにナスって美味しかった?と思うくらい、美味しくできました!パパに、とったの、美味しいよとすすめている姿が、微笑ましかったです!野菜の収穫に慣れてきたら、自分から、これならいいんじゃない?と探すようになりました!青いトマトを見つけて食べたいと言ったので、これはまだ子供だから、大きくなって赤くなったら食べられるんだよと教えました。大好きなトマトが、青から赤になるこを理解したみたいで、初めて見た〜!!と目を丸くして喜んだことが、とても印象的でした!子供は、初めて実際におたまじゃくしを見ました。帰り道の田んぼの中にもおたまじゃくしがいて、おたまじゃくしだーと楽しそうに見つけていました。テレビだけじゃなく、実際に見ることで、いろいろ感じると思うので、良い体験ができました!-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-小さいお子さんたちにとっては、見ること、触ること、わくわくするとこ、面白いと思うこと、こわいと思うこと、初めての体験ばかりだったと思いますが、それを近くで見守り、サポートすることができて、とても嬉しかったです。親子の笑顔をたくさん見ることが出来ました。そして、このようなたくさんの体験をさせて頂き、しょーちゃんこと、池田農園さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。また、秋には稲刈り体験で、お世話になりたいと思おますので、よろしくお願い致します。------------------------------また、今月は「親子deアウトドア」の企画がもう1つあります。6/25(月)に、イイヅカ農園さんの畑に、野菜の収穫体験に出かける予定です。満員御礼ですが、希望者がいれば、相談に応じられます。なお、来月7/21(土)の「親子deアウトドア」は、増田ファームさんの無農薬栽培されたブルーベリー狩りと、ベーコン作りの予定です。現在満員御礼で、キャンセル待ち受付中。今後も、はぴぷろとして、わくわくする体験を企画していきたいと思おますので、はぴぷろのFacebookやInstagramをフォローして頂くか、LINE@を登録して頂けると、嬉しいです。「はぴぷろ」のFacebookページ「はぴぷろ」のInstagramページ

      テーマ:
  • 31May
    • 【内容】7月「親子deクッキング」おひさまパン

      はぴぷろのプログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。7月の『親子deクッキング』の申し込みを本日より開始いたします。7月も新メニューを考案しました。以前試作していた「おひさまパン」です。今月の「親子deクッキング」は、「親子deアウトドア」を開催するので、7/15(月)(祝)開催のみとなります。何度作っても、お子様が成長している分、できることが増えていたり、前回との比較をして成長が感じられたりして、きっとクッキングを通して親子のコミュニケーションが豊かになるのではないかと思います。【日時】7/15(月)(祝)10:00~12:307/15(月)(祝) 13:00~15:30【内容】:おひさまパン(1個)(魚肉ソーセージパン)※↑写真は試作の様子です。●場所:赤羽公民館 料理室&和室〒374-0013 館林市赤生田町1950-2赤羽公民館 地図●参加費 :1組 500円※兄弟姉妹参加で2組(1000円)を希望の場合は、申し込み時にお伝えください。●対象者:親子 お子様は1歳半頃~(簡単なお手伝い程度の料理が一緒に出来る年齢から、今までは小学生までとしてましたが、今年は特に制限はしませんので、中高生の参加も可能です。●定員:12組※ぱん生地は捏ねて1次発酵済みです。●持ち物ママのエプロン ママの三角巾手拭きタオル食器を拭くタオル飲み物●申込み方法下記を記しメール、またはLINEにて申し込んで下さい。★親子氏名★お子様の生年月日★携帯電話番号★希望日※7/15午前、午後、どちらを希望するか明記して、申込をお願いします。hapipuro.wakuwaku@gmail.com※本日から申込受付致します。6月末が申込締切日です。申込は先着順です。定員になり次第キャンセル待ちとして、締切までの間は受致します。キャンセルが出なかった場合は次回のクッキングを優先的に申込受付致します。なお、申込締切後に申込者全員にご連絡を致します。以上のことを予めご了承のうえ、お申し込みください。ご質問などがありましたら、上記メールにて、お気軽にお問い合わせください。それでは、お申し込みお待ちしております。

      7
      テーマ:
  • 28May
    • 【内容】7 月「親子deアウトドア」燻製作りとブルーベリー狩り

      はぴぷろのブログへようこそ!わくわくクリエイターのきょうちゃんです。(*^▽^*)7月の『親子deアウトドア』は、毎年好評の「燻製作りとブルーベリー狩り」を実施します。6月2日より申込を受付致します!!昨年の様子はこちら↓一昨年のベーコンがこちら↓昨年のブルーベリー狩りの様子日時:7/21(日)9:00~(ベーコン作りをしない家族は9:30集合)場所:板倉町 天神池公園参加費:1家族1500円(人数に関係なく)(当日現金払いにてお願い致します。)申込締切:6月末まで【内容】★スモークベーコン作り★燻製卵、スモークチーズなど試食★ブルーベリーホットケーキ★ブルーベリー狩り板倉町にある無農薬ブルーベリー増田ファーム ホームページ料金:1500円/1kg※ホットケーキに使用するので、1家族約最低でも100g程度はとってください。それ以上とった分は、各自持ち帰って頂いて結構です。料金は当日増田ファームさんへ直接支払って頂きます。↓ベーコン準備の様子↓ホットケーキ作りの様子↑ちょっと水遊びしました。【持ち物】飲み物、お皿や箸、フォークなど、レジャーシート、あれば軍手、椅子、テーブル、テント、パラソルなど※燻製に必要な道具は、こちらで用意します。スモークベーコンを作るご家族は、別途事前にお肉をご用意頂き、仕込みが必要です。ご希望の方は申し込み時にお知らせください。スモークベーコンは作らない事も可能です。※公園には日よけできる小屋などはありませんので、各自日焼け対策をしてきてください。※こちらで飲み物は用意致しませんので、水分補給は各自で随時お願い致します。※雨天中止、事前準備があるため、中止の場合はご連絡致します。※参加家族分の食材を前日には用意しますので、欠席の場合には前日の朝9:00までに必ずご連絡下さいますようお願い致します。当日キャンセルのないよう、体調管理にはお気をつけて頂くようお願い致します。申込方法:LINEか、メールにて、必要事項ご記入の上お申込み下さい。●参加者全員の名前●子供の生年月日(小学生の場合、学年)●代表者の携帯番号●スモークベーコン作り希望するか、しないか。hapipuro.wakuwaku@gmail.com※ご質問についても、上記メールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。申込は先着順です。定員になり次第キャンセル待ちとして、締切までの間は受致します。キャンセルが出なかった場合は次回のクッキングを優先的に申込受付致します。なお、申込締切後に申込者全員にご連絡を致します。以上のことを予めご了承のうえ、お申し込みください。

