わかこのブログ 
通訳、その他のご依頼・お問合せは:
amo.motherwing♡gmail.com (♡を@に代えてください)


和の頭蓋仙骨療法のお問合せは
shiawase.oteate.wako♡gmail.com (♡を@に代えてください)


◆ホピ物語朗読会スケジュール
ホピ物語朗読会Facebookページ


  • 01Jul
    • 久しぶりのお手当て出店

      本州の梅雨のような湿度の高い今日。福島の子どもたちのこと保養プログラムを夏、冬と行っている余市の「山の家きょうどう」さんのチャリティバザーがありました。完熟トマトに、朝採れキュウリ、、 子ども大好きのクジ麹から手作りのお味噌に、、おかず味噌、、オーガニック生地も選べる石窯ピザ。窯に入れて90秒で焼けるなんて♪ 美味しかったー♪ホロさんのパンや焼き菓子に、手作りシロップのかき氷、、(かき氷は、苺と梅シロップ。美味しくてどちらも制覇♡我が家の梅シロップも出来上がったらかき氷にしようっと)写真は無いけれど、陶器作家さんから沢山の食器のドネーションもありましたよ。特価で!炊きたてご飯のお惣菜定食、、算命学占いは、チャリティ特別価格のワンコイン。なのにしっかり鑑定。心のこもった言葉が紡がれて、元気付けられました。生まれ持った特徴と、今はどんな時期にいるのか、それをどう活かすといいのか。 私はコツコツじっくり努力するという生まれもった気質があると言われて、ちょっとびっくり。飽きっぽいのになぁと思って 笑。30〜60歳はガンガン動き回り、60以降は天舞うように益々自由に好きな事をしていく質を持って生まれているんだそう。2月に、奄美大島のゆた神さまに「あなたはあと30年くらいこのまんまアチコチ行くわよ!」と言われたしね w私はお手当て、、セッティングするだけで汗だく💦ここは本州かっ!と呟きながら 笑受けてくれた女子高生。15分の体験だし、お友だちやお母さん、ママ友も近くにいるし、初めてのお手当てだし、、でゆったりとはいかなかったようですが、終わった後「どうだった??」とお友だちに聞かれ「...なんか不思議」と。お片づけの時間が近かったけど、興味津々の女子高生ちゃん達に、耳のお手当てをお教えしました。指の先ではなく、指のハラ(物に触れる時に使う辺り)でふんわり触れること。ぴとっと触れやすいところにただ触れること。じっくりと、指の皮膚と耳の皮膚が馴染むのを感じていくこと。やがて、指なのか耳の皮膚なのかわからなくなる程馴染むこと。そうしたら、馴染んだ側から耳がふわりと大きくなるようなイメージをすること。引っ張らないよう、楽に固定できる位置でするのがいいこと。。実際に、それぞれのお耳に指を当てて感触を味わってもらいながら、各人も自分のお耳に触れる。感覚の世界を束の間味わう時間。今日は、音叉も持って行ったので、音叉を当てるのもチラリと体験してもらいました。人によって、音が変わったり、音の長さが変わる事もあるし、まるで体から音を吸い込むように消えていくことがあるのよ〜^_^と話すと興味をそそられたみたい。お片づけの時間になり、どんな体感だったか聞く時間は無かったけれど、持ち帰ってもらえていたら嬉しい。先日の、とっても楽しく為になる、さるちゃんの電磁波講座で出会った新アイテムも、パソコン仕事が多いという方に使って頂いたりもして。静電気星人な私は、これで背中やおかしな痛みが出ていた指関節がとっても楽になったので、他の方の体感もお聞きしたくて^_^ やはりいい感じでした。ふふ。山の家に滞在中の、オーストラリア人の男の子は、ウクレレ片手にミニライブ。ポイやファイヤーダンスのスティックのパフォーマンス(火は付けずに)もあったみたい。会場セッティングで、大活躍してくれました。保養の時もお手伝いするんだそうです。日本語も一生懸命勉強中だって。日本は面白い!と目を輝かせていました^_^デイサービスをやめて、家にばかりいる母も1日付き合ってくれました。今日お出かけした事、どの位記憶に残っているかなぁ。帰りの回転寿司は覚えているはずw久しぶりのお手当て出店。いい時間でした。私のお腹も調子が良くなりました。顎もゆるんだ。うん。お手当て、やはり良い。 訪問お手当て再開します。60分7000円(出張、交通費込み) より

  • 20May
    • 飾らない居住まい

      大好きなツリーハウスの森で、山菜を楽しむ会の今日。色んなお友だちが一緒に参加。あまり山菜はなかったけど、のんびり山を歩いて、手作りの急な坂道はアキレス腱伸ばしにちょうどよく、昨日の大雨が嘘のような抜けるような青空に映える新緑を楽しんだ。まだ虫も出てこない森は快適。連日の残業でパンパンだった心と頭から、疲れが抜けてゆく。沢に下りて清水に浸かる。まだ冷たい水はキーンッと足から頭まで突き抜ける。チャントしながら暫し。痛みが消えはじめ、冷たさにキュッと縮こまった体のあちこちに気がつきはじめ、そこを緩めながら眼に映る景色に心を遊ばせる。ニホンザリガニも棲む綺麗な沢。チャントを終えて、何だかんだやっと一息ついた頃に携帯が鳴っていた。4月のアースデー東京で偶然再会したお友だちから。10年前、共にアメリカ横断のピースウォークを歩いた彼女。その後ほぼずっと海外を旅し続けていた彼女。北海道に来ているから、と合流してくれた彼女が近くまで来たという電話。ランチは山菜のフリットやお肉のロースト、デザートのスイーツピザ。爽やかな香りのヒトリシズカは絶品。キトピロソースが抜群に合うお肉のロースト。かねごんシェフ♡カスタードクリームたっぷりのフルーツピザ再会したお友だちは、アメリカで出会った頃は英語が全く話せなかった。けれど、澄んだ瞳といつも可愛らしい笑顔でいる彼女は、あっという間に皆から愛され、どこにいても楽しそうだった。アメリカの後も、何年か旅し続けていたみたい。今も、耳の遠い父相手に、物凄く盛り上がっている。このピュアな好奇心の塊の可愛らしい居住まいが、どこに行っても愛され、楽しい時間を作り出しているのだなぁ。言葉は二の次。癒される。また旅に出たくなった。

