書き言葉と話し言葉 | わかば国語・作文教室

テーマ:

大人は自然と使い分けている
「書き言葉」と「話し言葉」ですが、
文章を書くことに慣れていない小中学生は
話し言葉で作文を書いてしまうことが
よくあります。



入試ではもちろん、塾や学校のテストでも
減点対象にもなる大切なポイントです。
しかし、何よりも将来必要な力ですので、
ぜひ早いうちから身に着けていただきたいですね。


大人になって仕事のメールを送るときに
「話し言葉」を使ってしまうと…


「本社もすぐ近くにありますし、
 御社の場所も分かってますんで
 来週うかがっていいですか?」


こんなメール(しかも顔文字付き)が出来上がりかねません。
しかもこれは作り話ではなく、
私の知人達が勤める一部上場企業でも
実際これより『ツッコミどころ満載メール』を作る新人社会人が後を絶たないそうです。
(私も作文の添削で顔文字に出会ったことがあります。)



そんな「新人類」と呼ばれる大人にならないためにも、
書き言葉はひとつずつ覚えていきましょう。



ここでは、小中学生が間違いやすい
書き言葉を5つご紹介します。


【1】
話し言葉「けど」

書き言葉「しかし」「~が」「だが」


(例)
×昨日は雨だったけど、運動会は行われた。


○昨日は雨だった、運動会は行われた。
○昨日は雨だった。しかし運動会は行われた。



【2】
話し言葉「~し」

書き言葉「また」「そのうえ」「さらに」など
(前後の関係をはっきりさせる接続詞を選ぶこと。)


(例)
×すいか割りは難しかった楽しかった。


△すいか割りは難し、楽しかった。
(↑書き言葉にはなっているが、「難しい」と「楽しい」の関係がよくわからない。)


○すいか割りは、難しかった楽しかった。(逆説)
○すいか割りは、(想像より)難しかったので楽しかった。(因果)



【3】
話し言葉「~んで」

書き言葉「~ので」

(例)
×御社の場所も分かってますんで、~

○御社の場所も分かってますので、~



【4】
話し言葉「~してて」「~してた」

書き言葉「~していて」「~していた」

(例)
×この本を読んでて気になったことは、~

○この本を読んでいて気になったことは、~



【5】
話し言葉「いろんな」

書き言葉「いろいろな」

(例)
×いろんな意見があるとわかった。

いろいろな意見があるとわかった。



ご家庭で作文添削をする際にも
ぜひ参考になさってくださいね。



2014年4月に、実践問題編を追記しました。

こちらも合わせてご覧ください。

宝石赤「書き言葉と話し言葉~実践問題編~」




読者登録してね 人気ブログランキングへ


わかばさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス