授業記録5/23

テーマ:

一部になりますが、授業記録です。

順に学年、科目、内容、コメントになります。

 

全然更新できていないので…頑張って書きますかお

 

中3(数学:平方根)

中間テストで数学92点(学年2位)、5科計も自己ベストになりました!

ずっと本人を信じてやってきたので、今回の躍進はとても嬉しいです。

都立の内申がかかる大切なテストで、自らの意志で頑張って勉強し結果が良かったというのは大きいです。

受験に向けて良い態勢が整いつつあります。第一志望に合格させてあげたいと思いますね。

さてこの日は平方根の学習を進めました。とりあえず期末の範囲を早く終わらせないといけませんね。

 

中1(数学:四則混合)

単元テスト(正負の数の加減)で表・うら共に100点でしたアップ

このテストの前日の授業で手応えが良かったことを、ご父兄様にお伝えしていました。

目に見える数字になって良かったです。この日は「四則混合をやりたい」ということで、

時間のほとんどを四則混合に費やしました。(元々その予定ではありましたが…)

生徒さんがやりたいと思うことと、こちらが教えたいと思うことが一致するときは良い状態です。

一問一問解き方を見て、正解していても間違いに繋がりそうな解き方は指摘しています。

 

 

英語の教材~戸山合格~

テーマ:

興味ある方が多いと思うので、

戸山に受かった子が使用していたテキスト(英語)をご紹介します。

 

新中学問題集1年

新中学問題集2年

新中学問題集3年

マイクリア1年

マイクリア2年

マイクリア3年

WinPass3年

新中学問題集(発展編:2回)

最高水準問題集2年

最高水準問題集3年

最高水準問題集(受験編)

最高水準特進問題集(読解編)

英語総合的研究(長文)

MJサテライト

講習テキスト(1・2・3年)

Sapix日比谷・西予想問題集

ハイレベル問題集

日比谷過去問(10年分)

戸山過去問(10年分)

青山過去問(5年分)

新宿過去問(5年分)

 

 

ざっとこんな感じでしょうか。

上智スクールで難関都立を目指す場合、これらを全て一緒にやることになります。

 

本気で合格したい方、お待ちしていますにひひ

 

 

 

3/1は都立高校入試の合格発表日でした。

推薦入試とあわせ以下合格校です。

 

<一般入試>

合格戸山高校合格

合格両国高校合格

合格竹早高校合格

合格文京高校合格

合格葛飾野高校(2名)合格

<推薦入試>

合格上野高校合格

合格本所高校合格

合格小岩高校合格

合格墨田工業高校合格

アップ合格おめでとうございますアップ

 

喜びの声、これまでの道のり、勉強法、入試情報など、

随時更新していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業記録2/10

テーマ:

2/10授業記録。

順に学年、科目、学習内容、コメントです。

 

高2(英語Ⅲ:読解問題演習)

黙々と勉強しています。高校生は目標に向かってやるだけですね。

私も授業の内容だけに集中することができます。

3年生が使用する長文のテキストを使いトレーニングしています。

 

高2(英語:学校の教科書)

定期テスト前で教科書を読みました。

教科書を一緒に読んでほしいという子は多いですね。

 

高2(数Ⅱ:積分、数I/A:センター入試予想問題)

昨日に続き積分の勉強でした。後半は気分転換も兼ね、IAの復習。

来年のセンターでIA、ⅡBともに8割以上取れるように、頑張りたいと思います。

 

高1(数Ⅱ:高次方程式、ω)

週2回の数学の授業。数Ⅱと数Bで担当を分け進めています。

入塾時(中2)と比べると、飛躍的に数学ができるようになりました。

コツコツと積み重ねることは大切だと改めて感じます。

 

中3(数学:都立独自入試対策)

ここまで2年7カ月間、都立一般入試に絞って準備をしてきました。

推薦も受けず、私立一般受験も最小限にして、狙い澄ました準備です。

本人の「何が何でも受かる」という言葉が頼もしいです。

 

 

授業記録2/9

テーマ:

授業の記録です。

順に学年、科目、指導内容、コメントです。

 

高2(英語Ⅲ:読解問題演習)

英検2級の1次試験に合格したそうですアップ

全然できなかった中3の頃からコツコツと積み上げてきました。

継続は力なりですね。嬉しい合格となりました。

 

高2(数Ⅱ:定積分)

担当6年目。来年の大学受験が集大成になります。

一通り入試の出題範囲の学習が終わったので、

これから本格的な入試問題演習に取り組みます。

 

中2(英語:学校の教科書、ワーク)

入塾2カ月目。進め方が徐々に定まってきています。

今日は初めてやりたいところを自分から言ってくれました。

 

中3(数学:都立独自入試対策)

難関校合格へ。最後の仕上げです。

自信がありますひらめき電球何事もなく試験日を迎え、ふつうに解答用紙をうめれば合格。

自信を持つように伝えることが、最後の仕事だと思っています。

 

中3(数学:2次関数(高校分野))

都立高校に推薦合格した生徒さんです。

先週から次の目標の大学受験に向けての勉強を始めています。

高校分野の1次不等式、2次関数、集合を自分で進めてくれていました。

高校に合格して、さらにやる気満々です。

 