  • 17May
    • ツリーハウスの森

      生きかえる残業続きでヘトヘトだった心とからだ久しぶりのニムの森まだ僅かに残る桜鳥たちの声 夏のような日差し眩しい若葉細胞が深呼吸してた熊除けの電柵を張る作業のお手伝い。張ってあった鉄線を、上、真ん中、下と入れ子にならないよう木に固定していきました。草の下敷きになってたりして、少しずつ。 少し歩いても汗が吹き出る日差し。やっと夏が近づいたかな。オーナーの横っぺと2人でのんびりと作業。気がつけばけっこうな距離を歩いてました。汗かくなんて久しぶりでした。気持ちいい。久しぶりのツリーハウス。3号棟は新しい回廊の工事が始まっていました。テラスにはおしゃれな椅子とパラソルもお目見え。「中もだいぶ変わったよ^ ^」とオーナーの横っぺ。中には人工芝が敷いてあって、すっかりくつろぎ空間になっていました。前回来た時はまだ板間で靴のままでしたから。下の写真。ツリーハウスの支柱のような大きな木。分かりますか?ここで採用している工法だと、木は生きたままなんです。 床に寝転がると、明るい屋根が見えます。風のある日だと、木の揺らぎがツリーハウスにも伝わって、ふんわり揺れます。それも好き。森。越冬の跡と夏の足音が混在していました。今週日曜の案内 (←秘密基地のサイト)4月とはまるで違う新緑の森を楽しんで下さいまだ虫が少ないので渓流遊びも可能です。にむの森で山菜採りと渓流遊びをした後にカネゴンシェフによる豪華山菜ビユッフェ。メニューは・山菜フリット・山菜リゾット・肉ローストのキトピロソース添え・ピザ釜で焼くスイーツピザ・ひとりしずか茶・ごはんも出ます。 持物 マイ箸、茶碗、皿、コップ、ビニール袋、カッターナイフかハサミ、タオル服装 長靴、重ね着(寒暖調整)、軍手飲食物 飲み物、お菓子は各自持参 一緒に行きませんか?

      4
      テーマ:
  • 15May
    • さるちゃんの「電気となかよくなる電磁波講座」よかった!

      触れるとバチ!と静電気。髪の毛も、手ぐしですらバリバリの静電気。静電気が貯まると、酸化=老化。帯電してると、空気中のちりや埃、カビ、その他舞っているものはなんでも皮膚にくっついちゃうという恐ろしいテレビ番組も見たりして、最近皺やシミが顕著になってきたお年頃のにはまぁ切実。にしても、電場、地場、静電気、高周波、アーシング断片的に見聞きするけれど、今一つ整理できないので、評判の「電気となかよくなる電磁波講座」へ行きました。前評判通り、講師のさるちゃん こと猿田さんのお話はまとまっていて分かりやすく、膨大な情報も、充実したテキストのお蔭で復習もしやすい。もうね、会社休んで行って良かった。巷にあふれる電磁波対策グッズを400万円分も購入して自分で試し、計測し、実際に使える!という物を、中には信頼できる工場にお願いして更に質の高い加工を施してコンサル時に使用するなど、プロです。プロ。そんな、お薦めのアイテムを、講座中に次々回して、実際に自分に合うのか、体感はどうか、試着(試用)させてもくれます。私個人は、メガネの縁に取り付けるアイテムを着けた途端視界がすっきりしたのに驚愕!普段のメガネがまるで、薄汚れたレンズに感じるほど。アイテム着けると、クリアに見えるし、身体も軽くなります。他に、後頭部や頸椎に溜まった電磁波を抜いてくれるというアイテムは、後頭部のとあるスポットに当てたら、急にす~っと何かが抜けていくような感覚。あれれ?と思っているとそのスポットが痛くなり始めたので驚いてはずしてお隣の方へ。さるちゃん、「そこじゃないよね」「まだ残ってるよ」と。痛くて少しずらした所がさるちゃんの目に留まったのでしょう。すごいね、さるちゃん。正中線のエネルギーが通るというアイテムを背中に当ててくれた時は、いつも詰まった感じがするスポット。少しするとそこを中心に背骨の上下に爽やかな風が通り始めたような感じで背中が楽になりました。講座が終わった後も、質問が出なくなるまで対応してくるし、本当にありがたい講座でした。思った以上に電磁波や静電気なんかの影響を受けていたんだと自覚したんですが、色んなグッズのお蔭か、くらくらして動けない。暫し横になると、会場にいたお手当ての先輩がすっと近寄ってきてお手当てしてくれました。呼吸を整えながら、暫し体感の世界へ。と思ったら、近くにいたさるちゃんが、額の辺りに他の電磁波対策アイテムを載せてくれます。お手当てと相まって、すっきり回復。顎も弛んでいました。シックハウス症候群と気づかず、不調の原因になる建物に通い続け、化学物質過敏症、そして電磁波過敏症を発症した親せきがいるので、その大変さに触れた事があります。個人差も、日によっての体調での変化もすごく大きくて、単純ではないし、万能な対策が無いのも知っています。だから、自分には何が影響しているのか、自分の使っているものにはどんな対策をしたらいいのか、は丁寧に見ていかなくてはいけない事も知識としては知っていました。でも、昨日のさるちゃんの講座に出るまでは、こんなに自分が影響をうけていたこと、グッズが助けになってくれることも実感することはなかったので、少しずつ、テキスト復習しながらあれこれ試してみたいと思います。お手当てにも取り入れたら相乗効果がありそうなアイテムもあるし。私のおそうじ講座のタイトル同様、「ちょうどよい暮らしを見つける」には実験してみるしかないのです。「ちょっとしたことで、ぐっと変わる事もよくありますよ^^」とさるちゃん。ふふ。楽しみ。それと、人によって体感も影響も違う電磁波は、大丈夫な人や自覚のない人には中々伝えるのが難しい。そういう時の、お話の仕方やアプローチの仕方、心持ちの事もアドバイスしてくれました。身近な人ほど、正論で迫ると逆効果、とかね。勉強になります。にしても、さるちゃん、何かに似ているのですよ。大きな瞳、小さめの口、柔和な表情。ご本人「誰か」でなく「何か」  に似てると言われて 「初対面なのに~~~」と  笑耳つぼジュエリーのスミちゃんに、耳つぼお願いしている時、「痛くしちゃって~!」と横からリクエストしてくる位でした。小学生みたい~~~(爆)と残っていた面々に笑われてさるちゃんも大笑い。最後まで楽しい講座でした。さるちゃんの電磁波講座、超おすすめです♡旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

