そして最新号のmarble、No.51も配信してます。

愛美とみのりは不思議となにかがかぶることが多いのですが、今回みのりの原稿から溢れている愛美感に「なんか良い」と思いながら愛美の原稿へ読み進めたらまるでアンサー原稿のようでグッときました。
この掲載順につくづく唸ります。
最後の尚美さんまで読み進めると、俳優の過程が見えてさらに面白かったです。
麻子さんは、私もあの経験をした人のこと書いたことある!やっぱりあの経験をした人は皆あんな感じなんだ!と興奮。
美雨ちゃんは、最近の原稿は母としての意外な一面が親子関係を通して知れます。
亜希ちゃんは、同じく親子関係の原稿ですが、悲しみをまぁるく包んで描いていえとても美しかったです。


そして、marbleが少しでも多くのかたに広まればと、一年ほど続けてきたラジオ番組『酒井若菜の真夜中散歩』、突然ですが最終回を迎えました。
ラストは、marbleのお兄さん的メルマガ『水道橋博士のメルマ旬報』編集長の水道橋博士さんをお迎えしました。
書き手として、芸能として、人間として、今後の私の人生においてきっと何度も思い出す、そんな時間を過ごせたような気がします。
皆さまよろしければ、marbleと合わせて、ラジオのほうもお聴きください。

すっかり寒くなりました。
皆さまいかがお過ごしですか?
ご自愛ください。

明日も良き1日を

ごきげんよう



アンソロジーテーマは『可愛い』。
執筆スランプが続いている私ですが、久しぶりに集中して書けました。
連載陣の『可愛い』は、儚かったり、頼もしかったり、意外だったり、各々の個性が垣間みれるものになりました。


皆さまぜひ楽しんでください。

『marble』No.49、配信中です。
まるっと2年が経ちました。
今号から3年目突入!
この表紙は創刊号、2年目号に続き3回目。
うんうん。いつも原稿から愛情をいただいてますが、今号は亜希ちゃんから嬉しい言葉のラッシュ。
ありがとう。
土岐麻子さんリニューアル。
読者の皆さん、いつもありがとう。
感謝しています。

大型の台風、皆さんだいじょうぶでしたか?
自然の猛威は、ほんとうに恐ろしいです。
心身の負担が少しでも癒えますように。

明日も良き一日を

ごきげんよう