第22話「歴史の原作者」

テーマ:

 

途方にくれるルイ

 

その足はエジプトのピラミッドへと向かっていた。

約200年ぶりに訪れた黄金の墓。以前来た筈のその景色の記憶はない。

両親を殺されたあの頃の悲しさだけがとめどなく蘇ってくる、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…はずだよ。ルイ!

 

 

さあ、ピラミッドの中で君を待つ者がいる。

タンプル塔で死んだ少年の心臓だ。

 

あの少年は君のために身代わりとなったのではない、国のためだ。

 

悲しみを乗り越え、きみが真の王になる時を楽しみに待っているよ。

 

 

 

サンジェルマン伯爵