      1
      テーマ:
  • 25May
    • 【報告】5/24「あいずdeてあそび」inお互いさまネットワーク 多機能ケア「喜楽」

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。5/24(火)14:00~「あいずdeてあそび」in お互いさまネットワーク多機能ケア「喜楽」でした。多機能ケア「喜楽」とは、NPO法人お互いさまネットワークさまが、運営している施設です。NPO法人 お互いさまネットワーク ホームページ2019年度4月より訪問させて頂き、今回は2回目で、9人のおじいちゃん、おばあちゃんたちと一緒に、手遊びしたり、歌ったり、時には踊ったりしてきました。写真と共に様子をご紹介します。※写真は利用者様のご家族の了承を得て掲載しています。グーチョキパーの手遊びでは、皆さんにも考えていただきました。「難しくてわからない」「考えられない」と仰る方もいましたが、「なんでも良いので考えてみましょう」と声をかけ、職員の方々にヒントを出して頂いて、なんとか、3つ考えて頂きました。↓グーとパーで「ヘリコプター」パーとチョキで「チョキチョキチョキ」(紙を切る)パーとパーで「ちょうちょ」まだ2回目なので、なかなか難しいかもしれませんが、何ができるかな?と楽しく「考える」きっかけになると良いなぁと思います。また、前回に引き続き、「げんこつやまのたぬきさん」では、恒例のじゃんけん大会!きょうちゃんが勝った人と握手をして回っていきました。利用者さん一人一人とコミュニケーションがとれるので、きょうちゃんはこの時間がとても好きです。目を見て話しかけると、話すのが難しい方も、微笑み返してくれたり、手を握り返してくれたりします。それが、ほんとうに嬉しくて、心で会話出来る貴重な時間です。最後にやった「アブラハムには7人の子」という遊びでは、職員の方々も参加してくださり、みんなでわいわい踊ったので、熱気に包まれて大盛り上がりでした。最後はおじいちゃん、おばあちゃんから、「りんごの唄」の歌のプレゼントをして頂きました。最後に、皆さんと握手して、お礼のご挨拶をすると、なかなか、お話するのが難しいおじいちゃんが何か言いたそうにしているので、手を握って見つめていると、「も っ と」と言ってくださいました。他の方からも、「あーー楽しかった」「懐かしかった」「何十年ぶりかに歌ったよ」と、嬉しそうに話してくれました。ありがとうございます。とても嬉しいですね。職員の方からも、今日はとても表情が豊かで、前回よりも、自分から体を動かしていましたよ。と言われました。きょうちゃんが、訪問して、みなさんと一緒に手遊びをする時間が、すこしでも心豊かな時間となれば幸いです。これから、定期的に遊びに行けること、楽しみにしております。次回は6/13 14:00~を予定しております。なお、7/29(月)10:30~ももの木支援センターから「バスでお出かけin喜楽」とコラボ企画を予定しています。お楽しみに!!!よろしくお願い致します。

      3
      テーマ:
  • 24May
    • 【報告】5/24「あいずdeてあそび」in ももの木支援センター

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。5/24(金)10:30~ももの木支援センターで「ファーストママ」という活動にてお招き頂き、「あいずdeてあそび」をやって来ました。3月末でサークル活動に終止符を打ちましたが、こうしてまた、ももの木支援センターに来ることが出来て、大変嬉しく思います。「ファーストママ」の集まりは、約8ヶ月頃までの赤ちゃんとママが参加されています。(第1子じゃなくて、第2子でも第3子でも、親子2人での参加ならOK)今回は5組の親子が参加してくださいました。みなさん、「あいずdeてあそび」ってどんなのだろう?と、興味を持って参加してくださいました。ありがとうございます!ママが赤ちゃんに話しかけたり、アイコンタクトをしたり、顔、お腹、背中、足と、全身を触ったり、歌声を聞かせてあげたり、時には抱っこで縦揺れしながらだったり、それぞれのペースで、楽しんでいただいたようでした。↓イラストカードは胸の前につけて歌っています。手遊びの後は、絵本を読んでおしまいにしました。最後皆さんに感想やご質問などを一言いただきました。みなさん、あいずコミュニケーションをやってみようという意欲のある方ばかりで、既に「おいしい」のあいずを見せているという方もいました。▶︎今から始めたら遅いか?▶︎いつ頃からあいずが出始まるのか?などという質問もありました。▷はじめるのは、お座りができる頃からとよく言われていますが、きょうちゃんは、1歳を過ぎてからでも遅くないと思っています。▷いつ頃から出始まるかは、個人差がありますが、やはり10ヶ月頃~1歳くらいが出始まる頃だと思います。それ以降にやってくれる子もいますし、おしゃべりが出来るようになるのが、はやい子は全然あいずをやらずに過ぎてしまう事もあります。だから、焦ることも無いし、できないからと言って、落ち込むことも、せめることもないのですよ。とお伝えしました。これからも、必要な方々へ、あいずコミュニケーションが広まっていくことを願って、活動し続けていきます(*^^*)次回は、なんと!ももの木支援センターを飛び出して、「バスでお出かけ in喜楽」という企画です。日時:7/29(月)10:15集合場所:ももの木支援センター駐車場内容:お互いさまネットワークの多機能ケア「喜楽」さんにいって、おじいちゃん、おばあちゃんたちと一緒に手遊びして遊びます。詳細は、ももの木支援センターのおたよりをご確認ください。なお、バスの座席数に限りがあるため、申し込み制となっていますので、参加ご希望の方はももの木支援センターまでご連絡ください。今後は不定期ですが、サークル活動ではなく、支援センターのイベントなどで、関わり続けていきたいと思っています。宜しく御願いいたします。

