ザ・フライイング・フィドル

脱力して楽しくヴァイオリンを弾きましょう!神戸市在住のヴァイオリン・ヴィオラ教師です。カトー・ハヴァシュ師のアプローチに基づき、ワークショップなど開催しています。


テーマ:

 

先日より、「弓は踊る」読者サポートのためにエクササイズの動画を作成し、URLをメールでご案内しました。

しかし、読者へ一斉送信したため、お人によってはスパムフィルタに引っかかったのか、届かなかったそうです。「届いていないよ」という方は、遠慮なくおっしゃってください。

 

すべてのエクササイズ動画は、著者のグロリア先生や、オランダ人講師のジュリアン先生に見てもらっています。

そしたら、二人の先生から、私自身にとって勉強になる指摘をいただくことも多いです。

それを元に修正して取り直した動画もあるのですが、まだできていないものもあります。

 

今回指摘されたのは、「磁石」や「緑の光」エクササイズです。

右手の弓をG線へ持ってきたときに、わずかに左半身も弓の方に向かうよに動いてるよ、ということです。

これは、古い悪い癖が残っているもので、バランスを崩すので、左は動かさないようにしましょう。

 

あと、G線に行く時、右肘が必要以上に高すぎることがある、という点。

これは、教本に書かれているように、G線の上に”乗せる”と考えず、楽器のくぼみのところから右手が入っていって弦の側面に当てるというイメージでやれば、より簡単にG線に到達できます。

G線のときの肘の高さは、「羽ばたき」のときのレベルにとどめ、それ以上肘を上げないことが大事です。
 

修正したら、さらに力みが取れて楽になりました。

例えば、ブルッフのコンチェルトの最初の方で確認したら、すご〜く楽に弾けるようになりました。この曲は、弓の配分についての勉強にもなります。

 

ハヴァシュ式基礎エクササイズは奥が深いです〜。

 

 

来週はいよいよ東京でワークショップとレッスンです。

これだけ長期に渡って行けることは、これが最後かもしれません・・。

平日なので、ご参加しにくいかもしれませんが、まだ数名空席ございますので、今からでもお申し込み受け付けています。

皆さんと勉強できるのを楽しみにしています。

「弓は踊る」「弦は響く」テキストと楽器をお持ちになって下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

重音がうまく響かない原因は、第一に音程ですが、その次が、左手、右手共に押さすぎであることが多いです。

音程については別の機会に譲るとして、押さえ方について書いてみます。

 

そもそも重音は、二つの音、2本の弦のパワーがあるので、それに委ねるという気持ちになってください。

左手は、単音よりむしろ軽く押さえます。決して指先でギュッと押し付けず、親指を上手に活かして手全体でスポンジをそっと包み込むイメージです。

右手もです。押さえて二つの弦を弾くのではなく、角度だけ、両方の弦に触れる肘の高さを調節して作り、羽でサーッとこするぐらいの軽いタッチでストロークしてみてください。手首や指で押し付けないように気をつけます。

 

左手の形は、純正な音程を素早く作るために、弦に沿って指がスライドしやすい状態にあることも重要です。親指とうまくバランスが取れている手の形になっているか、写真のように、バンジョーのように構えてチェックして下さい。

 

写真は過去記事「もう左手を我慢しなくていい弾き方」より

 

 

楽な形ができたら、楽器を肩の上に戻して、「ミード#ー」(写真の場合)と、指番号が若い音から順に声に出して歌いながら、弾いてみましょう。

 

「声に出すこと」、これはいつも口を酸っぱくしていっていますが、ここでも大切です。

重音の音を一つずつばらして歌えるようにするだけでも、弾きやすくなりますよ。

 

どうですか?

響きましたか?

 

 

※上記は、「弓は踊る」「弦は響く」にあるような基礎バランスが確立できていることを前提としています。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

動画を作った目の疲労から、しばらくパソコンできませんでしたが、やっとこうしてブログ出来るようになりました。

作成した動画は「弓は踊る」の読者の皆様へシェアしました。

これから買われる方はますますわかりやすく読んでいただけると思います!

