「イス・イズ・サイズ 展」開催まで一か月を切りました。

迫るっ、焦るっ、本当にできるのかっっ、、 ということで、

高まる気持ちを抑えつつ、日々製作を続けています。

いよいよ大詰め という感じです。

 

完成した椅子。それぞれの椅子の詳細は、

また改めてご紹介できればと思います。

 

今回の展示では、7脚+αの椅子づくりを行っていますが

その中で、特殊な技能をお持ちの方のための椅子というのが2脚。

ピアニスト のための椅子 と 狂言師 のための椅子。

 

この2つに関しては、普段私たちが日常の中で使う椅子とは

機能やデザインがずいぶん異なるものになります。

 

まずとりかかったのは、 ピアニストのための椅子。

 

製作にあたって、ピアニスト、林あゆみさんにご協力いただいています。

 

(素敵な美人ピアニスト 林さんのプロフィールはこちら↓

https://www.music-dream.org/blank-34

 

ピアノの椅子というと、どんなものを思い浮かべますか?

長方形のスツールのようなものだったり、

アップライトピアノには、直角の背もたれの付いた、

座面が昇降する黒い椅子がセットになっていますよね。

あと、座面が丸くて回転して高さが変えられるようなもの。

 

たまたま個人的に今年のお正月、ある有名なピアニストの

コンサートを鑑賞しに行く機会があり

その時使用されていた椅子は、長方形のスツールタイプのものでした。

 

(素晴らしい演奏でしたが、椅子のことも気になって仕方なかった。。)

 

ピアノの椅子に必須の機能の一つは、

座面の高さが変えられること です。

 

林さんとのヒアリングの際にもお聞きしたのですが、

演奏する曲目によって、椅子の高さを微妙に調整されるということでした。

力強く演奏したいときは、少し椅子を高めにして、

鍵盤に力が伝わるように弾いたりするんだそうです。

 

他に伺ったのは、演奏の時の脚のポジションや

姿勢などは、個々の演奏家によって好みや癖があるということで

お話を聞いていくうちに、楽器演奏のための椅子って

すごく奥が深いかも知れない、、、と いろいろな発見がありました。

 

 

 

年明けに、林さんにモックアップの椅子を試してもらいました。

座面の形やクッションの硬さ、脚の着く位置などの確認。

簡単に作った模型でしたが、使い勝手は悪くなさそうでした。

実際にピアノを弾いているところを見せていただき、

デザインのイメージもどんどん膨らんでいきました。

 

ここからが、本番というか

そうして実際の椅子のデザインを起こしていきます。

 

 

林さんのお話の中から、座面のサイズや形、昇降ダイアルの位置や向きなど

必要な条件が出てきます。

 

 

機能面はもちろんですが、どんな印象を与えられる椅子にするか、

それが可能になるにはどんな構造にすればいいのか、

スケッチをどんどん書きながら検討していきます。

 

 

座面に使用する素材なども吟味しながら、、

 

最初は落書きのようなスケッチから始まって

ある程度まとまってきたら、実寸を描いてみます。

 

 

 

線を描いたり消したり。

うたたねでは、原寸図を描くときにトレーシングペーパーが

活躍します。

下の線を修正しながら、線を何度も引いていくのに便利です。

 

この形が立体になったときには、

どんなピアノ椅子になっているでしょうか。。

 

それは、会場でぜひご覧いただければと思います。

(出し惜しみしているみたいですみません。。)

会場では完成した椅子に座っていただけるので、

ピアニストになった気持ちで、ぜひ試していただきたいです。

 

 

今回ご協力いただいている林さんも

椅子のことをブログにアップしてくださっています。

ヒアリングの様子など紹介されています。

https://ameblo.jp/hayashipiano-senrichuo/entry-12568493416.html

 

 

--------------------------------

 

http://kiito.jp/schedule/exhibition/articles/39796/

日 時
2020/3/6(金)~29(日) 11:00~19:00※月曜休館
場 所
         デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4 デザイン・クリエイティブセンター神戸
ギャラリーB
制 作
山極博史、杉島郁子(うたたね)
ディレクション
吉田貴紀・栗原里菜(BYTHREE)、田中裕一(かたちラボ)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、うたたね