過去の状態を望んでいる時点で復縁を望んでいるとはならない | 復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

恋愛における復縁、復活愛、浮気、別れ、出会いという分野を専門的に扱っております探偵の事務所のブログです

復縁したいと言っている人の中には、復縁したいという事と別れ方に納得がいかないという事を混同されてしまっている方がいます。

相手の事が好きだからもう一度お付き合いしたいという事と別れ方に納得がいかないからお付き合いを継続したいという事では話が違います。

それを同じ復縁したいという事でひとくくりにしてしまうとズレが生じてしまうのです。

相手の事が好きだから復縁したいと言っているのと、相手に未練はあるが納得いかない気持ちが強いから復縁したいと言っているのでは、前者は愛情であり後者は執着であるので復縁したいという気持ちが発生する根本における気持ちから違うのです。

また男女におけるお付き合いにおいてすべて納得出来なければいけないという事は無いはずです。

もちろんお互いに納得が出来るのであればそれに越したことはありませんが、気持ちの問題に論理は無く、一方の気持ちと一方の気持ちが一致しないという事は普通にある事で、その上で別れるにあたって説明義務などもありません。

お付き合いした以上、情があったり誠意を見せたりする意味で相手が別れに納得してくれるよう努力してくれる人はいるでしょう。

しかし納得がいかないという人は、自分の思っている事と違う、自分の思い通りになっていない、という事を主張している人です。

そのような人が納得するまで付き合い続けなければならないという事はありません。

ですから必ず別れに納得がいかないという人は発生する事になります。

ほとんどの人は納得がいかなくても自分の中で気持ちを消化していくのですが、たまに納得がいかないから元の状態に戻したいと気持ちを消化しきれていない人がいます。

そういった人が別れ方に納得がいかないからと復縁したいと望む人なのです。

相手の事が好きだからもう一度お付き合いしたいという人であれば復縁の可能性はあるでしょう。

しかし別れ方に納得がいかないからお付き合いを継続したいという人であれば復縁の可能性は無いでしょう。

何故なら前者はもう一度好きになってもらうという未来のために努力をするでしょうが、後者は自分が納得のいっていた時に戻りたいという過去の為に時間の巻き戻しを願っているからです。


復縁は未来へ向けたものです。

過去の状態を望んでいる時点で復縁を望んでいるとはならないのです。

この違いを理解出来ない人は、復縁を望むべきではないのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

自分自身が復縁に臨む姿勢を考えるのが復縁への第一歩

 

復縁出来ない考え方であれば自然とそれは間違った考え方であるという事になる

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村


復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります