商品・サービスのアイデアを考える


何かしたい!
何かを始めたい!


そんな熱い想いに駆られて、色々な勉強会に参加される方がいます。
でも、自分は何をしたいのか、
何をしたらいいのかが分からない・・・
そんな方も少なくないでしょう。



何かしたいと思った最初の一歩は
商品・サービスのアイデアを出すことです。



最初からすごいアイデアを!
と思っても、そんなすごいアイデアなんてすぐにでるものでもないです。
また、すごいアイデアでなくてもいいです。

まずは、ご自分は何が提供できるのかを書き出してみましょう。
あくまでも、「提供できる」ものですよ!



よくある間違いが、自分にはない物から始めようとする場合があります。

・憧れの〇〇をやりたいと、やったことがないことの資格を取りに行くケース
・アイディにこだわって、アイデア負けするケース



マイナスからはじめない
手持ちの資産からはじめる





◎あなたの好きなこと・得意なこと
◎人から頼まれること




大きくこの二つについて、まずは書き出してみてください。



そして、この2つの重なることが、
貴方が好きで得意で人から頼まれること。


これを事業にすれば、
既にニーズがあり、好きなことなのでずっと続けられます。


どんなのがあるでしょうか?
まずは、紙とペンを準備して、
書き出してみましょう!

「お客様の声」を反映して作った新商品。

 

要望を実現したにもかかわらず売れない・・・・

新商品を作った際にそんな悲劇が、起こることがあります。

 

まさか!

お客様が欲しい商品を作って、売れないなんて!!

 

 

 

 

貴方はそんな状況になったことはありませんか?

なぜ、そんなことが起こるのでしょうか?

 

 


お客様は嘘をつく!?


 

事例を通して解説します。

 

例えば、ハンバーガーショップ店。

 

お客様の声を反映して

ヘルシーなサラダを、、とハンバーガーショップ店らしいサラダを開発しました。

 

 

 

 

 しかし、そのサラダは期待に反して、売れなかったそうです。

ヘルシーな食べ物を望む声があったのは事実ですが、結局ハンバーガーショップに訪れる人はヘルシーを気にしつつも、ガッツリハンバーガーを食べたい人が多かったんでしょうね。

 

 

また、明太子。

無着色、無添加の明太子が食べたい。

私もそれを望む一人です。そして、あえて、色味がついてない明太子を望む人は一定数いると思います。

 

が、多くの流通している明太子は

着色された明太子です。

色がある方が美味しそうに見えます。

 

つまり、着色料なしの明太子を作っても思ったほど売れないのです。

 

 

お客様は嘘をつく!

嘘をつくというより、理想と現実の違いでしょうか?

 

これらの事例から

お客様の声を100%信じるのではなく、

お客様の声と事実の差から、矛盾を見つけて

そこを解決することが必要になってきます。

 

お客様の声を妄信すると痛い目に遭うたかもびっくり

 

 


お客様の声を反映するときに注意するべきこと


 

お客様の声は一つのデータですが、そのまま妄信してはいけません。

特に質問者の為への優しさや、良い人に見られたいという願望で

 

「こんな意見を言った方がいいかな?」

 

という騙すつもりのない嘘をつく場合もあります。

 

アンケート用紙なのかヒアリングなのか、でも結果が変わったり、

聞くタイミングや聞く人間関係でも変わったりしますので、

 

どんなデータもそのまま受け取るのではなく、

そこからどういう意味か?を読み取ることが重要になってきます。

 

 

「起業したい」の相談 や ビジネスアイデアが欲しい方、
何か話したい方はお気軽にご相談ください。

☞  https://ssl.form-mailer.jp/fms/1ec5ee00609215

 

人を動かす方法。

この方法を知れば、

魔法のように人を動かすことができますニヤリニヤリ

 


例えば、


「部屋をを綺麗に!」

と口酸っぱく言ってみたり、

 

「整理整頓」という張り紙をして、果たして効果はあるでしょうか?

 

ぶちゃけ、「へーい」と気の抜けた返事が返ってくるか、

見ても見ぬふりが多いのが現状だと思います。

 

これをどうやって、勝手に動いてもらうか?

 

もし、この技術を身に着け、色々なところで応用すれば

世界は思いのまま!

って思いませんか?

 

 


人を動かす方法


 

ズバリ!

行動を自動誘導しちゃいます♪

 

どういう事かというと、

例えばドラゴンボールの漫画があったとして、

1巻誰かが置きっぱなしにしていました。

貴方はどこにそれを直しますか?

 

 

ドラゴンボールの漫画はそろえると絵になるように繋がっています。

やっぱりつい、絵を揃えたくなってしまいますよね。


え、そうでもない?

じゃあ、これは?

 

 

さすがにこれは、線のとおりに揃えたくなるでしょ?

