2018-02-14

■パシハシ島でぐるぐる。

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)




バシハン島を探検

ぐるぐる走りまわる。

適当に看板があると
はいってみる。

なんちゃら洞窟
入場料50ペソ

入口のおばちゃん
えらい愛想が悪い。

性根がねじまっている感がある。

このおばちゃんの稼ぎになると
思うと癪だが、ま、せっかくなので、
はいってみる。

スリッピーな階段を
降りていくと
途中で電気が消える。

えっ(((;゚д゚))))

ま、まじすか。

真っ暗でなんもみえない(´・ω・`)

こ、こえーー(((;゚д゚))))よー

だがしかし、こんなことも
あろうかとバッグの中には
百均で買ったLEDライトがある( ´_ゝ`)

底までいって
暗闇の地底湖で泳ぐ
フィリピーノをながめて
地上へあがる。

( ´_ゝ`)アーコワカッタ

池や湖をみて



港の近くの食堂で
ごはん。

ローカルで繁盛していたが
店のおねえさん
ちょっと、腹黒そうな感じ。

カモテスの人
朝のばあさんのような
素朴な善人もいるが、
ちょっとひねた人が多い。

お会計すると、70ペソ

ローカルの支払いをみてると
だいたい半分ぐらい(´・ω・`)


【今日のまとめ】
ま、しょうがないね。




2018-02-08

■カモテス島でぶらぶら その2

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)


朝ごはんは、前の晩に宿の
近くのベーカリーで買っておいた
バナナケーキ   35ペソ

素朴でぐぅ(´ρ`)




朝ごはんをおえたら、
パッキングしてカモテス島を探索。

バイクでぐるぐる。

温泉?

滝?

よく覚えていない(´・ω・`)




快晴。

静かな海。




埠頭へ抜ける辺鄙な場所にある
食堂。

外人客なんてまずこないのだろう
おばあちゃん、びびってる( ´_ゝ`)




モモンゴ フィリピン最安の10ペソ。

【今日のまとめ】
いいのか、ばあさん( ´_ゝ`)



2018-02-05

■ポロ島で晩ごはん。

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)
ポロ島にはいっても全然宿がなく

日も傾きはじめる(´・ω・`)ドシヨ


ポロの町にはいり
ようやくホテル発見。

きいてみると1500ペソと
なかなかのお値段。

1000ペソぐらいで
値切ってみるが、おねえさん応じず。(´・ω・`)

すると、ちょっといった
右手にマリアペンションが
あるわよと教えてくれる。


探すがみつからない(´・ω・`)

何度が往復して
ただりついた先は、
どうみても普通のうち( ´_ゝ`)ワカルカ

部屋はおんぼろだが
手入れは行き届いている。

家族経営であたたかな様子

1000ペソといったが
あなた一人だから800でいいわと
かってにディカウントしてくれる。

( ´_ゝ`)ココニシマス




とっぷり日もくれたので
近所の繁盛していた焼き鳥屋さんで
SMLを持ち込んで、ぐびっ( ´_ゝ`)



焼き鳥盛り合わせ45ペソ

し・あ・わ・せ





続いて、どこがスペシャルなのか
さっぱりわからない
スペシャルシシグ100ペソ

他にいくとこもやることもなく
シシグあてに、ひたすらSMLをのんで

【今日のまとめ】
まったり。( ´_ゝ`)



2018-01-25

■カモテス島でぶらぶら

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)

12時、出航。
1時間半ほどで
コンスエロ港到着

シキホール以上に、
おしよせる客引き

港のまわりに町はなく
客引きの中から
バイクを調達しなければ
ならない。




ちょっと細かそうな
兄ちゃんで、
いまいちひっかかるが
他に選択肢もなく
500ペソを400に値切って妥結様子。

ガソリンは少しだけはいっている。

カモテスは、コンスエロのあるパシハン島と
橋でつながったポロ島の
二つの島で構成されている。

まずは、パシハンを南下し
メインのビーチを目指す。

ビーチ到着

ごちゃごちゃしてて
いまいち。

とりあえず宿探し、

1軒目

エアコンなし700ペソ

うーんなんかいまいち

他をあたるが
ビーチ全体に
やるきがない。

(´・ω・`)

ビーチを離れると
全然宿がない。

あっても

ひと気がない。

それでいて、
2000ペソとか
えらく強気な価格設定


とりあえず、ポロ島へ
わたる橋の手前で
焼き鳥45ペソ


地味にうまい。

(´ρ`)

【今日のまとめ】
はてさて( ´_ゝ`)




2018-01-22

■ダナオでお昼ごはん

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)
一時間ほどでダナオ到着

フェリーのふ頭の前で
おろしてもらう。

てか、わしのこと
忘れてたみたいで
少し通りすぎて
あわてて停ってる(´・ω・`)

真新しフェリーのターミナルは、
ローカルで、
ごったがえしている。

カウンターにはひとだかりが
できている。

なんのガイドも、案内もなく
仕組みがよくわからない

カウンターの不愛想なお姉さん
殺到する乗客を」さばくのに必死で
なんだか殺気立っている。

カウンターでとほうに
くれていたら
別のあねえさんが
たすけてくれる。

フェリー会社を決めて
警備のお兄さんから
会社ごとの整理兼をもうって
上の番号が表示されたら
その会社のカウンターに並んで
チケットを購入し、
乗船名簿に自分で記載する。

(´・ω・`)複雑

メインになるのは
コンスエロ行きで
ビーチはこのあたりにあるよ

と、いろいろ教えてくれる。

(´・ω・`)アリガトウオネエサン

8時半のフェリーがでたばかりで
次の便は12時とな。

3時間もある。(´・ω・`)


