わかさ生活 社長ブログ Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

次から次へと…

9月19日、突然右脚に激痛が…!!

経験のない場所が痛い。
ネットで調べると鵞足炎に似ている。鵞足炎なら足の筋肉の硬直か?と思い、入浴で身体を温めてロキソニン湿布を貼り、膝サポーターをして靴下を履いて寝ました。が、痛みで眠れずロキソニンを二度も飲んでその日は耐えました。

翌日は少し楽になり、芝オフィスへ出勤して帰宅の途中、自宅まであと100メートル位の所で右に曲がろうとした瞬間…グキッと鈍い音!

「うわっ!」と大声を出して痛さのあまり座り込んでしまいました。数十秒経っても痛くて、立とうにも脚が痛くて立つ力が入りません。
通行人に「大丈夫ですか?」と声を掛けられても「大丈夫です」と答えるしか出来ず。数分が過ぎました。
いつまでも路上で座っているわけがいかなく、次に声を掛けてくれた男性に肩を抱えてもらい、立ち上がりましたが、またしてもズキン!と右脚に激痛が走り、たった100メートルを歩くのに、ものすごい時間を要しました。

週末からの3連休は、歩くのが怖くて外にも出れず、ベットの上で過ごしました。


5月に突然、人や物が二重に見え、周囲は歪んで見える症状が起き、4ヵ月ほど杖をついて歩いてました。
9月に入り、杖なしで歩行練習を始めていたのですが、今度は突然の脚の激痛。
次から次へと…。

週明けに整形外科に行って診察してもらうと『右膝半月板損傷』と言われました。

さっそく注射を打ってもらい、一日3回の痛み止め薬と松葉杖を渡されました。


なんて情けない…
運動不足も要因の一つと言われましたが、好きで運動不足してるわけじゃない。
ホント自分に情けない。自分に腹が立つ。

明日は京都の大事な取引様に訪問の約束をしていたのに、こちらから行くと言ったのに、行くことを断念せざるをえなくなりました。本当に申し訳ない。

昨年末から悪いことの連続…
前向きに考えなきゃいけないのは分かっているけど、こうも悪いことが続くと心が萎えてしまいますね。

来週はアイバンクミュージカル、再来週は24期キックオフ。もう絶対休めないし、休みたくない。
前を向く力で頑張ります!

暗雲漂う

2、3日前から右膝の内側に違和感があり、嫌な予感がしていたが、突然右膝に激痛が走り、立つことが出来なくなり、しばらく路上で痛みを堪え座り込んでしまった。

ネットで調べると「鵞足炎」という症状に似ていました。
鵞足炎はこの鵞足腱や鵞足包(鵞足と内側側副靱帯の間にある滑液包)が炎症を起こしている状態です。 


つまり、運動不足から来ている?
寝ていて起き上がる時、
座ってて立ち上がる時、
右膝から足首にかけて折れそうな痛みが。

9月から杖を無しで歩く練習をしていたが、今日から杖を使わないと体重を支えれない。

会社の改革に頭を悩ましている日々なのに、
またしても健康障害が…。

グルコサミン&ロコモと血液サラサラのサプリをしっかり摂って、わかさの温浴剤を5錠入れた浴槽に30分入浴して身体を温めて床に入ります(´・ω・`)

時間は平等

9月12日、たった一日の京都本社出勤で、
こんなに体調を崩すとは思いもしなかった!

12日は発病以来4ヵ月ぶりに東京から新幹線で京都本社に。全ての業務を終えて、その日のうちに京都から新幹線で東京にトンボ帰り。

帰宅すると身体も頭もクタクタで、バタンキュ〜と寝てしまったが、夜中に身体が痙攣を起こしてしまった。歯をガクガクさせて目を覚ましたが、身体中痙攣のせいで筋肉痛状態に…。

翌13日は朝から経営会議のため、東京支社に出勤をしなければならない。分かっているが、身体が怠くて痛くて動けない。
秘書からは「皆んなお待ちなので時間までに来てください」のLINEが。申し訳ないけど午前中は自宅からテレビ会議で参加させてもらいました。
しかし、午後からも予定がいっぱい詰まっていて、午前の会議を終え、急いでタクシーで東京支社に向かうも渋滞。またしても秘書から「会議の時間ですよ」のLINEが……。
COOと秘書室の責任者にタクシーの中から電話をしました!
「テレビ会議終了のとき、遅れても必ず行くから始めておいて欲しいと伝えたよな!?」と。
13日も会議と来社で休み時間が無い状態でした。