      6
      テーマ:
  • 13May
    • 1人オーガニックファーム

      森で熊除けの電柵張るお手伝いで久しぶりに汗をかいた帰り道、「あ!近かった!!」と思い出してカワイファームへふらり。明日は雨だから!とフル回転していた1人農業川合くんw オーガニック頑張ってました。定植するの「やりたーい♡」と飛び入りでさせてもらいました。今年はもうブヨが出てるんっすよーと川合くん。顔の周りにブヨやら何やらブンブン集られつつ「いや〜人気者の宿命っすね( ^ω^ )」と相変わらずの川合節聞きつつ、耕したばかりのふっかふかの地面にキャベツ、赤キャベツ、白菜の定植してきました。 楽しく、美味しく、オーガニックで食べ物作ってくれる大地のお世話係の川合くんにリスペクト。静かな山間でもふもふの土と小さな野菜達。くっついた苗に「植えるから離れて^ ^」と声かけながら解すと細い細い絡み合った根がふわりと離れてくれます。気持ちの良い夕方。朝から午後のツリーハウスの森で電柵取付のお手伝いはまた後でレポしまーす♡暫く行かない間に3号棟の内部が素敵に出来上がってました☆地元生活満喫です。やっと。筋肉痛が心地いい。来週末はツリーハウスの森で山菜採りとかねごんシェフの美味しいご飯♡ 月末の週末は占冠の山菜市♡6月最初の週末は念願の音威子府♡平日の残業の反動か 笑行きたい人は連絡してねー^ ^旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

      テーマ:
  • 10May
  • 30Apr
    • アースデー東京2018 おそうじ学校  楽しかった!

