NHKニュース7『不妊治療に対する保険適用拡大で治療を始める人が増加 東京』

 

4月から始まった不妊治療の保険適用で治療を始める方が増加したことについて伝える中で、大都市部では負担額が減る一方、地方では負担額が増える場合もあると伝えた。

 

実際に昨年と比べると負担額が増えている方がいるが、NHKは、保険適用移行にあたり大幅に助成金が引き上げられた昨年と比較。

 

一昨年と比べると負担額は減っている。

 

何か課題を見つけたいのかもしれないが、前提となる事実が違っていると誤報になり、国民をミスリードする。

 

自民党不妊治療支援拡充議連では、来月、制度開始以降の課題などについてヒアリングや議論を行う。さらに良い制度となるよう動いていく。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220521/k10013636771000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

時事通信『法人税率、引き上げ案が浮上』は飛ばし記事だと思うが、現下の経済状況で増税は有り得ない。

 

法人税以外の増税についての懸念にもつながる。

 

株価をさらに下げても関係ないと言うのか。

 

今重要なのは、国債も含めた積極的な財政出動で経済を支えること。

 

増税には明確に反対だ。

 

 

 

『法人税率、引き上げ案が浮上 積極投資は減税拡充―経済構造転換狙う・与党税調』(時事)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051800813&g=pol

Hanadaプラスに寄稿。

 

沖縄祖国復帰50周年にあたり、沖縄の根本的振興策を提言。

 

沖縄県予算は、県税収入1400億円に対し、国からの地方交付税が2200億円、沖縄振興

予算等の国庫支出金は2400億円。

 

沖縄県は県税収入以外を加味しても独自財源に乏しく、予算は国への依存を続けている。

 

国への依存もそうだが、国と対立する構造で良いのか。

 

 

『沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗』(Hanadaプラス)

https://hanada-plus.jp/articles/1037

沖縄復帰50周年にあたり、
沖縄根拠地隊司令官であった大田實海軍中将が海軍次官に宛てた最期の電文の言葉に、しっかり応えていかなくてはと改めて決意した。

大田中将は、沖縄県民の苦境と、その中でいかに身を捧げ戦ったかを述べた上で、
「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と打電。

この言葉に応える沖縄の根本的振興がなっているか。

私はさらなる思い切った政策が必要と考えている。
沖縄県を相続税無税特区とすることを提唱している。


『沖縄復帰50年 「豊かに」「課題も」県民反応さまざま』(産経)
ウイグルにおける民族虐殺や人権弾圧問題、台湾との交流などにともに取り組んでいる、神戸市の上畠寛弘市議、大阪府泉南市の添田詩織市議の活動が産経新聞で取り上げられています。

こうした問題や課題の解決は、国民全体のもの。
地方議員の方々とさらに連携を強めていきます。

是非ご覧ください!



『地方議員がロシア・中国問題をあえて叫ぶ理由』(産経)

フィンランドがNATOへの加盟申請を発表。スウェーデンも申請する見込みだ。

 

ロシアの脅威に対し、集団防衛、多国間同盟で抑止力を高めようというものである。

 

日本は日米同盟があり、これが基軸であるが、太平洋を中心とする米英豪の「AUKUS(オーカス)」同盟が昨年結成された。

 

抑止力を高め、平和を守るために必要であれば、多国間同盟にも手を打つべきだ。

 

 

 

『フィンランド、集団防衛で対露抑止 中立路線を転換』(産経)

https://www.sankei.com/article/20220512-2TXZ3HGK6VITJKN7RSPYIZPH7E/

連投で申し訳ないが、NHKニュースウオッチ9の田中正良キャスターは、キャスターの資質は無い。

 

コメントをするなら、ジャーナリストとしての見地を示すべきだが、全く意味のない発言を繰り返している。

 

フィンランドのマリン首相へのインタビューで、マリン首相は、ロシアが国際法無視の侵略をしていることを指摘したうえで、

「ウクライナで起きていることをフィンランドで起こしてはならない」「ロシアの行動を甘く見るべきではない」と、

日本の置かれた状況に対する質問に対しても厳しい姿勢を示したのに、

田中キャスターはマリン首相のインタビューについて、

「しなやかで強い姿勢が必要なのかもしれないと感じました」と全く的外れのコメント。

 

このニュース番組は何なのだろうか。

NHKニュースウオッチ9の田中正良キャスターが、

「プーチン大統領を取り巻く状況を客観的に見ますと、この一か八かの戦いを続けていくことしか取り得る選択肢はないように見えます」

「戦いの激化、そして長期化というシナリオしか見えてきません」と、

プロンプターを見ながら述べたが、田中キャスターのコメントなのかNHKとしての見解なのか?

(番組での見解は、もちろんNHKとしての見解になるのですが)

 

戦いを止めさせるために行動していかなくてはならないのに、ジャーナリズムとしてここまで傍観的なコメントができる神経が分からない。

ロシアからの原油禁輸に向けEUが動いている中で、日本は禁輸に踏み出せないでいる。

 

むしろEUよりも早く、原油や天然ガスのロシアからの禁輸を表明し、EUを引っ張ることをしなければ、外交的リーダーシップも取れない。

 

ロシア産原油禁輸のためにも、原発再稼働促進が必要。

 

再稼働すればどれだけの効果があるかも含め、「Hanadaプラス」で解説しました。

 

是非ご覧ください。

 

 

 

『岸田政権よ、原発の再稼働を今すぐ決断せよ!|和田政宗』(Hanadaプラス)

https://hanada-plus.jp/articles/1028

ロシアが63人を無期限の入国禁止に。

日本も同様の措置を速やかに取るべき。

 

それにしても、小野日子外務報道官の読みを間違えるなど、シンボル的に63人を発表したのだろうが、発表はずさん。

 

防衛大臣、外務大臣とも対象となった一方で、

防衛副大臣、政務官は含まれるのに、外務副大臣、政務官は含まれなかったり、

沖縄北方特別委員会理事は対象なのに、外交防衛委員会理事は対象にならないなど、全くちぐはぐだ。

 

 

『ロシア入国禁止の対象者リスト』(日経)

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB043190U2A500C2000000/