20年先の母子の心と身体を育てる暮らし〜アロマと食、子育てのこと〜 アロマ起業デザイナー 枡田悠紀(ますだゆき)

20年先の母子の心と身体を育てる暮らし〜アロマと食、子育てのこと〜 アロマ起業デザイナー 枡田悠紀(ますだゆき)

【京都府】スマートライフ協会認定SmartAroma認定教室フランス式アロマテラピー/ハイドロセラピーインストラクター・アロマ起業スクール 一児の母・元Webデザイナー・社会福祉士

 

いつもご覧頂きありがとうございます◎

wafful design  枡田悠紀 です ˚✧₊

 
 
先日、
「日焼け対策と虫対策のアロマ」
というテーマで

インスタライブをいたしました。

 


今回は、このライブで

(動画はこの記事の最後に貼ってあります✨)

お伝えした内容をまとめてみました◎


 

 
日焼け対策について

 

 

日焼け対策で大事になるのは、

 

日焼け直後の肌のダメージ(炎症)を

どれだけ素早く抑えられるか

 

というところにあります。

 


 

日焼けは

皮膚が軽い火傷を負った状態。


 

その炎症を

出来るだけ早く抑えることが大事なのです。

 

 


\だから、日焼け直後のケアがとても大切。/

 


 

そこで私が使っているのは、

 

◆真正ラベンダーウォーター入りの万能ジェルクリーム

 

 

です。

 

ハイドロゾル(高濃度の芳香蒸留水)の中でも、

真正ラベンダーウォーターは、

 

日焼け後の肌にとてもおすすめ!

 

 

作り方も簡単で、

 

ハイドロジェル基材に、

真正ラベンダーウォーターを入れて混ぜるだけ。  



 

さらに私は

真正ラベンダー精油ティートリー精油

ここに加えています。

 

 

真正ラベンダーも、ティートリーも、

抗炎症作用

があると言われている精油。

 

 

アレルギー肌の

2歳の息子とも共用で使えるし、


 

(精油の濃度によりますが、

ラベンダーW+ジェルだけなら

新生児から使用OK)


 

外出先での

消毒ジェル代わりにもなるので、

  


まさに万能ジェル!!!!



 

子育てママには

本当に欠かせないアイテムです。

 


 

そして、

日焼けをした日のナイトケアには

 



真正ラベンダーなど
消炎作用が高いと言われる精油を、

 


抗酸化力が高いと言われる

レッドラズベリーシードオイル


美白効果が高いと言われる

エルダーオイルなどにブレンドした


 

オイル美容液を使用しています。


 

 

レッドラズベリーシードオイルは


そのSPFの高さから、

天然のサンスクリーンオイルとして

注目を浴びたオイル。



そのため私も昨夏にインスタで、

日焼け止めオイルとしてご紹介したのですが;


 

その後日焼け止めに関して

色々調べていく中で、

 


レッドラズベリーシードオイルに限らず、

植物油を日焼け止めとして使うことは

あまりお勧めできない。

 


ということがわかりました。

 

本当に申し訳ございません。

 

 


というのも、

 

レッドラズベリーシードオイルだけではなく、

植物油は主な組成成分が、

 

不飽和脂肪酸

 


 

不飽和脂肪酸は、

人の皮脂に近い性質を持っているので、

 

スキンケアには良いと言われていますし、

 


実際にアロマテラピーでは植物油を使った、

スキンケアクラフトをよく作ります。

 


 

ただ一方で、不飽和脂肪酸は酸化されやすい

 

という特徴も持っています。 



 

不飽和脂肪酸は、

二重結合を持った脂肪酸で、

 

二重結合が一つの一価不飽和脂肪酸と、

二重結合が二つ以上の多価不飽和脂肪酸

 

分類されます。

 


この二重結合が多いほど、

酸化されやすいと言われています。


 

 

そして、紫外線は酸化力が高いため、

 

日焼け止めとして植物油を使うことは、

肌の酸化を進めてしまう原因にもなり得ます。。。


 

 

ライブでご質問いただいた、

ツバキ油やオリーブオイルも同じと、私は考えます。

 

(どちらも一価不飽和脂肪酸が多いので、

多価不飽和脂肪酸が主なものよりは酸化しづらいと思いますが。)

 

 

植物油自体の紫外線防止への効果は

その植物油によっては
期待出来る面もあるとは思いますが、
 

(抗酸化やSPFの測定結果など)



これまで示したように、

植物油に多く含まれる不飽和脂肪酸が

紫外線を受けた時の反応など、

不明確な部分やリスクもゼロではないと思うので、




日焼け止めとして使うことは

 

私は推奨しません。

 

 

 

では、

日焼け前にアロマテラピーで

対策はできないのか???



 

これについては、

 

以前私が1dayレッスンでご案内したような、

手作りクリームがおすすめです。

 

(現在対面クラフトレッスンの受付は休止しております。)

 

これには、

 

ホホバオイルが含まれています。

 

 

「えっ、ホホバオイルって植物油ではないの?」

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

実は、ホホバオイルは、

植物油ではなく、植物ロウに分類され、

 

主な成分がワックスエステル。

 

酸化防止剤としてもよく用いられ、

酸化しにくいとされています。

 

そのため、

この手作りUVクリームには

ホホバオイルを使用しています。

 

 

そしてそれだけで

日焼け防止はできないのですが、

 

紫外線散乱剤である、

 

微粒子酸化亜鉛

微粒子二酸化チタン

 

を入れてあります。


 

    

■紫外線散乱剤とは?