      メッセージは固まった。 メッセージをシンプルに伝えられるように出店アイテムを絞ろう。体感してもらえるように実験ブース作ろう!どんな実験が良い? 私は札幌で、他のメンバーは関東と言っても点在するので、一度集合会議した後はほメッセージでの打合せだけで進めていきました。前日から泊り込みチームが最終準備や設営して、当日いよいよブース作り。到着したての商品に値札貼るところからです。開始時刻に間に合うのかちょっと不安でしたが、エンジンかかりました♪机上の、というより、クラウド上での素人企画なので、初日、取り敢えずブースらしく作るので精一杯。何とかカタチになりました^-^子供用Tシャツにコピープリントしたら良いんじゃない?カタチなったら可愛い♡ みんなで自画自賛╰(*´︶`*)╯当日メンバーも集まります。久々に再会した同期の認定講師たち。初日は沢山の人に実験してもらいたいね!と実験ブースを片側に置き、商品は反対側手前とテント内に配置。アースデースペシャルで、普段より更にお買い得な洗剤量り売りはテントの奥。実験押しです。ところが実験する人が数人になると人の壁ができてテント内のアイテムが何も見えなくなり、何のブースだか分からない!という事態に。 そして、想定外な人の流れ方でブースに中々人が来ない、、、「遠くから見たら何のブースかわからない!目立たない!」との声ですぐに配置換え。量り売りのキューブを目立つように前へ。大きなポップも。サラリと書けちゃうメンバーが来たんです。皆んな尊敬の眼差し。出来ちゃう人は、これで?!と言ってましたが、できない人からすると本当に素晴らしい才能。学園祭の雰囲気で私は楽しかったなぁ。認定講師は職業も様々。MC業の彼女は、声がけも説明もさすが!特に若い子達とノリノリで楽しい実験をする天才です。「わ〜!マジッ」が沢山聞こえました。 認定講師と言っても、バリバリの講師業で企業してます!という人ではなくて、家庭の主婦やお勤め人など屋外のイベント会場で接客や販売経験がない認定講師もいて、なかなか歩いている方に声をかけられなかったり、やっと声をかけても頭が真っ白になる人もいるんです。(慣れて無ければ当然ですよね)。私も去年のアースデーはなかなか声をかけられなくて自分に「も〜!」っともどかしくなっていました。MC業の認定講師はじめ、他の人たちの説明や声がけを聞いて、学びつつ背中を押してもらうように、チャレンジを始めるんです。もう、立て板に水!なステキな講師や、聞き上手な講師、合いの手をいれるような講師から沢山学んで伝える幅を広げていきます。「私これ使ってるの!もう手放せないの〜♡」とお友達を連れてきてお悩み解決をしちゃう、ベヒースリング講師さん(隣のテントの方)もいたりして(≧∀≦) 思わぬトークが聞けたのもアースデーならではでした。リピーターさんが沢山買いにいらした量り売り。洗剤の量り売りって日本ではあまり見かけないと思います。欧州はわかりませんが、アメリカの自然食品スーパーではありましたね。液体せっけんの量り売り。(ピーナツバターとかドライフルーツ、穀物類やナッツなんかも日本だと無いか、少ないですよね。あるといいなぁと思うんだけれど。)同期の認定講師のところでは、幼稚園のママ友がこの洗剤「海へ」の量り売りを愛用しています。幼稚園バックに、空の500ミリペットボトル括り付けてくるので、それに洗剤を入れてまたバックに括り付けてあげるんだそうです(๑˃̵ᴗ˂̵)アースデーでは、せっかくの量り売りを分かりやすい所に置いた方がいいね!とまたまた移動。洗剤などのアイテムも、テント内から配置換え。歩いている方から見えやすい位置へ。ブースに来たり、足を停める方が増えました。特徴や使い方、普段のお困り事へのアドバイスなど、使用感を実感している講師たちがお伝えしました。昨年より外国人のお客様の割合が高くなった気がするという声が多かった今年。下の写真の男性は、日本語ペラペラでした。さも私が英語で説明してそうですよね 笑アクセントがあったので日本生まれの方ではないと思いますが、日本人の方にするのと同じ説明で通じる方でした。会場で使った食器を先ず新聞紙などで拭ってからだと、洗剤も水も少なくて済みますよね(╹◡╹)なお話。「なるほど、そういう事ですか」と仰って去っていかれました。新聞紙が破けない程度の優しい揉み擦りは、つまみ洗いの時の力加減にも応用すると、生地が傷みにくくてお洋服長持ち♪というコツもお伝えしたかは、もう記憶が…(道産子には連日真夏で、熱射病気味でした(^-^;)汚れてるとついゴシゴシガシガシしてしまいますね。沢山の小さい人たちも驚きと楽しさを満喫していってくれました。「海へ」や「森と」を初めて見た!という方も沢山いらっしゃいました。新聞紙を少し濡らしただけで、かなりの汚れを吸い取ってくれる!消しゴムとちょっとの水で油性マジックが取れちゃう!汚れ落としの概念、きれいにすることの概念がちょっと変わると、何をどう使うかが変わるかも(^^)今使っているのが、液体洗剤や石鹸の方は、泡ボトルで泡にして使うと液体で使うよりグッと少ない量で済むみますよ~と、他の講師がアドバイスしていました。目分量から、時には適量って本当はどの位?を試してみるのもおススメです。ほら、キャンプやお花見なんかで、水場が遠いときは色々工夫しますよね(^^)キレイな海をいつまでも♡知ってか知らずか、ブースに来てくださった皆さん、ありがとうございました!あなたの暮らしが、ちょっと気持ちよく、地球も気持ちよく、さらに楽しくなりますように。余談1お水飲んでも、飲んでも干上がっていくような太陽ジリジリでテント内はすごかった。な割りに、大好きな方がズームレンズを向けていらしたのでつい…(//∇//)余談2 この人出のアースデー会場で名前を呼ばれ振り向くと・・2008年に共にアメリカ横断のピースウォークに参加して、アメリカで分かれて以来のお友達がそこに♡彼女はその後ほとんど海外を旅し続けていて、SNSもほとんど更新されず、更新された!と思っても他の人のタグ付だったりして、リアルに消息不明な感じだった人なのです。ほぼ森や山、村などにいたという彼女のこの輝き。生命力だけでできていそうなつぶらな瞳。心から発している言葉。正直な居住い。悦びだけの時間にいました。この再会。日本とか、都会とか大丈夫?って聞かれました。久しぶりです、こういう会話 笑昔、湘南エリアに住んでたから「海へ」使ってたよ〜( ˆoˆ ) と、量り売りを購入していきました。子宮は地球、と天然染料と媒染で染めをし、布ナプや肌着を作っている友人もとも数年ぶりに再会。聞けば、福井沖でナホトカ号というタンカーが座礁して重油が海を覆った時、生まれたてで移送できないイルカの赤ちゃんのプールから、流れ込む重油の塊を掬い取るという24時間体制のボランティアに行った旦那さまが、寄付された「海へ」に出会い使っていたのよ!と。量り売りもあるの!との事でがんこ本舗へ紹介しました。再会と出会いに恵まれました。楽しかった、アースデー。旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

    • アースデー東京2018 おそうじ学校ブース

      2年目のおそうじ学校ブース。アースデー東京はもう去年の事のような気すらしますが、先週の週末でした。今年は出店準備チームから参加していたのですが、、先ずは何を伝えるか?キャッチコピーを考えました。笑点のお題よろしく、校長のきむちんが皆んなから飛び出すコピーに「ひねりが足りない(・Д・)」「分かりにくい\( ˆoˆ )/」「お!っていう驚きがないねψ(`∇´)ψ」とバッサバッサと...なんら気の利いた文句が浮かばない私は早々に書記係になりましたwゼロから生み出すより、選ぶなら何とか...次々言えちゃうメンバーに感心しつつサッサとお任せ(๑˃̵ᴗ˂̵) 文殊の知恵でしょうか、とっても良いのが出ました♡デザインは、メンバーの息子ちゃんがやってくれました♡ところで、あなたは「洗う」と聞いてどんな行動をイメージしますか?何か石鹸や洗剤などの洗浄剤をつけて、たっぷりの泡で擦ったり撹拌して、たっぷりのお水ですすぐ。という感じではありませんか?ご家族やご先祖の墓石も、仏像やお地蔵様も、水をかけて清めますよね。「水に流す」なんて言葉もあるくらい私たちは水の豊富な国で生まれ育ってくる中で培われた感覚で暮らしています。歯みがきと洗顔を小さなコップ1杯のお水で済ますという砂漠の民ではありませんよね。ちょっと想像してみてほしいのです。おうちの排水口は海の入り口。泳いだり、デートしたり、お散歩したり、涼んだり、夕日を見たり、サーファーにうっとりしたりそんな海はきれいな水と溢れんばかりの生き物たちの世界が良いじゃありませんか?海草も、エビ・カニも、お魚も美味しいのが良いですよね?本州の田舎に暮らした時、お家から出る排水はすぐ外の側溝に出て、集落を通り抜けて目の前の川に流れ込んでいきました。海まで車で20分ほどの所だったと思います。海の町に近いところでした。札幌の下水道完備な住宅地育ちだった私には、あまりにダイレクトで衝撃的でしたよ。当時は、石鹸や重曹で暮らしていました。でも、やっぱりお水はじゃんじゃん使っていたし、自分のお皿やお鍋から汚れが取れて流れてしまえばそれで完了だと思っていました。足るを知る、というか、そんなに使わなくても良いんだと知ったら、手間と洗浄剤と水道代かけてそこまでやらなくても良いんじゃない?って思ったんです。どうしてもの部分だけ最小限の洗剤を使う。それも洗剤自体も油・脂汚れも生分解するもので。自然界さん、そこだけよろしくお願いしますという感じ。砂漠の民のようにコップ1杯のお水で洗顔と歯磨きをしよう!というような、水を使わない!!使っちゃダメ!と目くじら立ててる訳ではありません。麺はたっぷりのお湯で湯がくと美味しいし、お風呂だってゆったりと浸かりたい。使うところにはちゃんと使えばいいんです。誤解なきよう書きました。つづく旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

