別れたかったから改善しなかったのではないか、くらいの事を感じてしまう | 復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

恋愛における復縁、復活愛、浮気、別れ、出会いという分野を専門的に扱っております探偵の事務所のブログです

お付き合いしている間に何回か距離を置いた事がある、その距離を置いた原因は相手に指摘された事を直さずに繰り返した事にある、という人が、もう一度相手から別れを告げられて今回は今までと違う感じで復縁出来なさそう、と言っているケースを多々見かけます。

けれど言っては悪いですが、別れを告げられた当の本人は相手から別れを告げられて悲しい、ビックリしている、というような感じですが、周りから見たら当たり前としか思えません。

相手が辞めて欲しい、改善して欲しい、と言っている事を辞めず、改善せず放置していれば相手から別れを告げられるのは当たり前の事だからです。

しかも今まで距離を置かれるという実力行使をされていても改善しないというのであれば相手は諦めてしまっても当然であるとしか言えません。

むしろ言っては悪いですが、別れたかったから改善しなかったのではないか、くらいの事を感じてしまいます。

もちろん当の本人としては別れたいから相手の嫌がる事を繰り返したのではないでしょうし、わざと相手の嫌がる事を繰り返したのでもないでしょう。

けれど現実に沿って考えるのであれば、相手から嫌われるのが分かっていて相手の嫌がる事を繰り返したとなるでしょうし、自分が嫌だと伝えている事を真剣に捉えてもらえないとなるでしょうし、自分が嫌だと伝えても聞く気も改善する気もないと感じるでしょう。

であればそんな人と別れようと考えるのは当然ではないでしょうか?

誰だってそうなるのではないでしょうか?

逆に言えば自分だってそんな人とは別れたいとなるのではないでしょうか?

別れて当たり前の事を繰り返してきた人が、今回の別れは今までと違うってじゃあ今までは相手が冗談で言っていたとでも考えていたのでしょうか?

相手が嫌がっていないとでも考えていたのでしょうか?

それとも自分だけは特別とでも考えていたのでしょうか?


お付き合いしている間に何回か距離を置いた事がある、その距離を置いた原因は相手に指摘された事を直さずに繰り返した事にある、という人は、もう少し相手の言う事に耳を傾ける、悪い部分は改善しようとする、という事くらいはしてもよかったのではないでしょうか?

そういった事もせずに別れを告げられました、と言われても、当たり前ではないですか、としか言いようがないのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

人の話を理解出来ていないと一度でも指摘された事がある人は要注意

 

何故指摘されているのかという当たり前の事から理解する必要がある

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村

復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります