今日は、今期1年の最後の建設委員会。陳情審査、各種報告など、終わってみればやっぱり他4委員会は既に終了していました。

 そのあとも、主にワクチン接種に関する打ち合わせなど続き、18時過ぎ。今日は、2000年生まれの二男の誕生日で、ケーキ購入担当として控室を出ようとしたとき、同僚議員から「虹!」

 直前まで降っていた雨が上がり、両端とも地面に接する見事な虹がお目見えしていました!左端には、二重の虹が。


 品川区でも、75歳以上は24日から接種開始となり、65歳~74歳の方への接種券の郵送が開始となるなど、関心が一段と高まってきました。ためらう方や様子見の声も聞きますが、現在承認されているファイザー製ワクチンは、高い安全性も確保されていることから、できるだけ多くの方が接種を受けることで、感染予防・拡大防止に期待が寄せられています。

 報道にもあるように、国は高齢者のワクチン量を確保したことから、今後は希望される方が早く確実に接種を受けるための自治体の取り組みが注目されています。

 品川区でも、7月末までに全ての希望される高齢者が全員、接種を受けられるよう、行政の取り組みをチェックし、また、バックアップしていきたいと思います。早くやれ!だけでは、ものごとは進みません。

 14日(金)には、区民から寄せられている声も含め、様々な課題を抽出し、品川区長に直接、伊藤こういち都議会議員とともに、緊急要望として申し入れを行いました。

 

●接種機会の増強については、

1.   高齢者の7月末の接種終了へ向け、集団・個別・訪問接種について全体計画を示すこと。

2.   接種会場の空白地域(荏原・旗の台・大崎地域)において、例えば昭和大学病院内のスペースをお借りし、医師会が運営する会場を整備するなど、集団接種会場の増設及び個別接種会場を早期に設置にすること。

3.   重度の介護状態など自力では接種会場に行くことのできない方が、自宅で接種を受けることができるよう、訪問接種を早期に開始すること。

4.   集団接種会場等までの移動が困難な高齢者、障がい者、多子・多胎児などの育児中の方などへ、タクシーを活用するなどの移動支援を行うこと。

5.   デイサービス利用者への支援として、同サービス事業所での接種を行うこと。また、同サービス送迎車を利用した集団接種会場への移動・介助支援を検討すること。

6.   障がい者のサービス拠点を利用している方の支援として、障がい者のサービス拠点で接種できる体制を整備すること。

 

●予約、広報の充実については、

7.   ワクチン量や予約枠不足の不安や接種に関する疑問を解消するため、ワクチン接種に関する「広報しながわ臨時特集号」を発行し、全戸配布すること。

8.   予約電話がつながらない時の自動音声は、「量と予約枠は確保されていること」「確実に予約ができること」を分かりやすく流し、区民の不安の軽減に努めること。

9.   接種券説明書の内容の問い合わせや電話予約について、地域センター等の身近な施設で、対面相談や予約支援を行うこと。

10. インターネットでの予約申し込みが困難な方への支援として、例えば区職員等によるWEB予約の代行等のサポート体制を整備すること。

 

●集団接種会場の運営については、

11. 接種後の経過観察の時間を利用し、接種済者が注意すべき事柄(例えば、接種後すぐに体内の免疫が形成されるわけではなく引き続き充分な感染予防が必要であることや、数時間を経過した後にも副反応が発症する場合もあるなど)を、分かりやすくお知らせすること。

12. 本人確認書類を忘れた方に対し、代替の確認策を予め検討し、柔軟な対応を行うこと。

13. 予診票を事前に記入してこなかった場合、会場でアドバイスを受けながら記入できるよう、アドバイザー職員と記入用の座席の確保などを配慮すること。

14. 車椅子利用者も安心して接種会場に来場できるよう、導線の状況など接種会場の動画による情報提供をすること。

 

●第4波への対応については、

15. 区内の発生状況や傾向(50代以下の感染者や自宅療養者の急増等)の情報を目につきやすいよう工夫し、区民の感染拡大防止の意識・行動の向上に努めること。

16. 拡大する変異株の特性(若年層の重症化、重症化率の高さ、短期間で重症化)を踏まえ、自宅での急変等への対応として、自宅療養者全員にパルスオキシメーターを配布すること。

17.コロナ対策の各種支援金等の手続き支援として、申請代行が行える行政書士を活用すること。

 

 接種会場への移動が困難だ、予約はとれるのか、近くに会場がない、など多くの声をいただいています。

 今回の緊急要望で、安全で安心な接種実施となるよう、”言うだけ番長”ではなく、進みずらい要因は何か、目詰まりを見つけ取り除くことを、行政任せにするのではなく、課題を探し出し解消できるよう、取り組みます。

 75歳以上の方に続き、14日から65歳~74歳の方へワクチン接種券が郵送されました。

 65~74歳の方は、予約開始6月14日(月)から。どこで、いつ予約できるかは、予約開始の1週間前までには発表されるものと思います。

 区「お知らせ」は、地域のふれあい掲示板などに掲示されています。

 「75歳以上(来年3月31日までに誕生日を迎える方)」高齢者約4万人が対象です。明日以降、ご自宅に届きます。

 届いた封筒に入っている説明が良く分からない方のために、区役所の前庭に特設ブース(テント)が設置されました。予約のお手伝いもすると聞いています。

 写真「お知らせ」は街中の掲示板に貼り出されています。下の赤枠に「人数分を確保しています。」と明記されました。19日から電話・WEBで予約開始となりますが、電話等がつながりにくくても必ず予約できます。枠が埋まってしまいました、ということはありませんので、ご安心ください。

 引き続き、個別接種含めた会場の拡大などに取り組んでいきます。

 

 「母の日」毎日、ご苦労をおかけしてます。心底、感謝しています!

 外回りの帰りに、好きなバラを一輪入れたブーケを購入。少しでも、家事の負担が軽くなればと、カレーチャーハン(奥様はカレーピラフと言っていましたが(*_*;)で子どもたちの夕食のお手伝い。

 これからも、よろしくお願いします(#^.^#)