 

 

最近、ハイポジションを楽にする方法を指導する機会があり、自分でも勉強し直しています。

 

やはり基本エクササイズにすべてが入っていることを発見です。

 

「弓は踊る」に載っている、「バイオリンのエクササイズ」というのがあるのですが、そのスタート地点でのバイオリンの用意の仕方、その手の形でどの音まで届いているでしょうか。

届いていれば、大丈夫!弾けますよ。

 

↓エクササイズ動画より

 

目的の音に届く形にして、あとはそのまま楽器を裏返して肩に載せるだけなんです。

親指の場所は、上記エクササイズでは裏板にあるので、実際のハイポジションの時は指板の側のところへ変えてやりますが。

 

ファーストポジションに構えたところからよじ登ろうとすると無理な形に押してしまいがちなので、楽器をバンジョーのようにかかえた状態で、上に登ったり下がったりする手の生体を観察するのも良い練習です。練習と言うか、意識の塗替えですね。

 

いざ肩に担いでやるとき、顎でギュッと挟まないように注意しましょう。

そして、左手は、肩から下ろして練習したときと別のことをしないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

先日、〜はじめから美しい音で〜「弓は踊る」「弦は響く」教本セットを買ってくださった、オーストラリア在住のA子さんから、動画を作ってもらいたいと切実な長文メールをいただきました。教本と首っ引きでやっているが、どうしても動きがあっているのかどうかわからない、とのこと。

 

A子さんは、親子でヴァイオリンを始められたものの、地域柄ヴァイオリンの先生を探すのも一苦労で、やっと見つけた先生の教え方もよろしくなく、インターネットで日本語サイトを検索して私のサイトに辿り着き、教本を注文されました。

 

〜〜〜お手紙抜粋〜〜〜

 

ハヴァシュ式を知ってしまうと、
とても素晴らしく、バイオリンへの思いや扱い方が変わりますね。
この本に出会えて良かったと、心から思います。ありがとうございます。


ですから最近習い始めた先生の、どんどん曲を弾きましょうという方針に疑問を持ってしまいます。私事で申し訳ないのですが、まだバイオリンの支え方もしらず、弓の持ち方も知らない6歳の子供に、キラキラ星、めりーさんの羊、どんどん弾きましょうと、音符ではなく、紙に番号を書き、番号を見せながら弾かせている(下線石川)のを見ると、ハヴァシュ式とは真逆の方針に、辞めほうがいいのではと葛藤しております。

 

(中略)

 

私の住む田舎では、先生探しが大変難しく(習いたいのに、先生がいないが為に諦めてる親御さんが沢山います)
今迄もやっと見つけても素人の先生だったり、基礎をしっかりとせずとりあえず弾ければ良い、
というような先生だったのであちこち転々とした為、もうあまり先生を変えたくないという思いが強いのですが、今の若い先生も悩む所です。

 

遠方ですので往復の移動に半日かかり、そして数分のこのレッスンですので
始まったばかりですが、このまま継続していていいものか、悩んでおります。


先生探しは、バイオリンを弾くことよりも難しいです。

 

〜〜〜〜〜〜

 

これを読んだら、いても立ってもいられない気持ちになりました。

特に、下線のような教え方をしている先生がいるとは、衝撃でした。

よろしくないですね。

そこで、私にできることとして、教本の主要なエクササイズの動画を作成して順次お送りし始めました。

 

そうしたら、やはり全く勘違いされていたことも多々あるそうで、どんなふうに間違っていたかの動画も送ってくださるとのことです。

 

文章だけでは動きが伝わりにくいのは、重々承知でしたが、初心者の独習ならなおのことでしょう。だからこそ、ワークショップやレッスンに来ていただきたいのですが、この方のように、それがままならない方もおられますよね。

動画はYouTubeをお借りして(「限定公開」という設定)アップしてお渡ししました。

 

素人が家でスマホで自撮りした動画なので、公開する気はないのですが、この方と同じように動画が必要な方もいるかもしれないとも思うので、今後の動画の扱いに悩むところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

人生には良い時と悪い時があります。

悪い時は、来るべき良きときに備えて、焦らず、腐らず、足元だけを見て、淡々と一日一日をすごします。

「深くしゃがむほど、高くジャンプできる」と言った方がいます。

辛い時にスッと心に入ってきました。

 

今だから申し上げられますが、私にとって、4〜5月ぐらいは、結構大きな「悪い時」でした。

 

自分と子どもの怪我が続き、通院の毎日だったのです。

一日に数回という日もあったほど。

私は、翻訳作業(エンドレスなタイピング)を詰め込んだのがたたったのか、左肘が痛くて動かせなくなり、しばらくヴァイオリンが全く弾けなくなっていました。

診断は、左肘関節に石灰が溜まっているとのこと。

これは、以前私は肩でもやっています。石灰がたまりやすい体質もあるそうです。

整形外科のリハビリに毎日のように通いつめました。

「『痛みの予防』を教えている私がなぜ?!」と思ったりもしましたが、今考えてみれば、だからこそ良かったのかもしれません。こういう経験は、痛みのある人を教えるのに役に立ちますので。一切弾けないのにどうやって練習するかなど、経験からお教えできますよ。

