気になるニュース

気になるニュース

日々のニュースの中から気になる内容のものを少し感想も交えながら取り上げていきます。よかったらのぞいてください。

Amebaでブログを始めよう!

ソラマチ


スカイツリーが明日(22日)オープンするにあたり、同施設内の東京ソラマチの商品はタワーにちなんだ“縦長パッケージ”が目立つようです。

どうやら「見た目にも東京スカイツリーらしさを出したい!」という強いこだわりから、縦長の特製パッケージが作られることになったらしく、見た目に楽しく、インパクトもあってお客様に喜んでもらえるに違いないとしています。

でも、これを宅急便で知り合いなどに送ってもらうのはいいかもしれないけど、自分で持って帰るとなると個人的には敬遠するかなあ~!
ソラマチ
4月23日に無免許少年Aが京都の亀岡市で10人の死傷者を出した事故に対して自動車運転過失致死傷容疑を問えず、刑事処分で送検されることがわかりました。

現行法では、自動車運転過失致死傷容疑に問えないそうですが、
その理由は呆れるものでした。

運転免許証を持っていてもペーパードライバーの場合は自動車運転過失致死傷容疑になりますが、無免許でも運転技能がある程度あれば自動車運転過失致死傷容疑に問えないそうです。
これは本当に意味不明で、運転免許は何のためにあるのか、その存在理由を疑うしかありません。

無免許は運転技能があろうとなかろうと自動車運転過失致死傷容疑とみなすのが妥当です。個人的に言えば、運転技能がなく、運転するマインドも全くないから居眠り運転で事故を起こすことをやるのです。

この世には「勧善懲悪」などなく、法で罰せられてもやり得の感が最近目に付きますね(涙
まさに殺され損で、「目には目を、歯には歯を」の復習法のほうが現行法よりマシと思うのは私だけだろうか?

ヴィダル・サスーン ヘアアイロン



ヘアスタイリストとしておそらく世界で知らない人はいないと思うヴィダル・サスーン氏が9日、84歳で米ロサンゼルスの自宅で死去しました。

サスーン氏は1928年1月17日、ロンドンの貧しいユダヤ系の家庭に生まれました。
父親が女にだらしなく、3歳のとき、家を出たことから母親は子供たちを孤児院に預けたそうです。
そのため、母親には月に1回しか会えなかった、ということです。」

「若いときには苦労しろ」といいますが、幼子には過酷な運命ですね。

そうしたサスーン氏が世に出るのは1963年、35歳のときでした。
いまも理容師や美容師の基本技術となっている『サスーンカット』を発表し、
世界的名声を得ていきます。(参考:wikipediaによる)

サスーン氏は逝っても、その業績はこれからも燦然と輝いています。
やはり一つのことに秀でた人は死してもそれなりにすばらしいですね。
ヴィダル・サスーンの関連商品をもっと見る