      テーマ:
  • 21May
    • 【報告】5/18「コミクルファクトリー」in 長谷萬カスタムホームズ

      はぴぷろのプログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。5/18(土)10:30~16:00『コミクルファクトリー』in長谷萬カスタムホームズ「長谷萬カスタムホームズ」さんのホームページ「長谷萬カスタムホームズ」さん Facebookページ長谷萬カスタムホームズさん Instagram今回は約41組の方々が来場されました。お子様も含めると、来場者数は100名以上に達していて、とても大盛況でした。当日の様子を写真とともに簡単にレポート致します。まず、今回の開催場所となっているのは、長谷萬カスタムホームズさんの館林工場です。そこで、11:00~工場見学が行われました。工場の、入り口付近から、ものすごい木の香りが漂ってきていて、それだけでもリフレッシュしちゃうくらいでした。そして、「MOKURABO」と題して、木材を使ったネームプレート作りができるワークショップも開催していました。子どもたちだけでなく、大人も参加して、思い思いのプレートを作られてました。名前だけじゃなくて、家族が手を繋いでいる様子を作っていたお子さんもいました。またお隣では、木のおもちゃや販売などもありました。私たちの生活の中に、身近にある木ですが、木の存在は私たちに、温もりや癒しを感じさせてくれるなと思います。そんな木を扱う長谷萬カスタムホームズさんのスタッフさんたちも、皆さん爽やかな笑顔で対応されていて、すごく気持ちが良かったです。長谷萬カスタムホームズさんだけでなく、コミクルメンバーの出店が今回は16店舗ありました。今回は出店者メンバーで集合写真を撮ってみました。では、順にご紹介していきます。まずは、わくわくクリエイターきょうちゃんは、「親子deクッキング」と題して、イイヅカ農園さんの無農薬栽培されたケールを使った、バナナジュース作り体験で出店しました。はぴぷろ のFacebookいつもは親子で参加してもらいますが、今回は大人おひとり様でも参加OKだったので、子どもから大人まで、ジュース作りを楽しんで頂けました。更にケールを味わったことないという方も多く、青臭さやクセのないケールの美味しさを味わって頂く事が出来て良かったです。当日の朝、収穫したばかりのケールを提供してくださり、ゆーちゃん(イイヅカ農園さん)いつもありがとうございます。そして、その『イイヅカ農園』さんの無農薬、無化学肥料で栽培されたお野菜がこちら。そのお隣では、たてばやしの米粉パンの『ささや』さんが、今回は人気の「とません」や、あま酒も販売もありました。11:00~12:00 西高根 モンテッソーリ こどものいえ代表の古賀さんによる『モンテッソーリ教育に学ぶ会』がありました。モンテッソーリ「こどものいえ」さんのブログ『ribon shop prenature プリナチュレ』ヘアアクセサリー、リボン雑貨販売prenatureさんのInstagram『ル♡ショコラ』&『ROMY』のコラボショップ布小物、リボン、デコパージュの販売ル♡ショコラさんのブログ『R*A』アクセサリー販売R*AさんのLINE@ID:「@xsj5286o」『コウヤボウキの灯り 有花』サビアン占星術太陽からのメッセージコウヤボウキの灯りさんのブログ『糸掛け曼荼羅WS』長谷萬カスタムホームズさんより、木材を提供して頂き、その板に釘を打って糸をかけていきました月あかりさんのInstagram『書do家 織臣』名前art、名前ポエム、おみくじ、キーホルダー販売織臣さんの Instagram『ねこま製作所』好きな文字を猫にデザインしてくれます「ねこま製作所」さんのホームページ『Little Magic Circus』ハンドメイド雑貨、アクセサリー販売小娘さんのInstagram『カイロプラクティックSyakuyaku』キラキラ骨盤矯正体験カイロプラクティックsyakuyakuさんのホームページ『まがりまっつぐ』頭のポイントをタッチするアクセス・バーズまがりまっつぐさんのホームページAEAJアロマテラピー1級&アドバイザー アロマヨガセラピスト鈴木幸絵さんによる『アロマスプレー作り』AromaYoga Yuki.Ananda さんのブログ『プレイスマイスで自由工作』口に入れても安心安全なカラフルスポンジで、切ったり、丸めたり、自由工作オフィスチーコさんのInstagram来場者が自由に飲食や休憩ができるようにと、入口付近に休憩スペースを設けて下さいました。今回は初めて、長谷萬カスタムホームズさんとコラボさせて頂きました。来場者が楽しんで頂けるようにと、たくさん配慮して頂き、スタッフの方々には柔軟に対応て頂き本当にありがとうございました。初めての土曜日開催ということで、平日に比べ多くの来場がありましたが、今回もコミクルに関わる全ての方々のご協力のおかで、無事トラブルもなく終えることが出来ました。ありがとうございました。また、長谷萬カスタムホームズさんとコラボ出来ることを楽しみにしております。-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:次回のコミクルは、6/27(木)10:30~16:00『コミクルサロン』in 群馬日産館林店です。13出店と次回も盛り沢山な内容となっています。事前予約が必要なものもありますので、詳細は下記フライヤーをご確認ください。ご予約や問い合わせ等はメールにて受付しています。comikuru.smile@gmail.com