 

自分の練習で言っても、怪我以降、ますます「無駄弾き」な練習はしなくなりました。筋肉に頼った練習をして時間を浪費するどころか、頼れる筋肉が私にはないので、わかりやすいです。

また、何のために弾くのかということについても、深く内観する機会になりました。

 

渦中で最も具体的に焦ったのが、アンサンブルそれいゆの大きな本番を控えていたこと。

降板手前まで行きましたが、なんとか無事間に合って、勤め上げられました。

メンバーには心配と迷惑をかけましたが、奇しくもその時の演奏は、はばからず言うと、「会心の出来!」(当社比)といえるものでした。

深くしゃがんで高くジャンプ!できたのでしょうか。

 

今はすっかり回復しましたので、ご安心を!

ヴァイオリンが弾けることに、毎日が感謝です。

 

その時の写真↓

長年児童福祉に寄与された方の勲章授与祝賀会での演奏でした。

私の子ども二人も保育園育ちなので、感謝を込めて演奏しました。

 

これを読んでいるあなたも、実は苦しい時をすごされているのかもしれませんね。

あきらめないで、腐らないで、一歩一歩、進まれて、高くジャンプされる日が来ますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

(「弦は響く」生徒用上巻 より)

 

拙訳ハヴァシュ式入門教本「弓は踊る」「弦は踊る」には、時々、「これまで習ったことを使って、4小節の曲を作曲しましょう」という五線譜のコーナー、及び、「習った曲から一曲選んで絵を描きましょう」という白い頁があります。

 

この部分は、特に大人に対してはとばしたくなると思いますが、実はとても大切なんです。

 

まず、絵を描かせることで、大人も子どもも、演奏が明らかに楽しそうに、良くなります。

イメージの持つ力ですね。

 

そして、作曲の課題は、記譜法の定着にもなるし、今まで習った拍子のことや譜割りについて、曖昧である点が明らかになり、知識が定着します。

そして、教師としても生徒の隠れた才能に驚くこともしばしばです。

そして、本にも書かれていますが、これは一つ課題を追加することになります。

自分の作った曲を弾くのは楽しいもので、生徒は張り切って練習してきてくれます。

 

想像力、音感、リズム感、身体感覚、これら全てをバランス良く育てながらヴァイオリンの弾き方を学ぶところがこの本の素晴らしいところです。

また、こうすることで、こわばる余地をなくし、楽しく弾けるようになります。

 

ぜひ、とばさずに、取り組ませてくださいね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は「バイオリンの日」だそうです。

 

とても古い友人が、

「バイオリン」で私のことを思い出してくれたようで、メッセージをくれたので知りました♪

 

そして今日は他にも嬉しいことが!

山﨑千晶先生のブログで、再度「弓は踊る」を取り上げていただいたのですが、それを見てプロのヴァイオリニストさんより、早速ご注文のメールをいただきました。

生徒さんに使っていただけるとのことで、とても光栄です。


 

先生方に広くお読みいただき、ご使用いただきたいです。

 

☆・.。*。。..♪.・・*☆★・.♯*。。♭*☆★・..。。☆*.♪

〜はじめから美しい音で
ハヴァシュ式アプローチに基づく入門教本

             「弓は踊る」教師用
             「弓は踊る」生徒用
             「弦は響く」教師用
             「弦は響く」生徒用(上)・別冊演奏会用曲集付き
             「弦は響く」生徒用(下)・別冊演奏会用曲集付き

【価格】5冊セット・送料込み 7,000円
    ヴィオラ用別冊を合わせてご希望の場合 7500円

    ※海外は、送料にプラスαかかります。

お申込:こちらから以下をご連絡下さい。折り返し振込先をご案内します。
◯氏名
◯ご住所
◯お電話番号

※生徒用だけの必要冊数の注文承ります。値段その他詳しくはお問合せ下さい。
ただし、お申し込みは、過去に、又は同時にセットでお求めの方に限ります。

☆・.。*。。..♪.・・*☆★・.♯*。。♭*☆★・..。。☆*.♪
 

 

10月3日には東京で、この教本のエクササイズの動きを直接ご説明するセミナーをいたします。

 

また、12月4日に、日本弦楽指導者協会(JASTA)関西支部様より講座(会員限定)を依頼されています。

 

文字だけではお伝えしにくいことがたくさんあるので、頑張って活動して多くの先生方に伝わるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、大人から始めた生徒(男性)Sさんから思いがけないプレゼントが!!