しまった。(´・ω・`)

セブのふ頭で
うろうろせずに、すぐに
バイタクにのっていれば
余裕でまにあった。

ま、しゃーない( ´_ゝ`)

せっかくなので、ダナオの町を
ぶらぶら。

けっこう、えぐい。

町全体がなんだかくすんでいる。

ぬかるんだ路地をはいると
どぶのにおいに満ちた半スラム。

血走った眼をした
おっちゃんがこちらを
じっとみてるよ( ´_ゝ`)

街道にもどって
海岸沿いの食堂でお昼ごはん。



江の島の海の家みたいである。


カツオの塩焼き50ペソ
ごはん10ペソ。

シンプルな炭火焼き
カラマンシーを絞って
いただく。

ぐぅ(´ρ`)





なまこの酢の物20ペソ


【今日のまとめ】
さ、カモステへ
2018-01-19

■セブでうろうろ

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)


フェリーでは熟睡。

5時に目が覚める。

6時すぎ、セブ到着。

今日は、このままセブの北ターミナルから
1時間ほどのダナオまでいき
そこからカモテス諸島へいくつもりだ。


埠頭をでてと
トライシクルやタクシーの
客引きがおしよせてくる。

バイタクの兄ちゃん
80ペソ提示。

ジプニーの十倍(´・ω・`)。

ジプニーを探すが、難航。
歩いているのが
客引きと到着したばかりの
乗客ばかり。

ジプニーは始発では
ないので、つかまえつらい。

行先をいわれても
チンプンカンプン(しご)だ

結論として、どうやら
ノースバスターミナルへ
直接いけるジプニーはないようだ。

なので、とりあえず、
きたジプニーにのりこむ。

まっ、ぐぐまっぷをみながら
なんとかなるだろう。

と、おもったが、
ジプニー、めざす北ではなく、
南方向にずんずん進んでいく。

なんとかならない。

ジプニーを降りて
しかたなくタクシーを
つかまえる。

100ペソで



無事、ノースターミナル到着

バイタクを値切れば、
50ぐらいになりそうだった。

時間とペソを無駄に
してしまった。

すなおに埠頭から、
バイタクでいけばよかった。

あとから、わかったことがが
おそらく、埠頭からはSMへいく
ジプニーがあるだろうから
それでSMへいき、そこから
ダナオまでのミニバスをのるのが
コストも時間も節約でけた。

【今日のまとめ】
あとのまつり


2018-01-17

■ぐっばいシキホール

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)

3時バイクをかえして
シキホールへのフェリーに乗船

黒魔術には出会えなかったが
素朴な村人さんたちには
いっぱいであえた。
ドマゲッティ到着
今日はこのまま、夜行のフェリーで
セブへ戻る。

チケットはシキホールへ向かう前に
購入済みである。

賑わう町をぶらぶら。





ものすごく繁盛していた
ぶっかけごはん。

気のいいあんちゃんが
注文できずにおたおたしてる
わしのこととに気づいて
ケアしてくれる。



9時セブへむかう
フェリーに乗船

一番安い寝台300ペソ

半分ぐらいの
バンクがうまっている。

学生さんや
家族連れが多い。

【今日のまとめ】
さ、せぶへ。


2018-01-16

■シキホール探検 その2

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)


翌朝、7時起床

前日に買っておいた
パンで朝ごはん。

全部で20ペソ





島を縦断

見事なまでに
なんもない。


ひた走る。
日本人経営のゲストハウスのテラスで
のんびり。

店員のクリスタルさん

か、かわええ(´ρ`)




村の食堂でごはんを食べて


ほしたら、また、パンク

また、修理屋さんを探して
うろうろ。

チューブがしぼんぬで
交換

【今日のまとめ】
やれやれ(´・ω・`)
2018-01-14

■シキホール探検

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)
栗魔術の島(らしい)
シキホール。

まだまだ観光化されていない
素朴な島

島の南側の道を
宿を探しながら、ひたはしり

ビーチフロントの宿
800ペソをおさえる。




島の東端まで
いって、なんちゃら洞窟へ潜入

入場料25ペソ

真っ暗でなんも
みえない。_| ̄|○




宿に戻って、サンセットをつまみに
SML 


近所の町の食堂で晩御飯
いもを煮たの


豆を煮たの

あわせて45ペソ

【今日のまとめ】
素朴すぎて夜
やることがない(´・ω・`)

2018-01-12

■シキホール到着

テーマ:☆フィリピン(シキホール、カモテス)
シキホールに到着
埠頭の端のゲートをぬけると、
客引きが押し寄せてくる。

待て、待て、待って(´・ω・`)

しかとしてずんずん歩く

一人だけ、
食い下がってきた
兄ちゃんとバイクの
レンタルの交渉

400ペソを300に
値切って妥結。



しばらく走って
小さな村の市場の
隣の屋台食堂でごはん。

ちょうど、買い物にきていた
日本語を少し話す
おばちゃんが、注文を
手伝ってくれる。

イビザの郷土料理の
なんちゃら、50ペソ

食事をおえて
走り出すと、なんかタイヤが
ずるっとする。


あーこれは

パンク(´・ω・`)

村にバイク屋があったので
だましだまし走り、村まで戻るが
バイク屋、無人で、応答なし。

うーん困った(´・ω・`)


村人にたずねたずねて
バイク修理をしてくれるとこへ
ようやくただりつく




ひとのよさそうな
おっちゃんに、修理してもらう。

パッチだらけの
ぼろぼろチューブ

前のパンクの穴が
あいちゃったみたいである。

修理代金50ペソ

【今日のまとめ】
やれやれ(´・ω・`)


AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。