ノンケミカルと呼ばれ、
紫外線を散乱させる、つまりは跳ね返す成分で、
刺激が少ないと言われています。

一方で、紫外線吸収剤と呼ばれるものもあります。

これは、ケミカルとも呼ばれ、
紫外線を熱エネルギーなど別のエネルギーに変換し、
紫外線の影響を防ぐというもの。

まれに刺激を感じる方がいらっしゃるため、
最近はこの紫外線吸収剤を使用しない
市販の日焼け止めも増えてきました。

(参考:紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)とは|
ノエビアグループサイト

https://noevirgroup.jp/nov/pages/sunscreen_03.aspx

 


つまりノンケミカルな


日焼け止めクリームを

作ることが出来るのです。

 



とは言え、

この手作りクリームは

 

お散歩くらいの外出であれば良いのですが、

 

海や屋外でのレジャー遊びには

あまり効果が期待できないと思いますので、



 

市販のものも含めて、

TPOに合った日焼け止めの選択を

することがとても大切です◎

 

 


そして日焼け止めよりも、


前述した、

万能ジェルクリームなどを持ち歩いて、

 

頻繁に日焼け直後のケア!

 

をすることが

日焼け対策にはとっても大事です☺︎♫

 

 

 

虫対策について

 

 

後半では、

虫対策についてお伝えしました◎

 

 

最近はディートフリーのものも増えてきましたが、

アロマで虫対策ができると良いですよね♫

 

 

虫に効果があると言われる

成分はいくつかありますが、

 


その中でも

蚊・ブト(ブヨ)・ダニなど、

虫が一番嫌うと言われる、


 

シトロネラールが含まれる精油をご紹介しました。


★ユーカリレモン(ユーカリシトリオドラ)
・グレープフルーツ
・メリッサ ※
・レモングラス ※
・シトロネラ ※ など



この中で、

シトロネラールが多く含まれるのは、


ユーカリレモン


 

また、

※が付いている精油は

蜂が好む、

ゲラニオール、ネラールなどの成分も含まれるため、

 

蜂が出やすい場所では注意が必要です。

 

 


そして虫除けには、


l-メントールが含まれる精油もお勧め。

 

代表的な精油はペパーミントです。


 

ペパーミントは

虫刺された後のケアにも♫


軟膏に希釈し、使用します。


 

ただし!
乳幼児・妊娠中・授乳中・

てんかんをお持ちの方は、


使用を控えてください。

 


 

ユーカリレモンも、

乳幼児には強い精油なので、


 

持ち物や部屋に対して、


ユーカリレモンやペパーミントの入った

アロマスプレーを吹きかける

くらいであれば良いのですが、


 

乳幼児(1歳以上)に対して、

顔まわりや手足など、

肌に使う場合には、

 

これらの精油を使わず、

 

・ゼラニウム
・ラベンダー

 

などを使った

スプレーやジェルが良いです。


(但しこれらは蜂が好む香りです)

 


ただ、その場合も、

その子によりますが、

濃度は0.1%からで、

 


アルコールではなく、

ディスペール剤を使うことをお勧めします。


 

また、乳幼児の虫刺され後のケアも、

日焼け対策でお伝えした万能ジェルが◎

 

 

 

※基本的に1歳未満のお子様には

 精油よりもハイドロゾルで。


※芳香浴以外で使用する際は必ず希釈で!
 精油の原液を肌に塗布することはNGです。


 

 


以上、

日焼け対策と虫対策のアロマテラピーでした。

 

 

これからも

アロマをうまく生活に取り入れていく
お手伝いが出来たら嬉しいです˚✧₊

 


 

※ライブ内で話していることや本記事で書いている内容は、
文献や研究データなどもある程度調べた上でお伝えしておりますが、
あくまでも、私個人の見解であり、
医学的根拠や効果の有用性を保証するものではございません。※


 

動画で観る【YouTube】

 

 

 

参考:

・紫外線の知識 http://www.argofile.co.jp/wp/images/fressy_uv.pdf

・紫外線暴露による皮膚構成脂質の変化 とその細胞毒性 との関係https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjh1946/56/2/56_2_500/_pdf

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました☺︎

 

 wafful design

枡田悠紀

プロフィール

 

20年先の母子の心と身体を

育てる暮らし 

 

ブログの更新情報を受け取る

 

 フランス式アロマテラピーとは

 ハイドロセラピーとは

 アロマテラピーと免疫について

▷ 精油の質とフランス式アロマテラピー

▷ 免疫力と治癒力を適正に保つために【解説動画付き】

 

起業デザインのことは

note に書いています

 

LINE公式アカウント

ご質問やお問い合わせなどもお気軽にトーク画面からどうぞ◎

友だち追加
SNS

アロマ起業デザイン▷ instagram @yuki.waffuldesign

プライベート&子育てアロマ▷ instagram @barachan_aroma