WHISKEYandCLOTHINGのブログ

WHISKEYandCLOTHINGのブログ

ファッション、マシン、ミュージック
SHOP紹介
独り言

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
久々の更新

最近特に思います

政治、、、誰かがやらないといけない
意見は大切

だから、僕達は一票を入れる

国民がつくる  日本は独裁の国ではない
だから意見は言う
実に正論 

しかし周りを見渡すとどうだろう
蹴落とし 批難 陰口 不平不満 
呑みの席での会社の看板掲げての文句
TVへの苦情
学校への苦情
根も葉もない噂
SNSでの叩き

国民がつくる社会というならば、今の政治はまだまともなんじゃないだろうか?
もちろん満足はいってませんよ、、、

しかし
国の縮図が自分達の在り方
ならばその逆もまた、、、
もし、今の社会をそのまま政治に乗せるとどうなるか…
むごすぎる、むごすぎませんかね?

考えるとゾッとします。

音楽も、衣も、スポーツも、芸能も、アートも
皆さん当然好きだから、プライドがあるからやるのでしょうが、
人間が本来持ち合わせる爆発的考えの部分。
例えばケンカしか知らなかった不良少年が、その負けん気やエネルギーというエンジンを何かに載せ換える。

それがもしかしたら先程あげた
音楽やアパレルやスポーツや芸能やアート、その他多数の表現と活力が生まれる場所に代わるかもしれない

だが、昨今
人々の不平不満や苦情は、その表現の世界にまで及びすぎてはいないだろうか?
歌詞が下品
高すぎる服、バカみたい
下手くそ!
お前TVに出るな、見苦しい
あの人の絵は、誰々のパクってそう。

SNSでもよくお見受けます。

その批判こそが、その言葉の批判エネルギーこそが今。文句を言うてる先程一例をあげさせていただきました人達が正々堂々と旗を掲げてエネルギーを放出している場所なのではないでしょうか?

エネルギー、爆発力
人間にはあります。消せないです。それだけはどうしても
そんな、殺傷のない表現の世界で放出しているところにまで、ああだこうだ言う世間様が続きすぎると

”力”は原点に返ってしまうのではないでしょうか??
そう、弱肉強食の世界です

それを生み出すのは、もしかすると
意見と称した、正論と称した、
自分の気にくわない世界観への暴力的発言から徐々に生み出されていっている時代かもしれないです。

生意気です。

ふと思ってしまいました。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス