腸内細菌:肥満との関係

テーマ:

ヒトの腸内細菌は主にBacteroidetes,Firmicutes,Actinobacteria,Proteobacteria4つの種類(門)に属する菌から構成されており、特にFirmicutes門、Bacteroidetes門がメインです。

腸内細菌の種類が少なくなったり、数が少なくなった状態(Disbiosis)になると何らかの病気になりやすくなる。毎日カップラーメンだったり、毎日ビックマックやフライドポテトだけを食べたりするなど偏った食事はDisbiosisの要因の1つになる。つまり、腸内細菌の種類を好きなプロ野球球団とすると、健康な腸内環境とは、巨人ファンも阪神ファンもロッテファンもたくさんいる状態を指す。逆に不健康なDisbiosisとは、ドラゴンズファン(ちなみに私はドラゴンズも大好きです)が数名いるだけのような状態を指す。

 

さて、高脂肪食を与えられたマウスはFirmicutes門が増加し、Bacteroidetes門が減少する(Cani,PD et al. 2008)。

ヒトでも肥満の方はFirmicutes門を占める割合が高く、Bacteroidetes門を占める割合が低く、腸内細菌の種類も少なく数も少ない(Turnbaugh PJ et al.2006)。

 

やはり神秘的な腸内には”健康の鍵”が隠れている可能性が極めて高い。