まだ、7割程度の回復状態のため少しずつ身体を慣らしながら復帰したいと、役職者や秘書にはお願いしているのに、社長の扱いは倒れる前と同じ。
どーしたらベテラン社員や役職者、秘書たちは責任を持って仕事してくれるのか?
ある役職者が「元気そうな顔と声だけを聞いていると、もう完治されたと思いますよ」と。
こっちだって大げさにしたい訳じゃないから、頑張ってるのに…、好きで病に倒れたのじゃない、仮病じゃないんだから少しは労われよ…って情けなくなります。

3連休なのに、
一向に身体の痛さや怠さが取れない。
明日からの予定もビッシリ!
何のために21年前に会社を創ったんだろう?
自分の身体や心をズタズタにしても、何にもならない事は分かっている。


なぜ、
わかさ生活や女子プロ野球を継続しなきゃならないのか?

時間は天から与えられた「平等」なもの。
忙しいとは心が亡くなると書く。

わかさ生活も女子プロ野球も、人から必要とされる組織にならなきゃいけない!
心の要に楔を打ち込みます。

社長辞任

5月10日以来の4ヵ月ぶりとなる京都本社への1日出勤をしました。

朝6時台の新幹線に乗り初出勤のようなドキドキ感…。
前日、東京の秘書に「気を付けて行ってください。何かあったら途中で降りて休んでください」
ん?
途中って新横浜か名古屋??
普通は心配だから一緒に行きますじゃないのかなぁ??
と思い一人新幹線に乗りました。

京都駅に着くとホームには誰も迎えがいません。
なんとかタクシーに乗り本社まで。
到着時間は秘書や役員も知っているので、会社に着いたらお出迎えかなぁ。ちょっと恥ずかしいなぁ…。

私が乗ったタクシーは京都の中心、四条通りに着きました。

4ヵ月ぶりに見る本社。
長いエントランスをフラフラ歩いて本社内へ。
目はまだ二重に見え、人や物は歪んで見えます。まだ7割程度の回復状態なので足元も不安。エレベーターに乗り3階に到着。

しかしそこには花束を持った沢山の従業員が…?


と、思いきや
え?
誰もいない( ̄◇ ̄;)

メインフロアへ。
ここには100人ほどの従業員と秘書チーム、役員たちが通常仕事をしています。
カードキーでドアを開けると、花束を持った……

え?
誰も何も言わない(´・_・`)

従業員の間を縫って社長室に歩いても、
「お久しぶりです」とか、「お待ちしていました」の声も掛かりません(*´꒳`*)

そのまますぐに朝一番のマーケティング会議に入りましたが、そこに座ってる十数名の従業員も何の反応もなく淡々と会議をやっています。

昼には午後礼という全体報告会が行われます。ここでドッキリとかしてくれるのかなぁ…。
しかし呼ばれませんし、司会者から一言も社長復帰のお知らせもありませんでした_| ̄|○

今年初め頃から社長引退を考えていた私は、5月に突然病に陥り、更に真剣に社長引退・辞任を考えていただけに、従業員に必要とされていないんだなぁと寂しくなりました。

結果、休み時間を5分ともらえず、社内会議と来社に次ぐ来社の対応で予定より3時間オーバーで帰りの新幹線に乗りました。
体も疲れたけど、心も疲れました。
東京に着いたのは23時頃。

ネットニュースでZOZOの前澤社長の辞任を知り、レベルは違いすぎますが、同じ年の創業で21年目の私も退く日が近いと確信しました。
ただ、大きな違いは「従業員は家族」ではないんだなぁ…と。
社会貢献やお客様思考、そして健康に真剣に向き合った商品作りの21年間が虚しく感じた一日でした。

唯一、秘書の一人、山路実菜さんが「帰りの新幹線でどうぞ」とカツサンドとジュースを手渡ししてくれました。
ホント、山路さんに心を救われました。
ありがとう(*^▽^*)
もう少し、社長を頑張ります!

バカにされた日

皆さんは、今流行りのタピオカをご存知ですか?

昨日、花鈴のマウンド制作メンバー(星桜高校漫画研究会)と対話していたら、新オフィスの近くに新しくタピオカの店ができたと話題になりました🎶

すると同席していた秘書が、
「社長ってタピオカ食べたことありますか?」ってニャっと笑って言われた…。

\\\٩(๑`^´๑)۶////
あるわい!

今回はまだ無いけど、「20年ほど前に流行った時は何度か飲んだよ」と言うと『へぇ〜』だって。

なんか流行遅れのオジさんだと馬鹿にされた気分の一日でした!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>