どうも、うたすこです

僕自身は友達が少なく陰気な大学生なので、キャピキャピしてたり陽キャな感じの音楽はあまり聴かないのですが

SILENT SIRENというバンドには心を持っていかれました。


4人組のガールズバンドで、全員読者モデルをされているそうです。

読者モデルなだけあってビジュアル的にもよく、ボーカルの声が可愛いので若い女の子の間で人気だそうです。(若い女の子と関わりほぼないので知らんけど)

そんで曲もポップで可愛らしく、いかにも女の子が好きそうな感じです。

個人的にはこういう音楽は、自分とはあまりにも掛け離れている人に向けて作られているだろうし

何より「こういう人たちって音楽を届けたいんじゃなくて自分達の価値を高めるために音楽をやってるだけだろうなぁ」という偏見があるために、基本的には敬遠してるのですが

SILENT SIRENに関しては、聴いてみるとすごいなと思うところがあり、最近ではお気に入りです☺️

ビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬からだビーグル犬あたま

ではなぜそこまで魅了されたかといいますと、その最大の理由はタイトルにある通り

「歌詞」ですね。


ガールズバンドなだけあって女の子目線の恋愛曲が比較的多く、自分は全く共感することはないですし

女性アーティストの恋愛曲って大体言ってることは似通ってたりするので、差別化を図るのは難しいですよね。

SILENT SIRENも歌詞の内容自体はそれほど特徴的な言い回しや劇的なストーリーがあるわけではないのですが

僕が凄いなと思ったのは「韻をめっちゃ踏む」ところです。

意図的に韻を踏むということはきちんと作詞に取り組まなければできないことで、

言っちゃ悪いですけど「ファッションで音楽やってそうな人たち」がまさかこんな綺麗に踏むのかと驚いてしまい、そのギャップに僕はやられましたね笑

SILENT SIRENの代表曲である「八月の夜」なんてなかなかすごいです。

全部書くのは大変なので、歌詞をスクリーンショットした画像を載せてみます。

「八月の夜」
作詞作曲:すぅ(ボーカルの方ですね)
1番の歌詞ですね。韻を踏んでいるところを色つけしてみました。

これだけ踏んでいたら気持ちいいですよね、しかも韻のレベルも素晴らしいと思います。


小節末で「口角」とした直後の小節の最初に「合格」とほぼ子音踏みしていたり

サビ前に「振れ」「触れ」「溢れ」と後ろ2文字を子音3連発で踏んだり

韻の「固さ」、配置ともに高水準で「ただのガールズバンドではないな」と感じます。


2番の歌詞です。

1番と同じ場所に「音色」「迷路」と踏んであるので、意図的に韻を踏んだということがわかりますね。

「絡まり」「空回り」「遠回り」と連続して踏みつつ、恋愛の情景が浮かぶフレーズを残しているところもグッド

それにしても子音踏みが多いですね。

韻は母音を合わせれば成立するのですが、子音まで合わせるとなると難易度が高いとされています。それでもこれだけ踏めているので素晴らしいです。

青色でマークをしたところは、1番の「次」と踏んでいます。細かな気配りがあってよき。


また、韻は関係ないですが、8月という暑い日を題材にしたところから、「アイス」という冷たいものを引っ張り出して「冷凍保存」「溶かす」というフレーズを繋げているところもかなりうまいですねー。


このようにSILENT SIRENはかなり歌詞に凝ってるなぁという印象です。女性の恋愛曲に興味がない男性諸君も楽しめますね。


(八月の夜のPV載せときます)

ビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬からだビーグル犬からだビーグル犬あたま

他にも踏んでいる曲はかなり多いですが、割とさらりと踏んでるケースが多く、気づかない人は気づかないかなーと思います。

例えば「吉田さん」という曲

冒頭の歌詞で

"久々に連絡がきました
同窓会を開きましょうと
こういう手のくどい集いは
ちょっと苦手なあたし"

というのがありますが、「くどい」と「集い」でナチュラルにかつ固く踏んでますね。

(これに関しては意図的ではないかもしれませんが…)

韻は基本小節末に合わせると分かりやすいのですが、サイサイの場合は同じ音となる単語を並べてるケースが多いので気付きにくいかもです。

ビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬からだビーグル犬からだビーグル犬あたま

最後に僕が特に感心したフレーズを紹介します。

「Delay」という曲のサビの部分です。

"明日が来るのか
明日に行くのか
詳しいことはよく判らないさ
押しても引いても開く気配すらしない
ロックしたドアをノックした音が
ディレイして帰ってきた
悔しくて涙が出るのは
ちゃんと向き合ってるから"

歌詞の内容も素晴らしくて心を動かされますが

それ以上に「ロックしたドアをノックした音が」
というフレーズ

これ自体意味の通じる普通の文章として成り立つにも関わらず
「ロックしたドア」「ノックした音が」となんと6音で踏んでいる素晴らしい一節です。

普通にうまくてほんとにあのボーカルの子が書いてるのかと疑ってしまうほどです

ビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬からだビーグル犬あたま

さてさて、今回はSILENT SIRENの韻が素晴らしい話をしてみました。

この点についてはあまり注目されていないところなんじゃないかなーと思っています。

キャピキャピ陽キャ全開のゆるふわガールズバンドを見ただけで敬遠してる人、意外とすごい人たちいるかもですよ。



ではこの辺で失礼します🙋‍♀️
読んでいただきありがとうございました(*´ ˘ `ㅅ)


ps.そういえば「SILENT SIREN」ってバンド名自体が韻踏んでるな