  • 29Apr
    • 妖精たち

      妖精たちが微笑んでる おいでおいで気がつけば私にも羽がそうだ羽があったんだ旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

      2
      テーマ:
  • 25Apr
    • アースデー東京2018 お手当てブース

      東京のじりじり太陽で煮えてしまったらしく、やっと冷えまして復活。アースデー出店、無事に終わりました。会いに来たり、お手当て受けに来たり、洗剤を買いに来たり、偶然再会したりという皆々様、本当にありがとうございました!書きたいことがたくさんあって、きっとまとまらない。先ずはお手当てブースから。良ければ最後までお付き合いください(^^)昨年同様、おそうじ学校&お手当てブースの掛持ちでした。特に、おそうじ学校ブースは準備から関わる機会を得て、関東のみんなとあれこれ知恵を絞り、札幌からできる事を探しながらみんなで作り上げていきました。去年はアースデー本番数日前から横浜Umiのいえに泊まり込みで、まるで合宿状態。アースデー前日と翌日は設営や撤収もあり、当日朝はブース作りという力仕事。もちろん、事前に何をどう伝えるか、必要なものは何か、などの企画から実際の手配や制作、お買い物や準備のリストアップなどやることはてんこ盛り。合宿の時は、もっぱらご飯作り担当でした。炊き出しレベル 笑今年は、仕事があったので金曜深夜に横浜入り。日曜の午後には会場を後にしたので、お片付けなんかもできずちょっと後ろ髪惹かれる思いでしたが、灼熱の会場で実際は暑さでフラフラ。残っていても使い物にならなかった、きっと。こうしてみると、お仕事、家族のことなど通常業務や色んな事抱えながら出店するって本当にすごい!たった2回しか関わっていませんが、みなさんの情熱とパワーに圧倒されました。そこまでしてるのは、広めたい、伝えたい、関わるみんなの経験の場を作りたいという思いというか愛情。おそうじ学校ブースも、お手当てブースも大前提はそこ。お手当てブースには殆ど行けませんでしたが、、、その分、客観的に見ることができたかもしれません。オレンジのTシャツを着ているのがお手当てブースチーム。お子さん連れでいらしたお母さんが休めるよう、助産師やおんぶや抱っこのアドバイザーをしているお手当て人もいるので、赤ちゃんやお子さんをお預かりしてお母さんの癒しの時間を確保します。眠かったり、人混みで落ち着かなかったり、、で大泣きする小さい人たちも、ちゃんと泣いてもらって落ち着いたらくるりと兵児帯やラップ、スリング等、体型や月齢・年齢にあった方法で抱っこするプロたち。らくちんご機嫌で待っています。お母さんから離れられない子も大丈夫。お母さんに抱きついたまま親子で横になってお手当て。抱っこ中でも…ベビーアースデーにぴったりですね。もちろん、お母さんだけでなく老若男女様々な方がお手当て受けて下さいました。わざわざ訪ねてきてくれた友人や、偶然再会した友人もお手当てを受けていきました。人生初の強烈な眩暈と不調だったという友人は、初めてお手当てを受けて、「もっとしてほしかった~。なんでか涙出た、」と。偶然再会した友人は、突然あばら骨に痛みが走り、背中がおかしいと。「すごい改善を実感したよー」と。後からこんなメッセージもいただきました。「昨日はゆっくりしました。わこさんの安心感、凄かったなぁ。泣けたなぁ。なんか、身体が喜んでいました。ただ触れてくれる感じが、深いところにアプローチしてくれている感じが。ありがとう。 」私自身も、お手当てでとっても助けられました。両日とも、駐車スペース確保の為早朝に代々木公園に着いたUmiのいえ出発チーム。2日目の朝のこと。前日の暑さからか、頭痛のあった私に麻紀子女将が「(ベッドに)寝なさい!」と。まだ早かったのでありがたく横になると、女将がUmiのいえで修行中のユウスケ君にお手当てするよう言ってくれたようで…全体的に、手の重みがちょっと私には重すぎ(足先と鳩尾)たり、手が厚くてお腹のお手当ての時は上下からの圧迫がちーと苦しかったのだけど、にも関わらず!ぐい~っと静かな世界に落ちてゆき、鳩尾の辺りからグフッとガスでも抜けるかのような動きが起きて、爽快感が広がりました。頭痛も治ったお陰で開店準備に入る事ができました。ちょっと苦しかったのに、心地良さとお手当ての深さは必ずしも比例する訳じゃないんだなぁ。共鳴していく何かが、ふっと働くような気がします。つづく旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

