感情を律して行動するという人として当たり前の事を心がける必要がある | 復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

恋愛における復縁、復活愛、浮気、別れ、出会いという分野を専門的に扱っております探偵の事務所のブログです

復縁したいという事はお付き合いしていた人と別れてしまっているという事で焦燥感に駆られている人も多いでしょう。

 

状況が状況なだけに焦燥感に駆られてしまう事は仕方のない事だとは思います。

 

しかしここで考えていただきたい事は、焦燥感に駆られるのは仕方のない事だとしても焦燥感に駆られているからという事を言い訳にして何をしてもいいとはならないという事を認識する必要がある、という事です。

 

はっきり言ってしまうと、焦燥感に駆られてもその感情に振り回されることなくしっかりと自分を律して行動できる人には復縁出来る可能性があり、焦燥感に駆られて考える事なく感情のままに行動する人には復縁出来る可能性はない、という事です。

 

要は復縁したいという同じ条件下にあり、復縁したいと思うが故に焦燥感に駆られているという同じ条件下にある人が条件は同じであるにもかかわらず復縁出来るか出来ないかは分かれてしまうという事です。

 

同じ条件下にあるにもかかわらず違う結果が出てしまうという事は、復縁において復縁したい人の心の持ちようは大きく復縁出来るかどうかという結果にかかわっているという事になります。

 

ところが復縁したい人の中には自分の感情の赴くまま、人の迷惑を考える事もなく行動してしまう人がいますし、焦っている事を理由に人の話を聞かず、相手の話も聞かない、という人がいます。

 

ただこういった事をしてしまう人って復縁したい相手の事を考える事はない、という事ではないでしょうか?

 

復縁したい相手にどう思われるかを考える事はないという事ではないでしょうか?

 

自分自身を省みて自分の悪い部分を改善する事はないという事ではないでしょうか?

 

であればどうしてそれで復縁の可能性を発生させられる事が出来るのでしょうか?

 

自分の感情を律する事が出来ず、復縁したい相手の事を考える事もなく、自分の感情に振り回されるまま行動する、そんな人と復縁したいと思う人などいるのでしょうか?

 

いる訳がないとは思わないのでしょうか?

 

復縁したいと望むのであれば、感情に振り回されて行動するのではなく、感情を律して行動するという人として当たり前の事を心がける必要があるのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

自称変わるからと宣言したところで何かが変わる事などない

 

別れなくていい状態を望む上に自分に都合よく相手も変わって欲しいと望む

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

探偵の事務所は こちら
復縁工作は こちら
復縁方法は こちら