      3
      テーマ:
    • 【報告】5月「あいずdeてあそび」in デイサービスセンターななみ

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。5/21(火)13:15~「あいずdeてあそび」inデイサービスセンターななみでした。2018年6月より、ななみさんの「トキメキ活動」に参加させて頂き、今回は2019年度2回目の開催でした。先月から名前も新たに「あいずdeてあそび」となり、約30人くらいのおばあちゃん達と一緒に遊んできました。実はきょうちゃんは5/20が誕生日なのですが、終わったあとに、サプライズでおばあちゃん達と職員の方々から、「Happybirthday」の歌のプレゼントを頂きました!(*≧∀≦)🎼.•*¨*•.¸¸🎶なんて素敵なプレゼントなんでしょう♪後ろ向きで隠してあったホワイトボードをひっくり返したら、誕生日ケーキイラストと、「お誕生日おめでとうございます。きょうちゃん先生」の文字が!!きょうちゃんすごく嬉しくて、感動しちゃいました。最後にお願いをして、おばあちゃん達と集合写真を撮りました。それから、今回は恒例のじゃんけん大会で、「全員と握手する!」が叶いました!!!「げんこつやまのたぬきさん」で、「きょうちゃんはグーを出します。皆さんは、チョキだと、負けですよ!グーだとあいこだから、勝てませんよ!グーに勝つように出してくださいね」とゆっくり、念入りに伝えましたのが良かったのかもしれません。みんなで、達成出来たという一体感が味わえました。みなさんのとても嬉しそうな表情や、喜んでいる様子をみて、きょうちゃんも自然と笑顔になっちゃいます。↓ジャンケンをしている様子↓勝った人と握手する様子そして、「アブラハムには7人の子」という遊びでは、職員の方々も一緒にやってくれて、その踊る姿を見て、おばあちゃん達は大爆笑でした。120%の力で、歌って踊りきったきょうちゃんは、汗びっしょりでした!!!本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。デイサービスななみさんには「トキメキ活動」という時間があり、様々な講師の方をお招きして、利用者さんと一緒に楽しい時間を過ごされています。「人と人との縁を結び、ときめき続ける場所であり続ける」と言うコンセプトで毎日「トキメキ活動」をされています。「デイサービスセンターななみ」さまの トキメキ活動はこちら来月は6/18を予定しています。また、お会い出来るのを楽しみにしています。ありがとうございました!きょうちゃんの「あいずdeてあそび」をよんでみたい!うちの施設でも是非!!と、興味を持って頂けた施設のご担当者さま、是非ご連絡をお待ちしております。hapipuro.wakuwaku@gmail.com

      2
      テーマ:
  • 19May
    • 【報告】5/19『あいずdeてあそび』inベビキッズフェスタ

      はぴぷろのブログにようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。5/19(日)10:00~16:00「ベビキッズフェスタ」in セキスイハイムのイベントで、個別型『あいずdeてあそび』として出店してきましたので、そのご報告です。今回は4組の親子が参加してくださいました。↓当日の様子1組目は以前にももの木支援センターで、参加したことある親子が再び参加してくれました。ママはお仕事を始め、なかなか平日参加が出来ないので、日曜日の開催は嬉しいと話されてました。既にいくつかの「あいず」をしてくれるようになっていて、よく真似をしてくれるようになったので、また参加出来て良かったと話されていました。続いてのご参加は、何度か参加したことがある親子と、そのお友達で初参加の親子でした。イラストカードに興味津々で、終わったあとも、カードや絵本で遊んでいました。↓きょうちゃんが描いたイラストいつの間にかこんなに!!!そして、最後の親子はよく「親子deクッキング」に参加して頂いていますが、「あいずdeてあそび」は初めての参加とのことでした。お兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に、体を動かくリズム遊びをしたら、面白くて、「もう1回!もう1回」と、3回も繰り返しましたそんなに、楽しんでくれてきょうちゃんも嬉しかったです!今日ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。また、このような親子が楽しめるイベント「ベビ&キッズフェスタ」を開催して頂いたセキスイハイムの方々ありがとうございました。また、出店者のみなさまも、ご縁あってご一緒できたこと、嬉しく思っております。本当にありがとうございました。また、こうした繋がりで、交流の輪が広がっていく事を楽しみにしております。

