法人設立前の売上や経費はどうやって処理すればいいですか? | 神戸市西区の女性税理士 ふじものブログ

法人設立前の売上や経費はどうやって処理すればいいですか?

新規に法人を設立されたお客様から

質問がありました。

 

 

「法人設立の手続き前に半月分ほど、

売上や費用があるんだけど、

確定申告しないといけない?」

 

法人税法上は、

会社設立の日が「事業開始の日」

となりますが、1カ月程度であれば、

法人の1期目に含めて、計算することが

認められています。

 

しかし、個人事業から法人を設立する

「法人成り」の場合は、「設立の日」で区切られるので、

注意が必要です。

 

例えば、今年の1月4日に法人成りで法人を設立した場合、

1月1日から3日分は、個人としての申告が必要です。


面倒なので、1月1日設立にしたいところですが、

「法人の設立日」は、法務局に申請した日になるので、

法務局が開いていない以上、仕方ないですね。

 

なお、オンライン申請でも、

平日のみの対応となっているので、

お休みの日に設立することはできません。

気を付けてください。

 

税務顧問、起業のご質問はこちらまでラブラブ
神戸市西区の税理士 藤本会計事務所