【コーチビジネスを成功に導く売れる仕組み化9か条】コーチのためのクライアント獲得心理モデル

【コーチビジネスを成功に導く売れる仕組み化9か条】コーチのためのクライアント獲得心理モデル

コーチのためのクライアント獲得心理専門コーチ坪井一真によるブログです。

こんばんは。

坪井一真です。

 

あなたは自分自身の人生に

後悔しない生き方を出来ていますか?

 

出来ているなら

素晴らしいですね。

 

あなたは自らの心を

とても大切にされているのでしょう。

 

逆に後悔ばかりしてしまっているとると

いう場合は

 

それは、自らの心と行動に

折り合いがついていない状況なのかもしれません。

 

僕たちにはひとりひとり個性や人格が

ありますよね。

 

それと同じく、

僕たちは本来、ひとりひとり違った夢や希望を

心に抱いています。

 

特に子供のころは顕著ですよね。

 

野球選手になる-

パイロットになる-

お嫁さんになるー

 

子供に将来、

なにになりたい?

 

なんて聞いたら、

そりゃーまー、夢や希望が

次々に出てくるでしょうね。

 

でも、

 

同じような質問を大人にしたら・・・

 

両親の介護

子供の養育費

定年後も再雇用してもらう

 

夢や希望というよりも、

現実問題の生活ばかりを考えてしまう。。。

 

このようなことって

めちゃくちゃ多いんですよ。

 

----------------------------------

夢や希望なんてない。

あるのはこれから先の世知辛い現実だけだ。

----------------------------------

 

 

こういう価値観を持っている人が

多いからこそ、

 

 

大人に夢を聞いても

多くの人は『夢ややりたいことなんてない』

って結論に至ってしまうんですよね。

 

 

自らに言い聞かせるように・・・

 

 

僕も子供のころは

ありったけの夢をもっていたんですが、

大人になるにつれ

 

『おまえなんかが出来るわけがない』

『もっと現実をみなきゃ』

『成功できるのは一握りの人だけ』

 

 

周囲の大人たちに刷り込まれて、

だんだんと夢ややりたいことが消えていきました。

 

 

コーチになって分かったことは、

僕だけでなく多くの人がこのように大人になるにつれて

周囲の雑音の影響で夢や希望をなくしていってしまっているんです。

 

 

----------------------------------

常識という枠の中で見れば、

いつまでも夢を見ているのではなく、

現実にしっかりと目を向ける必要がある

----------------------------------

 

 

なんて、

ことが重要視されていますが、

 

 

結果として、

 

----------------------------------

僕たちの中から情熱や希望といった

人生に彩りを与えてくれるエッセンスが

どんどんと小さくなってしまっていってるんですよね。

----------------------------------

 

結果、

枠の中にはまって苦しんでしまう。

 

でも、

 

----------------------------------

あなたの中にも

本当は自分の中にものすごいエネルギーをもった

夢や希望がいまでも眠り続けているんです。

----------------------------------

 

僕が提供している

マインド・コーチングとはあなたの中にある

自分自身を押さえつけてしまう枠を取り外し、

本当の輝くあなたに戻っていただくためのコーチングです。

 

せっかくなので、

僕のもっているスキルをブログを通してみなさんに

お伝え出来たらなと考え日々のブログでコーチングを

していこうと考えるようになりました。

 

なので、

 

連載で続けていければと思います。

 

毎回のブログであなたに質問をしていきますね。

そして、ノートでもコメントでもいいので、

その質問に一生懸命答えを書き出してください。

 

 

本来、質問とは膨大な要領をもつ脳から

情報を引き出してくれるためのキーワードです。

 

検索エンジンは瞬時に答えがウェブから

出てきますが、

 

人に対しての質問は無意識の領域まで

じっくりとめぐっていきますので、

その瞬間に答えが出なくても構いません。

 

あなたの脳や無意識に質問が届くことで

きっとあなたには大きな変化が訪れていくことでしょ。

 

では、本日の質問です。

 

あなたが子供のころに抱いていた

大きな夢はなんでしょうか?

 

じっくりと思い出してみてくださいね。