      3
      テーマ:
  • 15May
    • 【報告】「あいずdeてあそび」in セサミふれんずキッズ

      はぴぷろのブログへようこそわくわくクリエイターきょうちゃんです。5/15(水)14:00~「あいずdeてあそび」in セサミふれんずキッズでした。NPO法人 セサミ ホームページ今回はいつもいるお子さんたちに加えて、新しいお友達も増えていて、きょうちゃんを見るなり、飛びついてきて「抱っこ!抱っこ!」状態でした。最初は前回と同じように、リズム遊びから行っていきました。いつも以上に、走り回っているお子さんが多く、なかなかきょうちゃんの声が届かないという場面もありました。立った状態でのリズム遊びだと、なかなか収集が付かない状態だったので、座って触れ合い遊びをしていくことにしました。こちょこちょとくすぐったり、体全体を撫でたり、ぎゅーっとしたり、歌に合わせて、遊んでいくと、嬉しそうに、また楽しそうに遊んでくれました。立って動き回るリズム遊びよりも、落ち着いて出来たように思います。そして、前回好評だったイラストを見せたらの手遊びをしていきました。動物などのイラストを見せて、「これなーんだ?」と言いながら、子どもたちに応えてもらいました。興味を持ってくれたお子さんは、きょうちゃんの目の前に座ってくれて、指差ししてどんどん応えてくれました。応えるという反応をしなくても、イラストをじっと見つめてくれるお子さんも多くて、やはりイラストはとても効果的でした。しかしどうしてもイラストカードが気になってしまい、それが欲しい!と取っていってしまうということも何度かありましたが、きょうちゃんが「ちょうだい」と伝えると、ちゃんと返してくれました。動物イラストから始まり、食べ物、乗り物と次々に見せては、そのイラストのあいずを盛り込んだ手遊びをしていきました。少しだけ真似をしてくれるお子さんもいましたし、一緒に歌ってくれるお子さんもいました。手遊びも比較的落ち着いて、行えました。今までずっと見ているだけだったお子さんも、知ってる!分かる!というところだけは、手遊びの動きを真似してくる場面がありました。きょうちゃんとても嬉しかったですそして、最後は大型絵本「そらまめくんのベッド」「100かいだてのいえ」の2冊読みました。手遊びの時には、参加していなかったお子さんも、きょうちゃんの前に集まって来てくれて、ほとんどのお子さんが、聞いてくれました。どちらも少し長いお話でしたが、お子さんたちは最後まで集中して聞いてくれました。時には「あっ、あったよ!」とか「かたつむりさん」などと、お話に入り込んで、反応してくれるお子さんもいました。最後にこれでおしまいですと、「おしまい」のあいずを見せて終わりにしました。今回は今までやってきた子どもたちとは少しメンバーが異なり、新たに加わったはじめましてのお子さんたちの状態をつかむまでに時間がかかってしまい、以前と同じやり方では通じなかったので、少し戸惑いました。やはり、常に同じやり方が通じる訳では無いという気づきが得られました。また、その日に参加しているお子さんたちの様子を見て、やる内容、順番、やり方など臨機応変に変えていく必要があると再認識しました。それでも、最後の方は、新たに加わったお子さんたちとも打ち解けたような感じがありました。子どもたちと遊びながら、接し方について、気づきと学びがある貴重な時間でした。ありがとうございました。これからも、子どもたちのありのままを受け入れ、子どもたちのもつ力を信じ、強制すること無く、心豊かな時間が過ごせれば良いなぁという想いで取り組んでいきます。セサミフレンズキッズの職員の方々、関係者の皆様、お時間を作っていただき、ありがとうございました。来月の訪問も、楽しみにしています(*^^*)

      1
      テーマ:
    • 【報告】5月「あいずdeてあそび」inわくわくらんど

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。5/15(水)10:30~11:30「あいずdeてあそび」inわくわくらんどでした。今回は初めての方が3組参加してくださいました。お友達の紹介の方もいて、嬉しい限りです。まず最初に動画を見て頂きました。そして、あいずを盛り込んだ手遊びをしていきました。終わってから少しママたちに感想を聞きいてみました。・あいずを通して子どもの気持ちが少しでもわかったら良いなぁ。・現在既に「おいしい」「お水」「もっと」などを見せているので、今日また、たくさんのあいずを知ることが出来て、これからやっていくのが楽しみです。・今日知ったあいずの中には、上の子とのコミュニケーションにも、役立ちそうなものがあったので、下の子だけでなく、上の子ともあいずを使ってコミュニケーションが図れたら良いなぁ。-:-:-:-:-:--:-:-:-:-:--:-:-:-:-:-少しでも、ママとお子さんたちのコミュニケーションが豊かになったら嬉しいです。また、今日ご参加の方々にもお伝えしましたが、やらなきゃいけない!事ではありません。あいずを使ったコミュニケーションが合っているお子さんもいれば、そうでないお子さんもいます。だから、まずはコミュニケーションの一つの選択肢として取り入れてみて、定着していけば良いし、使わなくても良いし、ママやお子さんが無理してやることではなく、是非楽しんでやってみて欲しいと思います。次回をご案内する前に、今週末の、5/19㈰10:00-16:00セキスイハイムにて、「ベビキッズフェスタ」があります。たくさんの楽しそうな出店があるので、詳細は下記フライヤーをご確認ください。きょうちゃんは、個別型「あいずdeてあそび」を行います。1回 20分 参加費300円日頃なかなかコミュニケーションが不足しがちなパパや、また、きょうだい(兄姉)おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に参加していただくこともできます。個別型は、ひと家族毎にやりますので、集団でやるのと違って、そのお子さんに合わせた内容で遊んでいきます。興味のある方は是非遊びに来てください。詳細は下記ブログをご確認ください。5/19 「個別型 あいずdeてあそび」 inベビキッズフェスタ」次回は6/18(水)10:30~11:30「先輩ママから体験談を聞く」をテーマに行います。是非初めての方も、そうでない方も、先輩ママからの体験談はとても参考になると思いますので、是非ご参加くださーい。参加にはわくわくらんどの登録が必要です。未登録の方は、わくわくらんどまでお問い合わせください。電話:070-3626-7111

