フランスからこんにちは!
前回もお伝えしたボルドール24時間へのプライベートチームの挑戦
チーム代表のブログ、今回はその最終章、決勝編が届いたので紹介します。

今回の出場に当たり、高村代表自身、心に秘めた想いや目標があったのですが、やはりそこはレース。いろんな事が起こります。
エンジントラブルに見舞われ、一度は折れた気持ち。
しかし周りのチームの助けがあったり、自分を信じて戦ったこと、足りない部分が見えたこと、予期せぬ他のトラブル。

24時間色々ドラマがありました。
生の声で臨場感たっぷりに書かれています。

24時間戦うことの難しさや重み。
今回はボルドールの100周年の記念大会だったのですが、ここまで年月を掛けて大会が続くにはそれなりの理由があるわけで、まだ全部は見えませんが、参加する立場の生の声を聞くと、個人的にそんな理由の一端が見え隠れするように感じました。
 

代表がこのブログの中で度々口にする「戦いに来た」

耐久レース、今回の観戦を通じて感じたのは、文字通り「耐え忍びながら戦う」すべを身につける。

こればっかりは経験を積まないと前進しないように思うのですが、今回のレースはそういう意味では多くの経験が出来て、24時間スタッフ全員が耐え忍び完走という目標に向かって戦った! 

ことが出来たのはおおきな成果を獲得したことと思います!

読むだけで一緒に戦っている気分に浸れます。
筆者、高村代表のヘルメットにつけられたカメラによる臨場感たっぷりの写真とともにぜひご覧下さい!

 

決勝の様子の密着動画ハイライト

 

 

 

それではまた!À bientôt !! アビアントゥ!

 

 

🇫🇷フランスからこんにちは!

 

 

日本の友人が監督を務めるバイクレースのチームがあります。

そのチーム代表のリブログです。

 

彼らはバイクレースの最高峰クラス「全日本ロードレース選手権」に参加しています。

いわゆる野球でいえば 実業団や独立リーグ、二軍ではなく、一軍のトップカテゴリーに参加しています。

 

レースってお金掛かるんですよね。しかもトップカテゴリーとなると、相手はバイクメーカーやレースで儲けるプロ集団ばかりでレベルが高いんです。世界の中でも日本バイク4メーカーは世界最強です。

 

一つの「思い」を胸に集まった同胞たちによる、夢に向かった「挑戦」が2013年からはじまりました。

手弁当で立ち上げたチーム、それぞれの仕事の傍ら、レース活動を行う苦労、結果が伴わない時もあり、しかし困難も乗り越え参加し続け……

そんな努力の甲斐もあり5年前からは工具メーカー「TONE」のスポンサードも受けながらさらに挑戦は続きます。

 

そして2019年、鈴鹿8時間耐久レースでクラス優勝(ストッククラス)を成し遂げました。

おおきな成果、誰もが認める一つの「形」になりました。

そしてさらに同年、世界耐久選手権がマレーシアで初開催されたときに、欧州の強豪チームが参加する中、挑戦をします。

皆が初めてのサーキット、イコールコンディションで戦い、クラス三位となり、表彰台に日の丸を掲げました。

実力が実感できた瞬間です。

 

一歩一歩登ってきたチーム。そんな彼らが世界最高峰を目指してフランスにやってきます。

バイクの世界耐久選手権EWCのフランス大会「ボルドー24時間」「Bol D'or 24h」(9月16〜18)

へのスポット参戦、新たな「挑戦」です。

 

▼ボルドー24時間レース公式HP

 

24時間耐久レースです。耐久レースの歴史が深い欧州、特にフランスは「ルマン24時間」と並んで耐久レースの聖地です。

今年は100周年記念大会と言うこともあり、記念すべき年に日本のプライベートチームが参戦します。

 

現地へ足を運ぶので、またココで報告します。

日本のメディにも取り上げられる世界大会です。

ある日本チームの挑戦

このブログでのご縁とともに、注目と応援、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

冒頭でチーム代表のブログをリブログしました。フランス参加への準備、国際配送の梱包作業や生々しい裏側の苦労や感動が伝わってきます。

 

▼以下リンクでは、ここで書ききれない、彼らの挑戦の歴史と苦労がわかりやすくごらんいただけます

日刊スポーツ

 

ボルドール挑戦 前編

 

ボルドール挑戦 後編

 

 

チームFacebook ページ

 

「TONE RT SYNCEDGE4413 BMW」

 

それではまた! À bientôt !! アビアントゥ!

 

 

Bonjour 

普段着のフランス!サンテティエンヌから 

へようこそ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いつも見ていただきありがとうございます

下記ランキングに参加中です

クリックしていただくとViewカウントが加算され、ブログ継続の励みになります

よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Bonjour ボンジュー
フランスからこんにちは!

 

前回、子供のバカンスについて紹介したのですが、いよいよ大人の番です。

7月末で仕事納め、これから3週間ちょっとのお休みをいただきます。

日本に向けてこうやって「長期バカンス」紹介するのは罪悪感があるのですが、これで社会が回るのだから不思議ですよね。

 

 

今回は色々事情があり、バカンスに行けるかどうか不確定要素があって宿泊予約など直前まで出来なかったので、妥協ポイントは多いのですが、日本に帰れない分、楽しんできます!!!

 

AirBnBでロッジを貸し切るのが安くて長期滞在にぴったりなのですが、親は炊事洗濯と追われるので「普段と変わりないじゃ無いか!」と解釈できるのですが……

ですが気兼ねなくくつろげるスタイルは自分のお気に入りです。

あわせて地の食材を街へ買い出しに行くのも醍醐味があります。

 

 

テラスや庭で食事が出来るところも多いので、外で食事を楽しむのは開放感があってバカンスらしい体験となりますね。

 

今回は直前の予約だったので一軒家の物件があいておらず、また予約のカレンダー上で開いているところを予約しても、4泊くらいだと短すぎるという理由で断られるケースも相次ぎ、やっと見つけたアパートメントの物件ですが、静かさは保証出来そうです。なんせ小さい村なので!

 

また次回以降でフランスの家族連れの夏休みの過ごし方を紹介します!!!

 

またね À bientôt ! (あ びあんとぅ!)