 

 

都立高校推薦入試合格

テーマ:

都立高校推薦入試で4名合格しました。

<都立推薦合格校>

合格本所、小岩、上野、墨田工業合格

 

本所、墨田工業の子は内申点が高く余裕の合格。

上野の子は2年前の入塾時より7ポイント内申点を上げての見事な合格。

小岩の子はドキドキでした…かお倍率4.97を勝ち抜いたのは凄いです。

 

さて、一般入試までは2週間をきりました。

推薦を受けずに一般勝負という子も多く、今必死で頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記録 8/7夏期講習中期1日目

テーマ:

8/7(月)

夏期講習中期日程1日目の授業記録です。

順に学年、科目、学習内容、コメントです。

 

高3(数B:数列)

基本問題を中心に進めています。今日は等差、等比、階差の一般項、総和の求め方をやりました。「3,33,333,3333・・・の数列の総和を求めよ」など。明日5コマで大変そうです…。

 

高2(英文法)

通常授業に引き続き夏期講習も担当しています。他動詞、自動詞の区別、文型などを学習しました。講習期間中は図書館と塾を往復するようです。

 

高2(数B:ベクトル)

通常授業で数列を学習しているので、講習ではベクトルを勉強します。ベクトルの合成、大きさ、内積など、基本的な知識をしっかり理解することが難しい問題を解く上で非常に大切です。

 

中3(数I:数と式)

久々に3乗の乗法公式や、因数分解などをやりました。忘れているところも多くあったので良い復習になりました。

 

中3(英語:動詞、助動詞、現在完了)

生徒さんと相談して基本問題を先に終わらせることにしました。正しく読めない単語が多いので、なるべく読ませるようにしています。人名や地名も正しく読めていないと気になります…。

 

中2(数学:四則混合計算、方程式)

1次方程式の文章題を中心にやりました。個数と代金、割合、速さ、過不足など問題のパターンも様々です。

 

高3(数I:数と式)

数Ⅲの学習と並行して、数Iの復習です。

 

高3(英文法:動詞)

TEAPのSpeaking,Writingで高得点をマークしました。Readingが上智や早稲田の基準に達しなかったようなので、次回までにはクリアしたいところです。文法・語彙問題の穴を埋める講習にしたいです。

 

高1(数I:三角比)

イギリス帰りで久々の授業でした。最近、語学研修でイギリス、アメリカに行く生徒さんが多いです。すごいですよね~…。(Taylorsのお茶を頂きました、ありがとうございました!)今日は三角比の復習をしました。

 

中3(数学:2次方程式の文章題)

次回の試験範囲である2次方程式のグラフ、変域の学習まで終わったので、2次方程式の復習をしました。数に関する文章題が苦手だったのですが、今日は進歩がみられて良かったです。2回、3回と繰り返すことで徐々に慣れていきます。

 

 

講習は皆さん大変そうです。

勉強って、本来楽しいはずですが、大変な面も多くありますね。

 

受験は競争で、本当に大変です。

 

 

 

記録 7/25

テーマ:

中3(数I:2次関数)

この生徒さんとは、5年連続で花火大会の日に授業をしています。花火大会開催の曜日、授業時間、先生が変わらないことで生まれた珍記録です。

 

中3(英語:総合問題)

1ヵ月で終わらせるように、と渡していた最高水準問題集を、2週間で終わらせ提出してくれました。受験校を考えれば当然なのですが…なかなか出来ないことなので、やっぱり凄いなぁと思います。

 

中3(英語:長文読解演習)

授業後の自習時間に、私が出した数学の宿題を解いてました。お茶女、筑付などの難問が並んでいます。…解けたのでしょうか。次回の授業が楽しみです。

 

中1(英語:Lesson4の読解)

代名詞、命令文の学習まで終わったので、久々に教科書をやりました。these,those,they,their…初めて習ったときは混乱していた単語も、だいぶ慣れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は授業後に、都立進学重点校を受ける生徒さんに、受験者平均点、合格最低点(推定)、問題の傾向、配点などを教える時間をとりました。

 

今年もいよいよ受験が始まったという感じです。

 

さて、都立受験の細かい数字を見てみますと、やはり内申点が非常に大切と改めて感じます。

 

内申点が高ければ、学力試験で「他の受験生に負けなければいい」という戦略が取れます。

 

準備段階では、内申でリードして、学力試験で突き放すような準備をする訳なのですが、内申が高いと、直前に「苦手な科目は低い点数でも良い」とアドバイスできることが大きい気がします。

 

すると不思議なもので、苦手な科目でも、良い得点を取り、結果的には突き放して合格となります。

 

7(学力試験):3(内申点)なので「7割の学力試験で挽回すればいい」と考える方が多いと思うのですが、実際には内申点が合否に占める割合は3(学力試験):7(内申点)です。

 

内申点が悪いというのは、実力が拮抗しているチーム同士のサッカーの試合で0-2で前半を折り返すようなもの。

 

逆に内申が良いと2-0です。

 

都立を受ける全ての生徒さんに、内申の重要性は話していきたいと思っています。