      1
      テーマ:
  • 14May
    • 【内容】「コミクルファクトリー」in長谷萬カスタムホームズ

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。5/18(土)10:30~16:00『コミクルファクトリー』in長谷萬カスタムホームズです。もう、いよいよ今週末に迫りました。コミクルとしては、初めての土曜日開催です。今回も20出店と盛りだくさんです。とても盛り沢山な内容となってます。出店者の詳細はフライヤーをご確認ください。※なお、下記の通り1部変更がありますので、ご了承ください。・長谷萬カスタムホームズさんの工場見学は、急遽工場の稼働の都合上、11:00~の開催のみとなります。・アクセス・バーズ®️さんは、事情により15:30までの出店となります。そして、わくわくクリエイターきょうちゃんとしては、「親子deクッキング」として出店します。作るのものは、イイヅカ農園さんの無農薬野菜ケールを使った、野菜ジュースです。いつもは親子参加が基本ですが、今回は大人の方のみの参加も可能です。クッキング初体験の小さなお子様でも簡単に作れますので、この機会に是非体験してみてください。参加費:200円予約不要ですので、お気軽にご参加くださいね。それでは、たくさんの方々とコミクルで出会えることを楽しみにしています💛

      3
      テーマ:
  • 13May
    • 【報告】5月「親子deクッキング」メロンパン

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。5月の「親子deクッキング」は、メロンパンでした。5/11㈯、5/13㈪に開催して総勢26組の親子が参加してくださいました。子どもたちが作り上げたパンたちがこちら!見ても楽しい、個性的で、独創的なパンがいっぱい!!!もともときょうちゃんが企画したのは、左上にあるような「トトロ」の形をしたパンでした。しかし、「自分の好きな形で作りたい!」というお子様が続出もちろん!「いいですよー」好きなキャラクターだったり、空想上の生き物だったり、動物だったり、子どもたちは自由な発想で、形を作り、クッキー生地も上手く使い分けていました。本年度から休日開催を始めたので、小学生の参加も増えました。そのため、企画通りに作る親子もいれば、そうでない親子もいて、わくわくがたくさん詰まった、きょうちゃんならではの「親子deクッキング」になっているなぁと、つくづく感じました。《参加者の感想を紹介》◆今回は子供のやりたいようにやらせました自由に作れてとても満足してました。前より形を作るのが上手になってました。◆子どもの発想に任せて作りたい物を作れたので、息子のワクワクが伝わってきて楽しかったです。◆自分なりの発想でパンの形を作ってワクワクした-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:では、参加して頂いた26組の集合写真がこちら。リピーターの方も多いですが、初めて参加してくださった方もいて、本当にたくさんの親子が参加され嬉しい限りです。↓では、パン作りの様子を写真にてご紹介します。まずは、生地を粘土遊びのような感覚で、様々な形を作ってくれました。難しいように思えるパンの形づくりですが、小さなお子様でも、ちぎったり、丸めたりして、出来ることが沢山あります。今回は中に何も入れないので、形づくりがしやすかったと思います。だからすぐに出来上がってしまうお子さんもいましたし、「どうしよ?」「やっぱりこうしよう」と悩みながら、作りながら形を考えているので、時間がかかったお子さんもいました。そして、2次発酵を待っている間に、きょうちゃんが大好きな手遊びの時間「あいずdeてあそび」をしました。今回は、参加したママが気遣って下さり、手遊びの様子も写真を撮ってくださいました。うれしいーーーその後、調理室に戻って、卵をぬりぬりしていきました。その後、焼きあがったパンに顔を描いていきました。そして完成したパンを嬉しそうに見せてくれました!本当にみんなとても良い笑顔で、きょうちゃん嬉しいです。そして、みんなでいただきます。後片付けのお手伝いもしてくれたお子さんもいましたね。今回も無事終えることが出来ました。お子さんのやりたい気持ちや、ママ達のやらせてあげたいという気持ちに、応える事が出来て本当に嬉しく思っています。皆様からの感想を読ませて頂く時が、本当に嬉しくて、感動して涙か出てしまう程です。そこで、また少し感想をご紹介します。《参加者の感想を紹介》◆動物作る?と聞いたら、パンダとコアラを作りたい言いました。これは目で、これは鼻で、耳で…と黙々と作っていて、焼きあがったパンに目を描いたら、完成!!と大きな声でパンを見せてくれました!ちゃんと自分で考えて作ってるんだなぁと、関心しました。ついつい、まだ出来ないだろうと手を出してしまいがちですが、見守ることの大切さを実感しました。たくさん良い経験をさせてもらえてるおかげです!!いつもありがとうございます!!◆今回は初めて兄妹で参加させてもらい、兄妹で出来ることに差があるので下の子が出来ることは下の子にやらせてあげて、他は上の子にやらせていたら 下の子に出来そうなことがあると進んでやらせてあげようとしていて成長を感じた。◆使った食器を洗ってくれて助かった。お皿洗いをさせたことがなかったが、周りの子供達に刺激されてお皿洗いをしてくれました。◆6歳の娘が「手遊びはちっちゃい子用だったね」と言いながらも「ぎゅってして嬉しかった」と言っていました。◆はじめは緊張していた様子が伺えましたが、作り出した途端に、集中して、こうしたいから、手伝って、どうすればいい?と自分の気持ちをしっかり伝えてくれた気がします。またパン作りたい!!と言っていました。◆トトロのお腹になる部分のクッキー生地が下過ぎたので直そうとしたら「自分でやるから(直さなくて)いいの!」と言われてしまいました。焼き上がり、やはりお腹の部分がズレてしまっていたのを見て「あれ?お腹が落っこちちゃってる。。もう少し上だったかなー?」と自ら反省?した様でした。そして「お腹が落っこちちゃって可哀想だからニコちゃんのお顔描いて〜」との事でニコちゃんの顔を書いたら「良かったね、トトロ〜」と喜んでくれました。今までだったら多少ズレていても気にしなかっただろう娘がこんな事を気にする様になったのだな、と成長を感じました。◆やはり焼き上がりを楽しみにしている姿で『もう焼ける〜?』と和室で待機しているときに調理室に見に行きオーブンの前で『あと何秒だ』『早く顔 描きたい』と待ちきれない様子でした。◆自分でやる!ママはやらないで!と、自分で作りたい気持ちが強く、自分で作ったパンは格別なようで、パクパク食べていました。◆前回のパン作りでは、親の私の方が多く作業をしてしまったので、今回は私の方は温かく見守るようにして、子供中心に作業をする事が出来たのかな、と思います。娘が前回に比べて出来る事がたくさん増えていたので、親子共々成長を感じる事が出来ました!再度、参加させて頂いて本当に良かったです。ありがとうございました!-:-:-:-:-:-:-:--:-:-:-:-:-:-:-お子様の成長はもちろんですが、ママ達も回を重ねる毎に成長していっているんだなぁと感じました。私もそうですが、大人目線で考えて子どもの想いに気づけなかったり、見守り続けることが難しくてつい手伝ってしまったり、そんな経験を経て、ママ達もお子さんと一緒に成長していっているんだなぁと思いました。「親子deクッキング」という体験を通して、お互いが心を通わせて対話(コミュニケーション)することで、親子で成長できる場を提供出来ていることが、きょうちゃんは、何よりもの喜びです。ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。次回の「親子deクッキング」は6/23 10:00~、13:00~です。現在キャンセル待ち、受付中です。なお、「親子deアウトドア」の6/8「田植え体験」6/25「野菜収穫」はまだ空きがありますので、ご希望の方は、LINEか下記メールにご連絡ください。hapipuro.wakuwaku@gmail.com

