キャバリア・コテージ

キャバリア・コテージ

空と土と水と緑とキャバリアと

NEW !
テーマ:

昨日の夕方、お迎えに来てくれたまうが、ひょいっと軽く飛びついてこようとした時に小さく「ひゃん」と泣きました。

お散歩は普通、散歩後の足拭きで指をぐにぐにされても普通、食欲普通、ベッドや椅子に飛び上るのも普通。

 

でも、今朝の散歩の時に歩き出しかけてまた「ひゃん」。

これはどこか痛そうだ、腰か??と思いつつ夕方、リオの通院(心臓のお薬もらい)にお付き合い、女医さんに飛びつこうとして「ひゃん」。

 

これはやっぱりどっか痛いな、とそのまま診ていただきました。

触診で腰に違和感がある様子、レントゲンを撮ってみたところ、変形性脊椎症の所見と椎間板狭窄の疑いを指摘されました。

 

 

 

変形性脊椎症は老化現象でもあるそうですが、脊椎のこの部分はもともと不安定な部分なので、動かし過ぎたり負荷がかかりすぎたりすると、それを支えようとこんな風に骨が変形してとがってくるんだそうです。

椎間板も狭窄している疑いがあるそうで(椎間板ヘルニアではないと思うが、確定診断にはMRI検査が必須だそうです)、この両方もしくはどちらかが痛みの原因になっているのではないか、とのこと。

幸いなことに麻痺などの兆候は今のところなし、痛みもそれほどない様子。

 

一番の治療は安静(お散歩もちっちんこだけですぐ帰るのが望ましい)。それと今回は消炎剤をしばらく飲みます。痛み止めは痛くなくなると逆に動いてしまって治らないので、頓服として様子を見ながら。

 

 

まうよ、お嬢さんに安静は難しいだろうけれど、何とか頑張ってこらえてくれい。

もういい年なんだから無理しないでおくれよ。

ねえたまは心配じゃ。

 

 

 


テーマ:

「キャバリアレスキュー隊東京 第17回譲渡会&フリーマーケット」 の詳細などは他の方々の記事をご参照いただくとして…(丸投げといふ)。

 

参加した保護っ子たち、早くいいご縁が繋がることをお祈りいたします。


 

そしてこの日、リオを保護していただいたぽぽん母さん、いつもリオを応援してくださり、私とにいたまの作品をOne Handさんのブースに置いてくださったひでちゃんさん、リオにいっぱいお洋服をくれたよつばママさん、遠くからリオのことを気にかけてくださっているぷくさんご夫妻、その他陰になり日向になりリオを応援してくださった方々に、現在のリオを見ていただくことができました。皆様本当にありがとうございます。

 

おかげ様でリオはこんなにふっくらと立派なデカキャバになり、甘えん坊でびびりな我が家のしちーぼーい(CityBoy)になりました。

まう共々今後もリオのことをどうぞ宜しくお願い致します。

 

この日撮った写真、これだけです↓

家を出てすぐ。

 

Rish Rosh様が設置してくださった撮影スペースで。

 

 

 


テーマ:

実は趣味でちまちまとハンドメイド作品を作っております。

最近やっと、キャバリアレスキュー隊東京さんの譲渡会などで出品させていただき、些少の寄付をさせていただくことができるようになりました。

 

10/14(日)にDOGLYcafe&DOGRUN様で開催される「キャバリアレスキュー隊東京 第17回譲渡会&フリーマーケット」 でも出品させていただきます。

今回はてづくり雑貨屋【One Hand】様の出店ブース内に作品を置かせていただけることになりました。

是非お越し頂けますようお願い致しますm(__)m

 


 

うちの可愛いまうとの出会いはホームセンターのペットショップでした。

まうがうちに来てから、犬のこと、キャバリアのことなど調べたりするうちに、保護犬に関する情報を知りました。

その後、ご縁があって愛しいソフィをケンの家様からお迎えさせていただきました。

キャバリア、保護犬とのご縁からキャバリアレスキュー隊様を知り、譲渡会にお邪魔したりお手伝いをさせていただいたりするようになりました。

キャバリアレスキュー隊様のご縁でぽん母さんのところからリオを家族に迎えることができました。

 

私のできることなんて本当にちっぽけで、それさえも出来ない場合が多いのですが、それでも、少しでも、何らかの形で辛く苦しい目にあっている子たちが救われるお手伝いができれば、と思っております。

それが、傍に居てくれるまうやソフィ、リオに報いることにもなるのではないかな、とも。

 

なので皆様、我が家の動向、どうぞ生温く見守ってやってください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス