あまり朝日新聞を引用したくないのだが、一般紙で「アントニオ猪木襲撃事件」まで、タイガー・ジェット・シンさんの紹介の中で書いている新聞社が無かったので。

プロレスに詳しい記者だろうか?

 

ちなみに私もタイガー・ジェット・シンさんは好きなプロレスラーだ。

 

シンさんの東日本大震災の際の、被災児童に向けた支援活動と寄付に改めて感謝を申し上げたい。

 

 

『「インドの狂虎」を総領事が表彰 震災時に子どもら支援』(朝日)

https://news.yahoo.co.jp/articles/125c6776d854be91749915824915ab7e6b6b7dd6

あの、私NHKにいましたので、こんなのでNHKキャスター人事は左右されません。

 

こうした論は、陰謀論に近いと思いますし、政権がどう言ってこようと、そんなのでNHKが何かすることはないと思います。

 

本質は、蛇足コメントをはじめキャスターとしての能力が不足しているかどうかでは。

 

ジャーナリズムとは、事実をしっかり見ることです。

 

 

『「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか』(PRESIDENT Online)

 

NHKが映像を捏造したのではと指摘されている軍艦島の短編映画「緑なき島」について、NHKが私に説明をしたいというのでNHKの編成局部長と本日、会いました。

 

この問題は、長崎県の端島(軍艦島)での炭鉱労働が劣悪な環境だったと韓国でのプロパガンダに使用されるきっかけになったと言われるNHK「緑なき島」(昭和30年)をめぐって、使われている映像が捏造ではないかという疑問が呈されているものです。

 

元炭鉱職員や元島民の話では、炭鉱内の様子が当時ではあり得ないものであることなど、複数の矛盾点や疑問点が出ています。

 

昨年12月、この問題について追及している「真実の歴史を追求する端島島民の会」からの抗議書兼要求書に対し、NHKは回答書を送付しました。

 

その回答は、

『「緑なき島」に関係する資料の確認や、取材・制作に関わった部署の関係者などからの聞き取り、昭和30年以前に撮影され、保管されていた炭鉱の映像の精査などを行いました。

その結果、「緑なき島」において、別の炭鉱で撮影された映像が使用されたという事実は確認されませんでした。

以上のことから、「緑なき島」は、当時の長崎市の端島における取材に基づき、制作・放送されたものと考えています。』というもので、

本日、私に持ってきたペーパーも同様の内容でした。

 

私からは、どのような調査をしたのかを詳しく質しましたが、「緑なき島」を作るにあたっての撮影テープは編集後破棄されて残っていないとみられることが分かりました。

 

すなわち上記NHK調査は、過去に編集し放送されたニュース映像や番組映像において、「緑なき島」で使われている炭鉱内映像と同じものがあるかどうかを確認しただけとみられます。

 

つまり、「緑なき島」制作のために別の炭鉱で撮影が行われていたとしても、その撮影テープは編集後に破棄をされており、検証のしようが無く、NHKの調査は極めて表面的です。

 

一方、この問題を追及している「軍艦島の真実 朝鮮人徴用工の検証」の動画ドキュメンタリーでは、詳細に事実を検証し矛盾点を指摘しています。

https://www.youtube.com/watch?v=4xrtgyrWCIM&t=569s

 

私は、NHKよりも「軍艦島の真実」のほうが説得力があり、本来行うべき丹念な検証をNHKは行っていないと考えます。

 

また、NHKの説明では、「緑なき島」は、軍艦島での生活を肯定的に捉えた作品だとしています。

 

しかし、この作品中の映像は、「劣悪な炭鉱労働」として韓国側に引用されており、「強制労働」とのプロパガンダが行われています。

 

私はNHKに対し、映像の無断引用や番組趣旨と反する使われ方がなされているのに韓国に抗議したり、声明を発表しないのか、と問い質しました。

 

これについてNHKは、映像が使用されていないかまず確認するとの回答でした。

 

 

NHKは、必要な検証を行わず、他の炭鉱の映像をしようしているとの確定的な証拠が出てきたときにどのように説明をするのでしょうか。

 

放送局としてジャーナリズムとして、元端島島民の指摘を丹念に検証すべきです。

 

それができないなら、NHKの大崩壊がまもなく始まるかもしれません。



駐日インドネシア大使館のツイッター。

天皇誕生日にあたり、東京インドネシア共和国学校の子供達が、国歌君が代を斉唱し、天皇陛下へお祝いのメッセージを述べています。

誠に素晴らしいことです!

https://twitter.com/kbritokyo/status/1364000523368632321?s=21

 

 

天皇陛下の御誕生日に際し、謹んでお慶び申し上げます。

 

新型コロナ禍の国民に大きな御心で寄り添っていただき、誠に畏れ多く有難いことです。

 

皇室の弥栄と我が国の発展を心より祈念いたします。

 

 

『「コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開ける」天皇陛下61歳誕生日【会見全文1】』(FNN)

https://www.fnn.jp/articles/-/147226

王毅中国外相が米国に対し、「台湾や香港、新疆ウイグルとチベット両自治区への内政干渉もやめるよう訴えた」。

 

↑何を言っているのでしょう?

 

香港の自治を確立し、台湾へのちょっかいをやめ、ウイグルとチベットの民族弾圧をやめるべきです。

 

 

『中国、米に追加関税の撤廃要求 王毅外相、協力も呼び掛け』(共同通信)

https://this.kiji.is/736412541228007424?c=39546741839462401

チベットへの中国政府による弾圧について、皆様から様々コメントを頂き有難うございます。

このような民族虐殺を絶対に止めさせなくてはなりません。

 

チベット語で、「令和(レイワ)」は、“希望”を意味します。

 

日本チベット国会議員連盟は現在99人が加入しており、世界各国で最大の国会議員連盟です。

 

さらに加入議員を増やすとともに、

日本が率先して、チベットへの人権弾圧に立ち向かい行動しなくてはなりません!

 

 

『北京冬季オリンピックは中国の集団虐殺を隠蔽する祭典に』(Newsweek日本版)

https://www.newsweekjapan.jp/youkaiei/2021/02/post-63.php

昨日、日本チベット国会議員連盟総会を開催。

ダライラマ法王日本代表部(チベット亡命政府日本代表部)から、チベットにおける中国政府による人権弾圧についてお話を伺った。

拷問死が相次ぐなど酷い弾圧状況。

ウイグル、南モンゴルなどと併せ、中国の人権弾圧に断固立ち向かうため行動していく!





地震の影響で一部区間で運転を見合わせている東北新幹線は、

仙台~一ノ関間は22(月)始発から運転再開、24(水)始発から全線運転再開見込みです。

 

全線運転再開後も当面の間、速度を落として運転する必要があるため、

列車本数は3分の2程度、所要時間も東京~仙台で1時間程度長くなります。

 

なお、21(日)~23(火・祝)まで、那須塩原~仙台間の東北本線で臨時快速が運転されます。

 

 

 

 

党の「安全保障と土地法制特命委員会」等の合同会議で、

安全保障上重要な施設周辺の土地利用について規制する「重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律案」について議論し、了承。

 

10年来の懸案がようやく法制化される。

 

安全保障上重要な施設周辺の土地や建物の調査や、事前届出、利用規制と罰則が定められた。

 

我が国の安全保障を脅かす土地利用をしっかりと防止していく。

 

 

『自民、土地規制法案了承 安保施設、違反なら懲役刑』(産経)

https://www.sankei.com/politics/news/210218/plt2102180014-n1.html