      2
      テーマ:
  • 10May
    • 【報告】5/9「あいずdeてあそび」in ロカーレ グループホームヴィータ

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターきょうちゃんです。5/9(木)15:00~「あいずdeてあそび」in 「ロカーレ」グループホームヴィータでした。グループホーム「ヴィータ」とは、一般社団法人 ロカーレさまが、運営している施設で、心に障がいを抱えた方々が、相談や援助を受けながら自律した生活を目指すことを目的とした共同住居です。一般社団法人 「ロカーレ」さまの Facebookページきょうちゃん、グループホームへの訪問や、心に障がいを抱えた方々との交流は初めてだったので、最初はとても緊張しましたが、今回も楽しく7人 の利用者さんと一緒に、手遊びしたり、新聞紙でカブトを作ったりして遊んできました。今回利用者さんは写真掲載が恥ずかしいとのことで、遠慮するそうです。だから、きょうちゃんばかりの写真となりますが、ご了承くださいね。少人数だったので、最初はきょうちゃんの自己紹介をして、その後利用者さんたちにも一人一人自己紹介をして頂きました。皆さんの趣味や好き嫌いな食べ物などを伺って、少し打ち解けることが出来ました。そのあと、グーチョキパーの手遊びでは、皆さんにも考えていただきました。皆さんから出た案がこちら↓パーとチョキで「紙切り」チョキとチョキで「カニさん」チョキとグーで「カタツムリ」でした。またまた、新たな「紙切り」という案が出てきて、色々な発想があって面白いですね!また、「げんこつやまのたぬきさん」では、恒例のじゃんけん大会をやってみました。勝った人とは、きょうちゃんがハイタッチをしに回っていきました。3回戦目で全員とのハイタッチを目指して、挑戦しましたが、残念ながら2人が負けてしまい、ざんねーーーんとなりました。しかし、毎回このじゃんけん大会は盛り上がります。「負けるのが好きなんだよ」とか、「勝ちすぎだから遠慮したんだよ」なんて、負け惜しみを言ってましたね(笑)皆さんがたくさん笑って下さり、全員と触れ合ったり、コミュニケーションがとれて、きょうちゃんもとっても楽しかったです。その後、皆さん立って、手足や全身を使って遊びましたが、最後まで皆さんついてこれました。すごいです。きょうちゃんの方が息切れしてました。そして、最後は折り紙が得意だという方がいたので新聞紙を使って「カブト」を作りました。折りあがった「カブト」を頭の上に乗せて、集合写真も撮りました。皆さんいい顔してますが、お見せできなくて残念です。終わったあとに、職員の方が、皆さんに感想を聞いてくださったら、楽しかったと話していたそうです。ご参加頂いた方々の中には、表情がかたい方やうつむき加減の方もいらっしゃいましたが、それでも、皆様のペースで楽しんで頂けたようでホッとしました。また次回も伺えることを楽しみにしています。今回このような機会を設けて下さった、ロカーレの皆様、ありがとうございました。