 

 

例えば、トイレ。

これは結構有名な話だと思いますが、

男性トイレの便器に的をつけたらおしっこが散らばなくなった話。

どんなに「散らばさないで!」

って張り紙してもだめでも、便器にハエのシールを貼るだけで、

そこにめがけて集中するので、

散らばなくなって、掃除が楽になったそうですww

 

 

その他、エレベーターばかりが混雑するので、その為にされたのは、

階段を使ってもらおうと白い階段を一部黒くしてピアノの鍵盤に見えるようにし、

階段を上ると音が鳴る仕掛け。

皆面白がって階段を使う人が増えて、混雑が緩和されたそうです。

 

 

これをご自分のビジネスにも応用していきましょう!

 


物を売らなくても売れるようにする


 

じゃあ、どうやって取り入れましょうか?

 

あるビールメーカーはビーチで氷でできたグラスを無料で配りました。

そのグラスをもらった人たちはどのような行動をとったでしょうか?

 

 

氷の器もらって、そこでビールの販売してたら

そりゃあ、ビールいれたくなりますよねw

 

これはビールを売らずに、ビールが売れる仕組みを作った例です。

 

 

音楽教室

 

これも楽器を売らずに、楽器を売れる仕組みを作った例

ヤマハ教室に通えば、自然とヤマハで楽器買いますよね。

 

さて、あなたのビジネスでは

どんな仕売る組みを作りましょうか?

 

 

私のビジネスではどんな仕組みができるか知りたいって方は

お気軽にご相談ください。

 

 

「起業したい」の相談 や ビジネスアイデアが欲しい方、
何か話したい方はお気軽にご相談ください。

☞  https://ssl.form-mailer.jp/fms/1ec5ee00609215


 

貴方は何屋さんですか?

 

現代は色々なものやサービスで溢れかえっています。

貴方が新しいと思うことは、もう既に誰かがやっていることが大半です。

 

例えば、あなたが美容師だとします。

 

では、あなたの美容院と隣の美容院は何が違うのでしょうか?

 

カットの技術?接客の仕方?

 

 

 

あなたが服屋さんだとします。

あなたが売っているのは何ですか?

洋服?

 

 

 

当たり前のことを聞いているようですが、

もしあなたが美容師でカットを売っている、

服屋で服を売っている、、、

 

と答えたとしたら、

 

赤信号です。

 

マーケットをスイッチしましょう!

 

 

本記事の内容

1.マーケットスイッチとは

2.物(作業)を売るのではなく、提案を売る
 

 

 

 

 

1.マーケットスイッチとは?

 

マーケットスイッチとは、字のごとく、マーケットをスイッチすることです。

市場を変えます。

 

売り方を変えます。

 

実際の例を紹介すると、、、

 

美容院。

お客様の要望を聞いてカットするのではなく、

お客様に似合う髪形を提案。

 

 

服屋さん。

服をうるのではなく、コーディネートを売る。それに服がサブでついてくる。

 

 

2.物(作業)を売るのではなく、提案を売る

 

先日、絵画のレンタルをされている方からご相談がありました。

その方は絵画を売ろう(レンタル)とされていました。

 

 

この場合もスイッチ!!

 

 

絵ではなく、絵がある空間を提案されることをおススメしました。

絵画レンタルでなく、空間アドバイザー。

 

絵画の良さではなく、絵画がある空間を売る。

・商談がしやすい落ち着いた雰囲気を演出。

・お客様を招くのに相応しい華やかな空間を演出。

 

ゴッホとかモネの絵とかなら誰が書いたのか、絵に興味がない方でも気にするかもしれませんが、ほとんどの方は誰が描いた絵かなんて気にしません。

でも、その絵がご自分のオフィスに、自宅に、どんな効果をこたらしてくれるかは気になりますよね。

 

 

あなたは何屋さんですか?
物や作業を売る時代は終わりました。

マーケットスイッチ。

 

提案を売っていきましょう!!

 

既にご商売を始めている方向けの内容になりますが、

視点や考え方を変えれば結構チャンスは転がっていると思いますので、書いていきますね。

 

さて、題名のとうり、簡単に売り上げを伸ばす方法って何があるんだろうって思われています。

 

実際にこの方法で売り上げをあげています。

 

ズバリ!高額メニューを作る!!

 

え!よくある方法じゃん!

って思われると思いますが、

実際、やっている方は私の周りには少ないです。

 

 

先日もあるエステの方が売り上げを上げたいとご相談に来られました。

毎月リピートされる方がおり、売り上げは安定しているものの、

それ以上は望めないというのがお悩みでした。

 

おひとりでされており、口コミが主なので、特に新規の方向けに集客をされるつもりもないということだったので、

まずは既存顧客の単価を上げることを提案しました。

 

方法は簡単。

毎月払う方式だったので、年間契約のメニューの作ってもらいました。

そして、A4の紙に年間メニュー 〇〇円と書いていただいただけです。

 

どうせ毎月きているのだから、、

少しお得な年間契約に入ってもらう。

 

説明しただけで多くの方が年間契約にされました。

 

これで、おおまかな年間の売上が確保されました。

経営者として精神的に安定しますよねラブラブ

 

