Music Is All We Gotな夏

楽しかったソニックマニア(SONICMANIA 2018)サマーソニック(SUMMER SONIC 2018)も終わってしまいました。

気温もすっかり涼しくなって(それでも日中は30度あるけど笑)秋が近づいてるなーって感じますね。

今回は大したレポートは書かないので(ってかいつも大したレポートじゃないけど)、絵日記だと思って読んでくださいな。





まず、終電で向かうことになったソニマニ。着くとサンダーキャット(Thundercat)がステージに立ってて「A Fan’s Mail (Tron Song Suite II)」をやってました。なんといっても凄いのがベースの超絶テク! ラッパー的に、あるいはロックスター的にステージを盛り上げることにはあまり興味がなさそうで、代わりにこれでもかとテクニックを見せつけては、ニヒリスティックな笑みを浮かべていました。その後を継いだフライング・ロータス(Flying Lotus)のステージは、なんと3Dメガネ着用(上の写真が、フライローのステージが始まる直前です)! なんかよく分からないけれど凄いものを見せつけられてるなと思いながら、最後の「Never Catch Me」まできっちり楽しみました。どうでもいいけど、屋内ステージのでぐったり横たわれる感じ、いいですね。




労某で疲れ切った身体に鞭打って金曜オールしたので、土曜はお休み(笑)。日曜はレックス・オレンジ・カウンティ(Rex Orange County)から観たいと思って家を出ましたが、間に合わせのシカゴ・ホワイトソックスのニューエラを道中で買っていると、フルで観たかったジョルジャ・スミス(Jorja Smith)のステージにも間に合わない時間になってしまいました。結局観れたのは「I Am」「Blue Lights」「On My Mind」の3曲だけ…でもめっちゃよかったです、Jマニー! 若干21歳とは思えない艶っぽさがあって、衣装もカーヴィーで鍛えられた身体も素敵で見入ってしまいました。音源はいいけど若いからライブはどうかな…と思ったら、見事に裏切られて、それだけに前半を見逃したことが悔やまれます。。まだまだこれからが楽しみなアーティストなので、また素晴らしい作品をリリースして、来日してくれることを期待しています! てか、その前に海外でも観に行きたい!





トム・ミッシュ(Tom Misch)で少し休憩した後、今回一番のお目当てのチャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)へ。「Mixtape」で幕を開けた瞬間から大盛り上がりで、驚いた様子のチャノは「すげー、みんな歌詞知ってんな! じゃあ知らない曲をやってやるよ」と言って「Work Out」や「What’s the Hook」など新しめの曲もパフォームしてくれました。ライブ中は基本的に飛び跳ねるか歌うかしかしてなかったんですが、同じだけ元気いっぱいのチャノを目の前にしながらそうしているうちに、得体の知れない幸せな気持ちに胸が満たされていきました。「No Problem」「All Night」で盛り上がりがピークを迎えると、我々観客は大合唱! このあたりかな、テンポがズレちゃった時、チャノが「ジャパニーズのテンポはエクストラだな、いいよいいよ〜」って言われて「うるせー」って思いました(笑)。「Same Drugs」の合唱を経て、「Summer Friends」をライトを灯して追悼すると、最後は「Blessings (Reprise)」。チャノの目に光るものが見えたのは気のせいだと思いますが、それでもいいんです。あの空間を共にできたことを嬉しく思います。HIP HOP IS ALIVE IN JAPAN! Y’ALL CAN’T TELL US NOTHING!!





最後のジョージ・クリントン(George Clinton)は圧巻でした! ザップ(Zapp)の時も思ったけど、これぞベテラン、これぞファンクといった感じ! 音が割れたりもしたのに気にならないくらい楽しめたし、お酒飲みながらゆったり身体を揺らして帰ろうと思ってたのに、めっちゃ踊らされました(笑)。もうすぐライブ引退という話も聞くので、このタイミングで観れて本当によかったです。往年の名曲に加えて、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)とアイス・キューブ(Ice Cube)が参加した「Ain’t That Funkin’ Kinda Hard on You?」もやってくれました。ギター・ソロの間にマリン・ステージで上がった花火を見れたのも最高でした。




今年は本当に心が満たされるようなライブを日本でたくさん観れています。

10月にはカリード(Khalid)、12月にはザ・ウィークエンド(The Weeknd)の来日も決まっていて、それらも楽しみ!

普段から音楽を聴いていて、かつライブにも行けば2倍楽しめるって、実はめちゃくちゃ手軽な幸せになれる方法なんじゃないかなって思います。

今年の夏ももうすぐ終わりますが、30代になってもそういう時間を積み重ねていきたいです。