  • 23Apr
    • 再会

      アースデーで久しぶりに再会した人たちがいた。とっても嬉しかった。 もっと若い頃、沢山の事を教えてくれた人。魔法使いのようでもあり、厳しい職人のようでもあり、繊細な少女のようでもあり、目に見えないものたちの声を聴くひとでもある。 染めをする彼女は、同じ染料、水、鍋、火を使っても、他の人には出せない色を染めあげていたっけ。もう1人は、10年前、アメリカ横断のピースウォークで一緒だった人。華奢なのに灼熱の荒野を駅伝のように走って繋ぐランもする凄さと、辿々しい英語だけで瞬く間に色んな人から愛される性格と、どこまでも純粋な悦びに満ちた笑顔でいる人。アメリカで別れて以来、彼女はほぼ海外を旅し続けていた。SNSも殆どしないから、消息も殆どわからないままだったのに、アースデー会場で急に声をかけられた。お互い本当にびっくり!!そして嬉しかった!!また別の人は、潜在意識の世界を共に学んだ人。無邪気で、本当に可愛らしく、素直でキラキラしている。感受性豊かで、自分に正直だからか、私も楽にオープンでいられる。共通するのは、みんな嘘のない女性。 そう、嘘のない人が好きなんだ。どの人も、瞳の奥底まで透き通っているよう。 その先には愛がみえる。会えてない期間は関係ないのね。距離も。言葉を交わした内容を遥かに超えて繋がってる感覚。再会できて、本当に嬉しかった。もう1人、やはり女性。好きなこと、ピンと来たことに真っ直ぐ。神さまと故郷を大切にしている人。 面倒見が良くてね。 勘のいいひとでもある。どの人も勘がいい。奥を観てるのかな。そんな彼女たちとまた会えた。時代が変わった気がする。旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

      5
      テーマ:
    • 体は札幌

      雨も降らず寒さに震えるこもない奇跡のアースデー東京は真夏でした。初日は心地よい風が通り抜け、お手当てブースでは目隠しの手ぬぐいが飛ばされる事もあるほどでしたが、気持ち良かった。おそうじ学校ブースは、日向にずっといると暑くて軽く熱中症になりましたが、会場で使った食器をキレイにしたり、お皿を使って汚れ落し実験したりあっという間の1日。道産子には、真夏でした。夜は息が白い札幌から、急に真夏。2日目は、更に暑くなり無風。テントの屋根から下りてくる熱・外に出ると直射日光で、水分摂っても摂っても追いつかず頭痛とフラフラな1日でした。寒冷地仕様…暖かい所で暮らしたい気持ちとは裏腹に。3時に会場を出て、おうちに着いたのは9時頃。列車を降りたら、キュッと引き締まる涼しさ。おうちに着く頃には息が少し白くなりました。シャワーの後、おうちの外で裸足になってアーシング。ぐ〜っと気が下りてすっとしました。頭痛も少し和らいだ。お片づけチームは、今日も撤収作業中。 心はまだ東京です。旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

  • 21Apr
    • お手当て クラニオセイクラルセラピーも始まってます

      お手当てブースもやってまーす❣️🌈ゆったりしにいらしてください。師匠、後光が😇😇😇ブース掛け持ちの私、ラストの17時からは予約が入っておりまする。明日ならまだご指名可能😄おそうじ学校ブース、お手当てブース、隣同士でーす。明治神宮側、歩道橋のすぐ近く❣️旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

    • 始まりました アースデー東京 おそうじ学校ブース

      明治神宮側の歩道橋すぐです(๑˃̵ᴗ˂̵)伝えたいこと、こんな風に💕暑くなってきましたよー。熱中症対策して来てね❤️実験、使ったマイ食器洗いで「え〜❣️❣️」がいっぱいブースはステージの直ぐ前♪♪♪朝から暑い☀️☀️☀️1日頑張るぞ💪💪💪旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

  • 19Apr
    • おそうじ学校からのメッセージ

      いよいよ、明後日からアースデー東京2018が始まります^_^おそうじ学校ブース、単に洗剤を売りたいんじゃないよ~^_^海をこれ以上汚さないで、地球のみんなで暮らそう! ちょっとの工夫で、こんなに楽チン、快適、キレイ♡になるよ!海がキレイじゃないと、お魚住めない!お魚食べられなくなる!この先も、美しい海を残そう!みんな、できることあるよー(๑˃̵ᴗ˂̵)などなど… はい、長い。準備メンバーで、洗剤開発者&校長のきむちん監督の下(笑)、テーマを絞りに絞って…ジャーン♪♪ぎゅっと凝縮☆代々木公園での出店場所はこちらです。ベビーアースデーエリアの入り口辺り。右上に「おそうじ学校」とありますね。赤ちゃんの肌着もふっくら洗い上がる濯ぎ1回の洗剤「海へ」。リピーターさんに嬉しい量り売りは、アースデー特別価格です!500mlの空のペットボトル持参で是非どうぞ(๑˃̵ᴗ˂̵)旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