何と、紙で作ったヴァイオリンです。

お盆休み4日間で作られたそうです。

 

Cannonのプリンターのサイトでダウンロードしたペーパークラフトを、精巧に仕上げられました。ニスや縁の色塗りなどの補正がしてあって、本物そっくり!!

弦の代わりに糸もちゃんとはってあります。

 

サイズは手元にないのではっきりわかりませんが、16分の1と同じくらいだと思います。

 

レッスン室に飾っています♪

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ハヴァシュ協会会員で、私の12回レッスンの生徒が、先日ハヴァシュ先生のレッスンから帰ってきました。東京ワークショップ事務局や、ハヴァシュ協会ニュースレターの翻訳者としてもおなじみのAさんですよ。

 

思いがけず、今日お土産が届きました!

ブダペスト、ウィーン、オックスフォードで購入されたとのこと。

ヨーロッパの香りを感じます。

 

 

ハヴァシュ先生は今年11月2日のお誕生日で97歳になるご高齢で、昨年は長年続けておられたオックスフォードのワークショップをたたまれて、レッスンも新規受け入れを停止されました。

そして今年から、ハヴァシュ協会長の後任としてグロリア先生(「弓は踊る」「弦は響く」の著者)に協会を託されました。寂しいですが、これまでのお働きとご年齢を考えれば当然のことですね。

 

しかし、従来からの生徒からの連絡には、こうして応じてレッスンして下さる場合もあり、嬉しい限りです!

Aさんによると、ハヴァシュ先生はとてもお元気そうだったとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


力みから開放されて自由にヴァイオリンを弾く・・・カトー・ハヴァシュ先生が考案された新しいアプローチに基づいたレッスンを、東京で開催いたします。

文章でお伝えするには限界がある「空をとぶような右腕の動き」や、「楽器なし保持法」etc.この機会に体験してみませんか?


初心者歓迎です。


●ハヴァシュ式アプローチワークショップ for Violin and Viola
“力みを解放し、自然体で弾く”

グループレッスン形式で、しっかりお伝えします。


日時:10月4日(水)10:00〜12:00

場所:東京・神保町アイゼナハ音楽院サロン

内容:基礎エクササイズのワーク&ワンポイントレッスン(希望者)

定員:6名 残り3名(プロ・アマ、大人、子ども、どなたでもご受講いただけます) 

受講費:10,000円  (KHANA会員8,000円)


●「弓は踊る」「弦は響く」翻訳記念セミナー for Violin and Viola Teachers
指導者向け “はじめから美しい音で〜ハヴァシュ式の手ほどき方法”

 

グループレッスン形式で、しっかりお伝えします。

普段、ヴァイオリン教室で教えていての疑問点などもお持ち下さい。

一緒に考えます。


日時:10月3日(火) 10:00〜12:00

場所:東京・神保町アイゼナハ音楽院サロン

対象:ヴァイオリンの先生

※あらかじめ、テキスト「弓は踊る」「弦は響く」をお求めになってご参加ください。

定員:6名 残り1名

受講費:10,000円 (KHANA会員8,000円)


●ハヴァシュ式奏法についてのプライベートレッスン 満席

日時:10月1日(日)18時〜、19時〜

   10月2日(月)  10時〜11時〜14時〜15時〜

   10月3日(火)  14時〜15時〜

         10月4日(水)14時〜15時〜、

場所:東京・神保町アイゼナハ音楽院レッスン室

受講費: 1時間 12,000円(KHANA会員10,000円) 
     ※お一人複数枠お申し込み可。初めての方は2駒を推奨します。


◎お申込み

  先着順に受付いたします。
  以下の項目をこちらからお知らせ下さい。


  ◯お名前
  ◯ご住所
  ◯お電話番号
  ◯一般ワークショップ/指導者セミナー/個人レッスン の希望区分と希望枠。
  ◯差し支えなければ、開催期間中(10月1日〜4日)のご都合をお知らせ下さい。

   希望者が重なった場合などに、調整させていただく場合があります。

  ◯ヴァイオリンで悩んでおられること

  ◯今弾いておられるエチュード、曲

なお、申込状況や会場の都合で、告知日程通りに開催できない可能性があることをお含み下さい。

 

皆様にお会い出来るのを楽しみにしています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)