If you can dream it, you can do it.

If you can dream it, you can do it.

夢を見ることが出来れば、それは実現出来る。
日常の出来事を中心に、喜怒哀楽を吐き出していきます。

もちろん、昨日土の中に植えたライチの種から発芽はありません。

それより

ふとかんがえました。

いろんな苗木が入っている
ふにゃふにゃのポットは黒なのか

日を通さない方がいいから?
根は暗いところを好むのか?

いやいや、水栽培(球根)は
ガラスが多い気がするし、透明のカップに土を入れて、光に当てるのはどうなのか・・・


多分、私、相当暇みたい(笑)


ググることもせず
自分で出した結論は

発芽する時に、間違って横に生えてきても困るので(笑)

紙で筒を作り、透明のカップを浮かせました(笑)
浮かせたのは、下から水が出るようにしてるけど、室内で、ダンボールの上に置いておくと水が出てきます。
その水が落ちてもカップに水があたらないようにしました。

まぁ、紙だし
とりあえずは暗くしただけ

発芽しないかなぁ〜

土はたくさん余ってるので
次は何を育てよう!

あっ!
レモンなら親父が毎日使うから
レモンもついでに育ててみようかな。
昨日こんな状態で保管していた
(水栽培のつもり)種

やっぱり土に植えようと
近くのホームセンターへ

黒のポット
(フニャフニャの植える植木鉢)
も欲しかったけど、売ってなく
そんなにお金を今!かけなくても(笑)
と思い、土だけ購入

親父の捨てない性分が初めて役に立ちました


親父が毎朝食べる
黒酢もずくのカップ(笑)
15個なんて余裕(笑)

洗って(洗ってるだろうけど)
穴をほがして
(ほがしては標準語?)

なんとなく種が乾燥してきたように感じまして
ティッシュでカバーしてました。


買った土はこれ
ブルーベリー用の土もあったけど
ブルーベリーじゃないし(笑)
とりあえず、芽を出すことをまず目標で
土を選びました。

育てた方のブログなどでは
培養土・鹿沼土の7対3
または
赤玉土・ピートモス・川砂の6対2対2
が良いと書いてましたが、園芸が趣味でもなく(笑)
なので
この土、発芽したら植え替える事を前提に
選びました。
裏を読んだら
ピートモスは入ってました(笑)

実がなって、食べれるまでには約10年(笑)

この種達が発芽して、木になってきたら
庭にビニールハウス作ります(笑)

自信は無いけどね!
土を半分入れて、種を入れて
また土を入れる。


出来たカップは15個

1つは超小さな種だけど植えました。
まずは1週間
土の肥料は10日から20日持つらしいので
次の植え替えのための土の研究をしておきます。

昨日、鳥栖にあるミキファームのライチを持ち帰り、今日食べる。

食べながら、ふと考える

「コロナでベトナムに行けないのは、どれくらい続くのだろう」

「よし!育てよう」😁


種までもプリップリ

ティッシュを敷いて、水を入れて
これでいいとは思わないけど
土の準備ができるまでは乾燥させないように

さて、どうなることでしょう。