    • 海をマモルンジャー

      旨い魚をいつまでも🐟🍣 先日の奄美大島の油漂着のFB投稿を見て、バリ島から海の汚染や島の水の汚染は人ごとじゃない!と連絡が来ました。奄美大島でも、沖永良部島でも油だけでなく、ビーサン、ペットボトル、浮き、ライフジャケット、カゴ、網、スプーンやフォーク、、大小色んな物が流れ付いていて、その量に唖然とする時も。 写真はありませんが、ライフジャケットやビーチサンダルなども目にしました。 友人ご夫婦は、浜でのゴミ拾いを日課にしていらした程です。 浜の近くには、漂着ゴミ専用ゴミ捨て場もあるビーチもありました。奄美でよく目にしたのは、外国語の書かれた漂着物。。。外国からのゴミがこんなに流れ着いているのね!と残念な気持ちになっていましたが、、それからほどなく、「現場から、海を殺すなプラスチック汚染」 というTBSのニュース特集を偶然観ました。私が観たのはハワイのビーチに大量に流れ着いた日本語が書かれたゴミの山。。。この特集では、バリの海、胃袋がゴミで満杯になり餓死した海鳥などの現状とイギリスや日本での動きなど7回に渡る特集がされていました。東日本の震災の時は、ハーレーですら米国に流れ付いたんですもの(ハーレーが持ち主に返してあげて話題になってました)、浮くゴミは簡単に流れ着きますよね。男性が5〜6人乗る葦舟だって、高知から伊豆諸島まで黒潮で運ばれた訳だし、当然かぁ。。 海だけでなく、かつて行ったアフリカ諸国、かつて歩いた米国のインディアン居留地でも、至る所に散乱したり、引っかかっていたレジ袋やゴミの光景を思い出します。ケニア?ナイロビ?ではレジ袋全面廃止になったそうですね。奄美大島で出会った方から、洗剤のご注文を頂きました。試しに使ってみたら「すごくいい!」と洗濯用洗剤「海へ」、お台所用洗剤「森と」のどちらも。敏感肌の方で、以前から洗剤も環境インパクトも気になっていたとの事ですが、「マジでもう、海へ以外で洗濯できなくなってる」「森と、やっぱり思った通りの使い心地...!すすぎがほんとに早い気がします...。」との喜びの声が届きました因みに、レジ袋、ラップなどのビニール(プラスチック)って油を吸います。紙には劣りますが吸うんです。おそうじ学校では、お皿をサッと拭いてから洗うのをお勧めしていますが、ラップやレジ袋でも結構取れるんですよ!講座のネタにとっておこうと思ったけど、やってみてくださいwいよいよ、今週の土日はアースデー東京に「おそうじ学校」ブースが出ます週末は晴れ予報ベビーアースデーエリア👶で会いましょう♪ピンクがベビーアースデーのエリア。ベビーアースデーのエリアの左上に「おそうじ学校」があります!私は、「おそうじ学校」とその隣にある「NPO法人Umiのいえ」のお手当てブースのどちらかにおります。海をマモルンジャーの輪を広げ、手のぬくもりで共鳴しあう安らぎの時間をお届けします体験・体感しにいらしてください。洗剤「海へ」の量り売りはアースデー特別価格500mlの空のペットボトル持参でどうぞ!関連記事たった5mlでOKの洗濯洗剤「海へ」の使い方旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

  • 18Apr
    • 札幌も春

      やっと風もお日さまも暖かくなりました。昨日の帰路、次の駅から乗った、若い外国人の女の子に「今帰りですか(๑˃̵ᴗ˂̵)?」と元気に話しかけられ、見覚えのない留学生だなぁと思いながら暫し。なんとなく話が噛み合わないと思ったら、近所の教会の宣教師さんでしたとさ 笑どこかで会ったことある!と思われたみたい^_^あ、私、春から、近所の大学の国際課で事務員さんしてます wもちろん、お手当ても、海を汚さないおそうじ講師も、大切な人への通訳も、あれもこれも変わらずしています。今週末のアースデー東京では、昨年同様ベビーアースデーエリアに出る、和のお手当てブース&おそうじ学校ブースにいますよ🌈ちょっとの洗剤で洗濯も洗物も充分。お水も少なくいい。 その排水も、洗剤も生分解されて自然に還る。 お洗濯は濯ぎ1回。柔軟剤無しでふんわり。この星大好き。週末は晴れ予報☀️ベビーアースデーエリア👶で会いましょう♪ピンクがベビーアースデーのエリア。ベビーアースデーのエリアの左上に「おそうじ学校」があります!旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

  • 11Apr
    • たった5mlでOKの洗濯洗剤「海へ」の使い方

      昨年、がんこ本舗のきむちん来札の頃、ちょうど良い暮らしを見つけるOsoji講座に参加されたみゆきさんから、「海へ」が取り上げられてて嬉しい〜とこんな記事が届きました😍 柔軟剤もオシャレ着洗剤も不要☆たった5mlでOKの洗濯洗剤☆この記事、洗剤「海へ」の特徴が分かりやすくてお勧めです💗記事では、「海へ」だと「黄ばみんでくる」とありました。漂白剤が入ってないからと筆者さん。漂白剤が配合されていなくても、「海へ」だけで黄ばみや匂いは防げます(^^)ご説明しますね😉●黄ばみや匂いの原因は、油や皮脂残り。 ↓汚れや洗濯物の量に対して「海へ」が少なかった事が考えられます。 (使用量の目安は洗濯物3キロに「海へ」5ml)[対策]・海へをもう少し (汚れや洗濯物の量に十分な海へを使う)記事では重曹プラスを勧めていましたが、その時は…・重曹なら、40度以上のぬるま湯で溶かしてパワーアップ!(溶かさないと目に見えない粒重曹が繊維を傷めやすくなります)・過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の方が重曹より力があります。溶けやすいのも利点 ・お湯洗いも良いですよ(油が柔らかくなって汚れ落ちパワーアップ)他にもありますが、手軽なのはこの4点。お試しあれ。📝重曹や、過炭酸ナトリウムは、汚れを剥がす=排水に汚れが流れていく。生分解する「海へ」だと排水は自然にかえりますね。4/21.22 アースデー東京出店🌸おそうじ講師たちと汚れ落とし実験やプチ相談できます😉会場で使ったご自分食器を実際に綺麗にして、体感できます❣️ベビーアースデイエリアでお待ちしてます👼「ちょうど良い暮らしを見つけるOsoji講座」今年は週末や祝日限定で開催です。洗濯編、お台所編や、事務所やお家で実際やってみよう編なんかも良いなぁと思ってます。旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)旨い魚をいつまでも🐟🍣https://www.google.co.jp/amp/s/limia.jp/amp/idea/172404/

