中国海軍のミサイル駆逐艦など計3隻が、昨日までに沖縄本島―宮古島間を通過したとのことだが、昨日まで東シナ海で行われていた自衛隊と米仏豪の海軍の共同訓練を強く意識したものと見られる。

この写真にあるように、我々は共に手を携えて中国の侵略的行動を抑止していく。


『日米仏豪、東シナ海航行 画像公開で結束アピール』(産経)

日米仏による共同訓練。

離島への着上陸などを想定したもので、日本国内で日米仏の陸上部隊が本格的な実動訓練をするのは初めて。

 

また、東シナ海においては初の、日米仏豪による離島防衛の共同訓練が行われている。

 

日本による断固、尖閣を守る意志に、日米同盟のみならずフランスも呼応。

フランスも実質的な“準同盟国”に。

豪、印、英などの協力も得て尖閣を死守する。

 

さらに、尖閣への公務員常駐を進めなければならぬ。

 

 

『【動画】日米仏、共同訓練を定例化へ 中国念頭、離島防衛戦』(産経)

https://www.sankei.com/politics/news/210515/plt2105150009-n1.html

昨日の参院内閣委員会。

 

国家戦略特区の有用性について質問。

 

国家戦略特区は、一部のいわれなき批判で活用が及び腰の面が出ているが、安倍政権で創設し、岩盤規制を突破、我が国経済に活力をもたらすために極めて重要。

 

私の質疑では、特区ワーキンググループや規制改革推進会議の民間委員が利益誘導できない仕組みになっていることついて明確に立証し、活用の必要性について説いた。

 

ネット上などでも支持の声を相次いで頂いた。

 

 

『メディアが焚き付け 野党議員も相乗りした国家戦略特区、ついに結論 自民・和田政宗議員が国会で言及』(Share News Japan)

https://sn-jp.com/archives/39183

参院内閣委員会で、NHK「緑なき島」問題について質問。

 

NHKが「緑なき島」で放映した、端島(軍艦島)の炭鉱内とされる映像は軍艦島のものではないと、元端島炭鉱職員や旧島民から指摘されているが、この映像を元に韓国は「軍艦島は地獄島だった」とプロパガンダを行っている。

 

韓国の「日帝強制動員歴史館」、放送局KBS、MBCで、このNHKの映像が使われており、前回の内閣委員会の私の質疑に対し、NHKは「確認中」との答弁だった。

 

そのため今回の質疑で、確認がついたのかと、使用の撤回を求め、抗議しないのかを質問した。

 

NHKの答弁は、KBSには2010年に提供、「日帝強制動員歴史館」とMBCには提供したことは無いとの回答。

その上で、「今後のことについては、様々な観点から検討」と、また引き延ばしにかかった。

 

私からは、無断使用に対し、即座に抗議すべきと求めました。

 

KBSの放送でも、NHKが言っている「『緑なき島』は炭鉱労働を肯定的に捉えた」とは真逆の内容となっており、当然、使用撤回を求め、抗議すべきである。

 

引き続きこの問題を追及していく。

韓国のプロパガンダ工作に使われている重要な問題であり、NHKを逃がさない。

 

 

※NHK「緑なき島」問題は、20分間の質問の内の後半部分

https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?sid=6354#239.5

本日、参院内閣委員会で、NHK「緑なき島」問題を取り上げます。

 

さらに、国家戦略特区の有用性と、批判に対し明確な反証をするための質疑を行います。

 

ぜひご覧ください!

 

テレビ中継はありませんが、インターネットで見ることができます。

後から見ることもできます。

 

10時からです!

 

 

『参議院インターネット審議中継』

https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

先程、参議院本会議で「デジタル改革関連法案」が可決、成立しました。

 

今年9月にデジタル庁が創設されます。

我が国のデジタル化を推進し、国民の利便性向上に努めます。

昨日の私のYouTube『和田政宗の本音でGO!』での発言について、

東スポが『自民党・和田政宗氏が五輪中止派をけん制「五輪を潰せば、菅政権を潰せるニュアンスもある」』のタイトルで記事にし、

私がさも「五輪を潰せば、菅政権を潰せるニュアンスもある」と言ったかのように書いていますが、動画を念のため確認したところ、

私は「五輪を潰せば、菅政権を潰すことができるみたいな、そういうニュアンスのつぶやきというのもありますので」と、SNS上のつぶやきでそういうものがあると明確に発言しています。

 

切り取りとは怖い。。。

東スポの記事は「嘘記事?」ということになります。

 

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3141957/

東スポの記事
『自民党・和田政宗氏が五輪中止派をけん制「五輪を潰せば、菅政権を潰せるニュアンスもある」』。

タイトルが切り取りすぎ。

記事中にあるように、
「五輪を潰せば、菅政権を潰せるニュアンスもある」との発言は、私がそう考えて発言したというものではなく、ネット上の一部つぶやきでこのようなものが見られると発言したもの。

これも記事中にあるように、私は、開催に向けて努力することは大前提だが、冷静にデータで分析して中止した方がいいという意見にも真摯に向き合う。




竹田恒泰さんがネット署名
『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』
を立ち上げました。

竹田さんは、SNS上での池江璃花子選手への「五輪中止」や「反対」の声を上げるべきとの攻撃に対し、「筋違い」だと声を上げました。

竹田さんもおっしゃるように、
東京五輪の開催については、やらない理由を述べるのは簡単なことです。

「どのようにすれば開催できるか」を突き詰めていき、直前まで開催に向けて模索するのが当然の考え方です。

また、開催を目指して万策を尽くすことは、招致を決めた日本の国際的な責務です。

拡散を、何卒宜しくお願い申し上げます!


中国の大型ロケットが、制御不能な状態で地球の大気圏に再突入しようとしているが、ロケットの一部が大気圏で燃え尽きずに落下することが危惧されている。

そもそも制御する気が無く、落下しても海に落ちる可能性が高いので、燃え尽きなくても良いとの考えなのではないかと複数の専門家が指摘。

世界各国の迷惑を考えない身勝手な国だ。


『“制御不能”がTwitterトレンド入り…中国が大型ロケット「長征5号B」を“わざと”落下させる理由』(AMEBA TIMES)