      2
      テーマ:
  • 03May
    • 【内容】6月『親子deクッキング』カタツムリぱん

      はぴぷろのプログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。6月の『親子deクッキング』の申し込みを5/6より開始いたします。6月は新メニューを考案しました。以前試作していた「カタツムリぱん」です。今月の「親子deクッキング」は、「親子deアウトドア」を2回開催するので、6/23の日曜開催のみとなります。何度作っても、お子様が成長している分、できることが増えていたり、前回との比較をして成長が感じられたりして、きっとクッキングを通して親子のコミュニケーションが豊かになるのではないかと思います。【日時】6/23(日)10:00~12:306/23(日)13:00~15:30【内容】:カタツムリぱん(2個)(ベーコンパン)※↑写真は前回の試作の様子です。●場所:赤羽公民館 料理室&和室〒374-0013 館林市赤生田町1950-2赤羽公民館 地図●参加費 :1組 500円※兄弟姉妹参加で2組(1000円)を希望の場合は、申し込み時にお伝えください。●対象者:親子 お子様は1歳半頃~(簡単なお手伝い程度の料理が一緒に出来る年齢から、今までは小学生までとしてましたが、今年は特に制限はしませんので、中高生の参加も可能です。●定員:12組※ぱん生地は捏ねて1次発酵済みです。●持ち物ママのエプロン ママの三角巾手拭きタオル食器を拭くタオル飲み物●申込み方法下記を記しメール、またはLINEにて申し込んで下さい。★親子氏名★お子様の生年月日★携帯電話番号★希望日※6/23(日)午前、午後、どちらを希望するか明記して、申込をお願いします。hapipuro.wakuwaku@gmail.com※5/6 から申込受付致します。5/31が申込締切日です。申込は先着順です。定員になり次第キャンセル待ちとして、締切までの間は受致します。キャンセルが出なかった場合は次回のクッキングを優先的に申込受付致します。なお、申込締切後に申込者全員にご連絡を致します。以上のことを予めご了承のうえ、お申し込みください。ご質問などがありましたら、上記メールにて、お気軽にお問い合わせください。それでは、お申し込みお待ちしております。

      8
      テーマ:
  • 02May
    • 【内容】6/8『親子deアウトドア』田植え体験

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。6月の「親子deアウトドア」企画は、昨年初の「稲刈り体験」でお世話になった池田農園さんの田んぼに『田植え体験』に出かけます!池田農園さん(栃木市藤岡町)は、無農薬でお米や野菜の栽培に取り組んでいらっしゃり、子どもたちへの農業体験にも積極的に関わっています。今回も、池田農園さんの全面協力の元、今回の企画が実現しました。快くこの企画に賛同して下さり、ありがとうございます。↓池田農園さんのブログはこちら池田農園さん のブログ昨年の稲刈り体験の様子がこちら↓また、しょーちゃんが昨年企画した小学生対象の田植え体験の様子がこちら。さて、今回の企画内容は下記の通りです。【日時】6/8(土)9:30~12:00【場所】池田農園さん(栃木市藤岡町)※申込確定した方には、場所の詳細をお知らせします。【内容】田植え体験と野菜の収穫【参加費】1組 1,000円【定員】5~10組※本来親子での参加をお願いしておりますが、興味のある方は、大人のみ、お一人様でのご参加も受付致します。●服装と持ち物長袖長ズボンに長靴帽子軍手(2枚)タオル着替え飲み物レジャーシート泥だらけになる可能性のある方必要に応じて、水着、ゴーグル●申込み方法下記を記しメール、またはLINEにて申し込んで下さい。★参加者全員の氏名★お子様の生年月日、学年末★代表者の携帯電話番号hapipuro.wakuwaku@gmail.com※5/2(木)から申込受付致します。5/31 が申込締切日です。申込は先着順です。定員になり次第キャンセル待ちとして、締切までの間は受付致します。キャンセルが出なかった場合は、次回を優先的に申込受付致します。なお、申込締切後に申込者全員にご連絡を致します。以上のことを予めご了承のうえ、お申し込みください。ご質問などがありましたら、上記メールにて、お気軽にお問い合わせください。それでは、お申し込みお待ちしております。

      テーマ:
  • 01May
    • 【内容】6/25『親子deアウトドア』 春野菜収穫inイイヅカ農園

      はぴぷろのブログへようこそ。わくわくクリエイターのきょうちゃんです。6月の『親子deアウトドア』企画はは、昨年まで親子deクッキングと題して、イイヅカ農園さんの畑へ出かけていましたが、今年は「親子deアウトドア」と名前を新たに企画していきます。そして、今回はイイヅカ農園さんの畑へ『春野菜の収穫』に出かけます!!日時:6/25(火)10:00集合場所:イイヅカ農園(館林市大島町)参加費:1組 1,000円定員:5組程度対象年齢:1歳半くらい~(通常は親子参加が基本ですが、大人のみの参加もOKです)内容:春野菜の収穫じゃがいも(キタアカリ、メークイン、インカルージュ)ケール、レタス、玉ねぎ、ブロッコリー、キャベツ、ズッキーニ、インゲン、コールラビ、スイスチャード上記の中から、何の野菜を収穫するかは、その時までの成長度合いによって変わるので、当日まで楽しみにしていてください。現在の畑の様子を少し写真にてご紹介します。↓じゃがいも↓ズッキーニ↓玉ねぎ↓レタス↓スイスチャード●服装&持ち物汚れても良い格好長靴帽子軍手スコップ手拭きタオル飲み物着替え●申込み方法下記を記しメール、またはLINEにて申し込んで下さい。★参加者全員の氏名★お子様の生年月日★携帯電話番号hapipuro.wakuwaku@gmail.com※5/2(木)から申込受付致します。5/31 が申込締切日です。申込は先着順です。定員になり次第キャンセル待ちとして、締切までの間は受付致します。キャンセルが出なかった場合は、次回を優先的に申込受付致します。なお、申込締切後に申込者全員にご連絡を致します。以上のことを予めご了承のうえ、お申し込みください。ご質問などがありましたら、上記メールにて、お気軽にお問い合わせください。それでは、お申し込みお待ちしております。

      テーマ:
topbanner

プロフィール

はぴぷろのプロフィール

はぴぷろ

性別:
女性
血液型:
AB型
お住まいの地域:
群馬県
自己紹介:
★わくわくクリエイターのきょうちゃんです。 【はぴぷろ】は、わくわくするような活動を通して、参加す...

続きを見る >

フォロー