このエステではエステの施術のほかに健康食品なんかも販売されているので、

来店されたら、今度はそっちの方をおススメすることで、まだまだ売上はあげれます。

 

これはエステに限ったことではなくて、物販やそのほかのサービスでも応用できます。

 

ぜひ、高額商品を作ってみてください。

今回のように、

・商品をまとめて販売する

 

って方法が一番てっとり早いかもしれませんね。

 

では、また。

 

 

内海にコンタクト
☞  https://ssl.form-mailer.jp/fms/1ec5ee00609215


 

起業したいと思っても、やったことがないことは何をしていいいか分からない。

 

 

誰でも最初は未経験なので当たり前です。

そんな時、誰に相談したらいいのか、

なんて相談したらいいのか分からないと思います。

 

そんな時はまずは情報収集!

 

もちろんネットにも起業の情報は溢れていますが、

 

今度は、なんと検索すればいいか分からない。

検索しても情報がありすぎて何を見ればいいか分からない・・・

 

なんてことになりそうです。

 

 

起業したいと思ったらまずはここに行こう!

 

そういう時はぜひ、地元のスタートアップ支援施設に行ってみてください。

そこには、あなたをサポートするプランや情報がありますキラキラ

 

 

 

例えば

福岡市スタートアップカフェ

https://startupcafe.jp/

 

 

起業の準備や起業後の相談ができます。

相談員が常駐し、起業の流れやアイディアの整理、事業計画の作り方、海外でのビジネスの展開など、相談ができます。

 

法人を設立したい方はこの施設内にある「福岡市開業ワンストップセンター」を利用すれば、法人を設立する際に必要な各手続を1カ所でまとめてオンラインで行うことができるようです。
ここで手続きすると法人設立に必要な印紙税4万円が不要になるそうですよ!

 

またここではカフェ会員になると様々な特典がうけれます。
めっちゃお得ですは、これは!

インターネット契約料金が半年ただとか、色々もらえたり。。

カフェ特典は詳細はHPで確認してください。

 

 

山口県下関 創業支援カフェ KARASTA.

 

https://www.karasta.jp/

 

 

こちらも勢いのある施設。

ここから様々な事業・企業がうまれています!

 

 

私の地元・山口県宇部市では

うべスタートアップ

https://ube-startup.com/

 

 

 

ここでは、起業相談をはじめ、各種セミナーが無料で受けられます。

税理士や弁護士、司法書士など各種専門家の個別相談も受けられます。

内海も起業の専門家として在籍していますウインク

気軽にご相談くださいね。

 

このような施設は色々あると思うので、

地元のスタートアップ施設に行ってみてください。

 

その施設があるかどうかも分からないって方は

市役所の商工課とか商工会議所とかに

問合せてもいいですね。

 

 

まずは、色々な情報に触れてみる。

ご自分と同じような人が集まる会に参加する、

など小さいな一歩を踏み出してみてください!

 


 

 

友人・知人から相談ごとをされる。

こういうことで困っている人が多いんだな。

 

自分が助けれることはないか、

 

 

そんな思いから事業を興そうと考えられる方もいらっしゃいます。

 

 

ぼんやりと、こんな事がしたいのだけど・・・

 

 

でも、実際にそれをどのように具現化するか、

どうやって進めていくかが全くわからない・・・

 

 

そんな状態での相談は少なくありません。

 

 

 

ざっくりでもかまいません。

 

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

 

 

もやを取り除いてイメージをはっきりさせましょう。

そして、そのイメージを具現化するためのアイデアを出していきましょう!

 

そして、夢を実現するためのロードマップをお示し致しまます。

 

 

 

 

まずは内海に聞いてみて!

   


 

「起業したい」の相談 や なんかやりたいモヤモヤするなど抽象的なお悩み、
何か話したい方はお気軽にご相談ください。

☞  https://ssl.form-mailer.jp/fms/1ec5ee00609215


 

「起業したい」という相談に、私がする質問は一つだけ。
  
「何がしたい?」
とあたらめてお聞きします。
まずは何で起業したいのか、どんな風になりたいのかお聞きします。
貴方の希望は何か、を確認します。
あなたの1番大切にしたい事は何か、を問うています。
  
でも、この質問に答えるのが意外と難しい!
ご自分の希望を聞かれているのに、質問者の期待に応える回答をしようとしたり、身近な家族や友人の意見を自分の意見にしようとしたり。
  
①あなたの希望を聞く。
②あなたの希望と現実世界とのマッチングを図る

のですが、
 
①「何がしたいか」の希望をお聞きするフェーズでは、あなた100%のご意見を言ってください。
夢や空想でOK!
 
もう一度、聞きます。

「あなたは何がしたいですか?」

 


     
   

「起業したい」の相談 や なんかやりたいモヤモヤするなど抽象的なお悩み、何か話したい方はお気軽にご相談ください。
お申込み ☞  https://ssl.form-mailer.jp/fms/1ec5ee00609215