こんにちは(^O^)/

 
音楽療法士・ヴォイス フィットネス インストラクターの杉本裕子です!
 
 
音楽療法士として
心身に障がいのある方と関わっていて
その人が変わる瞬間…
 
ヴォイス・フィットネス・インストラクターとして
楽しく歌いながら体を動かし、お元気になられていく
受講生の皆さんが変わる瞬間を垣間見る時…
 
 
それは…
 
無意識に 喜怒哀楽の感情を自己表現でき
仲間から褒められたり
共感された時
 
です✨
 
 
心や体に心理的なストレスがかかっていると
 
不安や恐怖、苦痛
 
などで、脳も体もがんじがらめになり
交感神経が優位となる 戦闘体勢に入り
 
常に緊張して疲れ果ててしまう状態に入ってしまいます。
 
では  音楽 ~特に歌~ を
楽しんでいると…
 
・歌うために 深い呼吸を何度も行う
 
・歌詞を表出するために左脳を使い
歌の表現をするために右脳を使う
 
・歌詞を見ることで後頭葉が使われ
 
自分の声や人の声を聴くことで側頭葉が使われ
 
手足でリズムを取ったり、踊ったりすることで頭頂葉が使われ
 
曲に対する 美しい・切ない・しみじみ・楽しいなどの感情が湧き出ることで前頭葉が使われる
 
つまり…
 
歌うことで  
 
脳全部が一度に活性化する!
 
そして…
 
楽しんで活動できることで
心も体も解放され
無意識に体や表情が動くなど
 
潜在意識にも良い影響を与える❗
 
のです✨
 
仲間と喜びや楽しみを共有し
皆がつながっている🎵
 
という実感が味わえるのも
 
前向きな生きる力
 
につながることに結びつきます。
 
認知症の高齢者や 認知症予防
心身にさまざまな障がいをお持ちの方に
 
音楽療法 が適用されるのも
上記のことによります。
 
 
潜在意識については
次回お伝えさせていただきます✨