  • 10Apr
    • ディネの大地から

      2009年に参加したピースウォークで共に歩き、今でも繋がっている大切な人たちがいます。ディネ(ナバホ)の彼女は、愛犬連れで参加してウォークでの癒しスポットのような人でした。ワンちゃん、慣れない舗装道路の長距離歩きで肉球?爪?を傷めてしまい、椅子の足カバーのようなカバーをつけて歩いていた事も鮮明に覚えています。ディネの伝統家屋ホーガンを建て直すプロジェクト中。どうやらご両親も巻き込んで、あの広い空の下渇いた大地で元気にやっている様子。ドネーションも受付中とのこと。ウォークの期間に、レジスタンスで伝統の暮らしを続けていたおばあちゃまを訪問しホーガンに入れて頂いた事があります。長くなるので、それはまたの機会に。日差しが痛くて、スカーフで覆面しています。このおばあちゃま、ずっと小走りでついてくのがやっとでした。左奥には馬に乗った人たちが見えます。広大なディネの居留区を何日も歩いた中の1日。私はカメラを持っていなかったので、5か月の行程の4ヶ月ほど参加していたウォークでしたが、写真はほとんどありません。紹介している、ディネのTinaやそのわんちゃんの写真も見せて上げたかった。ティナのインスタhttps://instagram.com/p/BhWf5VNHt1N/ドネーション募集先にたっくさんの写真や動画がアップされてます。乾いた風、舞い上がる土埃、落ちてきそうな星々と漆黒の夜羊と共に暮らしてきた伝統の木造家屋。https://www.youcaring.com/daisygarnanez-1020448「ちょうど良い暮らしを見つけるOsoji講座」今年は週末や祝日限定で開催です。洗濯編、お台所編や、事務所やお家で実際やってみよう編なんかも良いなぁと思ってます。4/21.22アースデー東京では、今年もおそうじ学校ブースで実験、実践❣️リピーターさんに嬉しい「海へ」の量り売りもありまーす😉今年も、楽ちん綺麗♡排水綺麗な日々を。旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

  • 08Apr
    • ちょうど良い暮らし

      今朝は、昨夜屋根に積もった雪が朝日で解け始め、屋根を滑り落ちる音で目が覚めました。4月だというのに。寒すぎて もう死にそう。裸足で暮らせる温暖な所に住みたい🌺心はハワイに飛んでます。大好きなハワイ島の溶岩台地もう随分と前ですが、ハワイアンの方のお宅にお邪魔して夢のような生活を体験したのが忘れられません。緑の渓谷にある村の1軒。山からの流れは、滝を過ぎ、海へと注ぐ途中に人々のタロ芋畑を潤し、お世話になったお宅はでは、お家のすぐ脇に用水路を通して、野菜の泥を洗うのも、お魚の鱗をとるのも処理するのもそこでささっと済ませます。ハーブや果樹は庭に、薬草は近くの森に、浜も近いので気が向けばすぐ行けます。シャワーに行くぞと呼ばれると、石鹸を持って少し深めのプールになっている川へ。髪も体も少し石鹸つけて川にジャブンして終わり。基本はビーサン。虫刺されしやすい私は、虫除けが欠かせませんが、それ以外は本当に夢よのうな生活。朝も夕方も川で水浴び。日本でも、キャンプインイベントでそんな日々だった事があります。分かりにくい所だったので、朝は素っ裸で独り占め。チャントもフラもして、幸せな日課でした。おそうじ講師をしているがんこ本舗の洗剤は自然界に還るもの落とした脂汚れも自然界が分解してくれます。先日目にした、沖縄の方が作ったという、珊瑚に悪影響が出ない日焼け止めなど、薄まれば無かったことになるという幻想から抜け出してリアルにどうしたらいいだろう?という発想からできた物に出会うと嬉しくなります(^^)シャンプーも、使う量が僅かで、生分解のもの開発されないかなぁ。 昨日は、頭皮や髪、地球のこと考えてヘナに切り替えてケミカル使わないの(^^)という美容師さんの所へ。頭皮の状態が整ってないと、ヘナも良くないから、と丁寧なケアも教えてくれる人です。昨年のちょうど良い暮らしを見つけるOsoji講座で、目から鱗!と色々感動していらした方で、美容室とご自宅の洗剤をすべて切り替えたとのこと。洗剤は長持ちするので、暫くぶりのご注文洗剤を届ける口実で久しぶりに会いました(^^)「家だと、ほとんど洗剤使わなくてなったの〜。油物食べないし。拭き取りしてお湯で良いじゃん!って思って♡」そこー❣️❣️❣️ そこです。 知足。ミニマムで暮らせたら、負荷も少ない🌈講座で伝わったら嬉しいなぁ😃😆😊と思っているテーマ。「お店は、どうしても洗剤が必要だけど、もうこれだけで良いし。」 と。思い起こせは、「ケミカル使うと、肌にも体にも、自然にも良くないって思ってヘナにしたの。でも、ヘナも、濯ぎでかなりお水も使うし大量に流すし気になってたの。」と仰っていた彼女。洗剤、こんなに少なくて済んで、しかも生分解するなんて💗💗💗と喜んでいらしたあの日からもう1年。すっかり切り替わったて、ハッピーに。この方の「ちょうど良い」が見つかった事も嬉しいです。ちょうど良い暮らしを見つけるOsoji講座と願って名付けた講座です。本当に嬉しい🌈「ちょうど良い暮らしを見つけるOsoji講座」今年は週末や祝日限定で開催です。洗濯編、お台所編や、事務所やお家で実際やってみよう編なんかも良いなぁと思ってます。4/21.22アースデー東京では、今年もおそうじ学校ブースで実験、実践❣️リピーターさんに嬉しい「海へ」の量り売りもありまーす😉今年も、楽ちん綺麗♡排水綺麗な日々を。旅するお手当て人、水を汚さない暮らしのおそうじ講師、アテンドや通訳、ホピ物語の朗読者。(インスタは、旅先での美しい景色と美味しいものがメイン。美しいもの・美味しいもの大好き♡https://www.instagram.com/wakakooi/)

プロフィール

わかこ

自己紹介:
わこ(大井わかこ) 人・大地・ときをつなぐひと。 札幌出身。旧ブログはamo(天羽)。 この10...

続きを見る >

読者になる

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.