濃密ナチュラル、そんなオシャレマガジン

濃密ナチュラル、そんなオシャレマガジン

フィリピン留学の語学学校お手伝い中の旅人系がディープワールドをPopなフレーバーでお届けするかもね

ここでは27歳くらいの時から時たま起こる片頭痛を

揉みほぐしを含めたヨガを使って完全に直すまでの過程をつづる。

といっても、いまこれを書いている2019年11月時点ではまだ片頭痛を発生しているのだけれども、直し方のメドがついたのでここで語りながら

「あ、そういえばここ1年片頭痛全くきてないな」

になる2020年11月の自分に会いたい。

このブログが、同じように片頭痛持ちの誰か、その誰かが薬での治療をやめたがっているなら、助けになるんでないかなと思うんだよね。

だって僕がそういうブログをメチャメチャ探してたから。

 

寒くなってる、確実に寒くなってる!

ずっと前に肩が凝る原因はオフィスワーカーがワイシャツをズボンの中に入れておくのがマナーだ、といった内容,
Shirt in 悪、シャツイン悪説をこのブログで説いた。

シャツをズボンに入れることは首、肩、背中がコってきて背伸びをする時に
無意識にシャツが出ないように手加減してしまい
身体の伸びが小さくなってしまう。

 
 

オフィスワーカーのシャツ率はそれは高し。

 

オフィスワーカーのほとんどが襟付きを求められるからシャツを着る

シャツの裾はズボンの中に入れるのがビジネスマナー

なので裾をズボンにいれてたら身体のストレッチが弱くなる

筋肉のコリがストレッチが弱くて解消されない

 

この悪循環の根元を断ち切るために、
かつ、みなにストレスを与えないために

ポロシャツを着よう。

 

本当は法律で仕事でYシャツを着るのは罰金くらいなければ劇的には変わらないのはわかってるが世界を変えれるのは世代交代、でもそんなに時間待ってられない。そんな時はポロシャツだ。

 

ポロシャツは襟付きだし、クールビズの時にみな見慣れているからオフィスに馴染む。

シャツの裾はズボンの外に出しても違和感がない、というか基本的にそういう着方が一般的だ

でも寒いじゃないか

長袖のポロシャツだとストリートファッションです、みたいになってしまうので

オフィスの正解は、
半袖ポロシャツ+
ジャージ素材の楽なジャケットか、カーディガン。

メリノウールは天然の抗菌防臭。
僕も旅行用にメリノウールの長袖インナーシャツ持ってるんだけど、確かに臭くなんないんだよ。
旅行中に洗濯多少しなくてもずっといい感じに着れるかなと思いメリノウールカーディガン手に入れて
ポロシャツと合わせて、全部シャツアウトして思いっきり背伸びしまくってる、体側を伸ばしまくってる。
体側を伸ばして、背骨の椎骨の隙間を増やしてあげて健康な背骨を作り健康な肉体を作り健康な精神を作るのだ。

 

 

最近買い物したら福引券もらったんで参加賞でももらおうかととりあえず福引コロコロ回したらカランカラン鈴みたいな鐘みたいなの鳴らされて、おめでとうございます、A賞当たりました〜と言われ、でも食後の眠気がちょっとあったのでリアクション薄めで「お、おお・・・」と。やらないゴルフのドライバーや、増量目指してるのにのに痩せるのに減量用ウォームジャケットとか本格登山しないのにスティックとか、どれでも1つ持ってけと言われて、どれもいらないから現金くれと言いたいとこだけどデサントの凡庸性高いアウターをピックしてメルカリでこれなら売りやすそうだし配送しやすそうという流れになった。

 

福引で当たったことはラッキーだけど、その中で欲しいものがなかったらラッキーとは言えない。
でもこれを売りもの、金の鳴る木もらったと思えばラッキーだ。

起こった事象は1つでも考え方でラッキーにもアンラッキーにもなる。

それなら「運を使い果たす」、つまり人は運が良かったり悪かったりバランスよくラッキーがそれぞれの人に訪れるような考え方は間違ってるんでないか?

考え方ってクセだから、起こることをポジティブにラッキーと捉える人はそのクセのおかげでラッキーがたくさん起こり、
反対に何でも悪い方に考えてしまう人には悪いアンラッキーなことがたくさん起こっているように、その人の心の中で感じる。

こうして
「運を使い果たす」論は波状し、
神様に何かをお願いする意味すらなくなる。

ということでいいこと教えてあげるわ。

ラッキーが自分にたくさん起こって欲しいなら
起こる出来事を良く捉えよう、ラッキーだと思おう。
じゃあどうやってそうポジティブに捉えられるようになるのかっていうと
・胸を張って
・上を見上げて
・肩を開いて
・睡眠をたっぷりとって元気にしておき
・嫌な人間関係を無くし生活の外にして

ってやっておくと、起こることが肯定的に捉えられようになっていく。

ラッキーは祈って引き寄せる、とかそういうのよりわかりやすくない?

