こんにちはっ!

札幌市北区にあります

「わかば薬局」の近藤ですっ!!

 

薬局は、地下鉄南北線「北18条駅」

目の前にあります。

お薬の調剤はもちろん、健康相談や漢方相談を

行っております。

 

取扱い商品は

バイオリンク(クロレラ) ワタナベオイスター(牡蠣) 若甦(高麗人参)

レバコール(アミノ酸) コンクレバン イサゴール50億(食物繊維) サメミロン(スクアレン)

日水清心丸(牛黄) 各種漢方薬(ホノミ漢方・小太郎漢方・東洋薬効)

オーサワジャパン(自然食品) ホワイトリリー化粧品

黒ニンニク  マヌカハニー  アスタリール サラシノール

大高酵素 エイタ(ルミエール)シリーズ オーラルピース   などなど

 

少しブログの更新が空いてしまいました。

ずっと店頭で健康のご相談などをやっておりました(#^.^#)

 

さてさて・・・

新型コロナウイルスがものすごく猛威を振るっております。

北海道も新規感染者数がどんどん増えていて

札幌だけでも500人前後というニュースでした。

 

コロナウイルスによって、いろいろな生活の形が変化しました。

マスクやアルコールなどの消毒の他に

感染予防の為に

「不用意に外へ出ない事」「人と会わない事」という

大きな2つの変化は

油断していると

心の向きを「前向き」から「後ろ向き」へ変えてしまいます。

 

ただでさえ、家にこもるという事で体重の増加から

メタボリックドミノと言われるように、生活習慣病の悪化を起こしている方も

多いのですし

高齢の方ですと筋力の低下になってしまっていて

生活が困難になっていたり、刺激の無い生活は認知機能の低下にも

つながっています。

 

そこに加えて心のむいている方向が、前か後ろかという事は

じわじわといろいろな所に悪い原因を作ります。

不安の状態が増してきたり、孤独感が強くなったり

笑顔が少なくなってしまったり

眠りが悪くなってしまったり

 

心も体もつながっていますから、心が元気を失えば

当然体も元気を失ってしまいます。

 

ですので、どうやって「心を前向きに元気に保てるか」

そういった事に注意しましょう。

ただ、おうちの中にいるのなら

少しでも笑顔になれる方法を探していきましょう。

 

何をしても楽しくなく

ただ、ニュースばかりを見てしまっている・・・とか

食事が美味しくない 食べる気が湧かない。

そんな時こそ、「脳の疲労」を緩和してあげる事が

心を前向きに保つための工夫でもあります。

 

脳の疲労は、脳内の過剰な活性酸素から産まれています。

脳の活性酸素を消去する為には

リラックスしたり、ゆっくり体を温めてあげたり

深い睡眠を取ったりする事が大事なのですが

 

目下、このように、毎日の感染者数の増加など

不安が増す日々ですから

脳内のリズムが乱れてしまうと、なかなか自力での

回復は難しくなってしまいます。

 

そこでちょっとしたアイテムを生活にプラスしてみると

良い変化のお手伝いが出来ます。

 

ストレスが強い方

元気が出ない方

眠りの悪い方

気分が落ちてしまう方

 

皆様の今の状況や体質に合わせて、心が前向きになれるような

サプリメントや漢方薬などをご紹介いたします。

 

最後に、コレはもう何年も前ですが

初山別に星を見に行ったとき立ち寄った金毘羅神社さんの写真です。

この新型コロナウイルスを元気に乗り越えて

また、こうして自由に素敵な体験のあふれる時代になりますように。

 

 

ここまで読んで下さいまして本当に

どうもありがとうございました。

 

わかば薬局のホームページはこちらです