ヨガの弊害の一つは、他人との比較がアホらしくなってマジな理解ができなくなりそうになる、というかマジな話をいうと真の理解はできてない。

「あの人は手があそこまで届くけど、だってあの人て長いし。あの人は逆立ちずっとしてられるけど、あの人筋肉すごいし。私は私です〜〜。ですよね、先生。」

「そうですよ、そうですよ、いい生徒だこと」

こんなヨガの王道コースを進むと、ほんとに他の人と比べることに意味がないという、ある意味でストレスなく生きる大正解に近づいていくのだが、人と比較しなくなると、そりゃ、弊害みたいなのも起きてくる。あ、弊害は大げさか、でもタイトルはキャッチーなのでそのまま弊害にしとくけど、ようは小さなデメリット。

他の人がめちゃくちゃお金を稼ごうと頑張ってたりするじゃん。

やりたいこと=仕事ならいいんだけど

別のやりたいことをする時間とか過ごしたい人と一緒にいる時間を犠牲にして、

それでお金をもうちょっと稼いで、その先にあるのは、欲しいもの、、、ってわけでなく、多分、安心感。

老後に2000万円貯めておけ、みたいなこと言われて、

じゃあそれ貯めたらなにがいいの? って

人と比べて金銭的に負けてない生活が得られて

人と比べて負けてない医療が得られて

人と比べて同じくらいの年齢で命がつきる可能性が得られて

人と比べて人と比べて人と比べて比べて比べてくらべてくらゔぇてくらべてclubete culebete clubete、!!!! ここで音楽スタート!!!ってやりたい気分だわ。

まあつまり比べてみんなとおんなじで安心したいだけなんだよね。

で、ヨガやって、人と比べたりしなくなると、

別に周りがこのくらいのグレードの食事してるから自分もこのグレードとか

別に周りが100歳で死ぬから自分もそれくらいとか

興味なくなるんだよね。

テレビでグルメ番組やろうが、人がそれ観てよろこんで食べに行って、僕はごま油かけた納豆ご飯でも全然問題ない。

僕は毎日たのしいからただ長生きしたい。周りが100歳で寿命だから自分は105くらいとかでなくて、なんとなくキリよく150が無理しない現実かなとか。

だからめっちゃ頑張って人の2倍の時間とか気力をあんまり好きでもないことに費やして、たまに値段5倍のビジネスクラスでSNSアップして承認欲求目指してる人の気持ちがほんとはわからない。

周りと温度が違うことはヨガのデメリットなんだけど、まあこんなこと最後に言うけど、ほんとはそのメリットの方が大きすぎるは。

人狼ゲームで、自分だけ狼の正体をしっているのにみんなに言ってることを信じてもらってない状態、みたいな感覚になることはあるけど

世界は広いから、比べないことの良さが見える人がいて、その人たちと会うと、「あ、お互い、わかってますね」って心の奥で認め合いながらおしゃべりしたりしてる。

人の身体は誰もが左周りに歪んでいるらしい、右利き左利きにかかわらず。

だから陸上のトラックは左周りらしい。

左足は方向を定めるため、右足は進むため。

 

 

整体歴20年の人が書いた本に書いてあった。

 

ホントかどうか、そりゃわかんないけど、一旦それを鵜呑みにして考えてみよう。

 

 

確かに走っている時に左カーブの方が曲がり易い。

それは僕が右利きだからだと思っていた。

 

 

スケートボード、サーフボード、スノーボードに乗る時に、利き足が右の人は、

右足が後ろで左足が前になる。

 

僕も右利きで

右足うしろ、左足まえにしているけど、じゃあ逆で乗ってみようか。

 

 

踏み慣れたやり方ではなく、歪みの流れと逆方向を取る方が、

いつもと違う思考になるんでないかって思った。

常識とか自分自身を疑う脳を作れるんじゃないかって。

 

 

ミニクルーザー、ペニーボード

 

車通りのないアスファルト、安全そうな道路だと、いつもと逆の足の配置で踏み込むようにするようになった。

 

なんだか自分の身体でない借り物の身体を使っているような、フワフワした感覚が新鮮だ。

 

 

物理的に姿勢を変えて

背骨をそらせて上を見ると楽観で

猫背にして下を向くと悲観になる。

 

身体の使い方を変えると思考が変わる。

 

 

だから右足を前にして左足で踏み込むと、なんか面白いこと思いつくかも。

 

痛いのとかすっごい嫌だから安全に楽しみます、夏、アスファルト、焼ける、スケボー、タイヤ焦げる、移動便利、ハッシュタグハッシュタグ